健康生活TOP 歯周病 歯周病は歯医者では治らない!?早期改善には食事を変えるべし

歯周病は歯医者では治らない!?早期改善には食事を変えるべし

shutterstock_162611567

歯周病は身近な病気です。35歳以上の80%が歯周病にかかっているという研究データがあるくらいです。

現在は歯茎に塗る市販薬や、歯周病予防をうたう歯磨き粉なども販売されていますが、それだけでは生活習慣病である歯周病を完治できないのです。

また、歯周病が脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの病気と深く関係していることも解明されてきました。

侮れない歯周病の真相と、的確な予防法、改善法をご紹介しますので、歯について少し考えてみませんか?

本当は怖い歯周病

歯周病は最終的に歯が抜ける~そんな単純な病気ではありません。

歯周病は歯垢が歯と歯茎の境目に蓄積し、そこで歯周病菌が増殖することで発生します。歯周病とは、同じ原因で生じる歯肉炎と歯周炎という2つの病気の総称です。

歯肉炎は、歯周病の初期段階と言える状態で、歯茎だけに炎症が見られます。この状態から悪化すると歯周炎になります。歯周炎では、歯根骨にまで菌が達し、最後には歯が抜けてしまうのです。

自覚症状としては、歯茎の腫れ、出血しやすくなる、歯がグラグラするといったものがありますが、決定的な症状はなく個人差もあります。また、徐々に進行していくため気づきにくく、かなり悪化してから見つかることも少なくないのです。

歯周病と糖尿病の関係

歯周病と糖尿病はお互いに悪影響を及ぼし合います。糖尿病によって血糖値が高い状態が続くと、細菌やウイルスに対する抵抗力が低下します。そうすると、口腔内で歯周病菌が増殖しやすい環境になってしまうのです。

歯周病菌によって歯周病が進行すると、菌が作り出す毒素が血管内に入り込みます。それを除去するために身体はTNF-αという物質を生成しますが、これによってインスリンが効きにくくなり、糖尿病が悪化します。

糖尿病が悪化すると、さらに抵抗性が下がる、というように、お互いが悪化し続けるという負の循環に歯止めがかからなくなってしまうのです。

実際に臨床現場では、糖尿病改善のために歯周病治療が行われ、効果を上げています。

歯周病と動脈硬化の関係

歯周病菌が作った毒素が血管内に入り込むと、炎症を起こす物質が作り出されます。それらの影響で血栓が生じると、動脈硬化が進行してしまうリスクが増大します。

生じた血栓が脳で詰まると脳梗塞になりますし、心臓で詰まると心筋梗塞になります。また、歯周病菌そのものが心臓に行くと、感染性心内膜症になるという報告がある他、歯周病の人は虚血性心疾患になる確率が高いことも知られています。

その他の病気との関係

これまで挙げた病気の他に、骨粗鬆症や早産、低体重児出産といった病気やトラブルを引き起こすことが分かっています。

歯周病は口の中だけに影響する病気ではないことがよく分かります。

歯周病の予防・改善のためにできること

歯周病は生活習慣病であると言われています。

歯磨きをする他に、食べ物に気を付けることで上手く予防、改善することができます。

何を食べる?何を食べない?

基本的に食べてはいけないものはありません。甘いものは虫歯になりやすいと言われますが、それについては次の項目で説明しましょう。是非取り入れたい栄養は、コラーゲン、ビタミンC、カルシウムです。

コラーゲン

歯を支える歯茎や、噛むときにクッションの役割をする歯根膜と呼ばれる部分はコラーゲンで出来ています。歯を支えている骨をガードする役割もある歯茎、そして再生することができない歯根膜をいかに正常に保てるかが重要です。

それらの構成成分であるコラーゲンをしっかり摂ることが大切なのです。ただ、コラーゲンを摂取したとしても、腸でバラバラにされて吸収されるため、食べたものが必ず歯茎のコラーゲンとして定着するかどうかは分かりません。

ですが、コラーゲンの元になる成分は確実に身体の中に入るわけですから、決して無駄なことではありません。

コラーゲンを多く含む食材は、骨や皮を含む肉、魚です。鶏肉やスペアリブ、活魚などが使いやすい食材でしょう。

ビタミンC

ビタミンCを摂りたいというのは、身体でコラーゲンを合成するときにビタミンCが必要になるためです。摂取したコラーゲンを効率よく使うため、果物や野菜を料理や献立に加えましょう。

カルシウム

歯を構成している成分の代表はカルシウムです。歯周病に負けないためには、日々生まれ変わる歯にきちんとカルシウムを届けることが大切です。

牛乳、ヨーグルトはもちろん、大豆製品、緑黄色野菜を取り入れていきたいものです。

実は間食が一番の敵?

仕事中の一息は大切です。その時間に、甘いものを食べたり、コーヒーを飲んだりということが多いと思います。

ですがもしかすると、その行為が歯周病を引き起こしてしまうかもしれないのです。

口の中は食事が終わるたびに酸性の状態から、中性、弱アルカリ性へと変化していきます。これは唾液による作用で、細菌が増殖しにくい弱アルカリ性に保つことで、口腔内を清潔にしているのです。

ここに間食が入ると、せっかく弱アルカリ性だったものが、再び酸性になってしまい、細菌が増殖しやすい環境になってしまうのです。甘いもの自体も歯に良くはないですが、問題なのはいつ食べるかということなのです。

予防に良いのは昼食や夕食の後、あまり時間をおかずに食べることです。また、毎日の楽しみである休憩時間のおやつを無くしたくないときには、食べた後に歯を磨くというのも一つの方法でしょう。

歯周病の原因や対策を見ていくと、生活習慣病という意味がよくわかります。糖尿病や血圧が高いという人は特に、毎日の歯の健康もチェックしてみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る