健康生活TOP 虫歯 妊婦は虫歯になりやすい・多産で歯が抜ける?妊娠と口内環境の関係

妊婦は虫歯になりやすい・多産で歯が抜ける?妊娠と口内環境の関係

女性子供歯磨き

これはケースバイケースと言う部分も多いのでしょうが、妊娠中に歯科治療を受けない女性がまだまだ多いそうです。あるいは出産後まで治療を延長したがる歯医者さんもいると言う話も聞きます。

もちろん状況に応じてと言う部分は少なくありませんが、基本的に妊娠中であっても、いえ妊娠中期であればむしろ積極的に歯科治療を行った方が良いのです。

妊娠中は口内環境が悪化しやすい

妊娠するとホルモンの分泌が変化し、唾液の分泌も少なくなります。またつわりの時期になるとオーラルケア自体も苦痛になって、手入れが行き届かなくなり口内環境が悪化します。

そうなってくると虫歯と歯周病、どちらもが起こりやすくなるんですね。そしてそのどちらもが出産に関して悪い影響を与える要因なのです。

唾液は妊娠中の健康維持に非常に重要な意味を持っている

唾液が少なくなると様々な弊害が出ます。もちろん消化酵素のアミラーゼが不足するので消化にも良くありません。また唾液にはさまざまな物質が含まれていて、口の中を清潔に保っているのです。

例えば免疫反応に大きくかかわる抗体を形作る物質、免疫グロブリンが唾液には含まれています。この物質だけでもいかに唾液が重要であるかが判ります。

抗菌活性を持ち、傷をふさぐ効果を持つヒスタチンと言うたんぱく質も唾液に含まれます。むかし、軽い怪我なんかは「舐めておけば治る」と言いましたが、その言い回しの裏付けになる物質ですね。

その他にも抗菌活性を持つ物質が複数含まれていますから、その唾液の分泌が減ることで妊娠中のお母さんが病気になりやすくなり、赤ちゃんに悪い影響が出るであろうことは充分見て取れます。

つわりの時期のオーラルケア、みんなどうしてるの?

つわりは妊娠初期に出る症状で、5週から16週ぐらいに出るとされています。しかし、これには個人差が大きく一概に決めてかかることはできません。

しかしアンケート調査などによると、つわりの時期にはオーラルケアが普段通り行えなかったと言う人が半数以上だったと言う結果も得られています。

それでも、時間や回数を減らしてでも皆さんなんとかケアをしようとされているようで、全くオーラルケアができなかったと言う人は5%未満でした。一方、うがいで対応していた人も少なくないようです。

こればかりは、その時の状態に応じてできるだけオーラルケアをして下さいねとしか言いようがありません。

口内環境が悪くなると流産や早産を招きかねない

このように、口の中を清潔に保つのが難しくなる上、外敵から身体を守ってくれている唾液が減ると、まず口の中に残った食べ物のカスなどに細菌が繁殖します。

すると、その代謝物によって口の中のpHが下がる、つまり酸性に傾いてしまうと言うことが起こります。口の中が酸性になると虫歯になりやすくなりますね。

さらに、繁殖する菌は歯周病菌が多いので、歯周病にも罹りやすくなります。歯周病にかかると、白血球からTNF-αと言う物質が分泌され、それによってプロスタグランジンE2などの炎症物質を増加させます。

そうすることで歯周病に対する抗体がたくさん作られるようになるのですが、歯茎などに炎症も発生します。そしてもっと悪いことは、このプロスタグランジンE2の持つ別の働きなのです。

これには子宮頚部を拡張させ、子宮の平滑筋を収縮させる働きがあるんですね。この働きは陣痛促進剤と全く同じです。と言うか、陣痛促進剤の中にはプロスタグランジンE2製剤があるのです。

つまり、妊娠中に歯周病にかかると流産・早産の危険性が高くなると言うことなんです!

出産回数が増えると歯を失いやすくなる!?

