健康生活TOP 静脈瘤 下肢静脈瘤の悪化予防のための7つの行動!足の血管が気になったら

下肢静脈瘤の悪化予防のための7つの行動!足の血管が気になったら

女性の脚

「下肢静脈瘤」という病名を聞いたことはありますか。もしかすると、特に男性では聞いたことがないという人も多いかもしれません。

これは足の血管が膨れてきてしまったり、浮き出て目立つようになってしまう病気です。足が重い、だるいといった症状も出ます。女性に多い病気で、言われてみればこのような症状に心当たりがあるという人もいるのではないでしょうか。

下肢静脈瘤は、足の静脈にある血液の逆流を防ぐ弁に問題が起きると発症します。一度発症してしまうと自然に治ることはないのですが、適切な治療をすることによって症状を改善することができます。

では下肢静脈瘤の進行を抑えるためには、どんなことに気をつけた生活にするとよいのでしょうか。弾性ストッキングを履くようにしてみたり、適度に運動をして足を動かすようにすることも大切です。

「下肢静脈瘤」の原因は、足の静脈の逆流防止弁が壊れたこと!

下肢静脈瘤になるとふくらはぎや膝の裏辺りの静脈がボコボコ膨らんでしまったり、浮き出て見えてしまったりといった症状が現れます。足がだるい、重い、むくむというような症状もあり、寝ているときに足がつってしまうこともあります。

命に関わる病気ではないのですが、一度なってしまうと自然に治ることはありません。治療をすることで症状を改善させることはできるのですが、歳のせいだからと諦めてしまっていることも多いようです。

長時間の立ち仕事をしている人などに多く、男性よりも女性のほうがなりやすいとされます。血縁関係者に下肢静脈瘤の患者がいるとなりやすいともされます。

下肢静脈瘤を発症してしまう原因は、静脈にある血液の逆流を防ぐ弁が壊れて正常に働かなくなってしまったことです。血液の流れと下肢静脈瘤の原因について、詳しく説明します。

血液は動脈を通って全身を巡り、静脈を通って心臓に戻ってくる

血液には、全身に酸素や栄養素を届けて、体内で発生した二酸化炭素や老廃物を回収して心臓に戻ってくるという役割があります。

血管には動脈と静脈がありますが、心臓を出て全身に酸素などを届けるのが動脈で、要らなくなったものを回収し心臓に戻るのが静脈です。

動脈を流れる血液は、心臓のポンプ機能によって全身へ届けられます。筋肉や皮膚など必要な部位の隅々まで流れると、今度は静脈を通って心臓に戻ります。

しかし心臓への帰り道である静脈では、もう心臓のポンプ機能は弱くなってしまっています。しかも下半身の静脈では、血液は重力に逆らって下から上へと流れなくてはいけないのです。

そんな状況でも静脈の血液が滞りなく心臓へ戻れるようにするために、私たちの体にはいろいろな機能が備わっています。それが静脈にだけある逆流防止弁であり、ふくらはぎの筋ポンプ作用なのです。

血液の逆流を防ぐために静脈にだけ存在する「逆流防止弁」

静脈の中には、血液の逆流を防ぐための逆流防止弁がところどころに存在します。この弁は動脈にはないもので、静脈の特徴とも言えます。

血液が心臓に向かって流れるときには、逆流防止弁が開きます。そして必要なだけ開くとすぐ閉じて、血液が逆流するのを防ぎます。

この弁が正常に働いていれば、静脈の血液は逆流することはありません。このおかげで、静脈の血液は重力に逆らって下から上へ流れることができるようになります。

静脈が重力に逆らって流れるための「ふくらはぎの筋ポンプ作用」

足の静脈が重力に逆らって血液を下から上へと運ぶためには、ふくらはぎの筋肉の働きも重要です。

歩いたりして足を動かすと、ふくらはぎの筋肉は収縮したり弛緩したりを繰り返します。この収縮・弛緩の動きはふくらはぎにある静脈も圧迫します。それによって静脈の弁も開いたり閉じたりして血液を心臓方向へと流してくれるようになります。

このふくらはぎの働きを「筋ポンプ作用」と呼びます。血液が体内を滞りなく流れるためには、ふくらはぎの筋ポンプ作用が重要になります。そのためふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれるのです。

静脈の逆流防止弁が壊れると、下肢静脈瘤を発症!

