健康生活TOP 虫歯 子供が急に歯が痛いと言ったら!いざというときの家庭の応急処置

子供が急に歯が痛いと言ったら!いざというときの家庭の応急処置

歯が痛い子供

「ズキズキ」「キーン」といった歯痛は、大人でも耐えがたい時があります。子供が「歯が痛い」と訴えてきたら、一刻も早く痛みから解放してあげたいですよね。

今すぐ歯医者に行けないという時には、家庭の応急処置で症状をしずめることも可能です。夜中に子供は夜中に急な歯痛に襲われることも多いので、子供が歯痛を起こした時にできる応急処置法を覚えておきましょう。

これで痛みがおさまる場合も!まず口の中を清潔にしてみる

子供が歯痛を訴えたら、まず口の中の汚れを取り除いてみてください。

子供の歯はすき間や不揃いが多いため、大人より歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、歯のすき間に硬い食べ物のカスが挟まると、歯の神経が圧迫されて痛みを感じる場合があるのです。

また、虫歯や知覚過敏があって、汚れや細菌が患部を刺激して歯痛を起こしている可能性があります。

子供の口の中を見て、どの歯が痛むのか実際に確認してみましょう。何か挟まっていないか、虫歯や何か炎症が起こっていないか、周辺の歯まで観察してください。

食べ物が挟まっていれば歯ブラシか爪楊枝で、子供の歯茎が傷つかないようにそっと食べ物を取り除いてやります。

そして丁寧に歯磨きしてからしっかりすすぎ、口の中を清潔にしておきましょう。

軽い歯痛は歯磨きをするだけでおさまる場合があります。ただし、虫歯や歯茎の炎症があったり、原因の分からない歯痛のある場合には歯科を受診しましょう。

大人用は代用しないで!小児用鎮痛剤で痛みをしずめる

口の中を清潔にしても痛みをやわらげる効果が得られない場合は、小児用の「解熱鎮痛剤」を飲ませます。

解熱鎮痛剤は発熱、筋肉痛など幅広い症状に使える薬なので、普段から家庭に常備しておくといざという時に安心です。

ただし、子供に解熱鎮痛剤を使う場合は、必ず小児用を選んでください。

市販の小児用解熱鎮痛剤は、副作用の心配が少ない「アセトアミノフェン」を主成分としています。使用上の注意をよく読んで正しい方法で使いましょう。

市販されている代表的な小児用解熱鎮痛剤

  • ライオン株式会社「小児用バファリンCⅡ」 (3歳以上15歳未満)
  • サトウ製薬株式会社 「こどもリングルサット」  (5歳以上15歳未満)

バファリンCⅡ商品画像小児用バファリンCII|子供(子ども)用バファリン – ライオン株式会社

こどもリングルサット商品画像
こどもリングルサット – 佐藤製薬株式会社

注意していただきたいことは、子供に大人用の解熱鎮痛剤を飲ませてはいけないという点です。

大人用と子供用では成分や成分の配合量が異なります。子供は体の機能が未熟で、薬に対する感受性が強い(副作用が起こりやすい)ので、大人用の薬を少し飲ませるのはよくありません。

特にアスピリン(アセチルサリチル酸)は15歳以下の小児に「らい病」などの重篤な副作用のリスクがあり、胃の粘膜も荒らしやすいので、アスピリンを配合した解熱鎮痛剤は使わないでください。

虫歯にはロングセラー「新今治水」もおすすめ

虫歯の痛みを止めたい場合は、丹平製薬会社の歯痛薬「新今次水」を歯に塗るという方法もおすすめです。

新今治水商品画像
歯痛薬の定番「新今治水」 – 丹平製薬株式会社

新今次水は1898年から発売されているロングセラーの歯痛薬で、丹平製薬会社によれば「虫歯に塗布して2分以内に90.4%が鎮痛効果を得る」とされ、いざという時にあると安心できます。

カンフル、フェノール、サンシシチンキなどの鎮痛作用を持つ成分が配合され、局所麻酔効果が直接歯痛を止めてくれます。

子供からお年寄りまで安心して使える歯痛薬なので、小児用バファリンなどの鎮痛薬が飲めない、効かないという場合に試すと良いでしょう。ドラッグストアで購入できるので、夜間は深夜営業しているドラッグストアに駆け込んでお求めください。

