健康生活TOP 喫煙 心身の発達障害から乳幼児の突然死も!受動喫煙が子供に与える影響

心身の発達障害から乳幼児の突然死も!受動喫煙が子供に与える影響

shutterstock_2903969332

子供にとってタバコの煙は毒ガスと同じです。未成年がタバコを吸わないのは当然ですが、大人が吸うタバコの煙を間接的に吸うことによって子供の健康に深刻な影響を及ぼします。

受動喫煙によって起こる子供の健康への深刻な悪影響とはどのようなもので、それを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?受動喫煙による子供の健康について考えます。

STOPスモークハラスメント!子供への受動喫煙がNGな理由

タバコの煙には200種類以上もの有毒物質が含まれています。大人が自分の判断で健康を害してまでもタバコを吸うのは勝手ですが、周りにいる人の健康を害する権利などありません。

特に未成年者や子供、妊娠中の女性や胎児の健康を損なうことは、いわば「スモークハラスメント」であり、決して見過ごすことができない不法行為、社会の大迷惑です。

では、タバコの煙による子供への健康被害にはどのようなものがあり、どのように予防すれば良いのでしょうか?

煙草はなぜ健康に悪いのか?その含まれる化学物質に注目

煙草は火をつけると、熱によって有機物質から茶褐色のどろっとした「タール」が発生します。タールは喫煙者の歯の着色や部屋の壁やカーテンの黄ばみの原因になっています。

このタールにはおよそ4000種類もの化学物質が含まれており、その中には体に有害な物質が200種類、60種類の発がん性物質が含まれているとされています。

喫煙をするとこれらの化学物質を体内に吸引することになり、その刺激によって粘膜や臓器に炎症が起こります。そのため喫煙からさまざまな病気を引き起こすことが分かっています。

特に発がん性物質の影響によって喫煙者はあらゆるがんのリスクが高まります。特に喫煙者の肺がん発症率は高くなっています。そのほか、食道がん、胃がん、膀胱がんなども発症しやすいです。煙草に含まれている化学物質の一例を挙げますと

ニコチン 青酸カリ以上の強い毒性があり殺虫剤に使われている。
ホルムアルデヒド 接着剤、防腐剤などに使われている。粘膜に刺激がある。
アンモニア 刺激臭がある。特定悪臭物質のひとつ。劇物。
アセトン マニキュア除光液、瞬間接着剤などに使われている。人体に有害。
ヒ素 殺鼠剤、農薬に使われている。中毒を起こす。
ブタン 燃料、フロンガスに代わる冷媒に使われる。
カドミウム 顔料、メッキに使われる。腎機能に障害を及ぼす。
トルエン ペンキ、シンナー、接着剤などに使われる。劇物。
ベンゼン プラスチック、樹脂、接着剤の原料に使われる。人体に有害。

といったように、それぞれ微量ではありながら、本来は工業用途に使われるもので人体には悪影響を及ぼすような物質が含まれているわけです。また、粘着性のあるタールが歯や粘膜にべったり付着して直に刺激を与えます。

主流、副流、呼出…タバコの煙は3種類!受動喫煙とは?

子供がうける受動喫煙のイラスト

タバコの煙は大きく次の3つの種類に分けることができます。

主流煙 タバコを吸う本人がフィルターを通して吸う煙
副流煙 タバコの先から出る煙
呼出煙 タバコを吸っている人の息から吐き出される煙

タバコの煙はこの3種類に分けられますが、大人が自らの意思でタバコの煙を吸うことを能動喫煙、タバコを吸わない人や吸いたくない人が、副流煙や呼出煙をやむを得ず吸ってしまうことを受動喫煙といいます。

さらに飲食店な公共の場などで、煙を吸いたくない人がどうしても煙を吸ってしまう状況におかれてしまう場合のことを強制喫煙といい、強制喫煙は最も悪質なスモークハラスメントといえます。

最も危険な副流煙には最大限の注意を!

タバコの煙は3種類に分類され、どの煙にも有害物質が含まれるのですが、副流煙は主流煙よりも煙の温度が低く、フィルターを通らないため有害物質の含有量も極めて多くなります。つまり、タバコの煙の中でも最も有害な煙が副流煙です。

タバコを吸う人の周りにいるだけで危険な副流煙や呼出煙を吸い込んでしまうことになれば、人体に様々な悪影響が起こるのも当然のことです。

なぜ子供はタバコの煙を吸ってはいけないのか?

