健康生活TOP 虫歯 歯磨きの常識は正しいか?虫歯予防に効果的な回数と正しい磨き方

歯磨きの常識は正しいか?虫歯予防に効果的な回数と正しい磨き方

shutterstock_148301099

皆さんは1日に何回歯を磨いていますか?

例えば2人の人がいたとしましょう。1人は1日3回毎食後に歯を磨いるのに、虫歯があります。もう1人は歯を磨くのは夜だけで、他は食後のうがいだけなのに虫歯は1本もありません。

この違いは正しく磨けているかいないか。歯磨きの回数は問題ではないのです。

では、正しい歯磨きの方法とは?あなたの常識は間違っていませんか?

歯磨きの本当の意味

紹介した例は極端なものですが、1日に何度歯を磨いても、磨き方が間違っていれば磨き残した部分に歯垢がたまります。

人により歯磨きのクセがあるので、正しい磨き方が出来ていない人は何回歯を磨いても同じところに磨き残しが出るので、そこから虫歯や歯石ができてしまいます。

夜しか歯磨きをしないのに虫歯にならない人は、歯磨きの回数は少なくても正しい磨き方をしているので、虫歯にならないのです。

歯磨きは食べた後の食べカスを取り除く意味で行うものですが、食べカスがあるからといって即虫歯や歯垢になるわけではありません。

時間が経過して食べカスや雑菌が混ざり合い、歯垢から歯石に、虫歯へと発展してしまうのです。

唾液には殺菌作用もあるので、歯磨きをする時間がない場合やツールがない場合は、うがいやガムを噛む事でも応急処置になりますよ。

夜寝ている間は唾液の分泌が極端に減るので、磨き残しや食べカスがあると虫歯になりやすくなります。

朝と昼に一生懸命磨いても、夜歯を磨かずに寝てしまえば虫歯になるリスクは高まります。

夜の歯磨きが重要なのはこういった理由もあるのです。

正しい歯ブラシの選び方

shutterstock_194646521
今皆さんはどんな歯ブラシを使っていますか?

今は歯ブラシの種類も豊富なので、何を選べばいいか迷ってしまうくらいです。

毛先の大きい歯ブラシは一度に磨ける面が広いので一見良さそうに思えますが、大きい歯ブラシでは奥歯が磨きにくいのであまりお勧めできません。

選ぶなら毛先の小さい物を選びましょう。

ブラシの硬さは好みでいいと思いますが、やわらかすぎるときちんと磨けず、硬すぎると歯茎を傷つける事もあるので普通の硬さが一番いいかもしれません。

もしも歯医者さんに行く機会があったら、歯医者さんで売っている歯ブラシもおすすめです。ヘッド部分が小さめで奥歯まできちんと磨けるので、チェックしてみるのもいいと思います。

歯磨き粉は必要?

歯を磨く時に歯磨き粉は必需品のようになっていますが、歯磨き粉の多くには研磨剤が含まれています。

磨き方や使う量にもよりますが、極端に言えば歯磨き粉はつけなくても汚れは落とせます。

しかし磨いた後の清涼感がないので、スッキリしないため歯磨き粉は使ってもいいのですが、量はほんの少しでOKです。

目安は歯ブラシの先にほんの少しつける程度で。

歯ブラシの面に一杯歯磨き粉をつけても、口の中がミントやハッカの清涼感で「磨いた気分」になってしまいます。

これでは十分に磨けていないことになってしまうので、付けすぎには注意しましょう。

正しい歯の磨き方

歯を磨くときの正しい磨き方は、ゴシゴシと横に大きくスライドさせるのではなく、1箇所に毛先を当てたら横には動かさずにその場で振動させます。

ゴシゴシと音がするくらい大きく横にスライドさせると、歯磨き粉の研磨剤のせいもあって歯を削ってしまいます。

歯と歯茎の境目に45度の角度で毛先を当てて、その場で20回程度振動させるのがベストな磨き方です。

電動歯ブラシや超音波歯ブラシを使っている人は、勝手に振動するので毛先は動かさずに、1本ずつ歯に当てていくイメージです。

手で磨く場合も1本ずつ磨くイメージで磨きましょう。

この磨き方だと全ての歯を裏表磨くので、意外と時間がかかります。歯磨きタイムが数十秒という人はきちんと歯を磨けていない可能性が大です!

超音波や電動歯ブラシを使っても、1本ずつ裏表磨くと最低でも3分はかかりますので、手で磨く場合はもっとかかるのが普通です。

最初は角度や歯と歯茎にあたっているかわからないと思いますので、鏡を見ながら磨くとわかりやすいと思います。

時間がかかるので、お風呂に入ったときに湯船につかりながらのんびり歯を磨く習慣をつければ、歯磨きもばっちりですし体もちょうどいい具合に温まりますので一石二鳥です。

朝やお昼はなかなかゆっくり磨く時間が取れない人も多いと思いますので、うがいやガムでとりあえず食べかすだけでもとっておきましょう。

すっきり感が欲しい人は、洗浄液でうがいをしてもいいと思います。ただしこれは歯磨き効果はないので、夜はしっかりと磨きましょう。

歯磨きには力は必要ありません。しっかりと握ってしまうと無意識に力が入るので、歯ブラシを持つときには、鉛筆を持つようにします。

この持ち方なら利き手でも力が入りにくいので、歯や歯茎を傷つけずに済みます。

歯ブラシの交換時期

力を入れなくても、きちんと磨いていると歯ブラシの毛先は徐々に広がってきます。横に広がった毛先では隅々まで磨けないので、毛先が広がってきたら交換時期です。

柔らかめの歯ブラシほど毛先が広がるのは早く、硬い歯ブラシは少し時間がかかりますが、毎日きちんと磨いていれば大体1ヶ月~1ヶ月半で交換時期が来るはずです。

清潔面から考えても、このころに交換することをおすすめします。

歯磨きのタイミング

歯ブラシのポイントは正しく磨くことです。もちろん毎食後磨くのも良い事なので回数よりもきちんと磨くことを意識しましょう。

それから歯を磨くのは食べてすぐよりも、食後30分くらいがベストです。

食後は口の中が酸性になっているので、この状態で磨いてしまうと歯の表面のエナメル質をとかしてしまう可能性があります。

すぐに溶けるわけではありませんが、毎日の積み重ねで歯に負担をかけますし、エナメル質が溶けると奥にある象牙質が透けて見えるので歯が黄ばんで見えてしまいます。

食後はすぐに歯磨きをしないで、30分くらい待ってからがベストですよ。

歯磨きのポイント

ではまとめて簡単にみてみましょう。

  • 夜には必ず歯磨きをする
  • 歯ブラシは毛先の小さい、普通のかたさのものを選ぶ
  • 歯磨き粉は少しでOK
  • 歯磨きは歯を1本ずつ磨くイメージで
  • 歯ブラシの交換時期は大体1ヶ月~1ヶ月半
  • 歯磨きは食後30分以降に

いかがでしたか?あなたは正しく歯を磨けていたでしょうか?

全然違っていたけど虫歯になったこと無いし!という方も、今、歯を少しずつ痛めつけている最中で、いつかいた~い虫歯になるかもしれません…。

毎日の習慣なので、正しい方法で行うのにこしたことはありませんよね。今夜からさっそく続けてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る