健康生活TOP リウマチ リウマチによく効く薬は注射薬だが飲み薬だけの治療も開発中

リウマチによく効く薬は注射薬だが飲み薬だけの治療も開発中

飲み薬と注射薬

関節リウマチは、起床時の手のこわばりを初期症状として始まる、炎症を伴う自己免疫性の病気です。自己免疫性の病気と言えば膠原病が有名ですが、実は全身性エリトマトーデスだけでなく、関節リウマチも膠原病の一つなのです。

症状が進んでしまうと関節の変形をもたらし、日常生活に支障をきたす厄介な病気で、現段階では完治することもできません。

しかし、治療方法の進歩のおかげで、薬をやめても症状が進まないという寛解状態まで治療できると言うレベルは、もうすぐ目前に迫っているようです。

患者数の割に意外と正しく認識されていない関節リウマチ

関節リウマチと言う病気は、多くの人が名前は知っているけれど、年配者に多い関節が痛む病気ぐらいの認識しかないのが実態じゃないかと思います。

身近な人に患者さんがいれば、それなりに正確なことがわかるのですが、そうでない場合「おばあちゃんの病気」という認識である場合も少なくありません。

関節リウマチは中年期の女性に初発することが多い病気

中年とひとくくりにすると叱られるかもしれませんが、関節リウマチの初発は30歳~50歳の女性に多いのです。男女比はだいたい1:3で女性に多く見られます。思ったより若い人の病気だと思いませんか。

現在の日本には50万人~100万人の患者さんがおられるということですので、女性80人~160人に1人、男性で240人~480人に1人くらいの割合と言うことになります。結構多いですよね。

なぜ「おばあちゃんの病気」と言うイメージがあるのかと言うと、もちろん女性の方に多いからと言うこともあるのですが、この病気は現段階では完治しない病気だからなんですね。

ですから、初発のころはそれほどでもない症状が、年齢とともに重くなってくるため、「おばあちゃんの病気」と言うイメージがついてしまったのでしょう。

この病気は関節の内側で起こる免疫異常

現段階では完全な原因は突き止められていませんが、遺伝的な要因を持った人が環境要因にさらされることで発症することが重要な成因だと考えられています。

遺伝的な要因とは、次のようなものが挙げられます。

  • 特定のHLA型(白血球の血液型)に関する遺伝子
  • T細胞(白血球の一つ)活性化関連遺伝子
  • NF-κB(免疫反応の中心となる転写因子)関連遺伝子
  • シトルリン化(たんぱく質生合成の1ステップ)関連遺伝子

ちょっと難しい言葉が多いですが、上の3つは免疫に関する一定の遺伝的要素で、最後のものは体内でたんぱく質を合成するときにかかわる遺伝的要素です。

そして、それらの1つまたは複数の遺伝的要素を持つ人が、何らかの外部要因に曝された時、発病すると考えられています。その要因とは次のようなものです。

  • 喫煙の習慣
  • 腸内フローラの変化
  • P.gingivalis(歯周病菌)などの感染
こうして見てみると、関節リウマチは難しい遺伝的要素を持った人がかかる病気であると同時に、発症するための引き金は意外なほど身近にあるということが言えるでしょう。

もちろん、まだ完全に解明されたわけではありませんが、引き金となるこの3つを避けることはそう難しくありませんね。

能動・受動を問わず喫煙を避けること。プロバイオティクスと食物繊維やオリゴ糖を利用して腸内環境を整えておくこと。そして歯周病菌をやっつけておくことです。

特にP.gingivalisは舌苔にも多く含まれる歯周病菌です。II型と呼ばれるものは特に病原性が強く、酷い歯周病になるだけでなく、糖尿病や心血管疾患を呼び寄せるとも言われています。

歯周病菌は他にも関節リウマチの要因になるものがありますので、口腔ケアはしっかりやっておきましょうね。

細菌類ではマイコプラズマも注意が必要ですし、ウイルス感染にも要因になりうるものがありますから感染症に対する注意は怠らないようにしましょう。

たばこは関節リウマチの直接要因になるだけでなく、歯周病の悪化や様々な感染症にかかりやすくなるなど、間接的な要因にもなります。ですので、血縁者に関節リウマチ患者さんがおられる人は、徹底的にたばこを遠ざけましょう。

