健康生活TOP 靴擦れ ジュクジュク、痛い!水泡靴擦れの正しい処置方法と靴擦れ予防法

ジュクジュク、痛い!水泡靴擦れの正しい処置方法と靴擦れ予防法

shutterstock_209092882

新しい靴を買って、おろしたての靴を履く…。なかなか心躍るものがありますよね。なんだかそれだけで幸せな気分になります。

そんな時、冷水を浴びせるような困った事態が起きることが少なくありません。

それは、靴擦れ!皆さんも靴擦れの経験ってお持ちですよね。ただ単に、当たりがきつい程度であればまだ良いのですが、最も困るのは水泡ができてしまった時。

水泡ができた靴擦れは、どのように処置をしたら良いのでしょうか?ここでは、靴擦れの対処法と予防方法についてお伝えします。

靴擦れができるのはなぜ?

そもそも、靴擦れができるのはなぜなのでしょうか?

原因は大きくふたつ!

  • 足にあるケース
  • 靴にあるケース

靴擦れを予防するのであれば、その原因はハッキリさせておくべきなのは言うまでもありませんね。さっそくチェックしてみましょう。

足が原因の靴擦れ

靴擦れの原因が足にあるケースというのは、外反母趾や内反母趾などのように、足の骨に不自然な形で出っ張りができてしまうことなどを例としてあげられます。

このような出っ張りがあれば、どんな靴を履いたとしても靴擦れができてしまうでしょう。また、怪我や何かしらの疾患で不自然な形状になってしまうこともあります。

多くの人の足というのは、左右の足の大きさはほぼ同じになっているはずです。しかし、先のような左右の足の大きさが違っていたり、標準的な足の規格から外れてしまったりしている方は、靴擦れをおこしてしまう可能性はどうしても大きくなってしまうでしょう。

靴が原因の靴擦れ

靴擦れの原因が靴にあるケースというのは、足の形状やサイズに合わない靴を無理やり履くことにより起こるものです。

また、ファッション優先で踵の高い靴を履くことで、靴擦れができてしまうこともあります。

さらに言えば、靴の材質が問題の場合もあります。

例えば厚底の靴を履いていると、靴の底には弾力性がないために足の動きに靴がついていくことができません。そうすると、踵の部分が擦れて靴擦れができやすくなってしまうのです。

靴の形状の問題は外観だけではなく、内部の構造が問題の場合もあります。踵の内部のデザインが足と合っていないようなケースでは、やはり靴擦れの原因になってしまうのです。

他にもある靴擦れの原因

実は靴擦れの原因は、上記で述べている足と靴の問題だけではありません。

歩くときの姿勢が悪いと靴擦れができてしまいます。
また、真夏に靴の中が汗で蒸れてしまって、足と靴の抵抗が大きくなって擦れることで靴擦れができてしまうこともあります。

靴擦れの治療方法とは?

靴擦れができて現れる典型的な症状は、水ぶくれと皮がめくれてしまうことです。水ぶくれとは、要するに水泡のことです。これは、皮膚の表皮の中や表皮の下に透明な水分が溜まることで膨らんだ状態です。

溜まっている水分は水ではなく、血清やタンパク質が含まれている体液です。時折、この水泡を潰してしまう方がいますが、このような行為は傷を治りにくくすることになります。

処置しないとどうなる…?

靴擦れができたままの状態で無理に歩いてしまいますと、酷い姿勢で歩くことになりますので、足や腰に余計な負担がかかることになります。その結果、足の筋や腰を痛めてしまうことがあります。

靴擦れを放置して無理に歩くのは止めましょう。靴擦れは速やかに処置すべきものです。そもそも靴擦れは処置をしなければ痛くて歩けませんよね。

靴擦れの治療に最適な温潤療法

単に靴擦れと言っても、その症状には程度というものがあります。もしかなり酷い状態であれば、皮膚科に行って専門の治療を受けたほうがよい場合もあります。ただ、一般的な治療方法としては、絆創膏などによる処置になるでしょう。

今現在、靴擦れに対して最も効果が高いと言われている治療方法は湿潤療法です

温潤療法はモイストヒーリングとも呼ばれていて、バンドエイドのキズパワーパッドが有名ですね。

SnapCrab_NoName_2015-5-22_17-19-42_No-00

靴擦れができた傷口からは、滲出液(しんしゅつえき)と呼ばれる体液が滲み出てきますが、この体液を乾燥しないようにキズパワーパッドを傷口に貼ることで回復の促進を図ることになります。

