健康生活TOP ストレッチ 逆立ち健康法は無料で簡単なのにすごい!今からやりたい逆立ち法

逆立ち健康法は無料で簡単なのにすごい!今からやりたい逆立ち法

shutterstock_2783885002

以前、逆立ちでダイエットに成功した人が紹介され「なぜ逆立ちでダイエットできるの?」と逆立ちが注目を浴びています。

実は逆立ちとは正しく行えば健康に良いポーズでもあり、ダイエット効果のほかにもさまざまな健康効果をもたらしてくれるものなのです。

そこで今回は、逆立ちができる人にも苦手な人にもおすすめの逆立ちについて紹介していきたいと思います。

逆立ちで血流を促進しよう!脳へ血液を送り健康な状態へ

子どもの頃に体育の授業で練習したり遊んだりして、どなたも逆立ちを経験しているのではないかと思います。

私達ヒトが二足歩行で頭が上にある状態が当たり前になっているところを、180度ひっくり返すわけですから、不自然なポーズをとることにもなりますよね。ところが、そのいつもと違う体勢が体にさまざまな作用を与えてくれるのです。

例えば、逆立ちした時には体には次のような作用が起こります。

逆立ちがもたらす作用:血行が良くなり脳が活性化する!

逆立ちをすることによって下がっていた骨盤がグッと上がります。骨盤が上がる、ということに様々な健康効果があるのはもう有名ですよね?

何より、「血行が良くなる」というメリットはとても大きいものです。

血行が良くなることで脳への血液の循環もスムーズになります。脳への血行が良くなると酸素や栄養が脳へ運ばれやすくなり、脳が活性化するのです。

脳が活性化すれば全身の器官も活性化します。ホルモンの分泌が促され、それにより脳が刺激されることで、また脳が元気になり・・・というプラスの循環がうまれます。

 
私達ヒトは四足歩行の類人猿から進化し、二足歩行で手指を駆使した高度な知的活動がとれるようになりました。しかし四足歩行のほうが、腰や肩に負担のない自然な姿勢でもあるのです。

また血液の循環では、二本足で立っているヒトの体だと重力の影響で血液が自然と下にとどまりやすいという問題が生じます。

例えば心臓より下、特に下半身はうっ血が起こりやすく、逆に心臓より高い位置にある頭への血液循環は悪くなりやすいのです。

血液の循環には、細胞のすみずみへ栄養と酸素を送りこみ老廃物を回収する役割があるので、血液の循環が悪くなると脳や体の機能がどうしても低下しやすくなります。

また脳の血流が一時的に欠乏すれば、脳貧血を起こし急に立ちくらみや失神を起こすこと場合もあります。

つまり二足歩行の我々はたまに頭を下げて足を上げるポーズをとり、重力によって下半身にとどまっている余分な血液を上へ戻してやることで、脳の血流が促進され本来の健康な状態が取り戻せるということになるのです。

脳の活性化で得られる効能はたくさん!4つのおいしい効果

shutterstock_1880220262

脳の血流が促進されると、どのような健康効果が得られるのでしょう。

知的活動の効率が高まる

脳の血流が促進すると、考える、学ぶ、作業をするといった知的活動を司る大脳皮質が活性化し、次のような嬉しい効果が得られるようになります。

  • 集中力が向上し、勉強や仕事の効率がはかどる
  • アイデアが浮かびやすくなる
  • 脳の疲れによるイライラなどの精神的なストレスが解消される
  • 脳細胞を健康に保ち、認知症を予防する

情緒の安定に

また脳神経に作用して精神活動をつかさどる神経伝達物質の伝達をスムーズにすれば、情緒の安定も期待できます。神経伝達物質のはたらきの一例をあげると

  • ドーパミン…やる気が向上する
  • エンドルフィン…幸福感が得られる
  • セロトニン…抑うつを防ぐ
  • メラトニン…体内時計のリズムを整え、睡眠の質を高める

などがあり、もちろん投薬治療ではないので効果は穏やかとなりますが、副作用の心配がないので、逆立ちをして損はありません。

ホルモンバランスが整う

また、さまざまなホルモンの分泌を司っているのは脳内にある脳下垂体です。脳が活性化すればホルモン分泌もスムーズになり、一例として次のような健康効果が得られるようになります。