静脈の逆流防止弁が正常に働いている状態であれば、静脈を流れる血液が逆流することはありません。しかし何らかの問題が起きて逆流防止弁が壊れてしまうと、血液は逆流するようになってしまいます。

血液が逆流すると、その下に部分の血管に余分な血液が溜まることになります。溜まった余分な血液が血管を押してしまうと、静脈の血管がコブ(瘤)のように膨らんでしまいます。これが静脈瘤なのです。

つまり下肢静脈瘤の原因は、静脈にある逆流防止弁が正常に働けなくなったことです。弁が正常に働けなくなるはっきりした原因はわかっていませんが、弁に負担がかかり続けることで、働きが悪くなっていくと考えられます。

長時間立ち仕事をしている人は静脈瘤になりやすいとされますが、これはずっと立っていることで逆流防止弁に負担がかかり続けるためと考えられます。一度壊れてしまった弁はもう元に戻ることはなく、歳を重ねるごとに悪化していってしまいます。

下肢静脈瘤の進行や再発防止のために、心がけたい7つのこと

下肢静脈瘤は、私たちが気付かないうちに足の静脈で密かに進行していっています。そして異常に気付いたときにはもう手遅れで、自然に治ることはありません。

もちろんしっかり治療を受ければ、症状を改善させることはできます。治療法も日々進化してきていますから、気になる症状があれば心配せずなるべく早く医療機関を受診するようにしてください。悪化させる前に治療を行うことで、治りも良くなります。

ただまだ症状はそれほどひどくないので進行を少しでも抑えたい、また一度治療を行ったが再発を予防するためにも何かできることをしたいということでしたら、次のようなことを心がけてみてください。

下肢静脈瘤を起こさせないために:時間の立ち仕事は避ける

長時間、同じ姿勢でずっと立ち仕事をすることはなるべく避けましょう。できれば1時間に5~10分は休息をとるようにするとよいでしょう。理想は適度に足を上げて休むことですが、なかなか難しい場合もあるかと思います。

それができないという場合には、その場で足踏みをしたり少し歩いたりして足を動かすようにしてみてください。屈伸運動やつま先立ちなどもおすすめです。

また長時間デスクワークをしているという人も、下肢静脈瘤になりやすい状態です。たまに立って足を動かすようにするなどやってみてください。

下肢静脈瘤を起こさせないために:弾性ストッキングを履いてみる

下肢静脈瘤は静脈にある逆流防止弁が壊れて血液が逆流し、そのために血管が膨らんでしまった状態です。その血管に適度な圧力をかけて締め付け、溜まってしまった血液の流れを改善させるのに効果があるのが「弾性ストッキング」です。

弾性ストッキングは足全体に適度な圧力がかかるように作られています。一般的なストッキングとは違う特殊な編み方がされていて、足の部分ごとにその圧力は違います。それにより静脈に自然な血流が促されるようになっているのです。

下肢静脈瘤の治療後に再発を予防するため使われますが、進行を抑えるためにも効果があります。長時間の立ち仕事をしているという人は、症状が出てしまう前の早い段階から弾性ストッキングを履いてケアするようにしてもよいでしょう。

弾性ストッキングは正しく着用することで、その効果が得られます。足首やふくらはぎの長さなどを測って、自分に合ったサイズのものを使ってください。

インターネットなどでも購入できますが、一番最初に買うときには医療機関などで相談したほうがよいでしょう。「弾性ストッキングコンダクター」という資格を持つ医師や看護婦も増えてきています。履き方についてもアドバイスをもらってください。

