健康生活TOP ピロリ菌 除菌が失敗してもあきらめるな!最新医療でピロリ菌をやっつけろ

除菌が失敗してもあきらめるな!最新医療でピロリ菌をやっつけろ

shutterstock_205202362

健康に関心のある人であれば「ピロリ菌」の名前を聞いたことがあると思います。少し前ではヨーグルトで騒がれましたね。
最近は人間ドッグや健康診断でもピロリ菌の検査が行われるようになっています。

しかし、実際にはピロリ菌の名前は聞いたことがあるのに、なかなか理解していなかったり、除菌を勧められても意味が解らなかったりすることも多いのではないでしょうか?

このような状況の中で除菌を勧められても、真剣に取り組むことはないでしょう…。更に除菌には失敗があることも問題になっています。

「聞いた事ある~。」ではなく、意識をかえてみませんか?難しい話ではありませんので、少しだけ最近のピロリ菌事情のお話をしましょう。

歴史が浅いピロリ菌

ピロリ菌は正式名称「ヘリコバクター・ピロリ」と言って、1983年に発見された比較的新しい菌です。この菌の発見は当時の医学会の常識を覆すものだったそうです。

強酸にも強いピロリ菌

人間の胃の内部には強酸性の胃液があり、そこで生息できる細菌はいないと言うのがそれまでの常識でした。

急性胃炎や慢性胃炎などの消化器疾患も、原因はストレスや暴飲暴食などの食生活とされており、細菌による感染症とは思いもしなかったのです。

それくらいに胃の内部は、生物が住むには過酷であり、胃液に含まれる塩酸は強い成分なのです。

しかし、実際にはピロリ菌はその強酸性の胃液の中、胃の中に住み着いていたのです。そしてこの発見により胃炎の原因の多くが、ピロリ菌によるものと解明されたのです!

ピロリ菌すごいでしょ!?

酸を中和して快適に

ピロリ菌がなぜ強酸の中で快適に住めるかと言いますと、それは「酸を中和」しているからです。ピロリ菌はある酵素を出すことで、酸を中和して胃壁に取り付いていたのですね。

なかなか賢いピロリ菌ですが、その発見には面白い話がありますので紹介します。

苦労して発見したピロリ菌ですが、当時の医学会ではすぐには信じてもらえなかったそうです。そこで、自分で培養したピロリ菌を飲み込んで、体調を観察してみました。

結果としては見事に急性胃炎が発症したそうですが、ちょっと辛そうな実験ですね。医学会の常識を打ち破るためには、自らを犠牲に実験せざるを得なかったのでしょう。

とにかくピロリ菌が胃で生存できることは確認され、本格的な研究も世界各国で始まったのです。その結果、驚くべき実態が明らかになったのです。

胃の病気は奴が原因だった?

研究の結果、代表的な胃の病気の多くがピロリ菌と関係していることが解明されています。それまでは「ストレス」「飲酒」「タバコ」「コーヒー」「食べすぎ」「肥満」が原因とされていたものが、ガタガタと崩れてしまったのです。

現在、ピロリ菌が引き起こすと考えられている病気を紹介します。

  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 萎縮性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 胃ガン

こうやって記載してみますと、胃に関係するほぼ全ての病気がピロリ菌と関係しているのが分かります。本当に厄介な細菌と言えますよね。

そこで登場!除菌治療

ここまで読んでいただければもう気が付いたと思いますが、胃の病気の原因がピロリ菌であれば、これを死滅させてしまえば胃の病気は無くなることになります。

この一見して短絡的な考えは正しく、ピロリ菌を除菌することで大部分の胃の病気が予防できます。特に慢性胃炎は進行する事で胃ガンなどの重篤な症状を引き起こすので、軽度の胃炎の間に除菌することが重要です。

そう、ピロリ菌の除菌は単に今ある胃の病気を治す治療法だけではなく、将来の予防的措置として重要なものだったのです。

日本では厚生労働省や医学会がピロリ菌の除菌を推奨しています。これは病気を治す観点もありますが、除菌によって胃ガンの患者数が減り、医療費の削減効果が見られることからだと言われています。

ピ…ピロリ菌…!これで除菌の必要性が解りましたね!