日本国内での多目的コホート研究(要因対照研究)によると、出産回数が多い女性ほど歯を失うことが多くなると言う傾向が見られます。

これはホルモンの変化の機会が多くなることにも原因があるのでしょうが、どうやらそれだけではないようです。

妊娠によって変化する口内環境によって虫歯や歯周病が多くなる

先に紹介したように、妊娠中は口内環境が悪化しやすくなります。そのことは赤ちゃんを大事に育てて行く上で悪い影響をもたらすものですが、同時にお母さんが歯を失ってしまう事にもつながりかねません。

予測されたこととは言え、実際に研究によって集められたデータもそのことを示していました。

(抜粋)

出産回数と歯の健康との関連を解析した結果、出産回数の多いグループほど、残っている永久歯の数が少なく、出産回数4回以上の女性では出産回数0または1回の女性に比べ約3本少ない結果となりました。

また、奥歯のうち上下でかみ合っている永久歯のペア数についても、出産回数の多いグループほど少なくなりました。

妊娠・出産のプロセスに伴いホルモンや口の中の細菌のバランスが変化し、免疫力が落ちることで、むし歯に罹りやすくなったり歯周組織の破壊が起こりやすくなったりします。

妊娠毎にそれが繰り返されることで、歯の喪失に至るリスクが高まると考えられます。

最近はお子さんを4人以上産む方も少なくなったんじゃないかとは思いますが、この研究データを見る限りでは2~3人目からはっきりと悪化する傾向が見て取れます。

なお、この研究は「出産回数」ですので、双子であっても1回と数えますからお子さんの数とは必ずしも一致しません。

妊娠中に歯科治療を受けない人は意外に多かったのかもしれない

妊娠初期は過敏期でもありますので、歯科治療については避けた方が良いと言う考え方もあります。妊娠15週目までの期間と言うのは、薬剤やX線被ばくによる催奇性が問題になる時でもあります。

投薬やレントゲン検査を行わなくても、特に歯医者さんと言うのは患者にとって精神的ストレスの多い環境でもありますので、あの音を聞いただけで血圧が上がったりするかもしれません。

そうしたことから、安定期に入る16週目を超えてもそのまま歯医者さんから遠ざかったままと言う人は意外に多かったのかもしれませんね。

妊娠前から常に歯科メンテナンスしておこう!

歯を磨く妊婦

妊娠15週目までは「救急性の高い歯科疾患」に限って治療を行い、それ以外の治療は16週目以降になってから行った方が良いと言われています。その理由は、やはり15週目までの妊娠初期は過敏期であるからと言うことですね。

しかし、救急性の高い治療と言うことになると、お薬やレントゲンが必要になることが多いでしょう。それに「痛い」治療も避けられない可能性があります。そうなると、妊娠初期には特に受けたくない治療と言うことになります。

それに、歯科治療と言うのは1回や2回で終わらず、結構期間が必要になるケースも少なくありません。

こうしたことがあるので、虫歯や歯周病に関する歯科健診の受診やメンテナンスは妊娠前から定期的に行っておくことが望まれるのです。

安定期に入ったら歯科健診を受けよう

妊娠中に歯科健診を受けた人の割合は半数に満たないと言うデータもあるぐらいですから、やはり多くの方が妊娠中は歯医者さんから遠ざかる傾向があるようです。

しかし、例えば半年に一回歯科健診を受けていた人であっても、妊娠初期は見送っていた場合、最長で一年近くお口のチェックができていなかったと言う可能性もあります。

先にお話ししたように、妊娠中は口内環境が悪化しやすい時期ですので、15週目を超えて安定期に入ったら、できるだけ早く歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

と言うのも、妊娠週数が進んで出産が近くなると、再び歯科治療に適さない時期が来るからです。

妊娠後期はお母さんの体に負担がかかるので治療は早めに

妊娠週数も28週になると妊娠後期です。このころになると赤ちゃんもずいぶん大きくなっているだけに、歯科治療では別の問題が生じます。

歯医者さんで治療を受けている時の姿勢って仰向けですよね。その姿勢を長時間続けていると、大きくなった子宮が下大静脈を圧迫するため、心臓に戻って行く血液の量が減ります。