ただし、あくまでも歯痛薬の目的は一時的に痛みを止めるのが目的であり虫歯は市販薬では治らないので、市販薬で痛みが消えても放置しないで必ず歯科で虫歯の治療を受けてください。

昔ながらの下痢止め「正露丸」にも虫歯の痛みをしずめる作用があります。しかし舌や歯茎に正露丸が触れないように注意しないと刺激が強く、臭いも独特なので、小さなお子さんには使いにくいかもしれませんね。

貼る冷却シートが便利!頬を冷やして痛みをやわらげる

患部が温まると痛みが増すので、痛みが和らぐまでは頬を冷やして過ごします。

  • 冷たいおしぼり
  • タオルに包んだ冷却材や氷枕
  • 貼るタイプの冷却シート(ライオン株式会社「冷えピタ」など)

などで頬全体を冷やしてあげましょう。

冷却シートは子供の発熱時にも重宝するので、常備しておくと便利です。

薬を使わないので小さな子供にも安心して使える対処法ですが、冷やし過ぎないように注意してください。キンキンに冷やすのは子どもには刺激も強過ぎるので「心地良い冷たさ」「ひんやりする程度」を心がけましょう。

速効性あり!歯痛のツボを押してあげましょう

ツボ指圧には即効性も期待でき、歯痛に効くツボを押せば、薬が効くのを待つ間に痛みをやわらげることができます。

今回はツボの中でも、親御さんが子どもさんに施してあげやすく効果の高い、手にあるツボ2点をご紹介いたします。

合谷(ごうこく)

歯痛に効くツボ合谷の位置

合谷は歯痛の特効ツボです。歯が痛む時は、まず合谷を指圧しましょう。

合谷は、あらゆる痛みをやわらげる万能ツボです。押すと脳内から鎮痛成分「β-エンドルフィン」が分泌することも分かっています。特に首から上の痛みに効果があります。

合谷の場所は、親指の骨と人差し指の骨が合流する所より少し人差し指寄りにあります。

強めに押すと圧痛があります。体のどこかが痛い時に押すと、より痛みが強く感じられるツボです。

合谷を指圧する時は、指の腹でゆっくり押したり、つねったりします。

子供のツボはデリケートなので、強く押すのは控えましょう。

歯痛点(しつうてん)

歯痛に効くツボ歯痛点の位置

名前の通り、歯痛に効くツボです。虫歯や歯周病の痛みを和らげます。

歯痛点の場所は、手のひらの中指と薬指の付け根の間です。

爪先でグリグリ押したり、指の腹で揉んだりすると効果的です。爪楊枝を束ねて輪ゴムで止め、先でトントンと刺激するのも良いでしょう。

ツボ指圧は副作用の心配がなく、薬の手持ちがなくても実践できるのが魅力です。是非覚えておきましょう。

指圧はスキンシップにもなり、親御さんに手を握ってもらうことで歯痛の不安がやわらぐ効果も得られます。

診察時間外に虫歯がうずいたら休日・夜間診療医療機関の利用も

土日・祝日も診察している歯科が多いので、日中なら歯痛が起こっても、すぐに診てくれる歯科を探して受診することも可能です。

もしも夜間に歯痛が起こった場合は応急処置を試し、歯科の開業時間まで家庭で様子を見ます。しかし、どうしても痛みがおさまらないため眠れない場合は、休日・夜間診療医療機関で治療してもらうこともおすすめします。

休日・夜間診療医療機関は地域の医療機関が当番制で受け持っていることが多いので、お住まいの市町村が発行しているウェブサイトや広報誌を確認して、受診したい時の日直となっている医療機関を探して受診してください。

虫歯は夜中に痛くなることが多いんです。これは、就寝中に体が温まって虫歯からガスが発生し、神経を圧迫するためです。

痛みが増す原因に!歯痛のある時にやってはいけないこと

子供の歯が痛い時には、次に挙げる行為を避けてください。余計に痛みが悪化し、子供が辛い思いをするかもしれません。

痛い所をいじる

痛い所を指で触ったり舌で押したりしてはいけません。

神経が揺さぶられて、余計に痛みが増してしまいます。また、不潔な手で触ると虫歯の穴や歯茎の傷からばい菌が感染して、さらに炎症が悪化するおそれがあります。

口の中のような見えにくい場所の痛みは、触って確認したくなるのがヒトの心理ですが、歯痛が悪化して後で困るので、子供が口の中をいじっていたら注意してやめさせるようにしましょう。