ピロリ菌の除菌の実態

shutterstock_228978439
ピロリ菌の除菌は日本全国の病院で実施されており、総合病院でなくても内科や消化器科で対応されています。しかし、最近ある問題が話題になっています。

除菌失敗の増加

一般的にピロリ菌の除菌は抗生物質を使用した薬を服用することで行っており、2種類の抗生物質と1種類の胃酸抑制剤の3錠を1日2回、1週間服用します。

「あ~これでピロリ菌とおさらばだ~」と安心してはいけません。実はこの除菌は100%ではありません。

この除菌の問題はその成功率であり、1回目に行う除菌の成功率は約70%、30%の人は失敗してしまいます。

10人除菌して3人が失敗するのですから、あまり良い数字とは言えませんね。

失敗した場合には2回目の除菌を行います。しかし、同じ抗生物質を使用しても効果が薄いことや、細菌に耐性をつけないために違う種類の抗生物質を使用します。

しかし、ここでも失敗が出てきます。1回目、2回目をあわせても5%の人は2回除菌を行っても失敗してしまうのです。20人除菌して1人が2回目の除菌も失敗してしまう計算ですが、決して少ない数とは思いません。

そして、もっと重要なのがこの除菌失敗が年々増加している現実でしょう。

ピロリ菌が強化されていた

なぜ除菌失敗が増加しているのでしょうか?

その原因はピロリ菌が抗生物質に耐性を持ち始めていることと考えられています。抗生物質の使用は細菌に変異を促し、耐性をもたらすことが考えられます。

日本の医療は世界と比較して大量の抗生物質を使用しているとの指摘があります。風邪、下痢などの病気で安易に抗生物質を処方していると言う指摘ですが、真偽はともかく確かに抗生物質を処方されることは多いと思います。

これが細菌に耐性を付けてしまう原因かも知れません。

ピロリ菌が一定の抗生物質に耐性を持ってしまうと、その薬で除菌することはできません。ある医師の話では

「抗生物質に耐性を持ったピロリ菌はこれからも増加が考えられるので、せっかく除菌をしても失敗するケースがますます増加する。」

と指摘しています。ピロリ菌の除菌ができなくなる時代が来るのでしょうか?

最新のピロリ菌除菌法

ピロリ菌の除菌ができなくなると、胃炎や胃ガンで苦しむ人がまた増加してしまいます。そうならないように、耐性を持ったピロリ菌でも除菌できる方法はないのでしょうか?

個人にあわせた除菌法

現在の除菌法は説明した通り、抗生物質2錠と胃酸抑制剤1錠の服用が標準的な方法です。中でも胃酸抑制剤は重要であり、胃酸を十分に抑制できないと抗生物質の効果も無くなってしまいます。

しかし、胃酸抑制剤も人によって効果はマチマチであり、それが除菌失敗の原因にもなっている可能性がありました。

そこである大学病院が研究しているのが、除菌対象者の遺伝子を事前に調べて胃酸抑止剤の効き方を計る方法です。

この除菌法では予め調べた遺伝子情報によって、薬の代謝作用を調べます。

そして、その情報によって胃酸抑制剤の種類や量を調整するのです。一律に薬を処方するのではなく、各個人に合わせた処方を行うのですから効果は高くなるのも頷けますよね。

この除菌法、成功率は約100%なので、日本全国に普及して貰いたいですね。いやぁすごい!

胃壁を剥がして除菌する

ピロリ菌は胃粘膜上皮細胞(胃壁の細胞)に住み着き感染します。しかし、この胃壁の細胞は、皮膚と同様に定期的に剥がれ落ちる性質を持っています。

身体の表面を覆う皮膚は、28日程度の周期で入れ替わっているのをご存知ですか?簡単に説明しますと古い角質が落ちて、新しい角質が生まれる働きのことですね。これを「ターンオーバー」呼んでいます。

胃壁細胞も一定周期でターンオーバーを行っており、その周期は数日単位と考えられています。

ピロリ菌は胃壁へ感染するのですが、ターンオーバーを行うことで、一緒に剥がれてしまうはずですが、実際には足場を固めて住み着いています。これにはピロリ菌の作用が関係していました。

ピロリ菌が分泌するタンパク質が胃壁の細胞に作用して、なんとターンオーバーを遅らせていたのです。ピロリ菌はターンオーバーを遅らせることで、ゆっくりと足場を作って住み着いていたのです。

本当に賢い細菌です…。しかし、人間も負けてはいません。ターンオーバーを促進する薬を使用することで、ピロリ菌を除菌する方法を開発しています。

この研究は実用段階ではありませんが、抗生物質に耐性を持ったピロリ菌の除菌に対して効果が期待できる技術だと思います。

除菌の失敗であきらめるな!

胃の病気は「治す時代」から「予防する時代」に移行していると思って下さい。定期的な検査とピロリ菌の除菌で、多くの病気から解放されるのですから。

しかし、細菌も生き物であり、進化しているのです。我々が使用する武器(薬)に対して、防御(耐性)してくることも十分考えられます。

しかし、あきらめないことが一番大切であり、技術は日々進化しています。

昨日できなかったことが、今日はできる時代なのですから。除菌が2回失敗してもあきらめないで、最新技術で戦いましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る