健康生活TOP 冷え性 暑さ対策が夏の冷え性の原因に…意識したい体を冷しすぎない方法

暑さ対策が夏の冷え性の原因に…意識したい体を冷しすぎない方法

shutterstock_967980372

暑い夏を乗り切るために、様々な対策をしますね。クーラーをかけて、素足にサンダル、タンクトップ。夏の楽しみとして、冷たいジュースにアイスやシャーベット、フローズンドリンク。

これで夏を快適に過ごせる、と考えていたら、ちょっと待って。深刻な冷え性になり、かえって夏バテになってしまうかもしれません!実は、夏は冷え性になりやすいんです。

体に余分な熱が溜まってしまうことによって熱中症になりますが、体が冷え過ぎてしまうことも良くありません。冷え性になると体のバランスが崩れ、熱中症にもなりやすくなってしまいます。

夏に陥りがちな冷えサイクルにならないように、正しい対策をしましょう!

夏の冷え性にご注意!あなたの暑さ対策がまさかの冷え性の原因に・・・

暑いのになぜ冷え性に?夏に冷え性になる原因は様々あります。

薄着

夏は薄着になりますが、本来冷やしてはいけない所も冷やしてしまいがちになります。薄着なのでエアコンによって冷え過ぎてしまうこともあります。

夏の体

夏は本来、体が熱を外に逃すように働いています。そこにエアコンによって体が冷やされると、より冷えやすくなってしまうのです。

冷房

クールビズと言われ、冷房をきかせ過ぎないようになってきましたが、お店などではどうしても冷房が効きすぎてしまう所もあります。お店やオフィスなど自分で温度の調整できない場面って結構ありますよね。

感じる暑さ、寒さは、筋肉量や代謝、脂肪の量、活動などによっても異なるので、人によって差があります。他の人は冷えない温度でも、自分は冷える、ということもあるのです。

また同じ室内でも、冷房が効きやすい所と効きにくい所があったり、直接風に当たってしまう場所もありますので、冷房のコントロールはなかなか難しい点もあります。

室内と外気の温度差が激しく、そうした環境を行ったり来たりを繰り返すと、体の温度調節機能が狂ってしまい、自律神経が上手く働かなくなり、冷え性になりやすくなります。

食べ物

冷やし中華やそうめん、ざる蕎麦などの冷たい食事や、冷たい飲み物やデザートなど、冷たい物を摂取する機会が多いので、内臓が冷えてしまうという問題もあります。

内臓は体の表面のように、汗をかいたりなどの温度調節機能はありませんから、冷えのダメージを受けやすくなります。

またさっぱりした物ばかり食べることで、栄養バランスが崩れ、体を温める栄養分を摂れていない、ということもあります。

内臓が冷えることによって胃腸の調子が悪くなり、さっぱりした物ばかり食べ、さらに冷える、という悪循環に陥ってしまうこともあります。

夏の冷え性をあなどるな!熱中症など様々な不調につながる

冷え性になると自律神経の働きが悪くなります。体を暑さに対応させる能力が落ちてしまうので、結果として熱中症にもなりやすくなります。

また冷えることで体の免疫力も落ちますので、夏風邪をひいたり、夏バテにもなりやすくなります。さらに、血流も悪くなるので、

  • なかなか疲れが取れない
  • 下痢や便秘になる
  • 睡眠障害
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 食欲不振
  • 肌荒れ

など、様々な体の不調につながります。ほんと、良くないことばかりですね。

夏に冷え性になってしまうと、秋にも不調が続き秋バテになってしまうこともありますので、体の不調を長引かせないためにも夏の冷え性にならないようにしましょう。

このように意外と体を冷やすことが多い夏。効果的に体を温め、自律神経を整え、熱中症にもなりにくい体にしましょう。

体を温めよう!温める場所は首・お腹・足首の3つ

shutterstock_1057054552

夏でも冷やさないほうが良い体の部位は、首、お腹、足首、の3点です。暑い外では、熱中症の危険があるのでもちろん温めなくても良いですが、冷房の効いた室内に入る時は、ここが冷えないように注意しましょう。

