健康生活TOP 肩こり 指ヨガで頑固な肩こりも解消!簡単な指ヨガ方法をマスターしよう

指ヨガで頑固な肩こりも解消!簡単な指ヨガ方法をマスターしよう

shutterstock_35730316

肩がこる原因にもいろいろありますが、悪い姿勢がクセになっていたり、仕事上どうしても肩や首に負担がかかる姿勢を強いられていたり、という場合は肩がこりやすくなってしまいます。

特に女性は体が冷えやすい傾向があるので、冷えも肩こりの原因となります。

分かっていてもなかなか改善できない肩こりに、長い間悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで!指ヨガでの簡単肩こり解消法をご紹介します。

超簡単な肩こり解消法とは?

肩こり解消法といえば指圧やマッサージ、湿布やストレッチなどみなさんも何かしら試した事があるはずです。

頑固な肩こりは慢性化しやすいので、肩こりから首こり、更には偏頭痛がする事もあります。

ひどい場合は朝起きた時から夜寝るまで、肩や首、偏頭痛が消えてくれない、なんていう状態になってしまいます。これでは日常生活にも支障が出てしまいますね。

そんな人にオススメなのが「指ヨガ」です。

その名の通り指を使って行うヨガですが、なんと通常のヨガと同じくらいの効果が期待できると言われています。

ヨガやピラティスは女性にも人気がありますが、興味があってもヨガ教室やフィットネスクラブに通うというのも大変なものです。

自宅で時間が空いたときや、仕事の合間や通勤時にも超簡単にできるので、肩こりに悩んでいる人は是非試してみてください。

指ヨガが肩こりに良い理由

まず指ヨガを始める前に、なぜ指を使ったヨガが良いと言われているのか?その理由を簡単に説明しておきます。

指先には神経が集中していると言われていますね。例えば紙でうっかり指先を切ってしまったり、深爪をしてしまうと傷に比べて痛みが強いと感じる事はありませんか?

これも指先に神経が集中している証拠なのです。手や指には無数のツボも存在していて、それが体の様々なところとつながっていると言われています。

肩こりや首こりの場合は、こっている部分を直接マッサージするのも効果的ですが、忙しい毎日を送っているとのんびりマッサージもできません。

また人にやってもらうのと、自分でマッサージをするのでは効果も違ってきます。マッサージチェアがあればいいのですが、値段が張りますし置き場所にも困ってしまいます。

こういった意味でも指ヨガは手軽で便利ですが、指ヨガの一番のメリットは効果を実感しやすいところです。

今回は肩こり解消が目的ですが、手は体の様々な所と繋がっているので悩み別に使う指も違ってきます。

手を体に置き換えて考える

まず左手を広げた時に5本の指がありますね。中指を体の中心と考えます。

  • 中指第一関節と第二関節が顔と肩に該当するので指の付け根はちょうど肺の部分
  • 人差し指は右手、薬指は左手
  • 親指は右足、小指は左足
  • 手のひらは上半身に該当

このように手を体に見立てて考えると位置も把握しやすいと思います。

これを参考にすると、肩こりや首こりに効くと言われている指ヨガは、中指を中心に使っていきます。

肩こりにおすすめの指ヨガ

shutterstock_238434355
指ヨガは場所を選ばず短時間で実践できるのもメリットです。

指ヨガをする前は、実際のヨガと同じように準備運動も忘れずに。

この場合は手をこすり合わせて温めたり、摩擦を防ぐためにハンドクリームなどを塗っておくとやりやすくなります。

ハンドクリームなどはなくてもOKですが、必要以上に力を入れず適度な力加減も考えながら行ってくださいね。

①まず、左手の中指の第一関節と第二関節の真ん中くらいに位置を決め、右手の親指と人差し指ではさみ軽くひねります。

指ヨガは左手だけでもいいと言われていますが、バランスも考えて右手も同じようにやっておくのがおすすめです。

②中指を軽く引っ張ったら離す、指先の腹を手の甲側へゆっくりと反らします。

この時無理をすると関節や指を痛めてしまうので、無理のない範囲でゆっくりと様子を見ながら反らしていきます。

最初はうまくいかなくても何度か繰り返していくと、痛みもなくスムーズに反らせるようになりますので、最初は3回程度をワンセットにします。

左手が終わったら右手も同じようにします。

③次は肩の部分に該当する、人差し指と薬指の付け根です。中指の場合は指のちょうど真ん中あたりをひねりましたが、肩とつながっているのは指の付け根なので付け根をもみほぐします。

揉みほぐしの後は、中指と同じように指先の腹の部分を持ち、手の甲側にゆっくりを反らせていきます。

この場合は人差し指と薬指同時ではなく、片方ずつ行います。最初は3回をワンセットにして、様子を見ながら自分に合った回数を決めます。

一通り終わったら、最後にクールダウンをします。クールダウンといっても指を組み合わせて反らせたり、ハンドクリームを塗るときのように手をこすり合わせマッサージするイメージです。

ね、簡単でしょう?

指ヨガの注意点

肩こりや首こりも個人差がありますが、怪我や関節を痛めているような場合は無理にしないほうがいい場合もあります。

この場合は医師に相談して指ヨガをやってもいいかどうか確認しておきましょう。

こりがひどい場合は指ヨガをする時に痛みを感じる事があります。この場合も無理をしないで様子を見ながら進めていってください。

指ヨガなんて本当に効果があるの?と半信半疑に思っていましたが、実際にやってみるとなんとなく肩や首が楽になり動きやすくなるように感じます。

私も長年肩こりと首こりに悩んでいましたが、指ヨガをすると不思議と体もポカポカしてきます。

テレビを見ながらとか、お風呂の時間、気づいたときに簡単にできるのでとても気に入っています。

タイミングに関しては連続して行うよりも、1回終わったら次は1時間以上時間をあけたほうがいいと言われています。

指先のマッサージは血行促進効果も期待できるので、冷え性改善にも役立ちます。指ヨガの最後の仕上げに、両方の手の爪を挟むようにサイドからマッサージすると体も温まります。

指先の血行が良いと爪も健康になるので、指先が綺麗に見えます。女性のとっての嬉しい効果も期待できるので、是非お試し下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る