健康生活TOP 胃痛 胃薬が効かない胃痛を解消しよう!癖になった胃痛の根本からの治し方

胃薬が効かない胃痛を解消しよう!癖になった胃痛の根本からの治し方

胃が痛い男性

胃の調子が悪い、胃が痛いといったとき、どのように対処されていますか?できれば病院を受診することが一番いいのですが、忙しかったりするとなかなか難しいこともあります。

そんなときは市販の胃薬を利用されることもあるでしょう。ただ胃薬にはいろいろなタイプのものがあり、胃痛の起きている原因に合ったものを選ばないとせっかくの効果が得られなくなってしまいます。

「胃の調子が悪い」と聞くと「胃酸の出過ぎ」といったイメージがありますが、必ずしもそうでない場合もあります。胃の不調の原因として考えられることや、日常生活で気をつけたほうが良い点などについてみていきましょう。

胃酸が出過ぎても少なくても、胃の調子は悪くなる

胃の調子が悪い、胃が痛かったりムカムカする、胃がもたれるといった症状があると、つい「胃酸の出過ぎ」だと思っていませんか。これはCMなどの影響もあるかもしれません。

しかし胃の調子が悪くなるのは、胃酸が出過ぎた場合だけではありません。胃酸が少ない場合にも、胃の調子は悪くなってしまいます。こんなときに「胃酸の分泌を抑える」といったタイプの胃薬を選んでしまっては、症状は逆に悪化してしまうのです。

胃の不調の原因は大きくわけると「胃酸が出過ぎてしまっている」場合と、「胃酸が少なくて消化不良になってしまっている」場合があります。

胃酸が出過ぎている場合

胃酸は本来、空腹時には分泌されません。食事をしようとするとその刺激が脳に伝わり、それによって胃酸の分泌が始まるものなのです。

しかし胃酸が出過ぎている場合には、空腹時にも分泌されてしまっています。そのために空腹時に胃が痛くなってしまったり、胃がもたれるようになったりします。他にも胸やけやげっぷが出やすくなったりすることもあります。

この場合には以下のような胃薬を選ぶようにしましょう。

  • H2ブロッカー
  • 胃粘膜修復剤
  • 制酸剤

胃酸が少なく消化不良になっている場合

胃酸にはいくつかの働きがありますが、そのひとつが食べ物の消化です。胃酸の分泌が少なくなってしまうと、食べ物の消化を健康なときのようには行えなくなってしまいます。

そのため胃酸が少なくなると食事をした後に胃がもたれてしまったり、食欲があまりなくなってきてしまいます。またお腹が張るような感じも出てきます。

このような場合には以下のような胃薬を選ぶとよいでしょう。食べ過ぎて消化が追いつかずに胃が苦しいといったときにも、このタイプの胃薬が効きます。

  • 消化酵素剤
  • 健胃薬

胃薬には他にも、胃けいれんのような症状に効果のあるものやガスが溜まってお腹が張るといった症状に効果のあるものなどいろいろとあります。

自分の症状にはどの胃薬が合うのかわからないといったときには、できれば病院を受診することをお勧めします。急な痛みで病院を受診する余裕がないといった場合には薬局で相談してみてください。

市販の胃薬を飲んだが良くならないという場合には、必ず病院を受診するようにしましょう。また市販の胃薬で一度は良くなったが、また症状がでてしまったという場合にも病院へ行くようにしてください。

胃の不調の原因はいろいろなことが考えられます。ピロリ菌に感染しているのなら除菌を行ったほうがよいですし、場合によっては実は胃ガンだったということもあります。症状が続くようなら、きちんと医師の診察を受けるようにしてください。

なお病気の治療のために何か薬を飲んでいたりする場合には、一緒に飲まない方がよい薬もあるため注意してください。

どの胃薬がよいのか迷ったときには「総合胃腸薬」を選んでもよいかもしれません。

ただ症状が良くならない、薬を止めるとまた症状が出るといったときには、必ず医師の診察を受けなくてはダメですよ。

胃痛の原因は食生活やストレス、そして病気にある!あなたの胃痛の原因は?

