健康生活TOP 口内炎 口内炎が痛い時の食事法と再発を防ぐ鍵とは?要注意な症状もある

口内炎が痛い時の食事法と再発を防ぐ鍵とは?要注意な症状もある

shutterstock_1764572572

口内炎が痛くて食事が摂れない!誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。痛いからと言っても食べたいものは食べたい…

そんなときにお勧めのしみるのを少なくするための食事の工夫や、口内炎を予防するために必要な栄養をご紹介します。また口内炎を繰り返してしまうという人に、日頃の生活のどんなところを見直してみるとよいのかもご提案します。

そして注意していただきたいのは、治りの悪い口内炎だと思っていたものが実は別の病気が原因で起きてしまっている可能性もあるということです。どんな病気が原因で口内炎のような症状が出てしまうのでしょう。

どうして口内炎はできてしまうのか?口内炎の種類と原因

口内炎は口の中や、その周辺の粘膜に起きる全ての炎症のことを言います。

  • 舌炎・・・舌にできたもの
  • 口唇炎・・・唇にできたもの
  • 口角炎・・・口角にできたもの

というように名称があります。そして一言に口内炎と言っても、その原因や症状によっていくつかの種類にわけることができます。

アフタ性口内炎

口内炎1

口内炎の中でももっとも代表的なものです。白く窪んだ潰瘍ができますが、10日前後で治っていきます。

一般的によくみられる口内炎ですが、実はその原因ははっきりとわかっていません。

  • 疲労やストレスによる免疫力の低下
  • 睡眠不足
  • 偏食によるビタミンやミネラルなどの栄養不足

などが原因と考えられています。

カタル性口内炎

SnapCrab_NoName_2015-10-21_10-44-26_No-00

口の中の粘膜が赤く腫れたりただれたりしてしまいますが、アフタ性口内炎とは違いその境界線ははっきりとしていません。

原因は主に物理的刺激によるもので、入れ歯や矯正器具などが粘膜に触れて刺激を受けたときや、熱いものを食べて口の中をヤケドした場合などに発症してしまいます。乳幼児のおしゃぶりやおもちゃなどを口の中に入れたことでも起きてしまいます。

ウイルス性口内炎

口内炎2

唇や舌などに小さな水泡がたくさんでき、やがてそれが破れます。強い痛みが出てしまうことが多く、発熱を伴うこともあります。痛みが強いと、食事や水分も摂ることができなくなってしまいます。

原因はウイルス感染で、単純ヘルペスへの感染やヘルパンギーナや手足口病などによって起きてしまう口内炎です。

カンジダ性口内炎

SnapCrab_NoName_2015-10-21_10-45-9_No-00

白い小さな斑点が集まって苔のようになってしまいます。症状は頬の内側から舌、そして喉の奥までと口の中全体に広がり、しみるような痛みが出ます。

原因はカンジダ菌というカビです。このカンジダ菌はもともと口の中にいるもので健康なときには何の問題もないのですが、抵抗力が落ちてしまったときや高齢者などでは繁殖してしまうことがあります。

入れ歯を不衛生に扱った場合や、抗生剤や喘息の吸入薬の影響などによってカンジダ菌が増えてカンジダ性口内炎になってしまうことがあるため、注意が必要です。

他にもアレルギーやタバコのニコチンが原因でできてしまう口内炎もあります。そしてガンなどの病気の症状のひとつとして口内炎ができることもあります。

ただ日常的によくみかける口内炎の多くは、偏った食事によるビタミン不足やストレスや疲労、睡眠不足といったことが原因と思われます。

口内炎が痛くて食べられない!そんな食事のちょっとしたポイント

誰もが一度は経験するであろう、口内炎が痛くて食べるのも辛いという状態。自分が口内炎になったときにも困りますが、家族がなってしまったときにはどんな食事を用意すればよいかと迷ってしまいます。

痛いからと食べないままでは栄養が不足してしまい、治りが悪くなってしまう心配もあります。

そんなときには、このようなポイントを意識してみてください。

塩分や刺激の強いものは避けてうす味にしよう

shutterstock_2351530932

口内炎がひどい時にしょっぱいものを食べてしまうと、痛みが倍増してしまうことは誰でも経験的に知っているでしょう。

塩分の多いもの、酸味の強いもの、香辛料などの刺激の強いものは、口内炎ができてしまっているときには不向きです。なるべくうす味にするようにしましょう。

例えば乾物、干物などは塩分が多くなります。かんきつ類、パイナップル、キウイ、酢の物などは酸味が強いため止めたほうがよいでしょう。カレーや麻婆豆腐のように香辛料を使った料理や、香味野菜も刺激になるので避けておきましょう。