未成年者が自らタバコを吸う能動喫煙を行なっては絶対にいけません。また本人の意思とは関係なくタバコの煙を吸ったり煙りに晒されることも、あってはなりません。

その理由は、子供はまだ体が未熟で発育途上にあるため、タバコの煙に含まれる有害物質によって健康を損なう可能性が極めて高いからです。

もう少し分かりやすくいうと、例えば、大きなビルを建設するとしましょう。ビルは完成してしまえば、雨風や台風、地震など災害が起きても倒壊することはありません。

しかし、ビルがまだ建設途中の場合なら、雨風で骨組みが飛ばされたり地震が起きればビルごと崩れ落ちることもあります。

子供の体は建設途中のビルと同じで、外からの悪影響に対する抵抗力がまだ未熟です。そのため、大人よりもタバコの煙による悪影響を受けやすく、様々な病気が引き起こされやすいのです。

つまり、子供がタバコを吸ってはいけないのは、脳や体が未完成でタバコによる悪影響を受けやすいからです。そして、胎児を含め乳幼児など小さい子供ほど、大きな悪影響を受けることになってしまいます。

また、子供への悪影響はすぐに起こるものもあれば、何年も経ち大人になってから現れる場合もあります。そのため、未成年者はタバコを吸ってはいけませんし、受動喫煙の悪影響に触れることも極力排除することが重要なのです。

良いことは何一つない!受動喫煙で引き起こされる子供の病気

病気の子供

大人がタバコを吸うのは勝手かもしれませんが、そのタバコの煙による受動喫煙によって子供の心身に様々な病気や障害が引き起こされることは絶対にあってはなりません。

有毒物質を含む副流煙や呼出煙の受動喫煙によって、子供には次のような様々な病気や障害が起こるリスクが大きく高まります。

  • 乳幼児突然死症候群
  • 身体の発育障害
  • 身長が伸びない
  • 運動機能や運動能力の低下
  • 小児喘息や小児肺炎など呼吸器障害
  • アトピー性皮膚炎
  • 精神発達障害
  • 知能の低下
  • 小児がん など

タバコの煙によってリスクが増加する病気や障害は、あまりにも多くあるため全てを挙げることはできません。しかし、ただ1ついえることは、「子供がタバコの煙にさらされることで良いことは1つもない」ということです。

繰り返しますが、大人が喫煙することは自由かもしれませんが、子供の健康まで奪う権利はないのです。

最悪の悲劇!赤ちゃんが突然死する乳幼児突然死症候群

タバコに含まれる有害物質の影響は、小さな子供ほど大きな影響を受けてしまいます。つまり、体の成長が未熟であるほどタバコの煙による悪影響が多くなるということです。

この点を考えると、最も深刻な影響を受けるのは、胎児や乳幼児ということになります。特に乳幼児に起こる最も悲惨な事態は乳幼児突然死症候群(SIDS)です。

乳幼児突然死症候群とは眠っている赤ちゃんが突然死んでしまうという病気です。以前は原因不明の病気でしたが、最新の研究では親の喫煙との因果関係がかなり明確になってきています。

乳幼児突然死症候群が引き起こされる喫煙の影響には次の3つがあります。

  1. 妊婦の時の能動喫煙
  2. 妊婦の時の受動喫煙
  3. 乳児期での受動喫煙

英国王立病院などの研究によると、乳幼児突然死症候群のリスクが増加するのは、「妊婦の能動喫煙」ではおよそ8.3倍。「妊婦の受動喫煙」ではおよそ3.9倍。「乳児期での受動喫煙」では3.5倍~15.8倍に増悪するとしています。

そして、研究の結論として乳幼児突然死症候群の60%以上は、出生前後のタバコの煙に晒されることに原因があるとしています。

ここで重要なことは、赤ちゃんがまだお腹の中にいる時でも、妊婦がタバコの煙に晒される環境にあれば、胎児にも影響が起こるということです。乳幼児突然死症候群が引き起こされる原因は、胎児のときからすでに積み重なっているのです。

