健康生活TOP ストレス ストレスで癌になるって本当?ストレスから癌になるメカニズム

ストレスで癌になるって本当?ストレスから癌になるメカニズム

shutterstock_148116878

癌という病気は長い間不治の病とされてきましたし、医学が進歩した現在でも癌の特効薬は開発には至っていません。

しかし昔に比べて癌についての研究は進んでおり、今までわからなかった事なども解明されています。

癌になると命を落とすというイメージも払拭しきれない部分はありますが、今は早期発見と早期治療で生存率も高くなってきています。

今回はそんな癌について、ストレスとの関係から見てみましょう。

興味深い癌の原因

癌の原因についても様々な事が解明されているので、遺伝子治療や再生医療を癌治療に取り入れる事も可能になってきています。

今までの治療法は抗がん剤や放射線治療しか選択肢がありませんでしたが、新しい治療法を取り入れる事で、体にかかる負担を大幅に軽減できるというメリットもあります。

しかし癌になる原因を根絶するまでには至っておらず、意外と身近なところにも癌になる原因は潜んでいます。

すでに一般的にもよく知られている話ですが、ストレスも癌の要因になります。

ただしストレスを感じた人が、必ず癌になると言うわけではありません。

ストレスを受けると体の中には活性酸素が発生します。活性酸素が大量に発生すると、その中に細胞を傷つけてしまう悪い活性酸素も発生してしまいます。

傷ついた細胞はある程度、体の自己免疫を修復しようとしますが、ストレスにさらされる期間が長いと免疫力も低下してしまうので、自分では修復しきれなかった細胞は癌化してしまう事があるのです。

これがストレスが癌の原因になると言われる理由です。

ストレスで癌になる確率は?

今の世の中はストレス社会と言われているように、誰もが何らかのストレスを感じています。

こうなると癌になるリスクも高くなるように思えてしまいますが、ストレスで癌になる確率はどのくらいなのでしょうか?

ストレスというのは自覚できる物と、自覚できない物もあるので自覚できない物も含めればストレスだらけの生活となってしまいます。

例えば肉が好きな人で野菜をほとんど食べない人は、野菜や魚が中心の食事を食べている人よりも、癌になる確率が44%~48%高くなると言われています。

これは肉ばかり食べている事で栄養バランスが偏り、食生活が体に負担をかけこれがストレスとなり癌になる確率を高くしてしまうのです。

また長年高齢者の家族の介護をしている人が、看病疲れのストレスから癌になる事もあると言います。

ストレスで癌になるメカニズム

先ほどは活性酸素と免疫力についてのお話をしましたが、次はホルモンバランスからの視点で癌化のメカニズムをみてみましょう。

人が何らかのストレスを受けると、活性酸素も発生しますが、これ以外にもホルモンバランスが乱れます。

普段はあまりホルモンバランスを意識して生活している人は少ないと思いますが、イライラしたり気持ちが落ち込むと、血流にも影響が出ます。

血行不良となると体の隅々にまで新鮮な血液が行き渡らなくなるので、手足が冷えてしまいます。

女性の冷え症もストレスが原因で悪化するのはこういう理由もあるからなのです。

手足などの末端が冷えてしまうとそれがやがて全身にも広がるので、体中が冷えてしまいます。内蔵も冷え働きも低下してしまい体調不良など全身に症状が出ます。

腸も冷えてしまうので便秘の原因にもなりますが、この時免疫力も低下させてしまうのです。

免疫力が低下すれば病気に対する抵抗力も下がりますし、代謝も低下するので本来体外に排出しなければいけない、活性酸素を始めとする老廃物が体の中にとどまってしまいます。

つまり、

ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れる

血流が悪くなり全身が冷え、内臓の働きが低下する

免疫力が下がり、病気への対抗力や代謝が低下する

活性酸素などの老廃物を排出できなくなる

これがストレスで癌になると言われるメカニズムです。

もちろんこれ以外にもタバコやお酒、生活習慣や偏った食事など悪い原因が加われば、癌になるリスクは高まります。

ちなみにタバコを吸うだけでも体内の活性酸素は増えます。

ヘビースモーカーになるほど癌になる確率は高くなりますが、吸わない人とヘビースモーカーの人を比べると、肺癌になる確率は5倍高くなると言われています。

笑いは癌の特効薬!

shutterstock_92466964
以前テレビか何かで見た記憶があるのですが、「笑いは癌の特効薬になる」と聞いた事があります。

実際によく笑う人と、クヨクヨと悩みストレスを抱え込んでしまう人とでは、クヨクヨと悩む人の方が癌になるリスクも高くなる、そんな話でした。

確かに笑う健康法というのも存在するくらいですし、悩む落ち込むよりも、笑っていた方が健康にも良さそうですね。

また笑うことでリンパ球の一種であるナチュラルキラーという細胞が増える事も確認されています。ナチュラルキラー細胞には、免疫力を高める作用があります。

ストレスは溜め込まず解消したほうがいいとわかっていても、その方法がうまくいかない人もいますね。焦れば焦るほどストレスも大きくなっていくので、これでは逆効果です。

無趣味でストレス解消法が見つからないのなら、どんな事でもいいので笑ってみましょう。

テレビのお笑い番組でもいいですし、昔あった笑い話を思い出して思い出し笑いでもOKです。とにかく笑えるような話しを見たり聞いたりして、笑ってください。

クスクスっとした小さい笑いでもナチュラルキラー細胞は増えるそうです。

できれば声を出して笑ったほうがより効果も高いと言われていますので、笑うときは声を出して笑います。

気分が落ち込んでいるときは、思うように笑えない事もありますが、ここはなんとか工夫して笑ってみましょう。

笑いすぎてお腹が痛くなったり、涙が出る事もありますが実は、涙を流すのもストレス解消になると言われています。

お腹が痛くなったり涙が出るのは、薬の副作用とは違うので体にも優しく安全です。
同じ泣くなら悲しいよりも笑い泣きの方がいいですね。

ストレスで癌になるなんて嫌なことだらけですよね?笑って、ナチュラルキラー細胞を増やして、免疫力を高めましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る