うす味が基本になるため、どうしても味が単調になってしまったりして食事の楽しさが減ってしまうかもしれません。そうならないためにも、彩りや形などを工夫すると良いでしょう。

また出汁をうまく使ってみてください。出汁を使うことで塩分を減らすことができ、素材の旨味を引き出すこともできます。健康のためにもお勧めです。

忙しくて普段は市販の顆粒だしを使っているという人も、この機会だけでも出汁をとってみてはいかがでしょうか。健康にも良いですし、なにより料理が美味しくなります。(とは言え、私も出汁をとるのは本当にたまにだけですが、、、)

やわらかく口当たりのよい食事にしよう

shutterstock_2681908912

口の中の粘膜が炎症を起こしているため、食べ物を口に入れた際に痛みを感じないで済むようなやわらかく口当たりのよいものがよいでしょう。噛む回数が少なくて済むこと、飲み込みやすいことなども大切です。

  • よく煮てやわらかく調理する
  • 細かく刻んだりつぶしたりする
  • ミキサーにかける

などするとよいでしょう。

豆腐には、良質なタンパク質を含む大豆が使われています。栄養価も高いですし、やわらかくて食べやすいです。あんかけ、白和え、鍋物、吸い物などいろいろな料理に使えるため便利です。

イモ類は加熱することでやわらかくなります。またイモ類のビタミンは、加熱などの調理をしてもあまり失われないとされます。口内炎のときには良いかもしれません。

ビタミン不足にならないようにしよう

shutterstock_954690972

偏った食事ばかりしているとビタミンやミネラルが不足してしまい、口内炎もできやすくなってしまいます。口内炎に特に重要なビタミンはビタミンA、ビタミンB2、ビタミンCです。他にビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシンなども大切です。

また亜鉛などのミネラル不足も口内炎につながります。亜鉛が不足すると味覚が正常に感じられなくなるという問題もあります。加工食品には亜鉛の吸収を妨げる添加物が使われていることもあって、現代人は不足気味です。

それぞれのビタミンやミネラルを多く含む食品などについては、次の章にまとめました。

ただ口内炎だからといって特定のビタミンが多く含まれる食品ばかりを食べるのではなく、いろいろな食品をバランス良く食べることが大切です。いろいろな種類の食品を食べることでいろいろな栄養が吸収できるようになり、栄養バランスが整います。

水分不足にならないように注意しよう

shutterstock_1535755762

食事がしにくいために、水分も不足がちになってしまうことがあります。特に発熱している場合には水分も補うように注意してください。

子供や高齢者は、脱水状態になっていても気付くのが遅れてしまうことがあります。麦茶やスポーツ飲料などを少しずつ飲ませてあげておくようにしてください。

食事のポイントまとめと具体例

  • 塩分は控えて、出汁を利かせる
  • 喉ごしの良いめん類はよいが、つゆに塩分が多いので出汁を使ってうす味で
  • 酸味や辛味も控えて、その分彩りに工夫を
  • イモ類は加熱するとやわらかい、豆腐料理も口当たりがよくて食べやすい
  • 肉類はひき肉料理が一番食べやすい
  • 片栗粉を使うことで、トロミがついて食べやすくなる
  • 野菜をやわらかく煮たスープ、ミキサーにかけたポタージュもお勧め
  • すりおろしたリンゴやバナナもよい
  • おかゆは食べやすくてよいが、エネルギー不足にならないように注意
  • 炭酸飲料は避け、牛乳やミルクココアにしよう
  • 揚げ物、カレー、ラーメン、麻婆豆腐、塩辛などは止めておこう
  • ポテトチップスなどのスナック類もしばらく我慢しよう

口内炎予防にはバランスのとれた食事やストレスをためない生活を

口内炎は一度治っても、同じような生活を続けていては再発しやすくなってしまいます。「最近、口内炎がよくできてしまう」というときには、日頃の生活を見直してみてください。