熱い物や冷たい物を食べる

歯痛のある時は、歯の神経を圧迫するような刺激のある食べ物・飲み物を口にしてはいけません。

硬い物や歯に詰まりやすい物が虫歯に良くないことは言うまでもありませんが、柔らかい物や飲み物でも、熱い物・冷たい物は避け、何か口にするなら常温の物を用意してあげるようにします。

湯船につかって体を温める

体が温まると患部への血行が促進され、痛みが増す場合があります。入浴は控えるか、湯船には浸からないでシャワーだけにしておきましょう。

特に子供は虫歯に注意!子供の歯痛の原因となる病気は?

歯痛は、歯の主体となる「象牙質」や歯の神経「歯髄」に刺激が伝わった時に起こります。

歯の表面を覆う硬い「エナメル質」に神経は通っていないので、エナメル質に歯の刺激が加わっても歯痛は起こりません。

しかしエナメル質が傷ついて象牙質の一部がむき出しになると、痛みを感じやすくなります。

これは、象牙質に無数に通っている「象牙細管」という細いトンネルが、象牙質の内側にある神経・歯髄とつながっていて、歯に受けた刺激が象牙細管から歯髄に伝わるようにできているためです。

さらに象牙質に大きな穴が開いたり、歯が欠けたりしてしまうと、歯の刺激が歯髄に直接伝わり、眠れないほど激しい痛みを引き起こすようになります。

歯痛が起こる原因はさまざまですが、子供の歯痛の原因は

  • 虫歯
  • 知覚過敏
  • 歯が生え替わる時の痛み
  • 歯が折れる

がほとんどです。

子供の歯痛の原因:虫歯

子供の歯痛の原因で最も多いのが虫歯(う蝕歯)です。

口の中の常在菌「ミュータンス菌」とそのエサとなる糖質が歯に付着すると、ミュータンス菌が糖質を分解して酸を作り出し、その酸が歯をどんどん溶かし穴を作るのが虫歯です。

虫歯は

  • 歯質の強さ
  • ミュータンス菌
  • 糖質

が一定の条件揃った時に発生します。

子供は大人より歯のカルシウムが少なく歯質が弱いので、ミュータンス菌と糖質が歯に付着すると虫歯になりやすいことに注意しなければなりません。

「虫歯の予防には歯磨き!」…は当然ですが、

  • 子供が歯磨きを嫌がる
  • 子供の歯磨きの仕方では心配
  • 親の虫歯菌がうつっているかも
  • 気をつけているけど虫歯ができてしまう

といったお悩みは当然でしょう。

そこで子供の虫歯予防のためにつくられた歯磨き粉を検討してみてはいかがでしょうか。

歯磨きをしても虫歯がなくならない原因を研究し開発されたものなので、虫歯になりづらい口内環境にし虫歯を予防することができます。

子供の虫歯予防歯磨き粉、ブリアンはフォロワー数6万人をこえるカリスマママブロガー二宮こずえさんもおすすめしていますよ。

* 初めて聞いたブリス菌 虫歯菌に抵抗できるブリス菌 ブリス菌を増やして虫歯を予防する そんなびっくりな歯磨き粉をもらった 一袋に粉が入っていて それを付けて歯磨きするだけ ブリス菌は乳酸菌らしく 口内ケアもできるから 忙しい時にはこれを口に含み マウスウォッシュとしても使える ちなみに ゆすがなくてもいいから 歯が生え始めの赤ちゃんにいいよねこれ こどもが虫歯になったら こどももも嫌だけど 見てる親もいやなもんだ 虫歯になりにくい環境を作ってあげたいよね んで 残りの粉であたしもやっちゃう #画期的なものみっけ #ブリアン #ブリス菌歯みがき #歯医者はいくつになっても嫌

