健康生活TOP 生理 妊娠してないのに生理がこないのは病気?考える遅れの原因

妊娠してないのに生理がこないのは病気?考える遅れの原因

woman to lie in holding the stomach

女性の体には、妊娠・出産をするための準備として生理が周期的に訪れます。その仕組みはデリケートにできているので、時に「女性の体は神秘的」だとも言われるゆえんになります。

生理は女性ホルモンのはたらきによって周期的に起こっていますが、早く来たり遅れたりすることも少なくありません。

生理予定日を過ぎても生理が来ないと、女性は「妊娠?」「どこか病気なのかな?」と精神的にも不安になってしまいますよね。

生理が何日遅れたら問題なのか、生理が遅れる原因にはどのようなものがあるか、女性は知っておきたい「生理不順」とその対処法について説明していきます。

25~38日周期ならOK!正常な生理と生理不順の違い

生理(月経)の役目は、不要になった子宮内膜を血液と一緒に体外へ排出させること。生理が終われば次の排卵を起こし、排卵後は子宮内膜を厚くして妊娠のチャンスを待ちます。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンの分泌量が絶妙に変化することで、排卵や生理が周期的に誘発されるのです。

生理は約1か月に1回の周期で規則正しく起こります。正常な生理周期は平均して約28日で、25~38日の間に収まっていれば問題ないとされています。

一方、生理周期が24日以下または39日以上と、不規則になってしまう場合は「生理不順」といいます。

(生理周期は、生理開始日から次の生理開始日までの日数を数えてください。)

しかし、女性ホルモンの分泌を起こす下垂体・視床下部・卵巣のメカニズムはとても複雑なため、少しでもどれかの機能が低下するとすぐに女性ホルモンの分泌が乱れてしまい、生理周期は不規則になりやすいのです。

生理不順は排卵が正常に起こりにくい状態です。不妊症につながりやすいので見過ごすのは良くありません。

どれくらい遅れたら気にするべき?誰にでもある生理の遅れとは

では、生理がどれくらい遅れたら問題になるのでしょうか。

生理周期が39日以上なら言うまでもなく問題なのですが、生理がいつもより遅れたとしても25~38日の周期以内に来たならば、生理不順とは言わないのであまり心配いりません。

生理は体調によって変化するので、少し早く来たり遅く来たりするのは誰にでもあることなのです。毎月キッチリ同じ日に来る生理だけが正常というわけではないので、少々ずれがあっても安心してください。

生理が遅れるとそれだけでストレスになってしまうかもしれませんが、何日か待って生理が来たなら、生理の遅れは一時的に生理周期が変化しただけなので、あまり気にしないほうが良いでしょう。

一度受診を…25~38日周期以外の周期は月経異常

妊娠していないのに生理がずっと来ない場合は、生理不順の可能性があります。生理不順は周期の長さによって次のように分類され、婦人科での治療が必要な「月経異常」とも呼ばれます。

月経異常の種類 生理周期 考えられる原因
頻発月経 24日以下 黄体ホルモンの分泌不足
など
稀発月経 39日以上 ホルモンバランスの乱れ
無排卵
など
無月経 3か月以上生理がない 強いストレス
急激な体重減少
高プロラクチン血症
など

月経異常の場合、排卵が行なわれなかったり受精卵が着床しにくくなったりして妊娠しにくくなってしまいます。

「生理不順かな?」と思った方は現在妊娠を希望していなくても婦人科を受診し、原因を見つけて早めに生理周期を改善することをおすすめします。

これってやっぱり生理不順?受診の目安は

生理の遅れがある時、そのまま様子を見ておいてよいのか婦人科を受診すべきか戸惑ってしまいますよね。生理が遅れたらどう対処すれば良いのでしょう。

生理が1回遅れた場合

次の生理が通常通りに来た場合は、あまり問題ないのでそのまま様子を見ておいて良いでしょう。

39日以上の生理周期が2回以上続いた場合

稀発月経として原因を調べるために受診することをおすすめします。

生理が3か月以上来ない場合

無月経の可能性があります。無月経は卵巣機能がかなり低下している場合や「多嚢胞性卵巣症候群」などの病気で起こるので、早目に受診して原因を見つけ、適切な治療を受けましょう。

稀発月経と頻発月経が繰り返される場合

早く来たり遅く来たりと周期がバラバラな生理は、思春期で女性ホルモンの分泌が安定していない女性や、更年期で女性ホルモンの分泌が少なくなってきている女性に見られることが多いです。

思春期の女性は体が成熟すると生理周期も安定しますし、更年期の女性は閉経前に起こる自然な現象なので、あまり心配はいりません。

ただし、長引く出血など気になる症状のある場合は遠慮せずに婦人科を受診してください。

妊娠の可能性がある場合

排卵日周辺に性行為のあった人は妊娠している可能性を考え、市販の妊娠検査薬でチェックすることも多いでしょう。

受精卵は子宮に着床していれば、早くて生理予定日頃には陽性反応のサインが薄く出ることもありますが、妊娠が確定できるのは生理予定日から2週間以降になるので、しばらく様子を見てから産婦人科を受診しましょう。

また、生理周期がいつも25~38日に収まっている人でも、以前に比べて生理の開始日がバラバラになっている場合は、ホルモンバランスが乱れるようになっていると考えられるので、放置しないで注意深く体調を観察する必要があります。

女性ホルモンはデリケート!生理が遅れる最大の原因は?

