健康生活TOP 老眼 諦めるのはまだ早い?最新のレーシックは老眼治療にも対応可能

諦めるのはまだ早い?最新のレーシックは老眼治療にも対応可能

shutterstock_1372263142

人は誰でも年を重ねるにつれてあちらこちらに、老化が現れ始めます。老化は目に見えないところでも確実に進んでいきますから、体の機能も少しずつ衰えを感じるようになります。

肌や筋肉はスキンケアやエクササイズで手入れをしたり、鍛えたりすれば老化を遅らせる事ができます。視力も年齢とともに少しずつ低下していきますから、ある程度の年齢になると老眼という現実と向き合わなければいけません。

以前は治療ができないと言われていた老眼も治療可能に!

視力の低下は老化以外にもいくつか原因がありますが、老眼は加齢が大きく関係しています。多少の個人差はありますが、視力が良い悪いにかかわらず誰にでも起こる現象です。

遠くの物や文字は比較的よく見えるのですが、近くの物や文字が見えにくくなってきます。

40歳前後から老眼が始まると言われていますが、最近はスマートフォンやパソコンを使う人が増えている事もあり、年齢に関わらず若い人でも目を酷使すると老眼のような症状が現れるようになっています。

視力が低下した場合はメガネやコンタクトレンズを使えば、ある程度は見えるようになりますが、視力の低下は徐々に進行していくため、視力が変わる度に作り直す事になります。

視力が低い人はメガネが必要ですが、老眼になると老眼鏡も必要になってきます。個別に作る事もできますし、遠近両用メガネを作れば一つのメガネで対応できますが費用が高くなります。

レーシックが進化して老眼に対応した!

メガネもコンタクトも費用がかかります。一生作り直す事を考えた時、レーシックという選択肢も頭をよぎります。

レーシックは視力回復手術の事で、手術をすればはっきりとした視界を取り戻す事ができます。近視や遠視、乱視といったさまざまな症状に対応出来るのも魅力でしたが、老眼だけには対応していませんでした。

レーシックの技術も確実に進歩しており、以前は対応できなかった角膜が薄い人にも対応可能となっています。

目の状態によっては手術不可と判断される人もいますが、現在では老眼も含めほとんどの視力回復に対応出来るようになっています。

どうやって老眼を治療するのか?最新のレーシック技術とは

shutterstock_635551122

通常のレーシック手術というのは、角膜を少し切りフラップという蓋を作ったところに、レーザーを照射して角膜を調整する方法です。

レーシック手術

目に直接施術しますから、ちょっと怖い手術に思えますが、すべてコンピューター制御された機械で対応できますし、レーザーの照射時間も数十秒となっており、手術自体は10分もあれば終了します。

角膜は自然に回復していくので、術後は目に負担をかけないなどいくつか注意点もありますが、すぐにクリアな視界を実感出来るところも魅力です。

老眼対応のレーシックとは?

クリニックにより多少の違いもありますが、老眼治療のみでも可能ですし、老眼治療にレーシックをプラスする事もできます。

老眼を治療する方法としては、レーシックと同じように角膜に蓋ではなくポケットを作ります。その部分にコンタクトレンズよりも小さく薄いレンズを装着します。

レーシック手術2

特殊なレンズを装着する事で、ピントがずれやすくなっていたのをカバーできるようになります。これにより焦点を合わせる機能が回復し、老眼の症状が改善されるという仕組みです。

レーシック手術で定評のあるクリニックでも、老眼治療を取り入れるようになっていますから、実績のあるクリニックなら老眼治療も可能となっています。

老眼は年だから仕方ないと諦めメガネやコンタクトレンズで対応するしか方法がありませんでしたが、治療が出来るならメガネやコンタクトレンズの買い替えやメンテナンスも不要となります。

老眼治療もレーシック同様に健康保険が適用されない自由診療となるため、多少費用がかかります。

しかし費用をかけてもクリアな視界を実感出来るなら、メガネやコンタクトレンズも必要ありません。長い目で見ると買い替えの費用よりも安上がりです。

最先端の老眼治療にかかる費用はどのくらい?

お金50682

老眼治療は自由診療のため、決まった料金がありません。各クリニックが決めるため、料金には違いがありますが、相場を知っておけば、老眼治療を検討する時に参考になります。

老眼治療は基本的に効き目とは反対の目に手術します。

レーシックをプラスする場合はレーシック費用も加算されますが、老眼治療のみは片目だけなので料金も片目分となり、相場は25万円~27万円前後となっています。

良いメガネを作れば数万円はかかりますし、何年か経過すればまたメガネを作り直す事になりますからこれを考えれば、トータル費用は老眼治療の方が安く済みそうです。

ただし老眼が進んでいる年齢は、白内障などのリスクも高くなります。既に白内障を患っている人は、老眼治療が受けられません。

白内障手術を受けてから6ヶ月以上経過していれば、老眼治療が可能とされていますが、事前のカウンセリングや検査もありますので、検査結果により変わる事はあります。

老眼治療もレーシック手術と同じように、手術後は定期的に検査が必要です。信頼と実績のあるクリニックでは必ず手術に保障をつけています。保障期間についてはクリニックによる違いもありますが、必ず保障がある事を確認しておきましょう。

今までは諦めるしかなかった老眼も、治療が可能となっています。メガネやコンタクトレンズに煩わしさを感じているような場合は、一度老眼治療を検討されてみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る