待望の赤ちゃんがある日突然死んでしまうことは、想像を絶する悲しみに打ちひしがれることでしょう。まして、お腹に赤ちゃんを抱える妊婦が自らタバコを吸うことなど、我が子を殺してしまう行為に他なりません。

こうした悲劇を防ぐためにも、妊娠時の喫煙はおろか、受動喫煙や出生後の乳幼児へのタバコの煙の暴露には細心の注意を払わなければいけないのです。

警告文でも明らか!胎児の発育障害や早産の危険

現在販売されているタバコには健康を害することへの警告文の表記が義務付けられています。例えば次のような警告文があります。

「妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因となります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低体重出生の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。」と明確に表記されています。

低体重出生や早産の危険が大きく高まるということは、国もその有害性を認めているのです。そして、低体重出産や早産で生まれた子供は次のような病気や障害が起こるリスクが高いと考えられます。

  • 知能の低下など脳への障害
  • 心臓病など身体的な障害や機能不全
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギー体質

このように、子供への影響はお腹にいる胎児にまで及ぶことは明らかなのです。胎児はお母さんのお腹にいて守られているから、少しくらいタバコの煙にさらされても問題ない、などと考えるのは大きな間違いです。

特に、母親に喫煙習慣がある場合、能動喫煙によって子供に影響を及ぼすリスクが大きく高まるのですから、まさに我が子を殺してしまう殺人行為に他なりません。

女性だけの問題ではない!喫煙は男性の精子にも影響を及ぼす!

胎児への影響は女性の能動喫煙や受動喫煙によるものだけではありません。タバコに含まれる有害物質は男性の精子にも悪影響を及ぼし、早産や流産、胎児の発育障害などを引き起こす原因になります。

これは、どういうことかというと、男性に喫煙習慣があると、その影響によって男性の精子の遺伝子が異常を起こし、産まれてきた子供に小児ガンや脳腫瘍など重篤な病気や障害のリスクが生じるということです。

ですから、妊娠中の胎児や出産後の子供に対するタバコの影響は女性だけの問題ではなく、男性の喫煙習慣や受動喫煙の影響も関わっている、と考える必要があるのです。

健全な発育を妨げるな!受動喫煙による子供の成長への影響

受動喫煙の影響やリスクは胎児だけでなく、出生後、子供が成長していく過程でも常に存在しています。先ほどの低体重出生や早産のリスクで挙げた受動喫煙の影響は、乳児や小児に成長しても、そのリスクがなくなるわけではないのです。

子供の夢を奪う受動喫煙の影響

子供は誰でも将来の夢を持つものです。野球選手になりたい、サッカー選手になりたい、というのは昔から男の子が挙げる夢の1位2位を争っています。女の子でも歌手や芸能人になりたいという夢があると思います。

そして、親もできる限り自分の子供の夢を実現させてやりたい、と願うのも親の心というものだと思います。

しかし、もし親の喫煙習慣による受動喫煙の影響によって、子供に何らかの病気や障害が起こり、子供が夢や目標をあきらめなければいけなくなるとしたら、どうでしょうか?

子供が夢や目標をあきらめなければいけない原因が親にあったとしたら、親は心が引き裂かれる思いがするでしょう。病気や障害が起こってから子供に詫びても遅きに失することになるのです。

受動喫煙によって身長が伸びなくなる

乳児期や幼児期の受動喫煙によって、身体の発育障害が起こる可能性は十分に考えられます。

乳幼児時期に親が喫煙していた子供と喫煙しない親の子供の身長を統計的に調査したところ、親が喫煙者である子供は、親が喫煙しない子供に比べ身長が伸びにくいことが明らかになりました。

受動喫煙によって身長が伸びないことは理論的にも統計的にも明らかです。親の喫煙が子供に影響し、子供の体が十分に発育することができないことで、子供が将来の夢をあきらめざるを得ないこともあり得るのです。

興味深いデータとして、幼少期に家庭内で親が吸う1日のタバコの本数が10本増えるごとに、子供の身長の伸びが約0.2cmずつ低下します。つまり、子供の身長は受動喫煙の影響を受けるということです。

