健康生活TOP 舌がん 舌がピリピリ痛いのはストレスによる舌痛症!?その特徴と対処法

舌がピリピリ痛いのはストレスによる舌痛症!?その特徴と対処法

舌に痛みを感じるのは、食事や何か物を食べている時にうっかり舌を噛んでしまったとか、アツアツの料理を食べ舌を火傷してしまった時などです。

金属の金具が付いた部分入れ歯を使っている人は、金属の部分が舌に擦れて痛みを感じる事もありますね。

このように、大抵は原因もある程度わかっていますし、見た目にも赤くなったり腫れたりしていますので、すぐにわかります。

しかし舌痛症の場合は、舌に何の異常も見られないのに常に痛みや違和感があります。症状が進行すると痺れも出てくるので、精神的なダメージも大きくなっていきます。

舌が痛いのに異常がない、だけど舌痛症は立派な病気です!

舌痛症の原因もいくつかありますが、本人は明らかな痛みや痺れ、ピリピリとする不快感があるのに、見た目にはまったく異常が見られないので、病院に行っても医者からは「気にしすぎです」とか、食べ物のせいとされてしまう事が多いのです。

痛みや痺れ具合は個人差も大きいのですが、1日中続くと精神的にも参ってしまいます。人によっては舌の痛みが気になって仕事も手につかない場合もあります。

痛みや痺れという症状が出ているのですから、必ずどこかに原因があるはずです。異常がないのに痛みはあるという、人に理解してもらえない状態が続くので精神的なストレスも加わります。

知っておくと役に立つ舌痛症の原因と症状

舌痛症の原因がストレスである事も多いのですが、ストレスというのは目に見えない物ですし、異常が見られないので医師にもうまく伝えられず、気のせいと片付けられてしまう事がかえってストレスを強くします。

舌痛症で考えられる原因もいくつかありますし、症状も特徴的ものですから、是非チェックしてみてください。

  • ストレス
  • 極度の疲労
  • 心身症
  • 薬の副作用
  • 舌への刺激

このような原因が考えられますが、更年期の女性はホルモンバランスと自律神経のバランスの変化が舌痛症の原因になるとも言われています。

次に、特徴的な舌痛症の症状を見てみましょう。

  • 舌の痛やしびれがあるのに、赤くなるなど見た目の変化がない
  • 数時間も痛みがつづく
  • 精密検査をしても異常なしと出る
  • 舌の先にピリピリとした痛みのような痺れが出る
  • 夜になると痛み出す
  • 痛む場所は日によって変わる

原因不明の痛みや痺れが2時間以上続き、時間が経っても改善されずに3ヶ月以上続いている場合は、舌痛症の可能性が高くなります。

病気である以上、舌痛症も治療ができますので、諦めず治療をしてくれる病院を探しましょう。

舌がんと舌痛症の違い

shutterstock_6404935022

舌痛症の原因が不確定なところから、不安を募らせて「これは舌がんだ」と勘違いしてしまう人が多いそうです。

舌がんの原因は、いつも同じ場所を舌でなぞっていたりすると、刺激が舌に持続的に加わる事になり、そこにがんが発生してしまう、というものが主です。

また、歯並びが悪く舌がいつも同じ場所に当たる場合も、高いリスクがあると言えます。

舌がんと舌痛症の見分け方としては、見た目に大きな違いがありますのでこれをチェックしましょう。

舌がんの目に見える症状

  • 舌の表面(縁)が緑色に変色する
  • 舌の裏側の奥に小さなブツブツが多数できる
  • 舌の裏側にしこりができる

しかし、初期段階では痛みはほとんどないので、気づきにくいという点があります。

舌痛症になったらどこの病院に行けばいいの?おすすめは口腔外科

舌の痛みなので歯医者に行ってもいいのですが、一般的な歯医者では十分な検査ができないので、口腔外科を受診しましょう。

専門的な口腔外科の治療が可能であり、検査機器など設備が整っている口腔外科の方がきちんと対処してもらえます。

今までは舌痛症を精神的な事と考え、きちんと治療が受けられない人も多かったのですが、今は治療も可能になっています。

精神的な影響が大きい事もあって、口腔外科だけでなく、精神科や心療内科なども同時に受診できるように心療歯科のある所ならベストです。

舌痛症で病院に行く場合は、口腔外科に特化している歯医者さんがおすすめですが、総合病院や大学病院など、一箇所で複数の科を受診できる病院もいいかもしれません。

焦らずゆっくり時間をかけて治療していくのがポイント!ストレスと口の乾燥に気をつかって

shutterstock_2228307312

舌痛症の原因はほとんどがストレスだと言われています。この場合原因がはっきりしているのですが、ストレスの種類によっては原因解消が難しく、なかなか解消できずに長引く事もあります。

ストレスというのは感じている本人にしか辛さがわかりませんし、一度かかれば抗体や免疫ができるわけでもないので、完全に解消するまでには時間が必要です。

仕事場でのストレスは仕方ない部分もありますが、家に帰ったら気持ちを切り替えリラックスできる環境を作ってみるのも良い方法です。

好きなスイーツを食べたり、好きな映画を見たりして気持ちを落ち着かせましょう。治療を始めてもなかなか症状が改善されないと、焦ってしまい、それが更なるストレスとなります。

個人差もありますが、舌痛症の人でも食事をしている時や、趣味に没頭している時だけ痛みを忘れる事もあるといいます。

1日中何かを食べ続けるのは無理がありますが、大好物を食べる時に痛みを忘れるならそれもストレス解消になりますので、可能な範囲でメニューに取り入れましょう。

趣味があるなら、趣味の時間を増やすのも良い方法ですね。痛みが慢性化してしまうと脳が痛みを覚えてしまうので、さほど痛くないのに痛いと感じる事があります。

痛みを忘れるほど没頭できる趣味があるなら、趣味もいい解決策になるかもしれませんので、大いに取り入れていきましょう。趣味を極めれば、別の楽しみも発見出来るかもしれませんね。

家の中で過ごす時間は、自分にとって快適な時間となるよう工夫すればストレスも少しは軽減できるでしょう。

ストレスを減らすことは健康への第一歩です。舌痛症を予防、改善するためにも、何事もストレスフリーにいきたいですね。

ストレス以外にはとにかく口内を清潔にすること!

口内を清潔に保つために、以下の事を心がけてください。

  • 口の乾燥に気を付ける・・・ガムや飴を活用すると良いでしょう
  • 食事はバランス良く・・・特にビタミンB12、鉄分を積極的に摂りましょう
  • 基本中の基本!寝る前には洗浄を忘れずに・・・水でゆすぐだけでも差があります

口内の乾燥は口臭の原因にもなりますので、常に意識することはとても大切です。

手元にガムや飴がないときは、口を閉じたまま舌だけを「レロレロ」と上下に動かすだけで、唾液の分泌が促されますので有効ですよ。

舌痛症の痛みはかかってみないとわかりません。かかったらかかったで原因がわからずイライラしてしまう、不安に思ってしまいますので、やっぱり避けたいものです。

ストレスは舌にも影響があるんだ、と覚えておいてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る