cozue ninomiyaさん(@cozue_n)が投稿した写真 –

世界初!虫歯予防成分「BLIS M18」を歯磨き粉に採用!無添加、国内生産、いちご味でお子様も安心

ブリアン商品イメージ

虫歯は進行度によってCO~C4まで5段階に分かれており、C2以上の虫歯で歯痛が起こります。

CO
「要観察歯」ともいいます。歯の表面の透明感がなくなったり色素が沈着したりして、虫歯の穴や痛みはありません。

唾液の分泌やフッ素塗布によって、エナメル質の石灰化を促すことで自然に治すことが可能な状態です。

C1
エナメル質に穴が開きますが、痛みはありません。

虫歯の進行を止めるため、穴に詰め物をする治療を行ないます。この段階なら虫歯の治療も痛くなく、治療も1~2回で済無ことが多いです。

C2
エナメル質の内側にある象牙質まで穴が深くなっています。歯痛を伴ったり、歯にしみたりするようになります。

象牙質はエナメル質より柔らかいため、C1からC2に進行すると虫歯が急速に悪化するおそれがあり、早めの治療が求められます。虫歯を取り除いて穴を充填します。

C3
虫歯の穴が象牙質よりさらに深くなり、歯髄へ到達してしまった状態です。神経を直接刺激するため、歯が痛くて寝れない、何もしなくてもズキズキ痛むなど激しい痛みが起こります。

虫歯に侵された歯髄を取り除き、歯に被せ物をする治療が必要になります。

C4
歯髄が虫歯に侵され、神経が死んでいるので痛みを感じません。

歯髄が死ぬと、歯はもろくなって崩壊してしまいます。歯髄には歯に栄養を送る血管やリンパ管が通っていて、歯髄が死ぬと歯に栄養が行き渡らなくなり、硬い歯が保てなくなるためです。

歯髄に細菌が感染しやすくなるため、歯髄が炎症を起こしてズキズキ痛む「歯髄炎」や虫歯の周りにある歯茎が化膿する「根尖性歯周炎」が起こりやすくなります。

そのまま放置しておくと、歯髄の血管から細菌が全身に回ったりして、健康を損ねるおそれも出てきてしまいます。

C4まで虫歯が進むと、歯根(歯の根元)以外は、歯がほとんど残りません。場合によっては被せ物をすることが難しくなり、歯を抜いて義歯などを入れる治療が必要になってしまいます。

昔に比べ近年は、虫歯のある子供の数が大幅に減っています。

総務省の「学校保健統計調査 年次統計」を見ると、平成に入るまで子供の80%以上には虫歯があり、昭和40年代は90%以上の子どもに虫歯のあったことがわかります。しかし平成27年になると、虫歯のある子供は約36%しかいません。

また昔の子供は一人当たり5本前後の虫歯を持っていたことに対し、現代の子供は虫歯が見つかっても1本くらいと、本当に虫歯のある子供は少なくなっています。

これは、子供の虫歯ゼロを目指す予防歯科の概念が徐々に普及し、歯の健康に関心を持つ保護者が増えためです。

これは非常に良い兆候なのですが、中にはひどい虫歯で歯医者通いを余儀なくされる子供がいるのも事実です。これは、気を付けていても一度子供の歯に虫歯ができてしまうと、あっという間に虫歯が進行しやすいためなのです。

ミルクや果汁には糖分が含まれ、哺乳瓶のだらだら飲みで歯の生えた赤ちゃんが虫歯になってしまうことも多いので、赤ちゃんの寝かしつけや水分補給に哺乳瓶を使う時は、お茶や水にするなどの注意も必要になります。

昭和時代に比べ、市販されているお菓子やジュースは甘さ控えめになりました。しかし、清涼飲料水、飴、チョコレート菓子の糖分が歯に着いたまま、歯磨きをしないでいると歯のエナメル質はあっという間に酸蝕します。

子供の歯はまだカルシウムが少なくエナメル質が弱いので、まずは酸蝕による初期の虫歯に注意しなければなりません。

子供の虫歯が痛む時は、すでに虫歯がちょっと進行した状態といえるのですが、これから末永く使う大切な歯なので、一刻も早く歯科に連れて行きましょう。

子供の歯痛の原因:知覚過敏

エナメル質が傷ついて象牙質の一部がむき出しになると、食べ物や飲み物が歯に触れた時に一瞬「キーン」としみる「知覚過敏」が起こりやすくなります。

知覚過敏は年齢に関係なく誰にでも起こり得る現象ですが、子供の歯は成長中でまだエナメル質が弱いので、知覚過敏を起こしやすくなっています。次に挙げる知覚過敏の原因をなるべく避けましょう。