一生苦しむことに!呼吸器障害を引き起こすリスク

受動喫煙が子供に与える影響は身体的な発育だけではありません。呼吸器への影響も深刻です。受動喫煙によって気道や気管支が縮小したり、炎症が起こったりもします。さらに悪化すれば、気管支喘息を発症してしまいます。

気管が縮小すれば肺に十分な酸素を送ることができず、体のいたるところに影響が及びます。喘息ということになれば、いつ発作が起こってもおかしくはありませんから、その不安や恐怖を抱えるだけでなく生活の質も大きく低下してしまいます。

これは子供の夢を奪うどころか、子供が健康的に生きることまでも奪ってしまう行為です。厳しい言葉でいえば、児童虐待や子供へのスモークハラスメントともいえる悪質な行為なのです。

影響は心にも…受動喫煙による子供の精神発達障害のリスク

受動喫煙が子供に及ぼすのは体への影響だけではありません。子供の心や精神にも悪影響を及ぼします。

勉強ができないのは誰のせい?受動喫煙による子供の知性への影響

子供に「勉強しなさい!」と口癖のようにいう親御さんは多いものです。少しでも知性や教養を高め、自分より良い環境で良い生活をしてほしい、という親の願いが込められているのだと思います。

しかし、もし親の喫煙習慣によって子供が受動喫煙にさらされているのであれば、そのために子供の知性の発達に重大な悪影響が起こる場合があります。

アメリカの大学の研究によると、親の喫煙習慣がある子供と喫煙習慣がない子供の学力を比較すると、喫煙習慣がある親の子供のほうが、読み書き能力と注意力の持続時間が低下していることが分かりました。

また、フィンランドで行なわれた調査では、受動喫煙の影響を受けた子供は、影響を受けない子供より、14歳レベルでの知能や認識能力が劣っているという結果も出ています。

つまり、親の喫煙習慣による受動喫煙の影響によって子供の知能が低下し、学校の成績や社会生活を円滑に営む能力が著しく低下する可能性があるのです。

子供のためを思うのであれば、喫煙習慣がある親は「勉強しなさい!」という前に、自分の喫煙をやめることが必要なのかもしれません。

ADHDなど発達障害も受動喫煙の影響を強く受ける

受動喫煙によって子供の精神障害が引き起こされることもあります。ADHDもその1つです。ADHDとは注意欠陥多動性障害といい、自分でもコントロールできないくらい落ち着きがなくなり、周囲との協調ができなくなる子供に多い病気です。

あまりにも落ち着きがなく、周囲との協調性を保つこともできないため、学校生活を送ることができなくなり、学校への登校を自粛するよう指導されたり、特別支援学級への転入を奨められる場合もあります。

学校での生活を円滑に送れないということは、その後の社会生活にも支障をきたす恐れが高くなります。

小児自閉症の原因も受動喫煙の可能性が大きい

ADHDだけでなく小児自閉症も受動喫煙の影響が発症の一因ではないか、と考えられています。

自閉症は何らかのものに特別なこだわりを持ち、そのために社会生活を円滑に送ることができなくなる精神疾患です。

ADHDと同様、成長して大人になっても他人や社会と協調して生きることが難しいため、差別や偏見の中で生きていかなければいけなくなります。

小児自閉症は先天的な精神障害で、母親が妊娠中の能動喫煙の影響が強いという研究データがありますが、両親や家族の喫煙習慣や受動喫煙によっても悪化するリスクが高まります。

攻撃的生活もタバコの影響!凶悪な暴力事件へのタバコの影響

最近では日本でも青少年による凶悪な犯罪が増えています。あまりに身勝手で衝動的な犯行も多く、被害者はもちろんのこと加害者の人生にも取り返しがつかない悲惨な事件が横行しています。

こうした凶悪な犯罪にもタバコによる影響があるのではないか、と考えられています。

子供が攻撃的、暴力的な行動をとってしまうのは、ADHDや小児自閉症と同様に、タバコの煙による脳の障害や麻痺が一因として関わっているのではないかという研究者は多く、確かに説得力があります。

