健康生活TOP サプリメント

サプリメントとは?注意したい表示と良い効果が期待できる選び方

皆さんはサプリメントを利用していますか?使っている人も使ってない人も、サプリメントとはどう言う物なのかの、イメージを自分の中に持って「使っている」とか「いない」とか答えていると思います。

しかし実は、日本国内には「サプリメントとは何か」を規定している公的な基準・規格は存在しません。なので、メーカーがそれをサプリメントだと言えば、それはサプリメントと言うことになってしまうのです。

お菓子までサプリメントになってしまう日本の制度

厚生労働省は「健康の保持増進に資する食品全般」を健康食品とし、「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」をサプリメントと、世間では呼んでいるようだとしています。

確かにその通りですが、一方で法的・行政的な定義はされていませんから、ラムネ菓子にサプリメントと銘打って販売しても、何の問題もないのが日本の現状なのです。

欧米の制度が参考にされている

欧米ではサプリメントについて、ルールが作られています。アメリカでは、「ダイエタリー・サプリメント」は以下のように定義されています。

  • 従来の食品や医薬品とは異なるカテゴリーの食品である
  • ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブなどの成分を含んでいる
  • 錠剤やカプセルなど「通常の食品」と紛らわしくない形である

おおむね、これを全部満足するものがサプリメントという扱いです。ヨーロッパでも、だいたい同じような感じの定義で「フード・サプリメント」が規定されています。

日本でも、サプリメントを供給しているメーカーは、この制度を参考にしているようです。

効果効能を謳うことはできない

日本では健康食品に関して、法律でいくつかの規制がなされています。私たちにとって身近なのはトクホ(特定保健用食品)ですね。近年「機能性表示食品」と言うものも登場しました。この2つについては、食品ですが「◯◯に効果がある」という表示が可能です。

違いについてですが、トクホの方は事前に国の審査が必要なのに対して、機能性表示食品は機能表示の根拠となる論文などを国に届け出ることで、審査なしに表示が可能になるということです。

また、これとは別にビタミン・ミネラルが国の基準を満たしている食品については、「栄養機能食品」として予め定められた機能表示をすることが、注意喚起表示をすることを条件に許されています。条件さえ満たしていれば、審査も届け出も必要ありません。

さらに、あまり一般的ではありませんが、病気の患者や妊産婦、乳児、嚥下困難者などのための「特別用途食品」と言うものも、効果効能を謳うことが許可された食品です。

まとめると、ここに挙げた

  • 特別用途食品
  • 特定保健用食品
  • 機能性表示食品
  • 栄養表示食品

この4つだけが、効果効能を表示することができる食品です。そして、これに当てはまらないものは、たとえ海外でお薬として使われているようなサプリメントであっても、機能や効果を表示することはできません。

それだけではなく「1日1錠」とか「おやすみ前に」などの医薬品を使うときのような表示も禁止されています。「目安として1日5錠くらい」とか「お好きなタイミングで」と言った表示しかできないのです。

また、「薬効のあるお茶だが、食品なので効能効果は書けないので、古典東洋医学書や国語辞典・百科事典などで調べてほしい。」「医薬品のような速効性はないが、ゆっくりと改善してゆくような効果が感じられるはず。」などのような暗示表現も禁止されています。

サプリメントに使うことができる成分は国によって異なる

サプリメントで人気の製品にレスベラトロールというポリフェノールがあります。欧米では、たくさん採れて安価な、イタドリと言う山菜から抽出したものを利用します。

ところが、イタドリは日本において虎杖根と言う生薬の原料ですので、イタドリ抽出物は医薬品原料という扱いになるため、食品に使用することはできません。日本で使えるものはそれ以外のレスベラトロールになります。

ですから、安価なレスベラトロールサプリを海外通販で買った場合、「医薬品の個人輸入」と言うことになるため、輸入数量などに規制がかかります。トラブルを防ぐため、大手の通販会社では日本への輸出を行っていないところもありますね。

このように、同じ成分であっても、原材料によっては規制に引っかかるケースなどもあるので、充分な情報を持たずに海外通販でサプリを求めることはお勧めできません。

アメリカは医療費がとんでもなく高く、健康保険制度が非常に未熟ですので、受診するより自分でサプリメントなどを利用して健康を維持するという姿勢の人が多いです。

▼関連記事
アメリカ式予防医学に見習う食生活とサプリメントのメリット

ドイツではハーブ医療の伝統から、医薬品の審査などを行う専門委員会の中に、コミッションEと言うハーブ医療などを担当する委員会があって、植物性のハーブなどを積極的に取り扱っています。

それに対して、国民皆保険が整っており、医薬品の安価な入手が簡単で、伝統的な漢方薬もエキス製剤として処方・市販されている日本では、サプリメントとして利用できる成分は規制されていることが多いですね。

どの制度が良いと言うことはできませんが、少なくとも日本での規制に違反しないよう注意しておいたほうが、健康の面から見ても安全です。

▼関連記事
ダミアナのハーブティーやサプリに痩身や強壮の効果はある?

