健康生活TOP 猫背 頬杖を付く人は要注意!姿勢が悪いと筋肉が衰え背中が丸くなる

頬杖を付く人は要注意!姿勢が悪いと筋肉が衰え背中が丸くなる

shutterstock_232458745

正しい姿勢というのは意識しないと維持できません。自分では正しい姿勢をしているつもりでも、実は猫背になっている人はたくさんいます。

猫背は背中が丸くなった状態ですが、背筋をまっすぐにしているよりも、やや猫背にしていたほうが背中もお腹も楽に感じるのは事実です。

でも楽だからといって姿勢を正す努力を怠ると、様々なところにも影響が出てしまいたいへんなことになりますよ…。

姿勢の悪さと老化の関係

例えば高齢者の人の中には、腰が曲がり杖をつかないと歩くのもままならない人がいます。

このような場合の多くは最初から腰が曲がっていたのではなく、長年の姿勢の悪さや生活の中で腰や背中にかかった負担が原因です。

仕事上どうしても腰を曲げたり、前かがみや中腰の姿勢を取らざるを得ない場合は、長年無理な姿勢をとり続けるので、腰が曲がりやすい傾向はあります。

しかし仕事など関係ない人で腰が曲がってしまうのは、姿勢の悪さが原因です。

ここに老化も加わるので、体を支えるときに楽な方へと逃げてしまうと腰も曲がりやすくなります。

頬杖をつかずにいられない!

shutterstock_176452418
食事の時の頬杖はお行儀が悪いのでやってはいけません!と子供の頃注意された人も多いのではないでしょうか?

確かに頬杖をつきながら食事をする姿は、スマートとはかけ離れており下品に見えてしまいます。

でもテレビを見ている時や、床や畳に座り机に向かっている時の頬杖は特に注意されないので、ついつい癖になっていませんか?

頬杖をつくのがクセになっている人は、猫背になっている可能性も高いので姿勢を見直してみましょう。

常に頬杖をついていないといられない人は、筋肉や関節が衰えているサインと考えられます。

また頬杖をつくときには、大抵どちらか片方ですね。これも体重がかかるバランスが偏るので、骨盤の歪みなどにもつながります。

見方を変えれば、背筋や腹筋が衰えているので体を支える力も衰え、頬杖をつかないと体を支えていられないという事です。

これは老化のサインとなるので、頬杖がクセになっている人は今日から正しい姿勢を心がけてみましょう。

正しい姿勢とは?

正しい姿勢というのはまっすぐ立った時に、頭のてっぺんから下に向かい背中を通って腰からつま先まで、直線の針金が通っているイメージです。

猫背の人は背中が丸くなった状態なので、針金が通っていた場合はここで湾曲してしまいます。

見分ける基準としては今一番楽な姿勢で顎を引いてみましょう。この時視線が正面より下に向いていたら、背中が丸くなっている証拠です。

次にまっすぐ背筋を伸ばし顎を引いてみてください。視線はまっすぐ前を向いているはずです。

姿勢を正そうとするあまり反りすぎてしまうと、反り腰になってしまいます。視線が正面よりも上を向いた場合は反り腰の可能性もあるので、ちょうど中間を意識してください。

背中をうまく伸ばせない場合は、壁を使い壁に背中をピタっと付け状態を維持してみましょう。背中を伸ばすという意味を体感できるはずです。

この時背中全部を壁に付けるより、腰のあたりは少し浮いているくらいがベストです。

普段から猫背になっている人は、腹筋や背筋も衰えているので数秒でも背中や腰が痛くなってしまいます。

これはかなり筋力が衰えている証拠なので、年を取った時に腰が曲がる可能性も高くなります。

背中とお腹に意識を集中して、その時の姿勢で顎を引いた時に視線がどこにあるかも猫背を見分ける基準となります。

猫背のリスク

猫背のままで過ごしていると、少しずつ体全体が歪んできます。

体を支えていられないので頬杖をついてばかりいると、常に頬杖で顎にも負担が偏るので、噛み合わせにも影響が出て顔も歪んできます。

背筋と腹筋が衰えていると、お腹がぽっこりと前に突き出てきます。単なるポッコリだけならダイエットをすれば良さそうにも思えますが、猫背は内蔵を圧迫します。

座り仕事の人は長時間内蔵を圧迫してしまうので注意しましょう。

長時間内蔵が圧迫されれば、胃も正常に機能しなくなりますし、これが腸にも影響するので便秘をしやすくなります。

どこかを圧迫し続けると血流にも影響するので、手足のしびれという症状も出てきます。

このように猫背は単なる見た目の悪さだけでなく、体の様々なところにも悪影響を与えるので注意が必要です。

猫背を解消する簡単な方法

少しでも猫背の自覚がある人は、早速今日から正しい姿勢を意識して猫背を治していきましょう。

おそらく最初は、自力だけでは難しいと思いますので、家にある物を活用しましょう。

例えばソファに座っている人は、ソファを背もたれ代わりにして、床や畳に座り背中を伸ばして座る感覚を体に覚えさせます。

長年猫背が染み付いている人は、背中を伸ばすと筋肉や筋も固まっているので痛みを感じる事もあります。

この場合は無理をしない程度に、可能なところまで伸ばし、徐々に時間を長くしていきます。足は伸ばしてもいいですし、曲げたほうが楽なら膝を曲げて立てておきます。

しばらくすると背中や腰、腹筋に負担を感じますが、これは背筋や腹筋を使えているという証拠なのですぐにやめずにその感覚を体に覚えさせます。

頬杖をつかないように、テーブルからは少し離れておくといいですね。ソファがない場合は壁でも代用できます。

最初はコツをつかむまで試行錯誤すると思いますが、頭のてっぺんから針金が通っているのをイメージするとわかりやすいのでおすすめです。

猫背は老化にもつながるので、女性には大敵です。美しい姿勢は見た目の美しさだけでなく、体の中の美しさにも影響しますので、是非猫背を直して正しい姿勢を心がけてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る