もしも弾性ストッキングを履いていて痛み、しびれ、かゆみなどの症状が出てきたという場合には、すぐに使用を中止し医師に相談してください。

また足に次のような状態がある場合には、弾性ストッキングは使用しないようにしてください。

  • 足の動脈に血行障害などの問題がある
  • 足をケガしていたり、炎症がある
  • 糖尿病などによる末梢神経障害がある

このような状態のある人が弾性ストッキングを使用してしまうと、逆に足の症状を悪化させてしまうことがあります。注意してください。

弾性ストッキングは静脈の血行を改善させて下肢静脈瘤の進行を遅らせるためにはとても効果的ですが、下肢静脈瘤が治るわけではありません。症状が悪化してきているなどというときには、早めに受診してください。

下肢静脈瘤を起こさせないために:適度に足を動かすようにする

足の静脈は、重力に逆らって血液を下から上へと運んでいます。この動きを助けているのがふくらはぎの筋ポンプ作用です。ふくらはぎの筋肉が動いて収縮と弛緩を何度も繰り返すことで、静脈の血行を促しているのです。

そのため静脈が正常に流れて血液が逆流したりしないようにするためにも、ふくらはぎの筋肉を動かすことは大切です。足を動かすようにすることで、下肢静脈瘤の進行を抑えることができるのです。

1日に20~30分くらいは歩くようにするとよいでしょう。公園などでウォーキングをするのもおすすめですが、ウィンドウショッピングしたりして歩くことでも大丈夫です。楽しんでできることを続けてみてください。

重要なのは、同じ場所に同じ姿勢でじっとしていないことです。一カ所でずっと立ち仕事をしたり、デスクワークでずっと椅子に座りっぱなしといった状態はあまりよくありません。

立ちっぱなしの状態なら、その場で足踏みでもよいので足を動かしてみるとよいでしょう。座りっぱなしの場合には、たまに椅子から立ち上がって足を動かすなどするようにしてみてください。

次のような運動なら、その場で簡単にできます。

立った状態でできる運動

  • つま先立ち
  • その場での足踏み
  • (状況が許せば)屈伸運動 など
座った状態でできる運動

  • 足の指先を閉じたり開いたりしてグーパーを繰り返す
  • かかとを床につけて指先上げ、指先を床につけてかかと上げを繰り返す
  • 座った状態で机の下で片足を上げ、しばらくキープさせる など

仕事の合間のなどに、気軽に行ってみてください。ちょうどよい気分転換にもなるかと思います。

ところで「お風呂に入って温まることで血行良くなる」と言いますが、静脈瘤の予防にとっては入浴が効果あるというわけでもありません。

入浴により血行がよくなると静脈の血管も拡張し、静脈瘤により血液が溜まりやすくなります。入浴中にはふくらはぎをもんだりしてストレッチするのもよいでしょう。

お風呂から出た直後は静脈瘤の症状が少し目立つように感じるかもしれません。お風呂上がりの体がほてっているときに、足に水をかけて冷やすようにするとよいでしょう。

熱い湯に長い時間入るのは、あまりよくありません。

下肢静脈瘤を起こさせないために:ゴロゴロ、ダラダラは止めておこう

一日中ゴロゴロ、ダラダラした生活はよくありません。歩いたりするなど、適度に体を動かすようにしましょう。

運動不足が続くと、血液中のコレステロールや中性脂肪が高くなってしまいます。これらは動脈硬化を引き起こす原因としてよく知られていますが、静脈に対しても悪影響があると考えられます。

実際に、下肢静脈瘤の人には肥満や脂質異常症の傾向がある人が多いようです。

肥満や脂質異常症にならないようにするためにも、そしてふくらはぎの筋肉を動かして血行を促すためにも、適度に体を動かすようにしましょう。

下肢静脈瘤を起こさせないために:サポーター、ガードルなどで足の一部を締め付けるのは止めよう

下肢静脈瘤の進行を抑えるには、弾性ストッキングが有効です。これは足全体に適度な圧力をかけて静脈の流れを促すためのものになります。

しかし足の一部分だけを、ぎゅっと締め付けるような状態はよくありません。静脈の血流を悪化させてしまい、下肢静脈瘤に悪影響となってしまうのです。

サポーターやガードルのようなものは控えておきましょう。

下肢静脈瘤を起こさせないために:腹式呼吸を心がけてみる

呼吸をすると、静脈の逆流防止弁は開いたり閉じたりします。胸式呼吸でも腹式呼吸でも弁は動くのですが、弁の動きにメリハリをつけ血流を促すにはゆったりとした腹式呼吸がおすすめです。

