健康生活TOP 薄毛 あきらめないで!女性の薄毛は回復が期待できるタイプがある

あきらめないで!女性の薄毛は回復が期待できるタイプがある

2062

女性でも男性と同じように薄毛や抜け毛の悩みはつきものです。

しかし、中には薄毛・抜け毛があることが原因で起こっているため、それを解決すれば回復が期待できるタイプもあるのです。

また加齢によるものであっても、女性にとって健康的な髪でいることは人生を豊かにする上でとても大切なことです。あきらめず、薄毛・抜け毛に立ち向かいましょう!

原因は甲状腺機能低下症という知らず知らずのうちにかかってしまう病気

薄毛・抜け毛と聞くと、つい男性の悩みかと思いがちですが、じつは男性と同じように薄毛・抜け毛に悩む女性は日本全国でなんと1900万人もいるといわれています。とくに近年になり薄毛・抜け毛に悩む若い女性が増加してきました。

女性の薄毛・抜け毛の原因は男性とそのメカニズムが違います。そのためこれといった予防策や治療方法がないのが現状です。しかし実は10人に1人の割合で女性の薄毛・抜け毛が治るタイプがあります。

それは甲状腺機能低下症という病気に知らず知らずのうちにかかってしまい、この病気のサインとして薄毛・抜け毛になるタイプです。

甲状腺とは首の前の喉仏のすぐ下にあります。ここでは髪の毛の育成に大きく影響する、新陳代謝の育成を促進させる甲状腺ホルモンが作られています。

この甲状腺ホルモンの分泌は多すぎても少なすぎてもダメであり、適度なバランスから崩れてしまうと身体にさまざまな体調不良を起こします。

甲状腺の病気は男性よりも女性の方がかかりやすく、その症状も疲れすぎからくるものだと勘違いしてしまうものがほとんどです。では甲状腺機能低下症とはどのような病気なのでしょうか?

■甲状腺機能低下症とは?

甲状腺ホルモンの分泌が減少して全身の代謝が低下する病気です。そうなると元気がなくなり、寒がりになる、無気力になる、むくみが起きやすくなるなどのさまざまな症状が起こります。男性よりも女性に多く発病します。

■原因

・橋本病によるもの
慢性甲状腺炎ともいいます。炎症ですがウィルスや細菌によるものでなく感染しません。甲状腺機能低下症で一番多いのが橋本病です。

・先天的なもの
クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)があり、小児にみられます。

・一過性のもの
妊娠や出産後、一過性に甲状腺機能が低下することがあります

 
このように新陳代謝を促進してくれる甲状腺ホルモンが減少することで身体にさまざまな不調がおこります。この他にも以下のような症状がみられます。

  • 汗をかかない
  • 脈拍の数が少ない
  • 眠気がする
  • 薄毛・抜け毛
  • 便秘
  • 皮膚がカサカサになる
  • 物忘れがひどくなる
  • 甲状腺が腫れる

甲状腺機能低下症が原因の場合は医師に相談を!薄毛・抜け毛は回復できる

1352

甲状腺機能低下症になると新陳代謝を促進させる甲状腺ホルモンが生死にかかわる重要な臓器の方へ優先的に回されてしまうため、生死には関係ない髪の毛が犠牲となってしまうのです。その結果、髪の細胞活動が弱まり、薄毛・抜け毛の原因となります。

なぜ甲状腺ホルモンが減少してしまうのかは今でもハッキリとは解明されていません。しかし病院で甲状腺機能低下症の診断を受け、甲状腺ホルモンと同じ効果のある成分の薬を投与することで改善させることが可能です。

つまり薄毛・抜け毛も、この甲状腺機能低下症が原因の場合ならば回復させることができるわけです。もし、薄毛・抜け毛の他にも甲状腺機能低下症の症状が重ねてある場合には医師に相談されることをおすすめします。

それ以外での原因はあなたの生活習慣からかも?普段の生活を振り返ってみよう

672

女性の薄毛・抜け毛の悩みは男性以上に深刻です。それは男性と違い、女性にとって「髪はいつまでたってもあるもの」という考えがどうしても根本的にあるため、薄毛・抜け毛の症状があらわれると非常に大きな悩みとなってしまうのです。

しかし女性であっても加齢によって女性ホルモンである、エストロゲンは減少しますから、どうしても若い頃より髪の毛は全体的に薄くなりはじめ、頼りなくなるものです。

ですが、若い女性の場合、加齢による原因ではなく、ご紹介したように甲状腺機能低下症や、また近年増えてきた若年性更年期障害によって40代、50代の更年期の女性と同じ症状がでることもあります。

しかし、年齢に問わず、薄毛・抜け毛になりやすい原因もあります。

  • 髪の毛を強く引っ張って結ぶ
  • 硫酸ナトリウムなどが含まれたシャンプーやトリートメントの使用
  • 偏った食生活
  • ダイエットのやりすぎ
  • 睡眠不足
  • 喫煙

甲状腺機能低下症の他にも薄毛・抜け毛が起こる病気はありますが、とくに調べても異常がない場合、このような生活習慣をしていると薄毛・抜け毛になることがあります。

髪に優しい生活で薄毛対策

対策方法としてはとにかく髪の育成に優しい生活習慣に変えていくことです。

とくに身体の内側から治すことが重要ですから、バランスの良い食事をするように心がけてください。

サプリメントを利用するのも効果的です。髪の育成のために積極的に摂りたいのはビタミンB群、ビタミンE、ビオチン、葉酸などを。ミネラルでは亜鉛、鉄、銅、マグネシウムなどをしっかり摂るようにしましょう。

不安な時は病院へ!髪の治療は焦らずゆっくり・・・髪が喜ぶ生活習慣を

132

甲状腺機能低下症が疑われる場合はもちろん、それ以外での薄毛・抜け毛であっても重要な病気が隠れていることもありますから、不安な時は迷わず病院に行きましょう。

髪の毛を治療の場合、それなりの年月がかかりますから、即効性を求めてはいけません。まずは長期にわたって付き合える良い医師を探すことも大切です。

薄毛・抜け毛はストレスも大きく影響しているものですから、合わないと思った医師だった場合は、セカンドオピニオンにかかるなどして、自分自身が気持ち良く治療を続けられることを中心に考えましょう。

また身体に異常が何もない場合、たとえ薄毛・抜け毛が加齢によるものであっても、ご紹介したポイントを改善していけば回復することも可能です。

髪は女性にとってとても大切なもの。あきらめないで、髪が喜ぶ生活習慣をみなおしていきましょう。”

キャラクター紹介
ページ上部に戻る