喫煙・腸内悪玉菌・歯周病は現代の様々な病気に深くかかわっているようです。

これらを解決すればかなりの病気が減るのではないでしょうか。しかも自助努力でなんとかできるだけに頑張りたいものですね。

関節が内側から壊されてゆく病気!関節リウマチのメカニズム

自己免疫性多発滑膜炎と言う名前が、関節リウマチの病態を表した言葉の一つです。人間の身体には免疫システムが備わっていますが、その免疫システムは自分の身体に対しては反応しないようになっています。

これを免疫寛容と言いますが、何らかの原因でこの免疫寛容が破綻してしまうことがあります。そうなると免疫システムは自分の身体に対して攻撃を仕掛け、それが原因で病気が起こってしまいます。

こうしたものを自己免疫疾患と呼んでいて、関節リウマチもその自己免疫疾患の一つです。

関節の内側にある滑膜に炎症が起こるところから始まる

関節は、2つまたは3つ以上の骨の端を関節包がつなぐように覆っています。指の関節のように2つの骨がつながっている物を単関節、膝や肘のように3つ以上の骨がつながっている物を複関節と言います。

骨の端には軟骨がついていてクッションの役目を果たし、関節包の中は非常に粘り気の強い関節液と言う液体で満たされています。

この関節液は関節の動きをスムーズにする潤滑剤としての働きと、血管を持たない軟骨に栄養を届ける役目を持っています。関節液は関節包の内側にある滑膜と言う組織で作り出されています。

正常な関節の図

この滑膜に対して自己免疫反応が起こり、滑膜が炎症を起こしてしまうのが関節リウマチの始まりです。

初期の関節リウマチの図

滑膜炎はやがて関節を動かなくしてしまう

滑膜に炎症が起こると、滑膜の細胞は増殖してパンヌスという組織を形成します。このパンヌスはやがて骨端の軟骨から骨そのものまでを侵してしまい、ついには関節自体が壊されてしまいます。

進行した関節リウマチの図

そして、さらに進行すると、関節の変形や脱臼、さらには骨同士が癒合してしまい、まったく動かなくなってしまうのです。

末期の関節リウマチの図

こうした関節炎は、指の付け根の関節と第二関節(指の中央部の関節)、手首の関節、足指の付け根の関節に多く起こりやすいという特徴があります。これらは同時に発生し、左右対称に起こるという特徴も持っています。

脊椎はめったに症状を起こしませんが、首の骨(頸椎)では関節リウマチを起こすことがあります。関節リウマチは骨粗しょう症を併発することもあるため、こうした場合、首の骨の変形も起こってきます。

関節症状が進んでしまうと、人工関節との交換など手術でしか改善が見込めなくなります。ですのでできるだけ早く発見して治療することが大事になるんですよ。

関節リウマチは関節以外にも症状が出ることのある病気

関節リウマチで多いのは、関節の近くにできる「こぶ」です。リウマトイド結節と呼ばれるもので、押しても痛みはありません。普通はひじの内側や後頭部などにできやすいものです。

これ自体は特に治療しなくても問題はありませんが、あまり気持ちのいいものではありませんから、お医者様に相談しましょう。

関節リウマチは肺に影響することがある

関節リウマチの合併症として、間質性肺炎や肺線維症といった病気があります。症状としては咳が続くと言うものですが、関節リウマチの診断を受けた人で、咳が続く場合には注意が必要ですので、かならず主治医の先生に報告しましょう。

そのほかにも関節リウマチは膠原病の一つですから、膠原病の特徴であるシェーグレン症候群と言う、目や口、鼻などの粘膜が乾燥する症状が合併することが割合多くあります。

しかし、残念ながら現段階では、シェーグレン症候群自体が治療法が確立していない難病ですので、対症療法しか手立てはありません。

さらに神経障害を合併して、主に手足にしびれや力の入りにくさを訴える人もおられます。こうした場合、悪性関節リウマチと診断されると、治療費の一部が公費負担になる難病指定を受けられる場合もあります。