腹式呼吸は鼻から息を吸い、口から息を吐く呼吸です。鼻から吸ったときにお腹がふくらみ、口から吐いたときにはお腹がへこみます。お腹の様子も確認しながら、深くゆったりと呼吸をしてみてください。

腹式呼吸は自律神経のバランスも整えるとされます。慣れないと難しく感じるかもしれませんが、たまに意識的に深呼吸をしてみてください。

下肢静脈瘤を起こさせないために:バランスのとれた食事を心がける

「下肢静脈瘤に効く食べ物がある」というわけではありませんが、バランスのとれた食事をすることで肥満や脂質異常症、高血圧などを予防すれば、静脈にもよい影響となるでしょう。下肢静脈瘤の人には脂質異常症が多くみられることもわかっています。

脂質や塩分は摂りすぎないようにし、野菜をたっぷりと食べるようにしましょう。血管を丈夫に保つためにも、良質のタンパク質もしっかり摂ってください。

また、こまめな水分補給も大切です。もちろんジュースやカフェインの入ったお茶やコーヒー、アルコールなどではなく、「水」を飲むようにしましょう。

日常生活を気をつけることで下肢静脈瘤の進行を遅らせることはできますが、自然に治ることはありません。気になる症状があれば、早めに受診してください。早期に治療を行うことで、改善もされやすくなりますよ。

その足のだるさ、もしかしたら下肢静脈瘤かもしれません!

足がだるい、痛い、むくむなどといった症状は、普段の生活の中でもそれほど珍しい症状ではないかもしれません。しかし実はこれらの症状の原因に、下肢静脈瘤があることもあるのです。

下肢静脈瘤になると、次のような症状が現れます。

  • ふくらはぎや膝の裏辺りの血管がボコボコ膨らんでくる
  • 血管が浮き出ている
  • 足がだるい、重い、痛い
  • 足が異常にむくむ、むくみ方が左右で違う
  • 寝ている間によく足がつる
  • 皮膚がかたくなっている
  • 皮膚が茶色くなっている

他にもかゆみが出たり、ひどくなると潰瘍となってしまうこともあります。

足がだるい、むくむからといって、必ず下肢静脈瘤だというわけでもありません。気をつけていただきたいのは、むくみは他にもいろいろな病気で起きてしまう可能性があるということです。

むくみは心臓・腎臓・肝臓の病気でも出ますし、甲状腺機能に異常が起きている場合にも出てきます。むくみが続くという場合には、念のため医療機関を受診するようにしてください。

下肢静脈瘤になりやすい人とは

下肢静脈瘤になりやすいのは、次のような人です。心当たりのある人は、悪化させてしまう前に気をつけておきましょう。

  • 男性より女性がなりやすい
  • 長時間の立ち仕事、もしくは長時間のデスクワークをする人
  • あまり運動をしない高齢者
  • 血縁関係者に下肢静脈瘤患者がいる人
  • 脂質異常症や肥満の人
  • 妊娠・出産をした人

40歳以上の約半数は下肢静脈瘤になるとも言われていて、下肢静脈瘤は決して珍しい病気ではありません。ただ病気だと思わずに歳だからしかたがないと思ってしまっていることも多いようです。

たしかに加齢によって静脈の逆流防止弁などの働きは弱ってきてしまいます。また高齢になりあまり運動をしなくなると、余計に症状を引き起こしやすくなってしまいます。ただし歳をとると必ず下肢静脈瘤になるというわけでもありません。

男女比では1:2で女性に多いとされていますが、女性の方が足の状態を気にしているために病気に気がつく可能性もあります。男性のほうが症状が悪化してから受診することが多いようです。

