健康生活TOP 妊娠 マグロには水銀が含まれているって本当?妊婦が知っておくべき事

マグロには水銀が含まれているって本当?妊婦が知っておくべき事

shutterstock_2767124182

栄養バランスを考えた食事を食べる事は健康維持や美容にも大切ですが、特に妊娠中はお母さんが食べる物により赤ちゃんにも様々な影響を与えますので、食事に関しての考え方も変わってきます。

体に良い物を食べれば赤ちゃんにも良い影響を与えますが、一見良さそうに思える物も、赤ちゃんには害になる場合もあります。

魚には良質の脂やタンパク質が含まれる事から、妊娠中は積極的に食べたほうがいいと言われていますが、マグロに関しては少しだけ注意が必要です。

妊婦がマグロに注意しなければいけない理由はメチル水銀に有り

水銀と聞いた時誰もがあまりいいイメージを持たないと思いますし、間違っても口にしたくない物である事は確かです。

しかし水銀は自然界にも存在していますし、雨にも含まれているので雨が降れば川や海の中にも水銀が入り込みます。

自然界に存在し雨に含まれる水銀は無害なのですが、水中の微生物が無害な水銀をメチル水銀という有害な物に変えてしまいます。

私たちは直接川の水や海水を口にする事はないとしても、川や海に生息している魚がメチル水銀を含む微生物を取り込むので、魚の体内にメチル水銀が蓄積されて行きます。

魚にも食物連鎖があり、大きい魚になるほど子魚をたくさん食べるので、食べた小魚の中にメチル水銀が含まれる可能性も高く、結果的にマグロのような大きな魚はメチル水銀の含有量が高くなってしまうのです。

これを考えると妊婦以外もマグロを食べないほうがいいのでは?と不安になってしまいますが、メチル水銀を含むマグロを食べたとしても、少しずつ体外に排出されていくので特に問題はありません。

食べる量にもよりますが、たまにマグロのお刺身やお寿司を食べる程度なら、特に気にする必要はないと言われています。

しかし妊娠中のお母さんがメチル水銀を含むマグロを食べた時、お腹の中の赤ちゃんはまだ体の機能が完全ではないため、取り込んだメチル水銀を排出する事ができず、悪影響を受けてしまうのです。

妊娠中に注意したい魚と安心して食べられる魚を覚えておこう!

shutterstock_2707007242

マグロにも種類はありますし、マグロ以外にも大きな魚はメチル水銀の含有量も多くなる傾向があるので注意したい魚の種類を知っておくと安心です。

大きな魚の中にはイルカやクジラも含まれます。一般的にはあまり口にする事はないと思いますが、身近な魚もあるのでいくつか紹介しておきます。

妊娠中に注意したい魚

  • 真カジキ
  • ミナミマグロ
  • 金目鯛
  • メカジキ
  • メバチマグロ
  • 本マグロ

これらの魚は、メチル水銀を多く含む可能性が高いので、妊娠中の人は食べ過ぎないようにしましょう。

魚ではありませんがエッチュウバイガイにもメチル水銀が含まれますので、妊娠中は注意が必要です。

妊娠中でも安心して食べられる魚

マグロも青魚の一種なので、青魚も全て危険というイメージを持ちやすいのですが、妊娠中でも安心して食べられる魚もあります。

  • キハダ
  • ビンナガ
  • メジマグロ
  • サンマ
  • ブリ
  • イワシ
  • アジ
  • サバ
  • カツオ
これらの魚は妊娠中でも安心して食べられます。ツナ缶は加工食品ですからメチル水銀の含有量も少なく、マグロのお刺身やお寿司を食べるよりは安全だと言われています。

食べてもいい量ってどのくらい?妊娠がわかったらしっかりセーブしよう

shutterstock_2548057242

大量に食べなければ問題ないと言われていますが、念のため許容範囲を知っておくと安心です。

一般的に販売されているマグロのお刺身1人分が80gなのでこれを基準にします。お刺身1切れまたはお寿司1貫の場合は、約15gとなります。

1週間に160g以上の水銀を摂取すると赤ちゃんに悪影響を与えると言われていますので、週に1度マグロのお刺身を1人分食べる程度なら問題ありません。

ただし同じ週にマグロのお刺身とお寿司を食べてしまうと、許容範囲を超える可能性がありますので、食べる量は注意しましょう。

他の調理法で食べる場合は金目鯛の煮付けなら半人前の約40g、焼いたキダイなら1切れ約80gまでとします。

赤ちゃんのことを考えて量には気を付けよう

マグロなどの大きな魚はメチル水銀の含有量が高いと言われていますが、その一方でマグロを含む青魚には、DHAやEPAなど体に良い成分も含まれています。

赤ちゃんの成長と健康を考えた時、体に良い成分を積極的に摂取したいと考えるのも自然な事ですね。

妊娠中は赤ちゃんの安全を考えできるだけリスクがある事は避けたいところですが、マグロを食べたからといって、赤ちゃんの命を危険にさらすという事でありません。

赤ちゃんに影響を及ぼすのは、毎日のように大量のマグロを食べ続けた場合なので、少量であれば食べても大丈夫です。

これについては厚生労働省でも注意を呼びかけていますが、妊婦でもマグロを食べていい許容範囲はありますので、これを守っていれば普通に食事に取り入れることができます。

ちなみに、注意すべきなのは妊娠中なので、出産後は特に気にせずマグロを食べられますよ。

妊娠に気づかず食べてしまった場合

妊娠した事に気づくタイミングは人により違いますが、中には妊娠している事に気づかずたくさんマグロを食べてしまう事があります。

ここで注意すべきなのは、毎日のように大量にマグロを食べ続けた場合なので、妊娠に気づかず週に2回から3回お刺身やお寿司を食べてしまったとしても、それ以降注意していれば大丈夫です。

大量に摂取し続けた場合は、赤ちゃんの神経発達に悪影響を与えるとされていますが、あまり神経質になる必要はありません。

マグロが大好物だという人もいると思いますが、妊娠前に摂取した水銀があっても、少しずつ体外に排出されて行きますので、妊娠がわかった時点で量をセーブすればいいのです。

大体2ヶ月ほどで摂取した量の半分は排出されますので、妊娠前にたくさんマグロを食べていたとしても、妊娠後に量を控える事で対処できます。

赤ちゃんに影響を与えると聞くと、神経質になってしまう人もいるかもしれませんが、魚を一切食べないなど過剰な反応は、かえってストレスになりますし、栄養バランスも悪くなってしまいます。

マグロの種類によっては安心して食べられる物もありますので、全体の栄養バランスも考えながら美味しく食べる事を意識してくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る