健康生活TOP 肩こり 打ち身に冷湿布?コリに温湿布?温冷湿布を効果的に使い分けよう

打ち身に冷湿布?コリに温湿布?温冷湿布を効果的に使い分けよう

shutterstock_2012028832

肩こりや腰痛、打ち身や捻挫で湿布を貼る事がありますよね。その時に温湿布と冷湿布のどちらを選びますか?あまり深くは考えず、「取り敢えず冷湿布でいいや。」と好みで選んでいるでしょうか?

実は、温冷湿布はどちらを選んでもいいのです。どちらも炎症を抑える鎮痛薬の成分が入っているので効能は同じです。しかし、わざわざ温湿布と冷湿布があるのだから、目的別に使い分けるようにしてあるのでは?と素朴な疑問も浮かびます。

そこで今回は、体の症状で使い分ける温湿布と冷湿布の効果的な方法を見ていく事にしましょう。

温冷湿布の違い

温湿布と冷湿布の違いは大まかに分けると、血流を改善する効果があり、温まると感じるカプサイシンや、ひんやりと冷たく感じる成分のメントールが配合されている冷湿布かの違いです。

温冷湿布のどちらにも、炎症を抑える成分は配合されており、実は効能は同じ。温湿布も冷湿布も使い分ける必要はないのです。

湿布の意味

筆者は、学生時代に接骨院でアルバイトをしていました。勤務時間中は、捻挫や打ち身の患者さんの為に何度も湿布を手作りしていました。布のような市販されている湿布薬ではなく、白いクリームを布に塗るタイプの手作り湿布でした。

その作業が重いのほか楽しくて率先して作っていたものですが、用意されていたのは鼻に入ってくる香りも、貼り心地もひんやりとするメントール入りの冷湿布のみで、温湿布は使用されていませんでした。

元々湿布とは水分を含む濡れた布を患部に貼る(当てる)ものの事を言います。

温かいと感じる成分が入っている温湿布でも、水分を含む布を患部に貼り(当てる)続けていれば、冷湿布と同じで冷えてきます。水分で熱を奪われる為、実は温湿布でも冷湿布でも患部は冷えるのです。

症状別に使い分ける場合

前章で述べた通り、温冷湿布のどちらにも炎症を抑える成分が配合されている為、どちらを選んでも効能は同じです。そして、冷温どちらを貼ったとしても水分の多い湿布は患部が冷える事になります。

では、何の為に温冷湿布が分けて売られているか?というと、大雑把に言ってしまえば単なる好みの問題でしょう。冷たい布を皮膚に貼るのは、特に季節が冬であればヒヤっとする感触に勇気がいります。そんな時は温湿布が安心です。

それでは効いている気もせず、スッキリ気持ちが良い気分も味わえないのであれば、冷湿布を選ぶ。単純にご自身の好みで選べばいいのです。それでもあえて、温冷湿布を使い分けたい場合はどうすればいいのか見ていきましょう。

捻挫や打撲には冷湿布

捻挫や打撲で負傷した時に、腫れがひどい場合には冷湿布を使ってみましょう。

腫れて痛みがある所に温かいと感じる成分を浸透させると、痛みの感覚を鋭くしてしまい、患部に心臓ができたようなドクドクと脈打つ感覚ができ辛く感じやすくなるからです。

慢性化したコリには温湿布

肩こりや腰痛などが慢性化する場合は、血行不足が原因である事が殆どです。そんな場合は血液の循環を促してやりたいので、温湿布を選びましょう。

捻挫や打撲は動かさない事

捻挫や打撲などの患部の腫れや痛みには、鎮痛剤入りの湿布は良く効きますが、痛みが抑えられている状態だからといって、患部を休めずにいたらいつまでたっても治りません。痛みが引いている為気がつかないだけで症状が悪化する事もあります。

湿布はあくまでも応急処置です。コリなどの症状には、湿布なしではいられない状態になってしまわないように避ける事が大切ですし、患部が腫れるような症状には動かさないのが一番です。

慢性的なコリを避けるには

shutterstock_919078102
捻挫や打撲などの一時的負傷ならば、患部が回復すれば湿布は必要なくなります。しかし、やっかいなのは慢性化したコリで利用する湿布です。コリが慢性化すると同時に湿布に頼りきりな状況になります。

血行不足からくるコリは溜めない事!肩こりは腕や背中を使わない生活習慣から来る事が殆どです。肩こりを改善させる為には肩甲骨を頻繁に動かしましょう。さらに背中の柔軟性も保つようにしてみましょう。

湿布を使うのは一時的な期間で控えるようにしましょう。コリを改善させるのは湿布ではなく血行を良くする事。捻挫や打撲には患部を休める事です。そこを間違えないようにして、湿布を効果的に使っててみてくださいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る