健康生活TOP 赤ちゃん返り 子供の瞬きが多いのはストレスによるチック症かも?その特徴と対策

子供の瞬きが多いのはストレスによるチック症かも?その特徴と対策

shutterstock_2115575682

子供はとても敏感です。個人差もありますが、ストレスに関しては時に大人が思っている以上に敏感に反応してしまう傾向があります。

ストレスに関しては病気のように免疫力が付かないため、大人でもなかなかうまく対応できませんよね。子供では尚更でしょう。

子供に現れるストレスの影響をチェックして、しっかり対応してあげなければなりません。

子供の瞬きが多い、独り言のように暴言を吐くのはチック症かも

ストレスへの対処法も個人差はありますが、上手く対応できないと体に変化や異常が現れる事があります。

瞬きが異常に多くなったり、不自然に目を動かすような仕草が続いたりする、無意識で同じ動作を繰り返してしまうという場合は、チック症の可能性を疑いましょう。

チック症は意外に身近なもので、10人に1人の割合でかかる可能性があると言われています。ほとんどは3歳から10歳前後までに発症し、10歳を過ぎたくらいから症状がなくなります。

しかし慢性化し成人になってからも症状が現れる場合もありますので、治療や改善は必要です。

もちろん誰でも発症するとは限りませんが、以下のような特徴を持つ子供の方が、チック症にかかりやすい傾向があると言われています。

  • 女の子よりも男の子
  • 性格がきつい子よりは優しい子
  • おおらかな子よりも繊細で感受性が高い子

では、具体的にどのような症状がでるのか?どのような行動をとるのか?見ていきましょう。

体のどこかに異常な動きがある運動性チック症

  • 顔面…瞬き、口をすぼめる、唇をなめる、眉間にしわを寄せる など
  • 頸部…首をかしげる、首を振る、首を回す など
  • 肩…肩をピクッとさせる、肩をすぼめる など
  • 腕…手をピクッとさせる、手を振る、腕をくねらせる など
  • 足…足踏みをする、蹴る動作をする、スキップをする など
  • 体…体をねじる、体を反らせる、体を揺する など

運動性チック症は、手や足に症状が出る事もありますし、体のどこかを常に動かすなど特徴的な症状から見分けが付きますが、自分の意思と関係なく体が動くので、日常生活に支障をきたす事があります。

こういう行動を無意識に繰り返してしまうような場合は、無理に辞めさせようとすると子供を精神的に追い詰めてしまうので逆効果です。

無意識で独り言?音声チック症の症状

  • 咳払い、鼻をならす、うなる、ため息をつく など
  • 汚言を繰り返す…バカ、死ね など

音声チックは一見見分けがつきにくいのですが、無意識で行っているような場合はチック症の可能性があります。また会話の途中でこういった言葉や音を発するというよりも、1人でいる時独り言のように繰り返すのも特徴です。

運動性チック症と音性チック症が併発するトゥレット症候群

運動性チック症と音性チック症の両方の症状が1年以上続く場合、トゥレット症候群と呼ばれます。

何かひとつの症状が治ったかと思えば、また違う症状や行動が出る…それが治ったかと思ったら今度はさらに違う行動をとるようになってしまった!という感じに、いろいろな種類の症状や行動が出たり消えたりするのです。

真っ直ぐ立てる?チック症かどうかチェックしよう

うちの子、そんなことしてるかも…と不安に感じたとき、以下のような方法でチック症かどうかチェックしてみましょう。

正面を向いてもらい、じっと立っているようにお願いしてください。しばらくじっと立つだけです。座った状態でも同様です。じっと正面を向いて座っていられるかを見てください。

なにそれ?と思われるでしょうが、チック症にかかった子供はこれができないことが多いのです。

  • 体や首がななめになって真っ直ぐを保てない
  • 正面を向いていられない
  • じっとしていられず動いてしまう

こんな風になったらチック症を疑いましょう。

チック症にかかってしまう原因はストレスが大きい

3332

上記のように性格や性別もこの症状には関係していると考えられており、また脳の神経系の異常が遺伝しているとも言われていますが、実はまだ原因ははっきりと解明されていません。

しかし、多くの要因をしめるのは他でもないストレスです。

脳に神経系の異常を少しでも抱えている子供が過剰なストレスを感じたときに、チック症が引き起こされる、と現在では推測されています。

ストレスがスイッチになってしまうのです。事例として、左利きを強引に右利きに矯正しようとしたため、心と体のどちらにもストレスがかかり、チック病が発症してしまった、ということもあるようです。

  • 親子のコミュニケーション不足
  • 親の厳しいしつけ
  • 親からの過度の期待

といった親から受けるストレスはとくに多くあげられています。

併発しやすい精神病などの病気

  • 強迫性障害、注意欠陥、多動性障害(ADHD)
  • 睡眠障害
  • 学習障害(LD)書く、読む、計算などの特定の分野がこなせない
  • 抑うつ
  • 自閉症

