健康生活TOP 冷え性 冷え性改善に効果がある意外な食べ物10で手足の冷え知らずの体に

冷え性改善に効果がある意外な食べ物10で手足の冷え知らずの体に

shutterstock_1179964812

つらい冷え性に悩まされている女性も多いのではないでしょうか。一番つらい時期は冷え込む真冬ですが、中には夏場に冷えを感じる方もいるそうです。

そんな冷え性改善の為に重要な要素となるのが”食”です。今回は冷え性に効果が期待できる意外な食べ物を紹介していきます。これらを積極的に食生活に取り入れることで、体質から改善してみましょう!

冷え性に効く!体質をかえてくれる食べ物

冷え症に効果が期待できる食べ物と言うと生姜や辛いものをイメージする方が多いと思います。今回はそれ以外にも、勧めの食べ物を紹介していきます。

知ってるよ~というものから、えっ!意外!というものまで、じっくり見て行ってくださいね。

ごま油

shutterstock_2669499832

冷え性改善の為には適度な油類が必要です。ダイエットなどでしばらくノンオイル生活を続けていると、体がなかなか温まらなかったり肌がかさかさになるというような弊害が出てきます。油類を一切カットしてしまうことは健康面にも美容面にも良くないのです。

特にお勧めしたいのはごま油です。ごま油は血液をサラサラにする効果があるので能率よく体を温める手助けとなってくれます。今使っているサラダ油をごま油に変えてみましょう。ごま油はそのまま豆腐や味噌汁にかけても美味しくいただけます。

雑穀

shutterstock_2633464792

雑穀というとダイエットや健康食のイメージが強いと思います。むしろ体が冷えてしまいそうな印象すらありますが、実はあわ・きび・ひえなどの雑穀は能率的に体を温めてくれる効果が期待できます。中でもお勧めなのがひえです。

一番簡単な調理法はご飯に混ぜて炊いてしまうことです。これで能率よく違和感なく毎日の食事に取り入れることができます。雑穀ミックスはスーパー等でも売っていて気軽に購入することができますよ。便秘解消や美肌にも効果が期待できます。

梅干

shutterstock_2504253222

少し意外かもしれませんが梅干にも冷え性改善効果が期待できます。これは梅干に血流改善効果がある為です。全身の血の巡りを良くして体を温めてくれます。抗菌効果や胃腸の調子を整える効果も期待できるので積極的に取り入れていきましょう。

お勧めの調理法は「梅干の黒焼き」と「梅干湯」です。梅干の黒焼きとは、土鍋や七輪等で梅干の表面を黒くなるまで焦がしたものです。ペースト状にして保存することもでき便利です。梅干湯は潰した梅干にお湯を注ぐだけのシンプルなものです。

唐辛子

shutterstock_2554799982

唐辛子にはカプサイシンが含まれますが、料理では辛味のスパイスとして使われる成分です。カプサイシンは中枢神経を刺激し、体温を上昇させるよう働きかけます。脂肪分解を助けるアドレナリンも活発に分泌されるので、ダイエットにも取り入れられますし、女性には嬉しい食べ物ですよね。

唐辛子は乾燥タイプで袋売りされているものが入手しやすいですが、あらかじめ輪切りにされているものだと辛味が強いので、料理で使う時は少量から慎重に入れるようにしましょう。唐辛子は甘みのある料理と相性がいいので、煮物や肉料理に添えるとお手軽です。

にんにく

10322

日本より寒さが厳しい環境の韓国では、にんにくの消費量が日本の数十倍にもなるそうです。にんにくは血圧を上昇させるノルアドレナリンの分泌を促進させ、抹消血管の拡張作用があります。冷え性対策にもってこいの食べ物ですね。

にんにくは生も乾燥も入手しやすいですが、口臭を気にして敬遠されがちです。にんにく独特のいや~な臭いを抑えるには、

  • 事前に牛乳に浸す
  • すり下ろしたりんごと混ぜる

といった方法もありますが、たんぱく質と一緒に摂取すると口臭を抑える効果があるので、肉料理と特に相性が良いと言えます。肉のうまみ成分も増すので、肉料理をする時はぜひ使いたいですね。

生姜

f0a0f7cd8c5ff150835a6192e81e526f_l

生姜は冷え性に効果がある食べ物として広く知られています。ですが、熱を加えることで冷え性の有効成分・ショウガオールがパワーアップすることを知っている人は少ないかもしれません。

昨今の生姜ブームのおかげで、粉末状にパッケージされた使いやすい商品が入手しやすくなっていますが、ショウガオールは乾燥させることでも増えるので、積極的に取り入れてみましょう。

生姜湯や紅茶、煮物といった料理に混ぜるだけなのでカンタンですが、一度に大量入れてしまうと発汗が多量になり、逆に冷えてしまいかねません。少量を一日数回にわけて摂取するのがポイントです。

生姜の正しい使い方についてなどはこの記事でも詳しく紹介されています。
生姜は体を冷やす?覚えておこう冷え性改善のための正しい利用法

根菜類

shutterstock_1775713942

土の中に育つ野菜は根のものと呼ばれ、古来から重用されてきました。土の栄養をそのまま根にたくわえる根菜は、冷え性にも効果が認められています。代表的な根菜には次のものがあります。