  • 成長ホルモンの分泌が促進され、ダイエットや疲労回復の効果が得られる
  • 女性ホルモンのバランスが整い、生理不順や更年期障害などの不調を予防する
  • 副腎皮質ホルモンの分泌を調整し、アレルギー症状を抑える

自律神経のバランスを整える

脳が活性化すると、脳内の視床下部が司る自律神経のはたらきもスムーズとなり、交感神経と副交感神経のバランスが整うようになります。

自律神経は全身のさまざまな器官を調整する神経なので、バランスが整うと全体的に体の調子が改善されていきます。例えば

  • 胃の不調
  • 下痢や便秘
  • 不眠症
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 冷え性

…などの「はっきりした原因がないのに調子が悪い」といった不定愁訴の症状の改善に効果があるのです。

さっそく逆立ちをしてみよう!正しいやり方をマスター

shutterstock_2844984652

このように脳が活性化することには頭脳だけでなく、全身を万遍なく健康に導く効果があることもお分かりいただけたと思います。そこで、実際に健康法としての逆立ちの方法を紹介していきます。

…と言っても単に「1回につき数十秒~1分程度の逆立ちをするだけ」です。特別な方法はありません。基本的には一般的な逆立ちを無理のない程度に行うだけ、となります。

両手を地面に置き全身を手のひらで支え脚をまっすぐ伸ばす2点倒立(両手支持)が、基本的な逆立ちです。

ただし体育の授業や競技ではないので、完璧な形で美しい逆立ちをする必要はありません。

私もそうなのですが、支えなくして逆立ちできない人もけっこういらっしゃると思います。壁にもたれて3点倒立(両手と頭で支持)を行っても大丈夫です。

床にはマットや敷布団を敷くと、転倒した時の怪我予防になり、安心して逆立ちができると思います。

また次に紹介するヨガのポーズもお試しください。逆立ちが怖いと感じる人でも抵抗感が少なく、逆立ちと同じ健康効果を得ることができる方法ですよ。

肩立ちのポーズ

  1. 仰向けに寝転び、両腕を身体に沿わせて掌を下へ向ける。
  2. 息を吸いながら、両脚を伸ばしたまま床からゆっくりと持ち上げる。
  3. 息を吐きながら、お尻・腰を床から持ち上げ、掌で腰を支える。
  4. 足先を天井へ伸ばして静止し、5呼吸ほど深呼吸する。

 
逆立ちやヨガのポーズは1日に1回~数回、自分のペースに合わせて行うと良いでしょう。

体に負担をかけないように!逆立ちする時の注意点

ただし普段はとらない不自然な体勢をとるだけに、正しい方法で行わないと体に負担をかけてしまう可能性があることも忘れてはいけません。

逆立ちを過剰に行うと頭に血が上り、一時的に血圧が上昇したり白目が充血することがあります。最初は10秒、20秒…と様子を見ながら逆立ちを行い、1回に付き1分程度にとどめるのがおすすめです。

たくさんして健康効果が倍増するというものではありません。気分が悪くなったら逆立ちはお休みしましょう。高血圧の人は逆立ちの時間を短くすることをおすすめします。

また逆立ちをする時は広い所で行い、転倒しても怪我のない安全な環境で行ってください。逆立ちが全くできない人や高齢者は、誰かにサポートしてもらうのが安心です。

そして次に挙げるタイプの人は逆立ちを控えるか、医師に相談してから行うなどしてください。

逆立ちを控えたい人

  • 医師から運動を制限されている人
  • 妊娠中の人
  • 怪我をしている人
  • 高血圧症が重度の人

逆立ちは無料で手軽な健康法!いつやるの?今からでしょ!

shutterstock_1578252142

いかがでしたか?お金やスペースが不要、かつ短時間するだけで良いのがメリットな逆立ち健康法は、基本的に大きなトラブルの心配が少ないおすすめのトレーニング法です。

このほかに、胃や腸の下垂を改善したり脳貧血を予防したりする効果もあります。より健康になりたい、脳をフルにはたらかせたいという方は是非、逆立ちを日課に取り入れてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る