知覚過敏の原因

  • 歯を強くブラッシングしている
  • 酸の強い食べ物や飲み物を摂取する
  • 歯ぎしりをする癖がある
  • 歯の噛み合わせが悪い
  • 歯磨き粉のつけ過ぎ
  • 歯のクリーニング

知覚過敏は、家庭で知覚過敏専用の歯磨き粉を使ったり、歯科医院で歯にコーティング剤を塗ったりしみる部分を樹脂で埋めたりして、神経に刺激が届くのを防ぐことで治すことができます。

子供の場合は一時的なのであまり気にすることはありませんが、熱い物・冷たい物は歯にしみやすい物ので、しばらく避けるようにしましょう。

それでも気になる場合は小児歯科を受診し、歯を傷つけないブラッシング法を指導してもらったり、コーティング剤を塗ってもらったりすることをおすすめします。

子供の歯痛の原因:歯が生え替わる時の痛み

子供特有の歯痛に、乳歯から永久歯に生え替わる時の痛みがあります。

歯が抜けてしまえば解消されるのですが、抜けそうで抜けない歯の痛みは子供にとって苦痛になるかもしれませんね。

歯が抜け替わる時、次のような理由があると歯痛が起こりやすくなります。

  • 乳歯がグラグラして神経を刺激する
  • 下から永久歯が乳歯を押して神経が圧迫される
  • 抜けかけの乳歯の周りの歯茎が炎症を起こす

歯がグラグラするのは永久歯が生えて来た時に、歯の根が一部だけ残って溶けるためです。

少しグラグラしている程度では指や舌で押しても抜けません。無理に抜こうとすると余計に痛いだけで、出血や歯茎の炎症を引き起こしてしまうので、歯が大きくグラついて自然に抜けるようになるのを待つのが良いです。

しかし歯が動き出してからなかなか抜けなかったり、我慢できない痛みや歯茎の炎症があったりする場合は、小児歯科に相談しましょう。レントゲンで確認をした上で、麻酔をして抜歯することもしたほうが良い場合もあります。

子供の歯痛の原因:歯が折れる・取れる

転倒などで顔面を打ったり硬すぎる物を噛んだ時、不運にも歯が欠けたり取れたりすることがあります。

歯の欠けが歯髄に到達すると歯痛が起こります。痛む場合は鎮痛剤を飲んだり頬を冷やしたりして痛みを和らげ、すぐ歯科を受診しましょう。

歯が欠けると象牙質がむき出しになって虫歯や細菌感染が起こりやすくなるので、痛くても痛くなくても、早めに欠けた歯の治療を受けさせてください。

取れた歯は、歯科でくっつけて元に戻せる場合があります。

子供の永久歯が折れた場合は、水道水でよく洗浄してから生理食塩水か牛乳に漬けて歯科に持参しましょう。(歯はゴシゴシこすると傷がつくので、よくすすぐだけでかまいません。乳歯はいずれ抜けるので、くっつける必要がありません。

子供の歯痛の原因:副鼻腔炎

鼻がつまりやすい子供や風邪をひいていた子供が歯痛を訴えた時は「副鼻腔炎」が原因で歯痛のような痛みが起こっているかもしれません。

副鼻腔炎は鼻腔(鼻の穴)の奥にある「副鼻腔」という空間に細菌が感染して膿が溜まる鼻の病気です。膿が歯の根元の神経を圧迫すると、歯痛のような痛みを感じることがあります。

  • 鼻づまり
  • 黄緑色のドロッとした鼻水
  • 痰が出る
  • 数本の歯が痛み、どの歯が痛いのか特定できない

といった症状があれば副鼻腔炎です。

子供は副鼻腔炎から中耳炎を併発しやすいので、すぐに耳鼻科を受診し、抗生物質などの薬で治療してください。

根本的治療は歯科で!応急処置はあくまでも一時しのぎ

歯はズキズキと強く痛むことが多いので、急に痛み出すとお子さんはとても不安になってしまいます。お父さんお母さんが応急処置を覚えておいてさっと施してあげれば、お子さんもすぐ楽になり落ち着くことができます。

しかし応急処置はあくまでも一時しのぎで、歯痛の根本的な解決にはなりません。なるべく早く歯科を受診し、歯痛がぶり返さないよう、きちんと治すようにしてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る