治療を受けている病院で相談してください。

炎症性サイトカインは全身に様々な悪影響を及ぼす

サイトカインと言うのは免疫システムから分泌される情報伝達物質で、様々な働きを持っています。もっとも有名なサイトカインは抗ウイルス・抗がん作用を持つインターフェロンです。

このサイトカインが身体に対して悪さをしてしまう例も数多く見られます。例えばがんをやっつけるTNF-αと言う腫瘍壊死因子は過剰に発現すると、糖尿病や骨粗しょう症に悪い影響を与えます。

そして、関節リウマチも、このTNF-αや造血に重要な役割を持っているインターロイキン6と言ったサイトカインによって刺激を受けた滑膜の慢性炎症によって、先にお話ししたパンヌスと言う組織を作り、関節を破壊するのです。

このサイトカインは滑膜炎によって産生されますから、みごとな悪循環になっているといっても過言ではないでしょう。

このように実に複雑なメカニズムで発生する関節リウマチですが、最近ではずいぶん治療方法に進歩が見られます。

一方、関節が変形すると元には戻せませんから、予防と早期発見・早期治療が重要な意味を持つのです。

関節リウマチは早期発見でその後の症状を抑えることができる

先にも紹介した通り、関節リウマチは30歳から50歳の女性に多く発生する病気です。30歳から多く発生と言うことは、実際には20代からの発症があるということでもあり、40代までが中心になるということですね。

そうなってくると、特にご家族に関節リウマチの患者さんがおられるとか、既に他界された曽祖父母さんや高祖父母さんなどがそうであったという情報が重要になります。

関節リウマチは「朝の手のこわばり」に始まる

もし、そうした血縁者に患者さんがおられた場合、特に関節リウマチの初期症状には敏感になって下さい。関節リウマチの初期症状は「朝の手のこわばり」です。

手のこわばりとは、起床時に物がつかみにくいが、しばらくすると解消するといった症状です。夜など、起床後相当の時間が経ってからに起こる場合は別の病気の可能性が高いですね。

長く動かさなかった後におこるのが特徴ですので「朝のこわばり」になるんです。これが6週間以上続いたらためらわず整形外科やリウマチ科を受診してください。

特に血縁者に関節リウマチ患者がおられる場合は、絶対に忘れずそのことをお医者様に伝えて下さい。

2010年からは血液検査などを含む評点法で、初期の関節リウマチを診断できるようになっていますので、その段階から治療を開始すると、最低でも病状の進行を食い止めることができるでしょう。

初期関節リウマチの発見は非常に重要だが難しい

現在では関節エコーや関節MRIの装置を使った画像検査も併用されるなどして、かなり初期症状もチェックできるようになってきました。それでも、他の病気のように血液検査だけで見当がつくという具合にはいきません。

進行した関節リウマチの診断はそれほど難しいものではなく、病歴聴取と単純X線のみでも診断が可能です。

しかし関節リウマチの関節破壊は発症早期から生じ、治療の遅れにより骨破壊が進行するため、早期診断により早期に治療を開始することが重要です。

残念ながら現時点では確実に早期診断できる簡単な検査方法は存在しないため、病歴、身体所見、血液検査、画像検査などの結果を総合的に判断して診断する必要があります。

2010年に報告されたACR/EULAR新分類基準も早期の治療開始を主眼においたものになっています。

画像検査で最も頻用されるものは「X線検査」ですが、最近は早期診断や病勢の経過を把握する目的で「関節超音波(関節エコー)検査」も重要視されるようになっています。

このように、検査はやや煩わしいものになるかもしれませんが、一生を左右することになりかねない病気ですので、真剣に取り組んでみて下さいね。

昔に比べれば飛躍的に治療方法も改善しています。

関節リウマチと聞けば悲観的になるのも無理からぬことですが、決して対応できない病気じゃないので早期発見に努めましょう。

関節リウマチの治療はさまざまなお薬の組み合わせになる

関節リウマチの治療にはさまざまなお薬が使われます。それは、単剤では効果が発揮しにくかったり、単剤で効果が出るものであっても身体の状況によっては使えなかったりするからなんです。