胃痛が起きてしまう原因としては、いろいろなことが考えられます。暴飲暴食や香辛料の摂りすぎといった食生活が問題になっていることもありますし、ストレスが原因のこともあります。病気が原因で引き起こされる場合もあります。

胃痛が起きる原因:食生活などに問題がある場合

次のような食生活は、胃痛を起こしやすくなってしまいます。

  • 食べ過ぎ
  • お酒の飲み過ぎ
  • カフェインの摂り過ぎ
  • 辛いものや味の濃いものの摂り過ぎ
  • 熱いもの、冷たいものの摂り過ぎ
  • 喫煙 など

食べ過ぎると、胃が膨らんで過剰に負担がかかってしまいます。またアルコールやカフェイン、香辛料の摂り過ぎなどは胃の粘膜を刺激します。熱過ぎる食べ物や冷たい食べ物も胃の粘膜を刺激してしまいます。

アルコールやカフェインには胃酸の分泌を促す働きもあります。そのため食欲がないときに適量を摂ることで食欲を増してくれる効果もあるのですが、胃酸分泌が過剰になっているときにはある程度控えたほうがよいでしょう。

食事ではありませんが、タバコも胃に良くありません。タバコを吸うと胃の血流が悪くなり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こしやすいことがわかっています。また胸やけ症状も起こりやすく、胃ガンにもなりやすくなります。

タバコの悪影響は肺や気管支に対してだけではないのです。胃の不調に悩んでいる喫煙者の方、この機会に禁煙に踏み切ってみるのもよいのではないでしょうか。

胃痛が起きる原因:ストレスも胃痛を引き起こす

ストレスも胃痛の原因になります。ストレスの多い生活をしていると自律神経のバランスが乱れてしまいます。胃酸の分泌が過剰になったり胃の血流が低下してしまったりして、胃痛を起こしやすくなってしまうのです。

ストレスをなくすをいうのはなかなか難しいですが、ストレスを解消させるための自分なりの方法を持っておくとよいかもしれません。

胃痛が起きる原因:胃痛が起きてしまう病気とは

病気が原因になって胃痛が起きてしまっている場合もあります。胃痛がひどい、何度も繰り返してしまう、市販薬を飲んでも良くならない、薬を止めるとまた痛くなるなどといった場合には、一度医師の診察を受けるようにしてください。

胃やみぞおち辺りの痛み、胸やけ、吐き気など胃の不調が起きてしまう病気には次のようなものが考えられます。

  • 急性胃炎、急性胃粘膜病変
  • ピロリ菌感染胃炎(慢性胃炎)
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃ガン(ただし、初期にはほとんど無症状です)
  • 機能性ディスペプシア
  • 胃食道逆流症 など

この他にも、胃の痛みだと思っていたら実は胆石やすい炎だったということもあります。なんと心筋梗塞や狭心症が原因で胃痛が起きていることもあります。

薬を飲んでも良くならないなどあれば、早めに病院へ行ったほうがよいでしょう。

急性胃炎、急性胃粘膜病変や胃・十二指腸潰瘍の大きな原因は「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」の服用です。これは風邪や頭痛などのときにもよく使われている解熱鎮痛剤になります。

頭痛や腰痛などのために痛み止めの服用を続けていると、胃に負担がかかって胃痛を起こしてしまうのです。このようなときには痛み止めの服用を中止したりします。

ピロリ菌への感染も胃の不調の大きな原因になります。感染していると、ピロリ菌感染胃炎(慢性胃炎)や胃・十二指腸潰瘍になりやすくなってしまうのです。胃ガンのリスクもあります。

胃・十二指腸潰瘍の患者の80−90%はピロリ菌に感染しているとされます。ピロリ菌の除菌を行うことで、胃痛などの胃の不調は改善されます。

ピロリ菌に感染しているからといって必ず潰瘍や胃ガンになってしまうというわけではありませんが(潰瘍や胃ガンになってしまう人はほんの一部です)、そのリスクは高くなるため症状がなくてもなるべくピロリ菌除菌することがすすめられています。

その他、塩分の過剰摂取や喫煙なども潰瘍や胃ガンを引き起こしやすくさせます。ストレスもよくありません。

魚介類に寄生しているアニサキスという回虫に感染することで、非常に激しい胃痛を起こしてしまうこともあります。この症状は食後数時間してから起こり、他に嘔吐も出ます。かなりの激痛のため、早めに病院へ行った方がよいでしょう。