美容師、教師、飲食業、販売員といった長時間立ち仕事をしている人は発症しやすくなるため、注意しておきましょう。

同じ生活をしていても下肢静脈瘤になりやすい人とそうでない人がいます。遺伝するのかどうかはっきりしたことはわかっていませんが、血縁関係者に下肢静脈瘤患者がいると静脈瘤になりやすいということは確実なようです。

そのような可能性のある人は、早い時期から弾性ストッキングを着用するなどケアしておくとよいでしょう。

脂質異常症の人や肥満のある人はそうでない人よりもやや下肢静脈瘤になりやすいこともわかっています。肥満などは生活習慣病にもなりやすくなるため、なるべく解消させていったほうがよいでしょう。

妊娠・出産がきっかけで下肢静脈瘤になってしまうことは多くなります。これは女性ホルモンなどが関係していると思われます。

妊娠すると、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増加します。このプロゲステロンには血管を拡張させる働きがあり、それによって子宮周辺の血流もよくなって妊娠を継続させやすくします。

ただ静脈にも作用し血管が拡張するため、逆流防止弁がうまく閉じなくなり、血液が逆流して下肢静脈瘤になりやすくなる考えられます。また子宮が大きくなるために血管が圧迫され、そのために血流が滞ってしまうことも影響すると思われます。

通常、下肢静脈瘤は一度なると自然に治ることはありませんが、妊娠中に発症した場合には出産とともに改善されてくることが多くなります。

妊婦用の弾性ストッキングもあるため、そのようなものを着用してもよいでしょう。足を動かしたりもしましょう。

ただし一見治ったように見えても、実は逆流防止弁は正常に戻っていないということもあります。いずれまた症状が現れてしまうこともあるため、気をつけておいてください。

深部静脈の異常が原因の、二次性静脈瘤もあり

実は静脈瘤には、発症の原因によって一次性と二次性にわけられます。今まで説明した「静脈の逆流防止弁が壊れたことが原因の下肢静脈瘤」は「一次性静脈瘤」になります。

一次性と二次性の違いについて説明する前に、まず足の静脈について説明しておきましょう。

足の静脈には、次のようなものがあります。

深部静脈 足の中心部を通る太い静脈で、静脈血の90%が流れる
表在静脈 足の皮膚の浅いところと通る静脈で、静脈血の10~15%が流れる
穿通枝 深部静脈と表在静脈をつなぐ血管

下肢静脈瘤の95%は一次静脈瘤で、立ち仕事などが原因となって表在静脈の逆流防止弁が壊れ、血液の逆流が起きるために発症してしまいます。

それに対して残りの5%は表在静脈以外の血管に異常が起きたために発症してしまったもので、これを見逃してしまってはいけません。その多くは深部静脈に血栓ができて詰まってしまったものです。

静脈血の90%が流れている深部静脈が詰まってしまうと、そこを流れるはずだった血液は表在静脈を通って心臓に戻らなくてはいけなくなります。表在静脈を流れる血液の量が増えてしまい、見た目には一次静脈瘤のような症状が現れるのです。

このような原因によって発症した静脈瘤を「二次性静脈瘤」と言います。一次性静脈瘤と二次性静脈瘤は治療の仕方が少し違います。

二次性静脈瘤を一次性静脈瘤と同じ方法で治療してしまうと、かえって症状を悪化させてしまいます。それを見分けるためにも早めに専門医を受診し、きちんと検査してもらうことも大切です。

また深部静脈に血栓ができるというのは、「エコノミークラス症候群」の原因そのものです。足の深部静脈にできた血栓が何かのきっかけで肺にまで流れると、「肺塞栓症」という非常に危険な状態になります。

突然呼吸困難になる、強い胸の痛みが出るなどといった症状は、肺塞栓症の可能性が高くなります。

静脈の逆流防止弁が原因で下肢静脈瘤の症状が出ていると思っていたら、深部静脈に血栓が出来ていたということもあるのです。そのようなことを見逃さないためにも、症状があるときには早めに受診しきちんと検査を受けましょう。