  • ごぼう
  • 人参
  • 大根
  • ねぎ
  • れんこん
  • こんにゃく

いずれも煮物に向いていますしヘルシーです。ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるので、ダイエット中の女性は特に積極的に取りましょう。ポトフのように味付けするだけで済む料理もおいしく食べられます。

肉類

shutterstock_1324935352

体が熱を作るのには良質なたんぱく質が必要です。そこでお勧めしたいのが赤身の肉です。赤身肉は高たんぱく・低脂肪でまさに冷え性改善に理想的な食品となっています。一時期ダイエットや冷え性に良いということでラム肉(羊肉)がブームになったのも記憶に新しいです。

羊肉は手に入りにくいのでお勧めなのはどこでも購入できる鶏肉や豚肉です。低カロリーな鶏胸肉、豚の赤身部分や同じくレバーが最適です。もちろん肉類の食べすぎは厳禁です。適量を守り毎日の食事に取り入れていきましょう。

赤ワイン

shutterstock_2272695402

アルコールには血流促進の効果があります。中でもポリフェノールが含まれた赤ワインは冷え性改善に大きな期待ができます。ポリフェノールには抗酸化作用があるので冷え症改善や美肌に一定の効果が期待できることが分かっています。

冬にお勧めしたいのがホットワインです。常温でも良いのですが軽く加熱することでより冷え性に効果が期待できます。方法は耐熱カップにワインを入れてレンジで適温まで加熱するだけです。美味しくて体も温まり一石二鳥ですね。

良質な塩と砂糖

0210164

塩分と糖分の取りすぎは健康に悪いイメージがありますが、いずれも体には欠かせない成分です。

良質な塩と砂糖は体の血液体液の循環を助ける働きがあるので、冷え性予防として温かいみそ汁や紅茶・コーヒー・生姜湯を飲む時は、

  • 塩なら岩塩
  • 砂糖なら黒砂糖・サトウキビ砂糖・蜂蜜

といった自然に近いものを選ぶようにしましょう。

冷え性に効くという言い伝え

おばあちゃんがいる人は、子どもの頃、「体にいいから、○○は残さず食べるようにね」と言われた経験があると思います。いわゆるおばあちゃんの知恵袋と呼ばれるものは迷信めいて聞こえるものもありますが、実は年配者の知識の多くが、東洋医学に裏打ちされた根拠を持っています。

東洋医学の考えのひとつとして、「医食同源」がうたわれます。医食同源は厳密には東洋医学の言葉ではないとされていますが、中国式の食養は人間の持つ自然治癒力をアップする概念に基づくもので、東洋医学に通じています。

東洋医学では漢方治療の一環としても食餌療養が取り入れられていますが、体内の血液、体液のめぐりを改善し、冷えを予防する食べ物があります。

漢方薬を積極的に利用する人もいますが、食べ物ならさらに日常生活に取り入れやすいですよね。

冷え性はなぜ女性に多いの?女性の冷え性の原因

shutterstock_967980372

冷え性を感じている方の多くは女性で、男女比は1:5だともいわれています。ではどうしてここまで女性に頻発するのでしょうか。考えられている理由として、

  • 男性に比べて筋肉量が少ない
  • 女性ホルモンの影響
  • 女性特有の体の構造
  • 過度の、または間違ったダイエットによるもの
  • 薄着や流行を意識した服装

などがあげられます。

筋肉は熱を作り出す重要な役割を担っています。女性の場合はどうしても男性より筋肉量が少ないので冷えを感じやすいというわけです。また子宮や卵巣など女性特有の臓器は血流が滞りやすく、これも冷えの一因と言われています。

また若い女性に多いのは過度なダイエットや薄着で冷えを起しているケースです。しっかりと栄養が摂れていない状態だと体は熱を作り出すことができません。美やファッションも重要ですが冷え症になってしまっては本末転倒です!

他、

  • 運動不足
  • 喫煙・飲酒
  • 睡眠不足が続いている
  • 不規則な生活・昼夜逆転の生活
  • ストレスや疲労を強く感じる
  • 偏った食生活
  • 日中冷暖房のきいた場所で過ごす
  • 冷たい食べ物や飲み物をよく摂る
  • 甘い物が好き

といったことも冷え性の原因になってしまいます。あなた自身を振り返ってみていかがですか?今回は食事で冷え性を改善しよう!という紹介ですが、他の要因もできるだけ無くしていきましょうね。

この冷え性、たがが冷え性と放置しておくのは望ましくありません。冷えはつらいだけでなく、万病の元と言われているからです。

特に女性の場合は、子宮に影響が出る心配があり、月経痛や生理不順を起こしてしまう心配があります。長期的な目で見ると子宮の病気、不妊に繋がる可能性もあるので、早期の改善が必要なのです。

冷え性改善の為に、この記事で紹介した食材を積極的に取り入れていきましょう。もちろん食べ物以外の対策を忘れないようにしましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る