サプリメントとは本来「補足」という意味です。ですので、「食事では足りない何かを補うもの」と考えるのが本質に近いでしょう。言い換えれば食事を整えずにサプリメントを摂っても無意味だということです。

サプリメントで摂ると過剰摂取になりやすい

サプリメントのメリットは、食が細い人などで、どうしても食事からだけでは充分な栄養素が摂れない時に、濃縮された状態で栄養を摂ることができることです。

一方で、サプリメントは「特定の栄養素の濃縮」になりがちですので、それ以外のものが不足することもよくあります。つまり栄養が偏るということですね。ですから、サプリメントは「偏った栄養をバランスさせる」ことを目的に摂るのが好ましいと言えるでしょう。

サプリメントの過剰摂取

サプリメントは目的の栄養素を効率よく摂れるように、濃縮されているケースが多くなっています。そのことが裏目に出て、過剰摂取になってしまう可能性もあるのです。

ビタミンAは過剰摂取に注意しないといけないことは、よく知られていると思います。プロビタミンAであるβカロテンで摂る分には問題ありませんが、ビタミンAそのものであるレチノールを摂りすぎると過剰症が起こります。

しかも、サプリメントではなく食べ物から摂った量でも過剰症の可能性があるくらいなので、いわゆるビタミン剤などにもビタミンAは控えめに入っています。

逆にビタミンB群は水溶性ビタミンで、摂りすぎたとしても排泄されやすいので心配ないと言う考え方が蔓延しています。確かに水溶性ビタミンでは過剰症は起こりにくいですが、起こらないわけではありません。

少なくとも、ナイアシン(ビタミンB3)、ピリドキシン(ビタミンB6)、葉酸(ビタミンB9)では過剰症が知られています。さらに、ミネラル類は過剰になりやすいケースもよく見られますので、安易にサプリメントに頼らないほうが良いでしょう。

日本のサプリメントは、医薬品のような「1日何回、1回何錠」と言った表現を許されておらず、目安量と言う形で表現されています。それを見て、中には「目安だから多めにとっても大丈夫」と思っちゃう人もいるでしょう。

サプリは「補足」ですから、飲まずにすめばそれに越したことはありません。そして、飲む場合でも、過剰摂取を防ぐために、少なくとも、目安量を超えた飲み方をしないことが重要です。

▼関連記事
血液サラサラは嘘?サプリの過剰摂取は危険な重度の貧血をまねく
そのミネラルはサプリで摂る必要なし…過剰摂取を防ぐ摂り方とは
サプリメントに頼りすぎるのは危険!?その危険性と落とし穴について

サプリメントの副作用

サプリメントには効果効能を表示できないことがほとんどなので、副作用というのも語弊があります。しかし、サプリメントという健康食品が持っている毒性と表現してしまうのも、ネガティブイメージが強すぎるので、副作用と言っておきましょう。

先にもお話したとおり、サプリメントには有効成分が濃縮されて入っていることがほとんどなので、有効成分の作用が一般食品よりずっと強く出ることがあります。

そのことが体調不良をもたらしてしまうと、これはもう「副作用」と呼ぶに値する状態だと言えます。

医薬品とは異なり、そうした副作用情報も提供されないことが多いのがサプリメントです。ですので、サプリメントを利用する前には、どのようなリスクを持ったものなのかを、自分でしっかり調べてから使うようにして下さい。

▼関連記事
αリポ酸で低血糖に!?サプリメントにだって副作用の恐れはある
そのサプリメントは大丈夫?危険性のある健康食品をチェックせよ
サプリメントを飲み過ぎてる?安易な判断は副作用の原因に
C型肝炎患者は服用禁止!ウコンは肝臓に良いけど注意して

サプリメントの組み合わせ

日本には漢方薬というものが存在しています。もちろん漢方薬のルーツは中国の中草薬です。中国にも日本の漢方薬のエキス製剤のような中成薬があります。こうしたものは日本や中国では医薬品ですが、西洋ではハーブ製剤と言う扱いになることが多いです。

そして、ハーブ製剤はサプリメントとして一般に流通しています。こうした物と、日本の漢方薬を併用すると、時として内容が重複して危険になる場合があります。

特に甘味料としても用いられる甘草は西洋でも薬用植物ですし、漢方薬の70%に配合される薬草でもあります。一方で偽性アルドステロン症という副作用が知られることで注意が必要な成分でもあるのです。

ですので、使用量に規制があるのですが、利用者がそれと知らずに複数のサプリメントなどから甘草を摂っていると、副作用の被害に合う可能性もあるのです。

このように、知らずに同じ成分を重複して摂ってしまうことで起こる副作用だけではなく、互いに効果を打ち消し合ったり、強めすぎたりというケースもあります。

漢方薬を含めて医薬品を利用している場合には、お医者さんや薬剤師さんにサプリメントとの併用の安全性を確認することが基本です。サプリメント同士の相性については、メーカーに問い合わせるなどして情報を入手するのが良いでしょう。