下肢静脈瘤は治療方法は日々進化しています

下肢静脈瘤は、一度発症してしまうと自然に治ることはない病気です。しかし治療を受けることでしっかり症状を改善させることができ、不快な症状や見た目も気にならなくなります。

以前は下肢静脈瘤の治療は入院して手術をするというのが基本でした。しかし最近は医療技術が進歩し、入院する必要なく体への負担も少ない治療法が出てきています。治療の選択肢が増えてきて、以前よりも治療を受けやすくなっているのです。

平成23年からはレーザー治療が保険適用になりました。そのためこの治療法を選ぶ人も増えています。

下肢静脈瘤は命に関わる病気ではないため、発症していても治療せずにそのまま放置しているということもあります。しかしできれば早期に治療を受ける方がきれいに治りやすいため、気になっている症状があればまず医師に相談してみるとよいでしょう。

治療法には次のようなものがあります。

下肢静脈瘤の治療法:圧迫療法

医療用弾性ストッキングを着用したりして足に適度な圧力をかけることで、血液が溜まって膨らんでしまった血管を抑えて血行を改善させるという治療法です。

症状がまだ軽い場合や、下肢静脈瘤の手術後に再発予防のために行われたりします。根本的な治療法ではなく、あくまで進行を防止したり再発を予防するための保存療法です。

圧迫療法をしていても症状が悪化しているようでしたら、必ず早めに受診するようにしてください。

下肢静脈瘤の治療法:血管内レーザー治療

血管内にレーザーファイバーを挿入し、レーザーによって逆流を起こしている血管を焼きつぶすという治療法です。焼いた血管はやがて体内に吸収されていきます。静脈は足にたくさん張り巡らされていて、1本が吸収されても他があるため問題はありません。

約10~30分程度で終わり、入院の必要はありません。治療後はすぐ普段の生活に戻れ、歩いて帰ることができます。傷口も小さく、痕が長く残ることもありません。体に負担の少ない治療法になります。

保険が適用されるようになり、注目されている治療法です。ただし、下肢静脈瘤の全ての症状でこの治療法が行えるというわけではありません。

下肢静脈瘤の治療法:ストリッピング手術

昔から行われている方法で、静脈瘤のある血管を引き抜いてしまうという治療法になります。レーザー治療ができない太い血管などに行われます。

数日間入院して行うことが多くなりますが、最近は日帰りで行える医療機関も増えてきています。血管自体を抜き取るため、再発は少なくなります。

下肢静脈瘤の治療法:高位結紮術

血管を縛ることで、血液の逆流をなくすという治療法です。以前は行われていましたが、最近は新しい治療法が出てきたため少なくなっています。

日帰りでもできる処置ですが、症状によっては入院になることもあります。根本的な治療ではないため再発してしまうこともあり、他の治療法と合わせて行うことがよくあります。

下肢静脈瘤の治療法:硬化療法

19世紀から行われている、歴史の古い治療法です。静脈に特殊な溶剤を入れ血管を硬めてしまうという治療法で、レーザー治療ができないような血管に対しても行うことができます。麻酔をしないで注射のみで終わり、体への負担はとても軽くなります。

場合によっては色素沈着が起きることもありますが、半年から1年くらいで消えて行きます。太い血管や範囲が広い場合には何回かこの治療を繰り返したり、また他の治療法と合わせて行ったりします。

下肢静脈瘤の治療法はいくつか種類があり、それぞれに利点があります。症状によっても最適な治療法が違ってきますし、いくつかの治療法を組み合わせることで再発を予防することもできます。

命に関わる病気ではないため放置してしまうこともありますが、できれば早期に治療を始めたほうが、簡単にきれいに治りやすくなります。気になる症状があるという人は、ぜひ一度下肢静脈瘤の専門医がいる病院を受診してみてください。

立ち仕事が多いという人は、若い時から足のケアをするようにしておくとよいですね。そして気になることがあれば、まず医師に相談してみましょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る