それでも、最近では非常に優れたお薬の開発も進んでいますので、関節リウマチは「治らなくても恐れなくて良い」と言う病気になる日も近いでしょう。

関節破壊が進んだ部分はお薬では治せない

関節が壊れてしまった部分は、手術で機能改善を図るしかありません。しかし、大関節にまでリウマチによる破壊がおよび、人工関節との置換を行わざるを得なかった膝や股関節の手術は減ってきています。

それはやはり良いお薬が増えたことと、初期の内に発見するという方針が明確化されたことによるものでしょう。

そしてさらに、手指など小さな関節の手術はむしろ増えています。それは、ある程度症状が進んだ患者さんであっても、積極的に機能回復を図るという方向性が現れていると言うことなのです。

第一選択は免疫抑制剤

関節リウマチの標準的治療薬は「メトトレキサート」と言う免疫抑制剤です。関節破壊を抑制するお薬としては非常に効果が高い反面、免疫抑制剤ですので副作用も多く存在します。

ですので、他の感染症があったり、妊娠中であったり、肝臓や腎臓の病気を持っていたりする人は使えないこともあります。男性でも催奇性が認められているので、服用終了後3か月間は配偶者の妊娠を避けるようにアナウンスされています。

さらに免疫が抑制されるわけですから、非常に感染症にかかりやすくなります。常に主治医の先生としっかりコミュニケーションを取ることが重要になります。

それと同時に利用されるものとしてNSAIDsがあります。痛み止めですね。NSAIDsと言えばロキソニンが有名ですが、セレコキシブが推奨されています。関節リウマチ自体を治療する効果はありません。

ステロイド剤はピンチヒッターとして用いられる

ステロイド剤は痛みを抑えると同時に関節リウマチの進行自体も抑制する非常に優秀なお薬です。もともとステロイド剤は関節リウマチの治療薬として登場したお薬です。

フィリップ・ショウォルター・ヘンチ博士など、開発者の先生方は1950年にその功績でノーベル賞も受けています。

しかしながら、皆さんもよくご存知の通り、ステロイド剤は強力な治療薬であると同時に強い副作用も持っているため、慎重に投与する必要があります。

現在、関節リウマチの治療薬としては、一時的なものとして使ったり、他のお薬が副作用などで使えない場合に限って処方されるようですね。

関節リウマチの新しい光「生物学的製剤」

ちょっと難しそうなお薬ですが、バイオテクノロジーによって作り出されたものなのでこう呼ばれています。分子レベルで関節リウマチの原因になっている物質を阻害するためよく効きます。特に免疫抑制剤との組み合わせで効果が高まります。

現段階では原則として注射か点滴による投与なのと、薬価がかなり高価なため負担が大きくなるのが難点です。高額療養費制度に該当するくらいの医療費負担が出てくることも珍しくありません。

現在使われているのは、先に紹介したTNF-αやインターロイキン6などを抑制するお薬です。

そして、2013年にわが国でも承認された「ヤヌスキナーゼ阻害薬」と言うものがあります。その最初のお薬トファシチニブは、非常に優れた効果を発揮しましたが、現段階ではちょっと副作用が強すぎるような感じなんですね。

ところが、それに続いて現在フェーズIIIの治験(最終段階の大規模テスト)が行われているバリシチニブは、安全性も効果もこれまでのお薬以上だという評価を得たようです。

ヤヌスキナーゼ阻害薬は、飲み薬であることも大きいです。バリシチニブが市販されるのにはもう少し時間が必要かもしれませんが、関節リウマチの治療法は確実に前進しているのです。

ですからできるだけ早く発見して早期に治療を始めることで、お薬を使わなくても症状を抑えられるという状態に持って行きましょう。

ヤヌスキナーゼ阻害薬にはその実績もあるんですよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る