すると、心臓から出てくる血液も減るために低血圧になるんです。めまいやあくび、吐き気から、ひどくなると呼吸困難やショック症状が出ることもあります。

これは仰臥位低血圧症候群と言って、物理的に血管が圧迫されたことによるものですから、姿勢を変えればすぐに良くなるので心配はありません。

下大静脈は背骨の右側を走っている大きな血管ですので、左を下にしたり右側にクッションを当てるだけでも、すぐに楽になります。

こうしたことがありますので、安定期に入ったらできるだけ早く歯科健診を受け、異常があったら妊娠中期のうちに治療を済ませておきましょう。

妊婦さんの強い味方「重曹うがい」を習慣に

shutterstock_1590638992

この健康生活の中でもご紹介している通り、重曹を水に溶かしてマウスウォッシュ液として使うと言うオーラルケアの方法があります。

先にお話しした通り、妊娠中は唾液による口の中の環境維持が難しくなります。もともと食事の後は口の中のpH(水素イオン濃度)は4.0くらいまで下がり、かなりの酸性を示します。

pHは5.5を下回ると歯のエナメル質が溶け始めます。ですので食後すぐは歯の表面が溶けてると言うわけですね。しかし、唾液がすぐに酸を中和して中性のpH7.0に向けてpHを上げて行きます。

歯が溶けるpH5.5を超えて中性に近づくと、歯の表面は再石灰化と言う働きで元に戻ると言うわけなのです。

しかし、唾液分泌が悪くなるとこの働きが充分に行われなくなります。さらに、唾液が減ると、歯周病菌やそのほかの雑菌がはびこり、食べかすなどの有機物を分解して酸を作ります。

重曹うがいの目的はアルカリ性にすることではない

酸性の口内環境はよろしくないと言うことになりますから、そこで重曹水をマウスウォッシュに使ったオーラルケアを行いましょうと言うことになるのです。

重曹は水に溶けると弱アルカリ性になります。これでうがいをすることで、酸性に傾いたお口の中を中和しようと言うことです。

ここで重要なのは、口の中を中性に近づけると言うことなのです。唾液はほとんど中性ですが、わずかに酸性に傾いています。しかし、ほとんど中性ですので、たくさん分泌されると歯を傷めるレベルの酸性からは元に戻ります。

一方、歯石と言う問題がお口の中にはありますね。これはアルカリ性の環境でよく成長します。言ってみれば虫歯と歯石は逆の環境を好むと言うことなんですよ。

ですので、お口の中はできるだけ中性に近い方が良いのです。ですから、重曹でうがいをする際には、「酸の中和もできたら助かる」と言う程度に考えておきましょう。

ならば、水道水でもいいんじゃないかと思われるかもしれません。しかし、水道水のpHは結構ばらつきがあるんです。

水道水のpHは塩素酸によって左右されますが、水道水質基準値によるとpH5.8~8.6と、酸性からアルカリ性まで割合広い基準なのです。ですので、重曹を入れておきましょうと言うことになるのです。

重曹は室温で100gの水に10gも溶けません。でも、実際のところマウスウォッシュに使うなら99gの水に1g、つまり1%程度の水溶液で充分なのです。

重曹水にはわずかに苦味や塩味が感じられますから、薄い方が繰り返しうがいをするときにも気になりません。小さじ1~2杯の重曹を500mLのペットボトルに入れて水を入れ、良く振って使えは良いでしょう。

重曹うがい

そして、それを一日で使いきって、毎日新しいのにして下さいね。うがいの都度、マグカップに小さじ半分の重曹を入れて作っても良いですね。これならつわりの時期にも対応しやすいでしょう。

健康な赤ちゃんとお母さんのために、お口の中も大切にして下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る