健康生活TOP 姿勢・身体のゆがみ ストレートネックの壁を使ったチェック方法

ストレートネックの壁を使ったチェック方法

うつむいた状態が長く続くとストレートネックになってしまいます。

ストレートネックの方が今急増中なのは、パソコンやスマートフォン、モバイルゲーム機の普及と関係しているといわれています。これらの機器を扱う時はどうしてもうつむき加減になってしまいますね。これが現代病といわれる所以です。

そこで、自身がストレートネックになってしまっていないか、一瞬でチェックできる方法をためしてみましょう。

こんな症状があるなら壁を使ってストレートネックかどうかチェック

首の骨がまっすぐになると頭部を支える力が分散しないので首や肩にも負担がかかります。スマホ首などによって首の骨がまっすぐになってしまう症状をストレートネックと言います。

ストレートネック状態の首と正常な首

ストレートネックになっていると、首や肩に慢性的な症状があらわれます。こんな症状がある方はご注意を。

  • 首のこり、痛み
  • 首が回らない、動かない
  • 頭痛
  • 肩こり、痛み
  • めまい、吐き気
  • 首、肩、腕のしびれ

ただの疲れやこり、慢性頭痛だと思っていても、実はストレートネックが原因になっている場合も。

自分の首がストレートネックかどうかをチェックしてみましょう。

ストレートネックのチェック方法

  1. 壁や柱に背中をつけて真っ直ぐに立ちます。(身長を計る時のようなスタイルです)
  2. 壁や柱に体の3箇所がつくように立ちます。下からかかと、骨盤の中央にある仙骨、背中の肩甲骨の3箇所です。

この時後頭部も壁や柱にくっつく状態でしたら正常です。もしも後頭部が離れてしまうならストレートネックの可能性があります。

他にも、生活習慣の中でストレートネックの要因になりかねない動作をいくつか挙げていますので、チェックしてみましょう。

  • スマートフォン、タブレット、ノートパソコンを長時間使う
  • 姿勢が悪い、猫背である
  • うつ伏せで寝る癖がある
  • 首をポキポキ鳴らす癖がある
  • 肩こりがある
  • むち打ちの既往歴がある
  • 上を向くと首が痛い

いくつ当てはまりましたか?2つ以上当てはまる場合はあなたもストレートネック予備軍かもしれません。

1時間に1度は顔を上げ、背筋を伸ばしてストレッチしてみると予防になります。首、肩をまわす、肩を上下に動かすなどの簡単なストレッチで血行を促しましょう。立ち上がるだけでも効果的です。

仕事やゲームなどはついつい集中してしまい、1時間なんてあっという間にたってしまいますが、気が付いたら実行してみましょうね。

▼他にもある、ストレートネック改善方法はコチラ
手足のしびれはストレートネックの症状!?頸椎の負担を減らす治し方

ストレートネックを放っておくとどうなる?

ストレートネックの引き起こす症状は、首、肩のこりや痛み、頭痛だけではありません。神経に障り手足のしびれを感じたり、ふらつきを覚えたり、また、仰向けになるのが困難になり不眠になります。自律神経失調症まで引き起こす場合もあります。

セルフチェックでストレートネックの可能性があり症状を感じる場合は、一度受診してみましょう。ストレートネックはレントゲンで判明しますので、まずはレントゲンでの検査ができる医療機関にかかることをお勧めします。痛みやしびれの症状がひどい場合は整形外科等を受診しましょう。

こりや痛みのその症状、ストレートネックによるものかも知れません。今すぐチェックしてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る