機能性ディスペプシアとは、胃痛や胃もたれといった症状が続いているのにも関わらず内視鏡検査などで何の異常も見つからない胃の病気です。日本人の25%にみられる病気とされます。

命に関わる病気ではないため心配することはありませんが、胃の不調が続くために生活の質は落ちてしまいます。一度、病院を受診してみるとよいでしょう。

胃食道逆流症は胃酸が胃から食道へと逆流するために起きる病気で、最近患者が増えているとされます。みぞおちの辺りに痛みが出たり、胸やけ、酸っぱいものが上がってくる感じなどがあります。

胃酸分泌が活発になるほど胃酸は食道へ逆流し、この病気になりやすくなります。もともと日本人はピロリ菌に感染していることが多く、胃酸分泌は欧米人より弱いとされていました。(ピロリ菌感染すると胃の機能は低下し、胃酸分泌は弱くなります。)

しかし衛生環境の変化やピロリ菌除菌が進んだために、胃の働きの良い人が増えました。また肉食が増えたために胃酸の分泌も増えています。この病気の原因のひとつである肥満気味の人も増えています。

これらのことから最近、胃食道逆流症の患者は増えているのです。酸っぱいものが上がってくる感じがあるようなら、病院を受診してみてください。なお肥満気味の人は、肥満を解消させるだけでも症状が楽になります。

ピロリ菌に感染している人が減ると胃食道逆流症の患者が増えるなんて、なんだか皮肉ですね。

なお、以前はピロリ菌除菌をすると胃食道逆流症になってしまうという話もありましたが、現在はなってしまったとしても一時的なため、除菌をすることがすすめられています。

胃痛を予防するために、普段の生活で気をつけること

胃痛を起こしやすい人は、普段の生活で次のようなことに気をつけてみてください。今までの生活習慣を少し変えることで、胃痛の予防になるかもしれません。

胃痛予防:食事は規則正しく、腹八分目で

食事を抜いたり、食べるときにはどか食いしたりということをしていると、胃腸に負担がかかってしまいます。1日3回規則正しく食事をし、食べ過ぎないで腹八分目にしておきましょう。寝る直前の食事も止めましょう。

油っこい食事は消化に時間がかかり、胃腸に負担がかかってしまいます。また繊維のかたいゴボウやタケノコなども胃に負担となるため、控えたほうがよいでしょう。

また調理法も揚げたり炒めたりするよりも、茹でたり煮たりするほうが胃への負担は少なくなります。

胃痛予防:ゆっくりよく噛んで食べる

ゆっくりよく噛んで食べることで消化を助け、胃腸への負担が軽くなります。あまり噛まずに早食いしてしまうと、胃腸の負担が増えてしまうのです。

よく噛んでしっかり味わい楽しく食事をすることで、消化も良くなりストレス解消にもなります。

胃痛予防:しょっぱいもの、辛いもの、酸っぱいものを摂りすぎない

唐辛子のような辛味の強い香辛料、酸味、塩味の強いものなどは胃粘膜に刺激となってしまいます。甘味の強いものもあまりよくありません。できるだけ「うす味、まろやかな味」がおすすめです。

胃酸の分泌が少なく食欲がないといったときには、適度な酸味や少量の香辛料を使うことが効果的なこともあります。

胃痛予防:アルコールやタバコは控える

アルコールは飲み過ぎないようにしましょう。もちろん、空腹の状態でアルコール度数の高いものを飲んだりしてはいけません。

タバコはできれば止めたほうがよいでしょう。

胃痛予防:ストレス解消法をみつける

ストレスは胃痛を引き起こしやすくします。ストレスをためないというのは難しいかもしれませんが、自分なりのストレス解消法を作っておくとよいでしょう。

ウォーキングのような適度な運動をすることもおすすめです。

食事を気をつけてみたり市販の胃薬を使ってみてもよくならない、一時的にはよくなってもまた胃痛が出てしまうといったときには、必ず病院を受診するようにしましょう。

胃痛を予防するためには、まずは食事を気をつけてみることが一番ですね。

それでもよくならないというときには、早めに病院へ行きましょう。症状が軽いうちに治療を始めたほうがよいですし、重大な病気が隠れている可能性あるため注意が必要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る