健康生活TOP 副鼻腔炎 副鼻腔炎には漢方が効く!体質ごとに選ぶ効果絶大な漢方薬はこれだ

副鼻腔炎には漢方が効く!体質ごとに選ぶ効果絶大な漢方薬はこれだ

漢方

鼻詰まりや頭痛、集中力の低下を引き起こし、炎症が悪化すれば鼻ポリープ(鼻たけ)ができることもある辛い副鼻腔炎には漢方がおすすめです。

漢方は症状の根本的な治療を目的とした体質改善を行います。副鼻腔炎を起こす人には、血行が悪かったり免疫力が低下していたりするなどの特徴があるので、関連する症状も改善してくれる漢方はぴったりです。

漢方の効果を上げるには体質に合うものを選ぶ必要があります。体質に合わないと効果を発揮しないどころか副作用を起こす可能性もあるので要注意です。この記事では漢方を使いたいけど、何を使えばいいのか分からないという人のために体質別のおすすめ漢方薬を紹介します。

自分に合った副鼻腔炎用漢方を選ぶ!体質別の漢方を紹介します

漢方は体力や体質によって処方される薬が変わります。これは同病異治、異病同治という漢方治療の特徴的な考え方です。同じ病気であっても患者の体力や体質に合わせることで異なる薬が処方され、違う病気であっても同じ薬が患者に処方されます。

体質によって処方が変わるのは漢方が体質改善を目的とした治療を行うためです。漢方は身体全体のバランスを整えて本来の治癒力を高めることで症状を改善していきます。そのため漢方による副鼻腔炎の治療を行うことで冷え性や肩こりなど関連する症状も治療できます。

あなたの体質はどれ?自分が虚証か実証か知ろう

使用する漢方を左右する体質は、簡単に説明すると体力がある、ない、普通かで決定します。

漢方を選ぶときのものさしを「証(しょう)」といいます。証には陰陽や寒熱などいろいろな種類がありますが、今回は最も使われている「虚実(きょじつ)」という指標から体質に合った漢方を紹介します。

体質 特徴
虚証 虚弱体質 胃腸が弱く寒がり
中間証 体力が普通 虚証と実証の中間
実証 体力がある 胃腸が強く暑がり

体力が普通の人におすすめの漢方

【辛夷清肺湯】
効能 副鼻腔炎、慢性鼻炎、鼻詰まり
副作用 胃の不快感、発疹
市販薬 ツムラ(チクナイン)
  • 特に急性副鼻腔炎に有効。
  • 副鼻腔炎に処方される一般的な漢方薬で症状が強い時にも処方される。
  • 鼻の粘膜に働きかけて膿の排出を促すとともに膿を抑える作用。
【小青竜湯】
効能 副鼻腔炎、鼻炎、風邪、花粉症
副作用 不眠、動悸
市販薬 ツムラ、クラシエ
  • 秋花粉や鼻風邪に効く。
  • 生薬に麻黄を含むので副作用に注意(麻黄は過剰摂取すると動悸や血圧上昇を引き起こすので、心臓疾患を持っている人や高血圧の人は服用しないでください)。
【荊芥連翹湯】
効能 副鼻腔炎、慢性鼻炎、慢性扁桃腺
副作用 肝機能の異常、吐き気
市販薬 ツムラ、クラシエ
  • 特に慢性副鼻腔炎に有効。
  • 副鼻腔炎に処方される一般的な漢方薬。
  • 膿を排出する作用。

虚弱体質の人におすすめの漢方

【麻黄附子細辛湯】
効能 副鼻腔炎、気管支炎
副作用 胃の不快感、舌のしびれ感
  • 熱はないが冷えを感じる場合の風邪やアレルギー性鼻炎に有効。
  • 身体を温める効果。
  • 虚弱体質向けの漢方ですが、麻黄を含むので少し注意して服用する。
【苓甘姜味辛夏仁湯】
効能 気管支炎、腎臓病、心臓衰弱
副作用 食欲不振、軽い吐き気
  • 麻黄を避けたい場合に服用する。
  • 春花粉や初期風邪に効く。
  • 麻黄の有無で小青竜湯と使い分けをされる漢方。

体力がある人におすすめの漢方

【葛根湯加川キュウ辛夷】
効能 副鼻腔炎、慢性鼻炎、鼻詰まり
副作用 イライラ感、不眠
市販薬 ツムラ、クラシエ
  • 特に急性副鼻腔炎に有効。
  • サラサラで透明からドロドロの黄色い鼻水に変わる頃に服用。
妊婦や高齢者は基本的に虚弱体質の漢方を服用します。

漢方の飲み方!効果を上げるのは食前・食間です

体質に合った漢方を見つけた次は漢方の効果を上げるための飲み方を紹介します。飲み方によっては漢方の効き目がかなり減ってしまうこともあるので、正しい飲み方をおさえておきましょう。