このようにして、かさぶたを作らずに治療するのがモイストヒーリングなんです。

傷口からにじみ出てくる浸出液には、細胞の再生であるとか、あるいは成長を促進する働きのある成分が含まれております。この浸出液を有効に利用した治療方法が、モイストヒーリングなのです。

靴擦れに対して、モイストヒーリングによる治療を行うことで多くの場合、2~3日である程度までは治すことができます。

モイストヒーリングの効果は数限りなく行なわれた臨床実験の結果、靴擦れだけにとどまらず、傷跡が残りにくいことと、治りが早いことが実証されているのです。

靴擦れは治すより予防すべし!

今の時代、いくら良い治療方法があるからといって、やはり靴擦れができれば痛みを伴うわけですから、予防するに越したことはないですね。

そもそも靴擦れは新しい靴を履く時に起こりやすいわけなので、状況を想定することができるはずです。

靴擦れができないように予防するためには、どのような方法があるのでしょうか?

新しい靴の正しい選び方

shutterstock_96350180
わかりきったことですが、自身の足に合った、歩きやすい靴を選ぶべきです。

どのように靴を選ぶのかと言えば、足のサイズがマッチしていること、素材が軽いこと、実際に履いて歩いてみて歩きやすいことなどに注意することが大切です。

ただ、現実的には自分の足にしっかりとフィットして履きやすく、そして歩きやすい靴を既製品で見つけるのは難しいと思います。

靴擦れ防止グッズを使ってみる

オーダーメイドの靴ならばともかくとして、既製品の中から自分の足にしっかりと合った靴を見つけるのは難しいでしょう。そんな時は、靴擦れ防止グッズを使ってみるのも一つの方法になります。

市販品の靴擦れ防止グッズとして最もよく見かけるのは、靴内部の踵部分に貼り付けることで、摩擦抵抗を減少させるタイプのものです。

透明なシール状のものと、柔軟な素材で低反発フォームとなっているピロータイプのものがあります。

金額的に千円を超えることはありませんし、種類もいろいろあります。また、通販などでも販売されていますので、一度、アマゾンや楽天などの通販サイトを見てみてくださいね。

靴の中で足がズレて動いてしまうと靴擦れの原因になります。そんな時は、滑りにくい中敷きを入れるという方法もあります。

靴擦れ対策:革靴へのお手入れ

履物には色々な素材で出来ているものがありますが、もし新品の革靴を履くということであれば、使い始める前にお手入れグッズを使って靴を馴染ませるという方法があります。

靴のお手入れグッズには、スプレー式、オイル状、クリーム状と言った具合に色々ありますのでご自身で使いやすいものを選んでください。

これらのものを使って、足への当たりがキツそうなところを丁寧に塗り込むことで、かなり素材を柔らかくすることができます。相手は革靴ですから、一度や二度では効果はないと思いますが、繰り返し行うことで次第に馴染んでくるはずです。

革靴のお手入れは、根気よく実行することです。

その他の靴擦れ防止対策

前述したように、色々と手間の必要な靴擦れ対策を説明してきましたが、かなり安易と言えるような方法もありますので、それもご紹介しておきたいと思います。

これは、昔から行なわれている方法になりますが、靴擦れができると予想される場所に絆創膏を貼ることで防止するというものです。単純な方法になりますが、実に効果的な方法でもあります。

靴擦れをおこしていないのに絆創膏を貼ることと、見た目的な面では抵抗があるかもしれませんが…。

また、靴下の重ね履きという方法も有効です。靴下は厚いほうがクッション性が上がりますので、より防止の効果を期待できます。

靴擦れ予防は事前の対策が大切

靴擦れの治療にあたっては、モイストヒーリングという非常に効果の高い方法がありますが、だからと言って靴擦れの痛みは今も昔も変わりません。痛い思いなんて誰だってしたくないはずですよね。

本来靴擦れというアクシデントは、新しい靴を履くというようなある程度予想ができる事態のはずですので、事前に対策が可能なものです。

面倒くさがらずに、しっかりと予防しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る