健康生活TOP 虫歯 虫歯予防に重曹磨きはメリットだらけ!注意点と正しい歯磨き方法

虫歯予防に重曹磨きはメリットだらけ!注意点と正しい歯磨き方法

shutterstock_2160864042

歯を磨く時は歯磨き粉を使いますが、歯磨き粉の種類と歯の磨き方を間違えてしまうと、歯が削れたり歯周病や虫歯の原因になったりするのを知っていましたか?

市販されている歯磨き粉の多くには研磨剤が入っています。研磨剤を配合する事で磨いた後に歯がツルツルになったと感じる事ができますが、強く横にゴシゴシと擦ってしまうと長い間に研磨剤によって歯が削れてしまいます。

では正しい歯周病ケア、歯の磨き方とはどのようにすれば良いのでしょうか?

歯磨き粉は必要か?成分からみる歯磨き粉のメリットとデメリット

中には研磨剤を含まない歯磨き粉もありますが、探すのは大変ですし価格も高めなので一般的ではありません。

昔の人は塩で歯を磨いていたとも言われていますが、確かに歯ブラシできちんと汚れを落とせれば歯磨き粉は必要ないでしょう。

しかし磨いた後のすっきり感が無いと磨いた気がしませんし、口臭なども気になりますね。歯磨き粉の多くには研磨剤以外にも発泡剤やミント成分が含まれているので、磨いた後の清涼感を得られるのです。

歯磨き粉の量はほんの少しでもいいのですが、どんなに注意していても、研磨剤が入っていれば毎日磨き続けていくうちに歯が削れてしまうのは、ある意味仕方ない事なのかもしれません。

そんな歯磨きの悩みを解決してくれる、とても身近な物があるのを知っていますか?ズバリ重曹です!歯医者さんも実践している人が多いと言われている方法なので、試してみる価値はあると思います。

歯磨きに重曹を使えばイイことだらけ!

歯磨きに重曹を使う事で、市販の歯磨き粉にありがちなデメリットをメリットに変える事ができます。

  • 虫歯予防効果が期待できる
  • 口臭予防にもつながる
  • ホワイトニング効果も期待できる
  • 添加物を含まないので安心できる

重曹はケーキを作る時に使ったり、家の掃除をしたりする時にも使いますが、歯磨き粉としても使う事でこのようなメリットがあります。

炭酸水素ナトリウムという別名もありますが、一般的には重曹と呼ばれています。ケーキを作る時に使う場合はベーキングパウダーと呼ばれますが、ベーキングパウダーは重曹にコーンスターチなどを混ぜた物です。

重曹は天然由来なので歯磨き粉としても安心して使えますが、使う場合は食用の物を選んでください。スーパーに行けば大抵手に入りますよ。

口にしても安心なので大人だけでなく子供の歯磨き粉としても使えますね。ただし重曹を歯磨き粉として使う場合はいくつか注意すべきポイントもあります。

口臭やくすみの除去まで!?口腔ケアに重曹がぴったり

歯磨きをする場合食べた直後よりも30分から1時間ほど時間を置いてからの方がいいと言われていますが、これにはきちんとした理由があります。

食事をすると口の中が酸性になります。歯の表面はエナメル質なので酸に弱いため、口の中が酸性の時に歯を磨くと歯の表面を傷つけてしまうのです。

これにより歯が脆くなり冷たい物が沁みる知覚過敏や、歯の根元が削れてしまい虫歯のリスクを高めます。

重曹はアルカリ性ですから、食事の直後でも歯磨き粉として使えば口の中を酸性からアルカリ性に変える事ができます。

口の中が酸性になると、酸化による口臭なども気になります。アルカリ性の重曹で歯を磨けば口の中の酸化を防ぎ口臭予防にもつながります。

コーヒーを飲んだ後は独特の口臭がします。これはコーヒーが口の中のPH値を下げ酸化させるからなのですが、酸化すると細菌の繁殖が進むため独特の口臭がします。

本人は意外と気づいていない事が多いので、コーヒーをよく飲む人には、口臭エチケットとしても重曹がおすすめです。

重曹には汚れを落とす研磨剤の効果もあるので、歯のくすみを取り除き、歯本来の白さに導く効果も期待できます。

とっても簡単!重曹歯磨き粉の作り方

shutterstock_2887614772

重曹入りの歯磨き粉は市販されている物もありますが、研磨剤や発泡剤が入っているので、食用の重曹を使って手作りをしてみましょう。

重曹を直接歯ブラシに付けて磨く人もいますが、研磨剤と同じ作用があるため、直接歯ブラシにつけるのはあまりおすすめできません。

材料

  • 食用の重曹
  • 植物グリセリン

スーッとした爽快感が欲しい場合はペパーミントオイルやハッカ油をプラスしてください。

分量・・・重曹2:植物グリセリン1

重曹が多過ぎると研磨剤の効果が強く出てしまうので分量は守ってください。ミントオイルやハッカ油はお好みで分量を調節できます。

これを良く混ぜるだけ!

保存料は入っていないので保存はききません。10gずつくらいで作り、2、3日で使い切ってください。

ちなみに重曹は1kgで300~600円、植物性グリセリンは100mlで300~1000円くらいで購入できます。

重曹歯磨き粉を使った正しい歯磨きの仕方

歯を磨く時に手作りの重曹歯磨き粉を使っても、磨き方が間違っていれば意味がありません。

歯を磨く時は、歯ブラシの先にちょんちょんと軽くつけ、ゴシゴシと横に大きくスライドさせずに、毛先を歯と歯茎の境目に軽く当てて、その場で振動さましょう。

歯を1本ずつ磨くイメージが理想です。この方法だと全部磨くまでに時間がかかりますが、歯を傷つけずに綺麗に磨けます。

時間がない場合は重曹を使ったうがいもおすすめです。

子供にもおすすめの重曹うがいのやり方と作り方

shutterstock_1590638992

ゆっくり歯を磨く時間がない時は重曹を使ったうがいでも同じような効果が期待出来ます。歯磨きは少しコツが必要なので難しいと感じる事がありますが、うがいなら簡単なので子供でも手軽に出来ますよ。

分量・・・水100ml:重曹小さじ半分
ペットボトルにつくる場合は500mlで小さじ1杯強の約3グラムを入れましょう。

ダマのないようにしっかり混ぜきってください。うがいをする時は口の中に重曹水を含み、30秒くらブクブクうがいをします。

重曹は天然の保存料の効果もありますから、ペットボトルに入れて持ち歩く事ができます。子供が学校給食を食べた後にも、重曹うがいができますね。

冷蔵庫に入れて保管すれば1ヶ月くらいは持ちますが、家族で使うとすぐに使い切ってしまいます。面倒でもその都度作ったほうが衛生的です。

食べた後は口の中が酸性になるので、食後すぐに重曹うがいをすれば虫歯のリスクも軽減できます。また重曹うがいは起きてすぐにも使えますので、寝起きの口臭もすっきりできて朝から爽快になれますよ。

重曹歯磨きと重曹うがいをうまく使い分け習慣にすれば、自宅でも簡単に虫歯予防ができますね。

重曹歯磨きの後に重曹うがいをプラスすると更に効果もアップしますし、口の中がとてもスッキリします。重曹うがいなら小さい子供でも簡単にできますので、ぜひ毎日の習慣にしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る