ある程度のレベルまでなら、サプリメントのメーカーサイトに情報が掲載されている場合もあります。

▼関連記事
薬の飲み合わせで危険な副作用が!薬と薬・食品・サプリメント・漢方
サプリメントは飲み方で効果も変わる? おすすめの組み合わせを紹介

サプリメントも何らかの効果が期待できるなら、当然副作用もあると考えて利用した方がいいですね。メリットだけのものというのは存在しないでしょう。

サプリメントの選び方と利用の方法

サプリメントを利用するときと言うのは、栄養素が何か不足していると感じている場合や、何らかの治療効果を期待してということが多いと思います。

栄養の補助という意味では本来のサプリメントの利用方法ですが、そうした場合良いものを選ぶにはどうしたら良いのかということが気になりますね。

一方、治療効果ということについては難しいかもしれません。本当に治療効果が見込めるのであれば、健康保険の対象になる医薬品として創薬されているはずだからです。

サプリメント成分は天然の物が良い?

サプリメントの成分として良く選ばれるのはビタミンです。ビタミンの場合、ビタミンの名前と物質名が1対1で対応しているとは限らないため、「天然型」とか「自然な成分」だとかの、紛らわしい標記が行われるケースも少なくありません。

しかしながら、必ずしも天然型ビタミンが人工的なものより優れているという事はありません。例えば、天然のビタミンB1であるチアミンと言う物質は水溶性ビタミンですが、腸からの吸収があまり良くありません。

そこで、にんにくの成分であるアリシンと結びつけたアリチアミンと言うものが人工的に作られました。これは脂溶性も兼ね備えているので、非常に吸収率が高くなっています。

これの誘導体が「アリナミン」です。そして、ニンニク臭を改善するために製法を変更して作られたのがフルスルチアミンで、現在ではアリナミンを筆頭に非常に多くのビタミン剤に配合されています。

このように、天然型だから効果が高いということは必ずしも言えません。そのサプリメントがどのように良いのかということは、さまざまな側面から見極めないといけないのです。

▼関連記事
摂っても効果なし!?ビタミンCサプリの天然と合成の違いとは

ダイエットとサプリメント

ダイエットとサプリメントは切っても切れない関係にあるといえるでしょう。しかし、サプリメントを利用して、痩身ダイエットや筋肉増強ダイエットを行うことが正しいかどうかは微妙です。

実際にダイエット用サプリメントの中には医薬品成分など、サプリメントとしては違法な成分が含まれていることがあって、時折注意喚起が行われています。どちらかというと、輸入品に多いようですね。

ですので、どうしても痩身や筋肉増強のためにサプリメントを利用したい場合、ある程度長期間(数年程度)の販売実績があるもので、トラブルなどの情報がないものを選ぶのが無難です。

▼関連記事
健康を害さず痩せるためのダイエットサプリの本当の使い方!

関節痛とサプリメント

加齢に伴う変形性膝関節症など、関節の痛みに効くというサプリメントもたくさん販売されています。実際にこれで効果があったと感じている人もおられるようですね。

一方で、内服による治療効果については、充分な医学的証拠は得られていないようです。

これについては、まず整形外科を受診して、お医者さんと相談しながら、OKが出れば内服してみるのが良いんじゃないでしょうか。同じ成分を関節に注射するという治療法もあります。

▼関連記事
関節痛の緩和にグルコサミンなどのサプリメントは効果的か?

子供とサプリメント

子供の成長に伴って、必要な栄養素を効率的に与えるために、サプリメントを考えている親御さんもおられるでしょう。しかしながら、それはあまりお勧めできません。

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所と、国立健康・栄養研究所 情報センターは、連名で次のように指摘しています。

  • サプリメントの品質管理では幼児が摂取した時の影響は評価されていない
  • 幼児の栄養不足が不安なら保健医療の専門職に相談すべき
  • サプリメントの利用によって子供の偏食が固定化する
  • 情報の発信源はメーカーが多いので商業的バイアスがかかっている
  • 味や香り、ボリュームのある昔ながらの普通の食べ物のほうが安全である

(参照:幼児にサプリメントは必要ですか?|国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所/国立健康・栄養研究所 情報センター)

▼関連記事
偏食の子どもにはサプリメントが必要?子どもの健全な食生活とは

サプリメントは手軽に摂れるために、ついつい安易に利用してしまいがちです。でも、それには相応のリスクも伴うことを忘れてはいけませんね。

サプリメントはあくまで補足である

繰り返しになりますが、サプリメントとはその名前の通り、どこまで行っても「補足」という性質のものです。ですから、補足が必要のない食生活を組み立てることが先決です。

その上で、仕事や家庭の事情で不足しがちな成分について、サプリメントを利用するのが正しく健康的な利用法だと言えるでしょう。

▼関連記事
オメガ3脂肪酸のサプリがもたらす驚くべき健康効果について

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る