また、凶悪な犯罪を起こす子供は、子供というよりもある程度大人になった青少年の時期といえるので、遊び半分で始めた喫煙が習慣になり、受動喫煙だけでなく、自分の意思でタバコを吸う能動喫煙による影響も関係しています。

臭いだけでもだめ!?サードハンドスモークとは

日本ではあまり知られていませんが、喫煙を厳しく制限している欧米の国々では「サードハンドスモーク」の危険性が指摘されています。

サードハンドスモークとは「第三喫煙」ということで、タバコの火が消えた後、タバコに含まれる有害物質が、衣服や体、あるいは部屋の壁紙や家具や寝具などに付着し、その有害成分によって3次的に健康被害を受けることをいいます。

つまり、簡潔にいえば服や体についた「タバコの臭い」のことです。タバコに含まれる有害成分は、その臭いを嗅いだけでも健康を損なう恐れがあるのです。

タバコの煙に晒される場面を整理すると次の3つに分けられます。

能動喫煙 自分の意思でタバコを吸うこと
受動喫煙 自分の意思とは関係なく他人のタバコの煙を吸ってしまうこと
サードハンドスモーク 衣服や体に付着したタバコの有害成分に晒されること

日本でも「分煙」の取り組みが進んではいますが、厳密にいえば分煙するだけでは防げないサードハンドスモークによって健康被害を受ける場合があるのです。

タバコの臭いを嗅いだり服や髪にタバコの臭いが付いただけでも人の健康を妨げるリスクが発生します。灰皿で火を消したタバコの吸殻から出る臭いも同じです。

例えば、職場などではタバコを吸う人は、分煙室など隔離された場所で吸うような配慮は比較的浸透しています。しかし、タバコを吸って戻ってきた社員からタバコの臭いがすることがあります。

この臭いを嗅いでしまうことが3次喫煙「サードハンドスモーク」であり、臭いの中にはまだ一酸化炭素やシアン化合物、トルエン、ヒ素、鉛、等々、発ガン性もある有害物質が含まれています。ですから分煙するだけでは、まだ不十分なのです。

これは家庭であっても同じことがいえます。例えばご主人が外でタバコを吸って、室内に戻ってきた場合、タバコの臭いがするだけで有害物質をばらまいているのと同じことになるのです。そして、その影響を最も受けるのは、自分の子供なのです。

子供へのタバコの影響を防ぐための5つのポイント

Fotolia_53193403_Subscription_XXL

これまでみてきたように、タバコの煙は子供にとっては、とても有害であり良いことなど1つもありません。子供の将来にも悪影響を及ぼします。そこで親や周りの人はどのように子供の受動喫煙を防ぐべきなのか、ポイントは次の5つです。

1.親や周りの人は子供の近くでは決してタバコを吸わないこと

子供の受動喫煙を防止する上で最も悪いことは、子供が直接タバコの煙に晒されるということです。親や周りの人は、決して子供の真近でタバコを吸わないようにしなければいけません。

家庭のリビングなど子供と同じ部屋の中でタバコを吸わないことや、外出先でも子供に煙がかかることがないようにすることを徹底するにようしましょう。

また、ベランダや屋外など子供と同じ室内でタバコを吸わないとしても、サードハンドスモークによって、タバコの臭いがするだけでも有害物質が空気中に放出されることにも注意を払いましょう。

2.子供にタバコの煙の有害性を理解させること

子供は学校や塾、習い事などで親以外の大人と接する状況も多々あります。中には受動喫煙に無頓着な大人がいるのも事実です。

タバコの煙は様々な病気や障害の原因となり、将来、子供自身が困るような事態になりかねない危険なものだ、ということをしっかり教育することが大切です。

そして、タバコの煙を吸う人を見たり、タバコの臭いがする場合はできるだけ早くその場から逃げるように教えてあげて下さい。

3.能動喫煙にも注意!友達からの誘惑への対応のしかた

子供は好奇心が旺盛なので、やってはいけない、といわれることほど興味を持つ場合があります。友達にタバコ遊びをしようと誘われたり、中学生くらいになれば、大人の真似をしてタバコを吸ってみることもあるかもしれません。