ビタミン、ミネラルをバランス良く摂れるオススメ食材

shutterstock_1012053642
口内炎の原因の多くは、偏った食事によるビタミンやミネラル不足です。特にビタミンA、ビタミンB2、ビタミンCの不足によって口内炎ができてしまうことがよくあります。

それぞれの栄養にはどのような働きがあるのでしょうか。また多く含まれている食品もあげましたので参考にしてみてください。

ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保って、健康を維持します。

  • レバー
  • ウナギ
  • 銀ダラ
  • ニンジン
  • 小松菜
  • ほうれん草 など
ビタミンB2

細胞の再生を助けて、皮膚や粘膜を守ります。

  • レバー
  • ウナギ
  • サバ
  • ブリ
  • 納豆 など
ビタミンB6

タンパク質の代謝に関わって、皮膚などを正常に保ちます。

  • レバー
  • 鶏肉
  • カツオ
  • マグロ
  • ニンニク など
ビタミンB12

不足すると、舌に炎症が起きたり痛みが出たりします。

  • レバー
  • 貝類
  • のり など
ナイアシン

皮膚の代謝に関与していて、日本ではまれですが不足すると皮膚炎を起こします。

  • レバー
  • カツオ
  • マグロ
  • キノコ類 など
ビタミンC

コラーゲンの生成に不可欠で、血管、皮膚、粘膜、骨を強くします。

  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • 青菜類などの野菜
  • いちごなどの果物 など
亜鉛

細胞の新生の時やタンパク質合成の時などに、それを助ける補酵素として働きます。

  • 牡蠣
  • アサリ
  • 大豆製品 など

ただし食事にとって一番大切なのは、栄養をバランス良く摂ることです。栄養があるからとそればかり摂るのではなく、いろいろな種類の食材をまんべんなく食べるようにしましょう。

レバーはビタミンA、ビタミンB類などを豊富に含んだ優れた食品ですが、ビタミンAは過剰に摂り過ぎてしまうと頭痛や吐き気が出たりといった問題もあります。あくまで適量で食べるようにしましょう。

ビタミン、ミネラルを壊す食品などを摂り過ぎない

shutterstock_1332910012

せっかくビタミンやミネラルをバランスよく摂るように気をつけていても、それらを壊す食品もたくさん摂ってしまっていては意味がありません。

糖分の多いお菓子やアルコールは、せっかく摂ったビタミンを壊してしまう作用があります。またタバコもビタミンCを壊します。そして加工食品には亜鉛の吸収を妨げる添加剤が使われていることがあります。

最近口内炎ができやすいと思ったときには、

  • 糖分の多いお菓子
  • アルコール
  • 加工食品

などを摂り過ぎないようにし、またタバコも少し控えるようにしてみてください。

口の中を清潔にしておく

shutterstock_1846418932

>口の中が不衛生で雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうと、口内炎もできやすくなってしまいます。

食後の歯磨きをきちんとする、どうしてもできない時にはうがいをしたりガムを噛むといったことをやってみてください。

また、総入れ歯の場合にも入れ歯を清潔に保っておくことはとても大切です。入れ歯を不衛生にしてしまうとカンジダ菌が増えて、カンジダ性口内炎になってしまうのです。

それだけでなく高齢者にとって、入れ歯や口の中が不衛生な状態は命の危険にさらされているとも言えます。

歳をとると食べ物をうまく飲み込めなくなり、気道に入ってしまうことがあります。そしてこれが原因で肺炎となり、場合によっては死に繋がることもあるのです。

入れ歯や口の中が不衛生だと雑菌が繁殖しやすくなり、食べカスなどが気道に入って肺炎になってしまうリスクも増えます。そうして命の危険さえも出てくるのです。自分の歯でも入れ歯であっても、常に口の中は清潔にしておくようにしてください。

免疫力をアップさせる

shutterstock_2143583562

免疫力が下がってしまうと、口内炎ができやすく治りにくくなってしまいます。口内炎を予防するには免疫力をアップさせることも大切です。

そのためには規則正しい生活、十分な睡眠、バランスのとれた食事を1日3食きちんと摂ることなどが大事です。ストレスが溜まると免疫力は落ちてしまいますから、適度にストレス発散させていくようにしましょう。

毎日の生活の中でリラックスできる時間を作り、心から笑える瞬間を持って、たまには体を動かしたりもするようにしてみてください。

口内炎だと思っていたら…実は危険な病気の可能性もあり!

