健康生活TOP 舌がん 歯並びが悪いと舌がんになりやすい?舌がんの意外な原因と症状

歯並びが悪いと舌がんになりやすい?舌がんの意外な原因と症状

shutterstock_753966072

『歯並びが悪いと舌がんになりやすい』

そんな噂を聞いたことはありませんか?他のがんに比べて取り上げられる機会が少なく、認知不足が否めない舌がんについて、その原因と症状などを紹介していきます。

舌がんの基礎知識

舌がんとは病名の通り舌にできる悪性腫瘍のことを言います。もう少し正確に言うと、舌の中でも前側(前3分の2)にできるがんが舌がんです。

他のがんに比べて知識が少ない、また口内炎と間違われることが多く発見が遅れがちです。

舌がんは男性のほうが女性より2倍ほど多く、その中でも50代後半に好発するというデータがあります。ですが50歳以下の患者さんも全体の4分の1ほどいるので油断はできません。20代でも舌がんを発症するケースもあります。

他のがんと同様、早期発見が重要です。腫瘍が4cm以下の状態で発見できれば射線治療や部分的な切除で済む可能性が高いからです。

では次の項から早期発見の為に知っておきたい舌がんの原因と症状を紹介していきます。

舌がんの意外な原因

舌がんの原因についてはまだ明らかになっていない部分も多いのが現状です。ですが現在の時点で、原因と考えられているいくつかの要素や行為があります。

1つずつ紹介していくので自分に当てはまるか検証してみてくださいね。

飲酒や喫煙

飲酒や喫煙による刺激が舌がんの発症に大きな影響を与えていると考えられています。メカニズムについてはまだ分からない部分が多いですが、アルコールや喫煙を好む人のほうが何倍も発生リスクが高いというデータがあります。

そのようなデータがある限り、飲酒や喫煙が舌がん発症に関係あるということは否定できませんね。タバコはやめたほうが好ましいですし、アルコールも適度な量を守ったり飲まない日を作ることが重要です。

歯並び

歯並びが悪いと舌がんを発症するリスクが上がると言われています。これは歯が慢性的に舌に刺激を与えてしまう為です。この慢性的な刺激が、長い時間をかけてがんを引き起こす可能性があります。

危険だと言われている歯並びは内側に倒れているケースです。内側に倒れていると常に舌に刺激を与えてしまう為です。また良い歯並びというのはUの形と言われていますが、これがVの形になっている方も要注意です。

虫歯や義歯

虫歯や義歯によって舌がんを発症する可能性もあります。これは歯並びの悪さと同様、舌に慢性的な刺激を与えてしまう為です。虫歯で歯がギザギザになっていたり合わない義歯を入れている方は早めに歯科に行って治療を行いましょう。

遺伝

これは舌がんに限ったことではありませんが、遺伝的な要素でがんを発症するリスクは何倍にも跳ね上がります。両親や祖父母、もしくは近い親戚に舌がんを発症した人がいないか確認することをお勧めします。

舌がんの症状

次に舌がんの代表的な症状を紹介していきます。舌がんが前側の3分の2、縁側にできることがほとんどです。日頃から鏡でチェックする習慣をつけておきましょう!

初期症状

舌がんの初期症状は以下のものになります。初期のうちは症状がほとんどでないケースも多いです。

  • 白い斑点ができる
  • 小さなしこり
  • 舌が赤くなる
  • 舌の違和感
  • 舌の軽い痛み
どれも口内炎に似た症状ばかりなのでつい見落としがちです。ですが通常の口内炎は数日、遅くても2週間以内には治るのでそれ以上症状が続く場合は迷わず病院を受診しましょう。

舌がんが進行するとつらい!

舌がんが進行すると、しこりが徐々に大きくなり強い痛みや出血を伴うようになります。また口臭が強くなったり食べ物を食べるのが苦痛になることもあります。このような症状が出る前に発見に至れるよう初期症状を見逃さないでください。

自分でできる舌がんの予防法3つ

原因や発症のメカニズムが100%明らかになっていない為、確実な予防法はありません。ですが現在有効とされている予防法を紹介します。

タバコは百害あって一利なし!禁煙しよう

まず舌がん予防の為に絶対にやめたほうが良いのがタバコです。タバコが舌がんの発症リスクを上げているのはデータで証明されていますし、舌がん以外にも多くの弊害を与えることが知られています。

『タバコは百害あって一利なし』と言われるほどです。ストレス発散や仕事のモチベーションを上げる為に吸っている方も多いと思いますが、やはり自分の健康やがんの発症リスクを考えると禁煙をお勧めします。

アルコールや刺激物を控える

アルコールの過度な摂取は控えましょう。過度なアルコール摂取は、舌がんだけでなく様々な病気の原因と考えられています。1日の適量を守り、必ず週に1度は休肝日を作ることをお勧めします。

辛いものや濃い味付けの料理を過剰に食べることも避けましょう。特に唐辛子などの辛いものは刺激が強いので注意が必要です。辛いものを食べ続けているとどんどん麻痺して量が増えてしまう可能性があります。適度な量を守りましょう。

専門家に相談!歯の治療を行う

定期的に歯科を受診することをお勧めします。虫歯や合わない義歯がある場合は早めに治療を行いましょう。また定期的に歯石を取り除いてもらったり、正しく歯磨きができているかチェックしてもらうことも重要です。

歯並びの悪さも舌がんの発症リスクを上げるので、気になる場合は矯正も候補に入れて担当医に相談してみましょう。自分で悩んだり心配するより、専門のお医者さんに相談するのが一番能率的で安心です。

他のがんと比べて認識が薄い傾向にある舌がん、口内炎とよく似ているので余計に発見が遅れがちです。日頃から自分の舌をチェックすることが重要ですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る