健康生活TOP 恐怖症 異常に自分の匂いが気になるのは病気?こんな人は自臭症の治療を

異常に自分の匂いが気になるのは病気?こんな人は自臭症の治療を

臭い女性

近年「スメルハラスメント」という言葉が聞かれるようになりました。これはスメル(=悪臭)のハラスメント(=嫌がらせ)、つまり、体臭や口臭、香水などが他人に不快感を与えることを意味しています。

誰だって他人に臭いと思われるのは嫌なものですが、このスメルハラスメントという言葉が世の中に登場してからは、自分のにおいに神経質になって過剰な消臭ケアをしている人も増えたように感じます。

中には臭くないのに自分は臭いのだと思い込んで、こころの病気「自臭症」を引き起こしてしまう人まで出ています。

どのような症状があれば自臭症といえるのか、そして自臭症が疑われる時にはどのような対処をすれば良いのかについて説明していきます。

臭くないのに…自分は臭いと思い込む自臭症

自臭症とは「自分は、人から臭いと思われているのではないか」と妄想する、強迫観念や恐怖症に似た病気です。自己臭症・自習恐怖症とも呼ばれています。

精神医学の正式な病名ではありませんが、においのエチケットに気を使わなければならなくなった現代人に急増している病気です。

自臭症の人は口臭、体臭、わきや足のにおいなど自分の体から発するにおいが強いのではないか、他人に不快に思われているのではないか、と気になって強いストレスを感じてしまいます。

不潔にしているため体がにおうなら話は別ですが、自臭症の人は実際には臭くないわけですからその気に仕方は明らかに病的だといえるのです。

実際は臭くなくても、自分の臭いが超気になってしまうのが自臭症です。

そういえば今日筋トレ帰りの元気くんがヘレンさんに服が汗臭い!と言われへこんでいました…

においのエチケットに気を使っている人と自臭症の人の違いは?

においのエチケットに気を使うのは良いことですが、行き過ぎは問題です。次のような症状があれば、エチケットを通り越し自臭症を引き起こしている可能性があります。

自臭症の兆候

  • 実際にはくさくないのに、自分の体がくさいと感じる(幻臭)
  • 周りの人の仕草が「自分のにおいが不快だったのかな」と気になる
  • 1日に何度もシャワーを浴びたり服を着替えたりしないと気が済まなくなる
  • 消臭剤を過剰に使用する
  • 自分のにおいを嗅がれるのが怖くて、人に会うのが避けがちになる
行き過ぎた心配はアウト、ブッブーです!

本人は気づかないことも多いので、周りの人は少し気にして観察してあげてくださいね。

放置しておくと日常生活に支障も…必要な自臭症の治療法

自臭症の人は、幻臭が気になって物事に集中できなくなったり、ストレスから気分が冴えない状態が続きやすくなります。さらに自臭症が悪化すると、

  • うつ病
  • 社会不安障害(対人恐怖症)
  • 引きこもり
  • 醜形恐怖症(自分は人より醜いのではないかと強く思い込む病気)

を併発して日常生活に支障をきたすようになることもあり、「たかがにおいの気にし過ぎ」と甘く見ることはできません。

自分のにおいが気になってストレスを感じることが増えてきたら、早めに一度受診することをおすすめします。

体臭専門の外来または、口臭なら歯科、体のにおいなら皮膚科か内科を受診すると良いでしょう。まずは、においのもととなる病気がひそんでいないか確認するためです。

「体臭チェッカー」で、においの強さを数値でチェックしてくれる医療機関もあります。数値でにおいのないことを証明してもらうことで、においへのこだわりが消えて自臭症が治ることもあります。

受診してどこも悪くないと言われたにもかかわらず、自分のにおいがどうしても気になる場合は、心療内科か精神科で自臭症の治療を受けるのが適当です。

しかし、自臭症の人は幻臭ではないと思っているので、心療内科や精神科の受診は適当でない、と拒絶しがちです。

こんな時は、周りの人が「気持ちが楽になるから、一度相談してみるだけでも」と背中を押して、心療内科や精神科に足を運んでもらうようにすると良いのではないでしょうか。

自臭症の治療には、薬物療法や心理療法が用いられます。

自臭症の抑うつには抗うつ剤、においへのこだわりにはSSRIなどの薬が有効です。心理療法では、実際にはくさくないことを認知させ、間違った思い込みを修正するトレーニングが用いられます。

個人差はありますが、半年~1年程度の治療を継続すると、においが気にならなくなるところまで改善することができるといわれます。

ふとしたきっかけで始まる自臭症…特にこんな人がなりやすい

自臭症は、日常のちょっとしたきっかけで始まることが多い病気です。例えば、

  • 目の前にいる人が鼻に手をやったり、鼻をすすったりした
  • 周りの人が顔をそむけた
  • 自分が来たらその場にいた人が席を立った
  • 同じ部屋の人が窓を開けて換気を始めた

など、周りの人が何気ない仕草をしたのを見て自分がくさいのだと解釈し、自分のにおいを過剰に気にするようになってしまいます。

誰でもこういう時は「あれ、もしかして私、臭かった?」と一瞬ドキッとするものです。しかし後々まで引きずるものではありません。自臭症になりやすい人には特徴があり、

  • 神経質
  • 完璧主義
  • 几帳面
  • 潔癖症

など、自臭症は普段から人一倍エチケットに気を使っているタイプの人に多い、と言われています。清潔にしているのに他人から臭いと思われたことが、大きなショックになってしまうようですね。

元気くんも「シャワー浴びてきたのに…」とショックを受けていましたね…

私は電車で隣に座った人がすぐ違う席に移動したことがあり、この時ばかりはめちゃくちゃ自分のにおいをかぎました!

多少のにおいは誰でも持っているもの!においを気にし過ぎるのはやめよう

自分のにおいが気になるなんて、そんな病気まであるのか…と時代を感じさせられる病気です。

しかもそれほど珍しい病気ではなく、自覚症状の少ない人も含めると自臭症の人はけっこう多くいるのではないかと考えられています。

当然ながら無臭の人なんて存在しません。誰でも多少のにおいを持っているのが自然です。

あまり「くさい、くさい」とダメ出ししないほうが、互いにストレスも少なくなると思うのですが、皆さんはどう思われますか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る