上記のような症状や病気を併発しやすいです。これらは脳神経系の異常が原因という点でチック症と似ているのです。

子供がチック症にかかってしまった時、あなたにできること

shutterstock_1280052562

原因がはっきりと解明されていないため、特効薬などがありません。しかしストレスが大きな原因になると考えられているので、ストレスを軽減する事が最善策とされています。

親にしてみれば子供のためと思っての行動も、子供にとっては過度のストレスになってしまう事もあります。可能な限りストレスから遠ざける事ができれば症状の改善も期待できます。

チック症の症状や行動がわずらわしい、恥ずかしいと感じ、「やめなさい!」と怒鳴ってしまったり、無理矢理治させようと躍起になってしまうかもしれません。

しかし、チック症の改善策として「やめさせようとすること」は百害あって一利なしです。制限や抑圧はまたストレスの原因となってしまいます。

大抵は10歳を過ぎたあたりから症状がなくなってきます。またストレスを軽減すること、治療をしっかりうけることによって改善は十分に可能なので、あまり心配しすぎないことです。お母さんが神経質になりすぎると、子供はそれを感じ取ってまたストレスの元になってしまいます。

なにかに熱中しているとき、本人が楽しいことをしている時は症状が出ない傾向にあります。なにか趣味を持つことや、興味を持ったことはどんどんやらせてあげるといったことはできるだけ続けていきましょう。

心に問題を抱えている子供は家に引きこもりがちになるため、外に出て運動をするのもストレス発散に役立ちます。

ただしこれを可能にするには親の理解と協力が欠かせません。対処法を決めるために、親を交えたカウンセリングが有効かもしれません。

チック症はある意味心に問題を抱えているので、時には専門家の助けが必要なのです。原因がわかりやすい場合は家族内、周囲で解決できるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

病院へ行って治療すべきなの?

shutterstock_2283701082

チック症の多くのケースは期間が過ぎれば症状がなくなりますし、さほど神経質になることはない場合が多いものです。しかし、暴言や異常と感じられる行動によって、日常生活や学校生活が満足に行えない場合や困難になってしまう場合には、やはり病院で診察をうけた方が良いでしょう。

  • 小児科(小児・児童精神科)
  • 心療内科
  • 精神科

などで診てもらえます。

こういう性格かな?と思われがちでわかりづらいチック症ですが、小児科や診療内科ではその診断はDSM-IV(アメリカの精神医学会の編集による「精神障害の診断と統計マニュアル」)の診断基準によって比較的簡単にできます。

標準的な治療方法として、心理療法と行動療法、遊戯療法が多く行われます。

また、チック症の症状のために登校が困難になってしまった場合、日常生活が著しく困難である場合には、経過を見て薬を増やしたり減らしたりする薬物療法が行われることもあります。

薬の種類は長くなってしまうので省かせていただきますが、子供でも飲める飲み薬ですので安心してくださいね。薬の使用が不安なら、その旨をしっかり主治医に相談しましょう。

実体験:親の過保護や過度の期待が子供に与える影響

3852

実は私の弟が子供の頃チック症にかかった事があります。私は長女で性格もキツく、嫌な事は嫌とはっきり言える子供でした。逆に弟はとても優しく、嫌な事があってもはっきり言えないところがありました。

よく男と女が逆だったら良かったのにと言われる事もありましたね…。世間一般の母親がそうであるように、私の母親も男の子である弟に、いい学校に入っていい会社に就職して欲しいという期待を持っていたのです。

私は女であったため普通に学校を卒業すればいいと言われていたので気楽でしたが、代わりに母親の期待は弟に過剰なまでに集中してしまいました。弟は中学受験という大きな目標を持ち、小学校低学年から塾に通い始めます。

ところがある時から弟が、目を裏返すような異常な瞬きをするようになったのです。最初は「なにそれ~」と笑っていましたが、今思うとかわいそうな事をしたと反省しています…。

その瞬きはしばらく続いたのですが、学校にいる間はごく普通で変な瞬きもしないのに、家に居る時と塾に行っている時には変な瞬きが出るのです。

流石に異常を感じた母が病院に行くと、「おそらくストレスが強すぎてチック症が出ているのだろう」と先生に言われました。

なかなか本音を言わない弟でしたが、母の過剰な期待がかなりのプレッシャーとなり、ストレスになっていたようです。

家族で話し合った結果、中学受験は辞める事にして塾も辞めたところ、しばらくして弟の異常な瞬きはなくなりました。

今では笑い話になっていますが、親の過保護や過度の期待は、時に子供にとっては抱えきれないプレッシャーやストレスになってしまう事を学びました。

子供はどう思っているかな…?わが子の心に耳を傾けよう

1512

教育方針は各家庭による違いもありますが、重要な事を決める時は、家族でよく話し合いじっくり検討してみるのもいいと思います。

親の気持ちと子供の気持ちは必ずしも同じではありません。大切なのは、子供の本音を聞いてあげる事です。時々でいいので子供の声に耳を傾けてあげてくださいね。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る