(熱中症になった時は、首筋、脇の下、足の付け根を冷やすと、太い血管が体の表面に通っているため効率良く体の熱を冷ますことができます)

  • 首:スカーフやショールを巻く
  • お腹:腰まで覆うショーツや肌着、腹巻きなどを着る
  • 足首:靴下(出来ればハイソックス)、レッグウォーマーなどを用意する

などが効果的です。外でお腹や足を覆うのは嫌、という場合は膝掛けなどを用意して、オフィスではお腹と足元を覆う、ということも出来ますね。

最近はブーツとサンダルを合体させたような靴が出ています。足先は開いてるけど足首は覆っている、というものです。ファッションを楽しみつつ夏の冷え対策としては良いかもしれませんね。

着脱できるものを用意

暑い外と、冷えた室内との温度差をなるべく少なくするため、また冷房で冷えないために、カーディガンやスカーフ、ショールなど着脱の出来る物を用意しましょう。

上着は暑い外でも着たままだと熱中症になったり、また汗をかいて冷房の下で冷えてしまい風邪を引きかねませんので、簡単に着脱できる物がオススメです。また汗はこまめに拭きましょう。

ショールは外では日差しよけにもなり、室内では冷え防止にもなりますので、あると便利です。汗を吸ってくれる素材を選べば不快感もなく、汗疹(あせも)も予防できます。

締め付けすぎないものにしよう

きつい下着やGパン、ベルトをきつく締めることなどは血流を悪くし冷えを起こしやすくしますので、肌着や洋服は締め付けるものではなく、緩めのものを身に付けましょう。

冷えを感じたらぜひ押してみて!冷え性に効くツボ6つ

体を温める効果や冷え性に効果があるとされるツボです。これも首、お腹、足にあります。冷えたな、と感じた時、試してみるのはいかがでしょうか。

三陰交(さんいんこう)

足の内側のくるぶしの頂点より指4本分上、骨と筋肉の境目にあります。ここを押したり、温めると血行が良くなり、冷え性に効果的です。息を吐きながら、深く、ゆっくりと押してください。

至陰(しいん)

足の小指の爪の、外側の付け根にあります。冷え性になると内臓の働きが弱まりますが、腎臓の働きを活発にし、免疫力アップにつながると言われています。

大谿(たいけい)

足の内側のくるぶしからアキレス腱の間のくぼみにあります。ここも冷え性に効果的とされています。

湧泉(ゆうせん)

いわゆる”冷えのぼせ”、上半身に血流が集まってほてり、下半身が冷えている状態に効くというツボです。

足の裏の真ん中より指先側へ、左右の肉のふくらみの人の字になっている交差部分にあります。くぼみになっているところを押します。

中極(ちゅうきょく)

おへそから指4本分下にあります。ここを冷やさないようにしましょう。冷房の効いた部屋に長く居ることが分かっている場合、カイロをこの辺りのお腹に貼るのも冷え性に効果的です。

大椎(だいつい)

自律神経のバランスを整えるとされています。自律神経は汗腺のコントロールにも関係しています。

場所は首の後ろ、頭を下げたときに出る骨の突起の下のくぼみにあります。首を冷やさないようにしましょう。シャワーやドライヤーでここを温めても良いです。

歩くだけでもOK!血流を促すために運動をしよう

運動することで筋肉が付くと、筋肉が熱を発するので体が冷えにくくなります。また筋肉は血液を流すポンプの役割も果たしますので、血流を良くすることによって冷え性に効果があります。