生理の遅れは、主に女性ホルモンの分泌不足で起こります。卵胞ホルモンの分泌が不足すると排卵までに時間がかかったり、排卵が行なわれなくなり、生理が遅れたり来なくなったりしてしまうのです。

しかも女性ホルモンはとてもデリケートで、すぐに分泌のバランスが乱れてしまいます。頻発月経や稀発月経は、卵巣機能が未発達なために起こることもありますが、多くの生理不順はストレスが女性ホルモンの分泌を低下させるために起こっています。

なぜストレスが女性ホルモンの分泌に影響するのでしょう。

それは、女性ホルモンを分泌するよう「視床下部」に指令を出している「脳下垂体」が、非常にストレスに弱く、ちょっとしたストレスにも反応してすぐ不安定になってしまうためです。

例えば、人間関係や恋愛の悩み、仕事上のトラブルなどの精神的なストレスがある時には生理が遅れやすくなります。

それだけでなく「この日に生理が来たら困る」「生理がまた遅れたら嫌だな」と気をもむだけでも、排卵がスムーズに行われなくなることも多いのです。

「えっ、たったそれだけで?」と思うでしょう?それくらい、脳下垂体、視床下部、卵巣が女性ホルモンを分泌するメカニズムは複雑になっているんですよ。

このような精神的なストレスのほか、次に挙げる原因でも女性ホルモンの分泌のバランスが乱れてしまいます。

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣を送っていると自律神経のバランスが乱れ、自律神経のはたらきも司っている視床下部が不安定になってしまいます。

過激なダイエット

過激なダイエットによって栄養が欠乏すると、体にさまざまな障害がみられるようになります。

栄養は心臓など生命の維持に欠かせない臓器に優先されるため、まず生命の維持に直接関係ない生殖機能に栄養が行き渡らなくなり、女性は無排卵や無月経が起こるようになってしまうのです。

肥満

肥満も生理が遅れる原因となります。太っている人に多い肥満細胞から分泌された卵胞ホルモンに、排卵を抑制してしまう作用があるためです。

また太っている人ほど、その作用が強くはたらく傾向があるとも言われています。

睡眠不足

睡眠には脳や体の疲れを回復させる役割があります。睡眠が不足すると、脳や体の疲れが十分に取りきれずホルモンを分泌させる機能も低下してしまいます。

ハードな運動

子どもの頃からハードな練習を続けているアスリートは初潮年齢が遅くなったり、女性らしい体型にならないことがしばしばあるようです。

女性がハード過ぎる運動を行なうと視床下部のはたらきが阻害され、女性ホルモンがうまく分泌されなくなって生理が遅れた止まったりしやすくなるのです。

科学的流産

着床した受精卵が育たずに出ていってしまうことを「科学的流産」といいます。生理予定日頃または少し遅れていつもの生理のような出血があれば、科学的流産の可能性もあります。

名前は「流産」ですが、流産としてカウントされません。科学的流産はそう珍しいことではなく、生理と思い込んで気づかないことも多いです。次の妊娠には影響しないので、心配する必要はありません。

生理の遅れが気になったら…体調管理と基礎体温表を

生理の遅れが気になったら、まずは女性ホルモンの分泌を正常に導くため、生活習慣を改善したりストレスを解消したりして、体調管理に努めましょう。

次に「基礎体温」を測ることをおすすめします!基礎体温とは、朝起きてすぐの安静時に測った体温のことです。

女性の体温は女性ホルモンの影響を受けて0.3~0.5℃ほどの間で微妙に変化しています。基礎体温を毎日測って折れ線グラフに表すと、正常な生理の場合は排卵日までの約2週間が低温期、排卵日以降の約2週間が高温期と2層に分かれます。

また妊娠が確定すると、妊娠を継続させるためのホルモンが大量に分泌されるようになり、生理予定日を過ぎても高温期がそのまま続きます。

女性ホルモンのバランスが乱れると、低温期が長引いて生理が遅れたり、排卵が行なわれなくなったりしてしまいます。

normal menstrual cycle

基礎体温を2~3周期測り、基礎体温表に折れ線グラフで記入すると、女性ホルモンのはたらきがうまくいっているかどうかがひと目で分かります。折れ線が多少ギザギザするのはあまり問題ではありません。

ただし生理が遅れていて、折れ線がきれいな2層から明らかにかけ離れている場合は、卵巣機能が大きく低下している可能性も考えられるので、基礎体温表を持って婦人科を受診することをおすすめします。

基礎体温計と基礎体温表を使うのが一般的ですが、基礎体温計にデータを保管しグラフを表示する機能が付いたものを用意すると、グラフを記入する手間が省け便利です。

また、使いやすい基礎体温表のアプリも色々出ているので、基礎体温計とスマホで基礎体温の管理をするのもおすすめです。

また生理が遅れている人だけでなく、こんな方の体調管理にも役立ちます。

  • 妊活中の人
  • 避妊したい人
  • 更年期のホルモンバランスをチェックしたい人

生理の遅れが美しさを損なうかも…放置せずにケアしましょう

生理のちょっとした変化は直接命に関わることではないので、気になりつつもなんとなくそのままにしてしまうことも多いもの。

中には「いつも生理周期が遅れているから」「別に生理が遅れても困らないから」と生理の遅れを軽くとらえている人もいるようです。

女性ホルモンには女性の心身を健康に保ったり、女性らしい美しさをもたらす作用もあるため、生理が遅れている人は女性ホルモンの分泌不足のせいでさまざまな不調が起こったり、女性らしい美しさが欠けるようになってしまいます。

また中には子宮や卵巣の病気で生理周期が不安定になる場合もあるので、生理の遅れに気付いたらまずは基礎体温を測り、おかしいと感じたらすぐに婦人科を受診することをおすすめします。

特に、将来妊娠の可能性がある若い女性は、子供が欲しいと思った時にすぐ授かれるよう、今からご自分の健康管理をしっかり行うことが重要ですね。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る