そんなときは、何をいわれても「絶対に吸わない」と返事をするように、教え諭すことが大切です。

なぜタバコを吸ってはいけないのか、子供が自分で理由をいえるくらいしっかり理屈を理解させるのです。例えば次のようなことをスラスラといえるようにしましょう。

  • タバコは体に悪いから
  • タバコを吸うと背が伸びなくなるから
  • 勉強の能率が落ちるから
  • 肺の機能が低下して運動ができなくなるから
  • タバコ依存症になるから
  • お金がかかるから

子供でも他人に説明できるようにくらい、タバコを吸ってはいけない理由をしっかり理解させることが大切です。

4.タバコを吸うと気持ちが休まるのは本当か?実は単なる錯覚

最近では子供でも大きなストレスを抱えながら生きているのが今の世の中です。タバコを吸うと気持ちが休まりリラックスできるという大人がいますが、こうした悪い大人の意見を鵜のみにしてはいけません。

こうした場合でも、ただ頭ごなしに「ダメ」というのではなく、理屈で諭すことが大切です。

タバコで気持ちが楽になると感じるのは単なる錯覚です。タバコを吸う習慣が長い人ほど、ニコチンなど依存性の高い有害成分の影響を受けるので、血液中のニコチン濃度が下がるとイライラしたり気持ちが高ぶったりします。

ニコチン依存症の禁断症状が起こっているときに、タバコを吸うことによって、その禁断症状が少しは和らぐため、気分が良くなると錯覚しているだけなのです。

つまり、タバコによる悪影響をタバコで解消しているだけなので、根本的に気持ちがリラックスしているわけではないのです。

5.タバコを吸うと痩せるという言葉に惑わされないこと

女の子の場合、タバコに手を染める大きな理由の1つが、タバコを吸うと痩せると聞かされた場合です。思春期の女の子であれば、容姿や体重を神経質なくらい気にするのも当然かもしれません。

タバコを吸うと痩せるということには、全く根拠がありません。ただタバコの害によって病的に痩せるということはあるかもしれません。病気で痩せても何の意味もありません。

また、タバコをやめると太るという大人もいますが、タバコを吸うと痩せるという理由にはなりません。タバコをやめると口がさびしくなるので、飴をなめたり間食が多くなることや、体が健康になり食欲が沸くので多少太る場合があります。

さらに、女の子は将来の妊娠や出産に備えておかなければいけません。一度タバコの中毒になってしまうと、その影響が将来の自分だけではなく自分の子供にも影響が及ぶことをしっかり理解させることも必要です。

禁煙が一番だけど…親がすべき受動喫煙から子供を守る5つのルール

タバコがやめられないのは、意志の問題ではなく依存症という病気にかかっているからです。最も良い方法は禁煙外来など専門家を受診し、治療を受けることです。

しかし、どうしてもタバコがやめられないというのであれば、最低限次の5つだけは守るようにして下さい。

  1. ファミレスなど公共の飲食店は禁煙席を選ぶだけでなく、全面禁煙の店を選んで利用する。
  2. 歩きタバコなどタバコを吸っている人を見かけたらできるだけ遠ざかる。
  3. 家族にタバコを吸う人がいる場合、家に入るときは衣類を全てビニール袋に入れてタバコの臭いがしないようにする。
  4. どうしてもタバコを吸う場合は、灰皿の吸がらはすぐに捨て、灰皿は1回ごとに洗う。

空気清浄機はものによっては受動喫煙を阻止できない!?

空気清浄機は現在多種多様なものが市場にあふれていますが、なんと空気清浄機ではタバコからでる副流煙に含まれる有害物質を除去できないのです。

空気清浄機は主に粉塵状の物質を集めて除去してくれる優れものですが、タバコの煙のような気体状のものは除去できずに素通りされてしまうのです。

空気清浄機で除去できるのは主にニコチンとヒ素のみで、他の一酸化炭素やアセトアルデビドなどの有害なものは素通りされてしまっている可能性があるのです。

一度タバコの有害成分を除去できるか、受動喫煙を阻止できるかを、説明書を熟読したり、メーカーや家電量販店に問い合わせてみてもいいですね。

タバコの煙は子供にとって毒ガスです。その影響は数年経ってから必ず現れます。知らず知らずのうちに子供へのスモークハラスメントをしていないでしょうか?
キャラクター紹介
ページ上部に戻る