血流が良くなると、体に熱が溜まった時に体を血流によって冷やそうとする機能もうまく働きますので、熱中症予防にも効果的なんです。

激しい運動でなくても、ウォーキングでも大丈夫です。日頃からなるべく歩くように心掛けることが出来れば、効果がありますよ。

簡単でしかも気持ちいい!いろいろな部位の血流を良くするストレッチ

shutterstock_1874598382

冷え性改善のために血流を良くするのに効果的な、簡単ストレッチをご紹介します。

指先の血流を良くする

  • 両手の指の第一関節辺りを交差させて組む
  • そのまま手を内側に丸めるように閉じる

指に程よい圧迫が加わるように行なってください。

足先の血流を良くする

  • 片足をもう片足の膝にのせる
  • 足の甲と反対側に足の指を5秒曲げ、パッと離す
  • 片側も同様にして、1分間ほど繰り返す

これは足先の血流だけでなく、手の指先の血流を良くするのにも良いようです。

足の血流を良くする

  • 足を肩幅に広げて立つ
  • ゆっくりかかとの上げ下げを行なう

10回くらい繰り返すと血流が良くなり、温かくなって来ますよ。これは暑い時に立ちっぱなしでいる時に起きる、熱貧血の予防にもなります。

座ったままできる足のストレッチもあります。

  • 椅子に深く腰掛ける
  • 背筋を伸ばし、片膝を曲げてお尻の下に敷く
  • これを交互に行なう

腰、お尻の血流を良くする

  • 片足をもう片足の太ももに乗せる
  • 片手で載せた方の足首を持ち、もう片手で乗せている足の膝を下に押す

体の芯を温める

  • 椅子に座った状態で、息をお腹に溜めるように吸う
  • 息を吐きながら上半身を片側にひねり、後ろを向く
  • もう反対側にも同じようにする

冷たいものを摂りすぎないで!体を温めるものを必ず食事に取り入れて

0320036

夏は冷たい物が欲しくなりますし、熱を冷ますのに効果的なのですが、それはほどほどにしましょう。いつも冷たい物ばかりだと内臓が冷えて様々な不調の原因となります。

毎度の食事で1つは温かい物を取り入れましょう。スープやお茶、温かいご飯やおかずを1品は入れましょう。暑い時や運動した時などは冷たい物を飲むのも良いですが、いつも冷たい物ばかりにならないようにして、なるべく常温の物や温かい飲み物も飲むようにしましょう。

食べ物は大切な働きをしています。バランス良く食べて、体の中から夏バテを防止しましょう!

ビタミン

ビタミンBは代謝に必要な栄養素です。肉や魚といった動物性食品に多く含まれています。代謝によって体は熱を出し、エネルギーを作りますから夏バテ防止にも大切です。

  • 豚肉
  • マグロ
  • カツオ
  • サンマ
  • 鳥ササミ
  • ナッツ類

などに多く含まれています。

ビタミンCは鉄の吸収を促進し、貧血予防に効果があります。不足すると毛細血管が弱くなり、損傷しやすくなります。末梢まで血の巡りを良くするために大切です。

ビタミンCは感染、激しい運動、ストレスなどによって消費されるので、そうした時は摂取する必要量が増えます。またアルコールや喫煙によっても消費されます。意識して不足しないように注意しましょう。

野菜や果物に豊富に含まれています。水に溶けやすく、熱にも弱いので、手早く調理しましょう。多くても尿から排出されるので、過剰摂取の心配はありません。

ビタミンEは末梢血管を広げて血行を良くします。ナッツ類や植物油、アボガドなどに多く含まれています。

タンパク質

タンパク質は代謝によって熱を出します。体を温めるためにはタンパク質は欠かせません。必須アミノ酸を含む良性のタンパク質を摂ることが大切です。大豆製品、乳製品、肉類、魚類を食べましょう。

