健康生活TOP 薄毛 ピルを服用中の人は要注意!女性にもある頭頂部の薄毛の対策

ピルを服用中の人は要注意!女性にもある頭頂部の薄毛の対策

shutterstock_1741961512

薄毛にも様々な原因があり、薄毛パターンや薄毛レベルも人による違いはあります。薄毛の悩みと言えば男性の悩みと思われがちですが、女性にも薄毛に悩む人はたくさんいます。

男性がホルモンの影響を受け中高年以降に薄毛の悩みを持つように、女性の場合も加齢によるホルモンバランスの変化が、薄毛の原因として最も多いと言われています。

女性の薄毛はどこの部分が薄くなるかにより、ある程度原因も予測できます。また男性と女性の薄毛では少しだけ仕組みが違いますので対処法も変わるのです。

女性の頭頂部が薄くなる原因がピルにあった!?ホルモンバランスを変えてしまう副作用

女性の薄毛の原因は、その多くが年齢によるホルモンバランスの変化が関係していると言われています。しかし若い女性も薄毛になる事があり、その数もかなり多いのです。

考えられる原因として、ストレス、過激なダイエット、タバコなどがありますが、ストレスもなくタバコも吸わない、ダイエットもしていないのに薄毛になる事があります。

その原因となるのがピルです。ピルを飲む理由も人により違いはありますが、ピルを服用する人全てが避妊目的とは限りません。ピルが原因で起こる薄毛は、頭頂部が薄くなるという特徴があります。

  • 計画的妊娠のための生理コントロール
  • 生理痛やPMSの緩和
  • 更年期障害の症状緩和
  • 女性特有の病気予防

このような理由でピルを取り入れますが、ピルを取り入れる事によるメリットは多く、実際にたくさんの女性がピルを使用しています。

ピルは副作用が強いというイメージもありますが今は副作用のリスクが低い、低用量ピルが主流となっています。

低用量ピルなら気軽に取り入れられるイメージもありますが、低用量でも女性ホルモンに影響を与えバランスを変えてしまうため、抜け毛が増え薄毛になるという副作用があるのは否定できません。

これにより一時的に抜け毛が増え、薄毛になってしまうのです。ピルによる薄毛は、若い女性にも起こりますが、中高年以降の女性は特に注意が必要です。

中高年に差し掛かると髪や頭皮にも老化現象は現れ始めますので、頭皮環境も悪くなり髪の成長にも影響が出ます。これにより女性特有の薄毛・びまん性脱毛症になりやすいのです。

びまん性脱毛症について

びまん性脱毛症は女性に多く見られる脱毛症ですが、男性のように髪が抜け落ちるのではなく、髪が細く痩せて行くので全体のボリュームがダウンします。

髪のコシやハリも失われていくので、スタイリングも上手く決まらず、頭皮に髪が張り付いたように見えてしまいます。

髪の密度が低下するため、頭皮が透けて見えるようになり、特に生え際や髪の分け目、つむじの部分の薄毛が目立ちます。

さらに中高年以降の女性は、女性ホルモンの減少により生理痛がひどくなる傾向があります。

ピルを取り入れる事で生理痛の緩和効果も期待できますが、びまん性脱毛症にピルの副作用が加わると、人によってはかなり深刻な薄毛になってしまいます。

ピルが薄毛の原因になる理由はピルの服用の中止にあった!

shutterstock_220460170

ピルにも種類がありますし、今主流の低用量ピルにもいくつかの種類があります。なぜピルが女性の薄毛の原因になるのでしょうか?

ピルには女性ホルモンを増やす作用があります。中高年以降の女性がびまん性脱毛症になるのは、女性ホルモンの不足も原因の一つです。

ピルを飲むことで女性ホルモンを補い増やす作用があるので、普通に考えたら女性ホルモンは十分足りている状態であり、薄毛になる事はないと考えます。

確かに低用量ピルを服用すると女性ホルモンは増えますが、飲み始めは一時的にホルモンバランスが崩れますので、ピルの飲み始めに抜け毛が増えるのは否めません。

しかし服用を続ければ、女性ホルモンも安定して行きますから、自然と抜け毛も減り薄毛も解消されていきます。

ではなぜピルが女性の薄毛の原因になるのでしょうか?ピルにより薄毛になる場合の多くが、ピルの服用を中止した時です。

安定していた女性ホルモンも、ピルの服用を中止するとその時にホルモンバランスが崩れます。

ピルで補っていた女性ホルモンの供給が、突然ストップしてしまう反動は想像以上に大きく髪にも影響を与えます。

女性ホルモンは髪の成長をサポートする作用がありますので、ピルの服用を中止するとサポートするものが無くなるため、一気に抜け毛が増えてしまうのです。

ピルの服用中止後も薄毛が改善されない場合

ピルの飲み始めと、服用中止後にはホルモンバランスが大きく変わり抜け毛が増え薄毛になりますが、徐々に安定していくのでほとんどの場合は薄毛も改善されていきます。

ただし抜け毛が増えたり、薄毛になったりした場合、それを完全に回復させるまでには長い時間が必要です。

これは髪が生え変わるサイクルも関係しているからです。育毛剤やヘッドスパなどで頭皮環境を整え、栄養を与えれば髪の成長をサポートできますが、それでも髪に変化を感じるまでには数ヶ月~1年はかかります。

個人差もありますが、ピルの服用を中止してからしばらく経っても一向に薄毛が改善されない事があります。

薄毛の改善以前に抜け毛も減らない、増える一方だという場合は、ピル以外に原因があると考えられます。特に中高年以降の女性は注意しましょう。これは更年期である事も関係しています。

まだ更年期障害は出ていない場合でも、女性ホルモンは減少していますし、冷え性やストレス、紫外線なども加わるので、薄毛のリスクは完全に回避されていません。

ピルの服用を中止してしばらく経っても、薄毛が改善されない場合はピル以外の原因も探ってみましょう。

メンタルもサポートしてくれて安心な女性専用の薄毛外来のススメ

shutterstock_1480738822

何をしても薄毛が改善されない場合は、一度薄毛外来を受診してみるのもいいと思います。

薄毛外来には男性もいるので、なんとなく病院に行くにくい事があります。しかし今は女性専用の薄毛外来もあるので、気兼ねなく通えるようになっています。

最初は恥ずかしい気持ちも強いと思いますが、薄毛外来ではその人に合わせた専門的な治療ができます。

女性専用の薄毛外来は、医師やスタッフも全て女性というところも多く、院内もエステのように高級感があり落ち着いた印象にしています。

一般的な薄毛治療は薄毛の原因を確かめ、育毛剤や飲み薬を処方するだけですが、薄毛外来はより専門的な治療が可能です。

今は薄毛治療にも再生医療を取り入れていますし、専用の機械を使った頭皮ケアなどもできます。

髪が薄くなるのは年齢や性別にかかわらず、精神的ショックやダメージも大きくなります。薄毛外来ではこういう場合の、メンタルケアも行っています。

自分の症状や薄毛レベルに合わせた治療が可能となるので、薄毛を改善するのにも高い効果が期待できますよ。悩んでいるならば、一度検討してみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る