飲み方のポイントは2つあります。

  1. 食前か食間に飲む。
  2. 白湯や水で飲む。

食前は食事の30分前くらい、食間は食後の2時間くらいを目安にしてください。漢方は空腹時に服用することで、成分が身体に吸収されやすくなります。また一部の例外を除いて温めて飲む「温服」がすすめられています。

注意事項

  • 漢方薬の併用には注意してください。異なる漢方でも含まれる生薬が重複することが多いので過剰摂取の可能性があります。
  • 漢方薬と西洋薬を併用する際も副作用を起こす可能性があるので医師や薬剤師に相談してから服用してください。

子どもや妊婦は服用に注意!内服量と生薬に気を付ける

漢方薬は副作用が少ないのでこどもや妊婦にも安心して使えますが、医薬品なので副作用は存在します。西洋薬に比べれば副作用は少ないですが、用心するに越したことはありません。

子どもや妊婦は特に漢方を使用する際、専門家に相談する必要があります。

子どもに抗生物質を使いたくないから漢方を服用させたい、妊娠中は胎児への影響が心配だから漢方を服用したいという人のために漢方服用の際の注意点を紹介します。

子どもの漢方服用の注意点

  • 内服する量
  • 生薬に対するアレルギーの有無(生薬にはミカンや小麦など食品が使用されているものも多いのでアレルゲンに注意する)
妊婦・授乳婦の漢方服用の注意点

  • 妊娠中は虚証タイプの漢方を服用
  • 禁忌、慎重投与に指定されている漢方や生薬があるので注意

禁忌とされているもので、漢方に含まれていることの多い生薬が麻黄や大黄です。

麻黄  胎盤への血流を悪くします。
大黄  子宮収縮の作用があります。

(公益社団法人福岡県薬剤師会「妊婦への投与に注意が必要な漢方薬」より)

その他、漢方服用の際に注意が必要な人

子どもや妊婦以外にも高齢者や胃腸の弱い人、治療中の人は漢方の服用に注意が必要です。自己判断せずに専門家に相談してから漢方を使うようにしてください。

高齢者
高齢の人は副作用がでやすいと言われています。肝機能や腎機能が低下している場合もあるので、漢方薬は医師に処方してもらいましょう。特に葛根湯や小青竜湯など「麻黄」を含むものには注意です。
胃腸が弱い人
漢方は基本的には食前や食間の空腹時に服用しますが、胃に負担がかかる恐れがあるので胃腸の弱い人は食後に服用してください。
治療中の人
腎臓病や肝臓病、高血圧などの治療を受けている人は医師に相談してから漢方を服用するようにしてください。

漢方は病院や薬局で入手!通販や海外で購入したものは要注意

漢方は入手先も重要です。通販や海外で購入したものには効果がなかったり、有害な不純物が混ざっていたなどの問題が起こっています。また漢方は複数の生薬(しょうやく)で構成されていますが、その生薬の質が悪ければあまり効果を発揮できません。

安全で品質のいい漢方を手に入れるには

  • 病院や調剤薬局
  • 漢方を専門とする薬局やドラッグストア

がおすすめです。

生薬は自然の植物や貝殻、鉱物など漢方の材料となるもので、それぞれが効果や効能を持っています。漢方は複数の生薬を組み合わせて作られています。

漢方は保険が適用される!西洋薬よりも医療費が安くすむ

日本では現在148種類の漢方エキス製剤と200種類の生薬が健康保険の対象となっています。エキス製剤とは生薬を煎じて抽出したエキスを濃縮したものです。

漢方は高いという声をよく聞きますが、保険を適用させれば西洋薬よりも漢方の方が安いというケースが多いです。体質改善を目的とした漢方治療は関連する症状も治すことができます。

なかでも高齢者はさまざまな症状を抱えているので、ひとつひとつの症状にしか効き目がない西洋薬よりもひとつの処方で多くの効能を持つ漢方は有効といえます。医療経済に関する研究では”西洋薬よりも漢方を服用した方が医療費が安い”という結果が報告されています。

医療機関の一部では漢方治療を自費診療としているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

副鼻腔炎治療のためには体質に合った漢方を服用する

鼻水が止まらない、顔に痛みがある、一日中ぼーっとしてしまう…など、副鼻腔炎の症状に悩んでいる人は体質にあった漢方で症状をすっきりと改善しましょう。

数年間、副鼻腔炎の治療をしても治らなかった人が漢方治療をすることで症状が改善したという声はよく聞きます。それは漢方が体質改善をして、副鼻腔炎が慢性化しない身体を作り上げてくれるからです。

自然由来である漢方治療の効果は高いですが、服用する際は医師や薬剤師などの専門家に相談するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る