陽性の食べ物

文字通り温かい物、また大まかに言って土の中にある根菜類、水の中の魚類、北国の果物などが体を温める陽性の食べ物と言われます。

生姜、ネギ、シナモンといった薬味も体を温めるので沢山摂りましょう。サンショウ、コショウ、ワサビ、といった調味料も積極的に使います。

コーヒーは体を冷やし、紅茶は温めると言われます。温かい紅茶、またカモミールティーなどのハーブティーも良いですね。

お酒はビール、ウィスキー、白ワインより日本酒、赤ワインと言われます。冷たいビールを飲んだら、2杯目からは赤ワインや日本酒の熱燗にするというのはいかがでしょうか。

陰性の食べ物はほどほどに・・・

shutterstock_624309042

逆に陰性の食べ物は体を冷やす作用があると言われています。文字通り冷えている物、南国の食べ物、夏の野菜や果物などがそうです。

体に溜まった熱を冷ますのに良いですが、そればかりに偏らないようにしましょう。

冷房をつける環境なら気を付けて!注意したい使い方

温度設定が自分で出来るなら、外気との温度差があまり大きくないようにしましょう。可能なら温度差は5℃以内が良いです。設定温度は24℃から28℃の間にします。

冷房でなるべく冷やしすぎないようにする事は大事ですが、室内でも温度にムラができてしまいがちです。設定温度だけでなく、空気の循環も意識しましょう。冷たい空気は足下に溜まりがちなので、扇風機などをうまく用いて循環させましょう。

寝るとき、寝付きを良くするためにエアコンで温度を下げるのは良いですが、一晩中つけっぱなしは冷えの原因になります。寝るとそもそも体は体温が下がるので、一晩中つける必要もそんなにありません。

寝るときに切るか、タイマーをセットして、寝て数時間後には切れるようにしましょう。冷房の風が直接体にあたらないようにしてください。出来れば冷房より除湿が良いですね。

夏こそ入浴が大事です!体を冷えさせない効果的な入浴方法

shutterstock_950437422

毎日は無理でも、週に何度か湯船に浸かって体を温めましょう。夏向きの、爽快感のある入浴剤などもありますよ。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かると体を芯から温め、リラックス効果もあります。38℃前後が良いでしょう。または、41℃程のお湯に5分位浸かるのも良いそうです。

熱いお湯に入ると、一時的に体は温まりますが、体は熱を発散しようとし、逆に体を冷やしてしまうので、冷え性には効果的ではありません。また夏はそんなに熱いお湯に入りたくないですよね。

なので夏の冷え性対策としては、42℃以上は交感神経が働いてしまうのでやめておきましょう。

半身浴

半身浴も体を芯から温める効果があります。38℃から40℃位のぬるめのお湯に胸より下まで浸かり、20分から30分ほどゆっくり浸かる方法です。上半身から汗が蒸発し、血流が良くなり、体がじんわりと温まってきます。

ただ、肩などが浸かり始めは冷えたりしますので、上半身が温まるまで乾いたタオルなどを肩にかけると冷え防止に良いです。濡れたタオルだと冷めてかえって冷えてしまいますので、乾いている方が良いです。

足浴

冷え性には足浴も効果的です。体の末端を温め、血流が良くなります。湯船に浸かりたくない、という時や疲れている、という時も足浴は気軽にできるので良いですね。

体への負担も少なく、気持ちよく、リラックス効果もあります。温めるのと、水につけるのと交互にすることも血流を良くするのに効果的です。

寝るときはお腹と足をしっかり覆って冷えないようにしよう

お腹や足を冷やさないようにしましょう。上掛けはタオルケットなど涼しいもので良いですが、お腹と足は覆うようにしましょう。

はだけてしまうようなら、腹巻や靴下、レッグウォーマー、フットカバー、サポーターなどを履くのも良いですね。ただし、あまり締め付けない物にしてくださいね。

冷えを防ぐ意識が大事!すこしの意識であなたも冷え知らず

生活リズムが乱れると、自律神経のバランスも乱れてきます。あまり夜更かしをしないようにし、なるべく規則正しく生活しましょう。

ちょっとした意識で、夏の冷えを防ぐことができます。でも、分かっていてもついつい、ということってよくありますよね。

冷え性対策は前もって準備しておく必要があったり、日頃から心掛ける必要があるので、意識しないとつい冷えてしまいがちです。冷え過ぎないようにしよう!と決意するところから、対策は始まるのかもしれません。

体の冷えを意識して生活し、温めるべき所を温め、冷やしすぎないようにしながら、夏バテにならずに元気に夏を過ごしたいですね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る