shutterstock_261531452

口内炎はほとんど誰でもが経験したことのある症状で、10日もすれば治ります。そのため、できてしまっても(食事は辛いですが)あまり深くは気にしないかもしれません。

でも実は口内炎が、危険な病気の症状のひとつとして現れている場合もあるのです。

どのような病気が原因で口内炎が出てしまうことがあるのでしょうか。

口腔ガン

口内炎がなかなか治らないと言った場合、口腔ガンの危険性もあるため注意が必要です。最も多いのは舌に発生する舌ガンで、他にも頬の粘膜や歯肉などに発生してしまうことがあります。

口腔ガンの場合、通常の口内炎とは違い「口内炎があるのに痛くない、しみない」ということが多くあります。口内炎が2週間以上も続くようでしたら、痛みがなかったとしても一度病院へ行くようにしてみてください。

また痛みがないと、口内炎のような症状ができていてもそれに気付けません。たまには鏡で口の中を観察してみてください。

そしてまだガンではないものの、ガンなってしまう可能性がある症状として「白板症」と「紅板症」というものもあります。これはまだガンではないのですが、このままにしておくとガンになってしまう危険がある症状です。

口の中の粘膜の一部が白くなっている、もしくは赤くなっているというようなことがあれば、きちんとした検査をしておいたほうがよいでしょう。ガンは早期発見が一番重要です。

ベーチェット病

まだ原因はわかっていない病気で、国から難病指定されています。繰り返し口内炎ができ、皮膚に発疹ができたり外陰部に潰瘍ができたりします。視力も徐々に低下して、失明してしまうこともあります。

一般的にベーチェット病では、アフタ性口内炎を繰り返す症状が一番初めに現れることが多くなります。唇、頬の内側、舌などに口内炎を繰り返してしまっているなどということがあれば、病院で診てもらうようにしてください。

手足口病

手の平、足の裏、口の中などに水泡ができてしまう病気です。一般的には乳幼児がかかる病気ですが、まれに大人になってからかかってしまうこともあります。発熱が伴うこともあります。

特効薬はないため対症療法が中心となりますが、気になる症状があれば一度受診してみてください。

天疱瘡

自分の体を守るはずの免疫細胞が、自分自身の体を敵とみなして攻撃してしまう「自己免疫疾患」の一つになります。

頬の内側や歯肉、舌などに水泡ができ、それが破れて潰瘍になっていきます。痛みもひどくなり食事や歯磨きも大変になります。皮膚にも同じような症状が出てしまいます。

早めに適切な治療を開始しなくては、治りにくく長引いてしまいます。場合によっては死に至ることもあるため、注意が必要です。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に潰瘍やただれが起きてしまう病気です。原因はわかっておらず、治りにくく治っても再発しやすい病気で国の難病に指定されています。

血便、下痢、腹痛といった症状が現れるのですが、口内炎が出てしまうこともあります。他にも、目や皮膚など全身に炎症が起きます。

最近増加傾向にある病気で、その理由としては食生活の欧米化などがあるのではないかとされています。早期に発見し、治療を開始することが重要ですから、気になる症状があれば受診するようにしてみてください。

潰瘍性大腸炎と似たクローン病でも口内炎がみられます。ライター症候群という関節炎、尿道炎、結膜炎などといった症状を引き起こす病気でも、口内炎がみられることがあります。

この他にも、症状のひとつとして口内炎が出てしまうという病気はいろいろとあります。命に関わる病気のこともありますので、特に以下のような状態の口内炎が続くときには注意してください。

  • 10日から2週間以上たっても口内炎が治らない
  • 治ってもすぐに再発してしまう
  • 口内炎が複数できてしまう
  • いつもと形が違ったり、大きかったりする
  • 痛みや腫れがひどい
  • 逆に、ずっと口内炎はあるものの触れてもなにも痛みがない
  • 発熱や頭痛、倦怠感も伴っている

心当たりのある症状があれば、一度、医療機関を受診してみてください。何科を受診すべきが迷う事があるかもしれませんが、歯科、口腔外科、耳鼻咽喉科、内科、皮膚科を受診するとよいでしょう。

念のため事前に、口内炎の診察を行っているか確認しておいたほうがよいかもしれません。

たかが口内炎くらいで病院へ行くのも・・・と思われるかもしれませんが、なかなか治らない、いつもの口内炎と違うなど気になることがあれば、一度病院で相談してみるようにしてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る