0
¥0

現在カート内に商品はございません。

TENO-EM(PrEP 抗HIV予防薬ツルバダ同効果)1本30錠(30日分)

¥10,554 税込
商品コード: TENO-EM
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
ツルバダのジェネリック薬の抗HIV予防薬の合剤「TENO-EM」。効果は多くの臨床試験で認められ、WHOやアメリカのFDA(食品医療薬品局)も認可しています。
エイズ予防薬を世界で初めて承認
米食品医薬品局(FDA)は2012年7月16日、既存のエイズ治療薬「ツルバダ」を、感染を防ぐための予防薬としても承認した。開発したカリフォルニア州のギリアド・サイエンシズ社によると、エイズ予防薬の承認は世界初。
PrEP(Pre-Exposure Prophylaxis)
プレップと読みます。
曝露前予防と言われ、性行為などのリスクのある行為に備え、前もってHIVの予防薬を内服する方法です。
ウイルスの増殖を防ぐ2種類の成分を配合した薬の濃度をあらかじめ体内で高めておくことで、万が一、体内にHIVが入り込んでもウイルスが増殖しない環境を作ります。
毎日欠かさず1日1錠の服用を続ける事ができれば、高い予防効果があるとの成果が出ています。
高いHIV予防効果
米国FDAにより90%以上の効果があると報告されております。
またアメリカ疾病予防管理センター(CDC)のWebサイトに以下の記述があります。
  PrEPは、高リスクの人々のHIV感染のリスクを最大92%低下させることが示されています。(訳)
  PrEP has been shown to reduce the risk of HIV infection in people who are at high risk by up to 92%.(原文)
  https://www.cdc.gov/hiv/risk/prep/index.html
また同性愛者を中心とした544人を対象に行った研究結果では86%の効果を上げています。
(感染者のうち、1人は開始時に既にHIVに感染が発覚、2人は薬を飲んでいない期間が長かったことが判明。)
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0140673615000562
他にも多くの研究機関によりPrEPの有効性が示されており、各種の実験の裏付けがWebサイトにて公開されています。
日本での認知度はまだまだですが、少しずつメディアなどで紹介されるようになりました。
・錠剤を毎日1粒の飲む「PrEP」がゲイのHIV感染リスクを劇的に減少させることが明らかに
 https://gigazine.net/news/20181022-prep-stop-hiv/
・世界で広がる新しいHIV感染予防策「PrEP(プレップ)」日本でも議論へ
 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hivprep?utm_term=.wunMp8zw8d#.mtNZw5Yp5r
・HIVの感染防ぐ青い錠剤、ギリアド「ツルバダ」で新規感染が減少
 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-18/OUVYQ36K50XS01
・教えて!HIV/エイズの最新情報【第三回】曝露前予防(PrEP・プレップ)の日本での可能性とは?
 http://life.letibee.com/hiv-information3/
・PrEP(プレップ)とは?最新HIV事情と効果的な予防法
 https://allabout.co.jp/gm/gc/472434/
・映画を通じて、知り考えてほしい。新しいHIV予防法「PrEP」
 https://readyfor.jp/projects/prepfilmtokyo
◯ 商品説明
TENO-EMは、薬効成分としてテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩とエムトリシタビンを含有する抗HIV薬です。
日本国内では、本剤と同薬効成分が同量配合されている薬剤としてツルバダ配合錠が承認されています。
TENO-EMは、ツルバダ配合錠のジェネリック薬品になります。
参考:ツルバダ配合錠
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6250103F1036_1_07/
TENO-EMは、エイズウイルスのHIVが増殖するのに必要な、自身を複製する際に働く酵素である逆転写酵素を阻害します。
それにより、ウイルスの増殖を抑える作用と、免疫を受け持つリンパ球であるCD4陽性リンパ球の数が減り、免疫の低下を抑えます。
それにより、免疫機能を改善、エイズの発症や進行を遅らせるといわれています。
HIVの治療において、ウイルスの耐性化を防ぐため、多剤併用療法が基本となりますが、本剤は配合錠であるため、服薬負担の軽減が期待されます。
また、本剤1錠を服用した場合と、テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩、エムトリシタビンをそれぞれ単独で服用した場合とでは、同一の薬効を示すと考えられています。
通常、他の抗HIV剤と併用し、HIV感染症の治療に用いられる本錠をPrEPとして使用します。
◯ 用法・用量
1回1錠を1日1回、決まった時間に経口服用してください。
食事に関係なく服用することができます。
この薬は飲み忘れると効き目がなくなる恐れがあるために飲み忘れないことが大切です。
万が一飲み忘れた場合は、気がついたときにすぐ1回分を飲んでください。
ただし、次の通常飲む時間に近いときは、忘れた分は飲まないで1回分をとばしてください。
その後は指示された時間から薬の量を増やさずに1回分を飲んでください。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
誤って大量に服用した場合は、直ちに病院に相談し医師の診断を受けてください。
◯ 内容量
1本あたり30錠(1日1錠、30日分)
◯ 成分
テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩(Tenofovir Disoproxil Fumarate) 300mg
エムトリシタビン(Emtricitabine) 200mg
◯ 注意事項
B型慢性肝炎を合併している方は、本剤の投与中止により、B型慢性肝炎が再燃するおそれがあるので、本剤の投与を中断する場合には十分注意してください。
◯ 副作用
TENO-EMを使用している間、以下項目に該当する、もしくは、不快な症状や気になる症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。
【主な副作用】
発熱、むくみ、貧血、けいれん、意識混濁、頭痛、喉や口の渇き、嘔吐、吐気、悪心、胃痛、腹痛、食欲不振、背中の痛み、手の震え、急激な排尿量の減少、無尿
【重大な副作用】
腎不全、重度の腎機能障害、膵炎、乳酸アシドーシス
【その他】
TENO-EMを含むHIV感染症の薬を服用すると、体脂肪分布が変化し、手足や顔が痩せたり、腹部まわりが大きくなったりする事があります。
TENO-EMの有効成分の一つエムトリシタビンを服用する事により、小さなシミやホクロの様な皮膚変色が主に掌に現れる事があります。
TENO-EMを含むHIV感染症の薬を服用後、免疫力が回復して日和見感染症などに対して発熱や下痢などの炎症反応が現れたりする場合があります。
◯ 保管方法
乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて常温で保管してください。
◯ 製造国
タイ
◯ 製造元
タイ国政府医薬品局(GPO)

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 2020/02/23 西川 さん ★★★★☆

    大丈夫です

    TENO-EMを利用するようになってから、とても安心ですよ。
    抗HIV予防薬として、十分な効果が期待できます。
    抗HIV予防薬なら、エイビス薬局では、正真正銘本物なので、心配しなくて大丈夫だと思います。

レビューを投稿