健康生活TOP 紫外線・日焼け それでも塗る?日焼け止め製品に含まれる成分の危険性をチェック

それでも塗る?日焼け止め製品に含まれる成分の危険性をチェック

春の日差しに暖かさを感じ喜びを感じるのもつかの間、次は紫外線が気になる季節が到来します。一昔前はこんがり焼けた素肌がかっこいいものとされ、みなが必死で日焼けをしたものですが、最近ではなるべく焼けないようにすることが世間の常識となってきています。

それは紫外線を浴びすぎると皮膚がんのリスクが増すと言われているため。私たちは日焼けを防ぐため、当たり前のように「日焼け止め剤」なるものを使います。

しかし、日焼け止め剤がどのような成分でできているのかを真剣に考えてみたことのある人は少ないはずです。どのような原理で肌が日に焼けるのを予防しているのでしょう。実は日焼け止め剤には危険な成分がたくさん含まれています。

日焼け止め剤に含まれている危険な成分とは何か、どのような危険性があるのかについて調べてみました。あなたはこれを読んでも日焼け止めを使いますか?

紫外線散乱剤が肌を酸化させる!?

日焼け止め剤が、日焼けするのを防ぐ原理の1つとして、「肌に当たる紫外線を散乱させて吸収させない」というものがあります。この成分を紫外線散乱剤と言います。

紫外線散乱剤として使われるのは主に酸化チタンと酸化亜鉛です。紫外線散乱剤を皮膚に塗ることで、皮膚表面に薄い金属の反射膜を作り、紫外線をはねつけるという理論です。

ところがこの酸化チタンと酸化亜鉛は、日に当たると活性酸素をたくさん作り出します。活性酸素を作りだすということは細胞を酸化させるということ、つまり老化させてしまうのです。その上活性酸素は細胞を傷つけるため、がんを発生させる原因にもなります。

このような現象を防ぐため、国内で作られるものに関しては紫外線散乱剤をシリコンなどでコーティングしていますが、海外で作られる日焼け止め剤にはコーティングされていない紫外線散乱剤が使われているものもあるので注意が必要です。

紫外線吸収剤がアレルギー反応を引き起こす!?

日焼け止め剤にはもう1つ、紫外線吸収剤というものを使っています。紫外線を吸収することによって、肌に紫外線が直接届かないようにするという成分です。紫外線吸収剤として使われているのはメトキシケイシ酸などの化学製品です。

化学製品であるため、皮膚への負担は紫外線散乱剤に比べても大きく、1つの日焼け止め剤に使われる量というのが法律で決められています。

ヨーロッパでの研究によると、紫外線吸収剤は皮膚に吸収されやすいため、体の中で過度なアレルギー反応を引き起こしたり、ホルモンのバランスを崩したりする可能性が高いと指摘されています。

しかし、紫外線吸収剤は紫外線散乱剤に比べ粒子が細かく透明であるため、塗り心地がよいというのが特徴。最近よく売れている日焼け止め剤のほとんどは紫外線吸収剤が使われています。

「ナノ」に気をつけて!

日焼け止め剤を選ぶときの基準の1つとして多くの人が重要に思っていることに「塗りやすさ」があるかと思います。

「塗りやすさ」は成分の粒子の細かさで左右されます。最近ちまたでよく見かける「ナノレベル」や「ナノ粒子」ということば、これは大きさの単位を表すもので、「ナノ」は1mmの百万分の1。とても細かい粒子なのです。

とても細かいということは、皮膚内部へ吸収されやすいということ。化学物質を肌からたくさん取り込んでしまうことになるのです。

日焼け止め剤を選ぶときの基準として、まず「ナノ」に惹かれて買わないということです。そして、なるべく紫外線吸収剤を使っていないものにしましょう。紫外線散乱剤が含まれているものは、安全なものでしっかりとコーティングされているかどうかがわかる製品にしたほうがよいでしょう。

日焼け止め剤に頼らず、長袖を着たり、つばが広めの帽子をかぶったり、日傘をさすという方法が皮膚にとっても一番負担がありません。今年の夏の日焼け止め対策に是非参考にしてみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る