健康生活TOP 歯周病 口臭が気になるならまずコレ!自宅でできる3つの口臭予防法

口臭が気になるならまずコレ!自宅でできる3つの口臭予防法

口臭が気になる女性

あなたは、自分に口臭があるかどうかわかりますか。口臭は自分で「くさい」と感じない場合が多く、また、他人からも打ち明けられにくいため、気付きにくいのが現状です。もしかしたら、知らない間に自分の口のにおいで他人に迷惑をかけているかもしれません。

最近は、清潔志向を反映して口臭予防対策のガムや歯磨き剤、口スプレーなどの商品がドラッグストアの棚に多く並ぶようになりました。また、口臭を気にして歯科に受診する人が増えているといいます。

しかし、病気が原因でなければ、自分で口の中のケアをすることで口臭を予防することが簡単にできます。適切な方法で口の中を清潔に保ち、口臭を予防していきましょう。

口臭の原因は「病気」と「唾液の分泌量の減少」

口臭の原因の一つは、虫歯や歯周病、糖尿病などの病気が引き起こします。歯周病によって、歯と歯茎の間に「歯周ポケット」ができると、その場所に細菌や膿がたまって強烈なにおいが発生します。

もう一つ、健康であっても起こる生理的なものがあります。この最大の原因は「唾液の分泌量が足りない」からです。

口の中に存在している様々な細菌は、普段、唾液と共に飲み込むことで一定量に保たれています。唾液が分泌されることで細菌が発するにおいを抑えているのです。

ところが、適切な量が分泌されないと、口の中が乾燥して細菌が増えるため、結果、口臭の発生となります。

舌に苔が生える?

口臭の8割は、口の中が不潔だから起こっています。口の中の細菌や食べかすが舌の上で発行すると表面に「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる白い苔のようなものができます。これが、口臭の原因になっているのです。

細菌の増殖は唾液が分泌されることで抑制されますが、歳を重ねるごとに、唾液腺が衰え、唾液の分泌量が減っていってしまいます。歳をとるほど、細菌や食べかすが口の中に残って舌苔が分厚くなります。

起床時

口の中が乾燥している起床時は、特に口臭が強くなります。

ストレスや精神疾患の治療薬の副作用でも

ストレスを感じ、副交感神経が緊張すると、唾液の分泌量が抑制されます。また、精神疾患(うつ病など)の副作用で唾液の分泌量が減少することもあります。

食べ物などによるもの

においの強い食べ物を食べた後や、飲酒、喫煙、薬の服用などで、口臭を発することもあります。しかし、これらの口臭は、それほど強いものではありません。

口臭恐怖症

口臭はないのに、自分の口がにおうと思い込んでしまう、自臭症(別名 口臭恐怖症)というある種の病気があります。精神疾患の一種ですが、強い口臭に自覚のない人もいる中で、最近は、こうした自臭症の患者が増えている傾向にあります。

自臭症は、口臭がないのだから取り越し苦労に過ぎませんが、本人にとっては深刻な問題で、治療することが簡単なようで難しい病気です。

話している相手が、横を向いたり、せき込んだり、離れた席に座ったりするだけで、自分の口臭のせいではないかと落ち込んでしまいます。誰からも口臭の指摘がないのは、遠慮しているからだと思い込んでいます。

重度な自臭症になると、人に会えなくなったり、電車やバスにも乗れなくなってしまいます。

自臭症は、医師が患者と向き合いじっくりと話し合い、患者の思い込みを無くしていくしか方法はありません。

誰でもできる口臭予防の3つの対策

口の中を清潔に保ち、口臭を予防する3つの対策を紹介します。

歯磨きは毎日行いましょう

1日最低2回は歯磨きをしましょう。特に歯と歯茎の間に歯垢がたまらないように意識して行ってください。

歯ブラシだけでなく、デンタルフロス(歯と歯の隙間に通して歯間の汚れを除去するナイロンの糸)や歯間ブラシ(歯と歯の間に入れて軽くこすることで歯間の汚れをとる小さなブラシ)を使うことも効果的です。

毎朝1回、舌苔を落としましょう

舌についた苔を落とします。一日一回、朝の歯磨きの時に、軽くブラシで舌をこすってください。強くこすると舌を傷つけてしまうので、軽くこすることでかまいません。最初から全部落とそうとせず、毎日少しずつ、こつこつ落とすつもりで日々行いましょう。

舌の専用のブラシも販売されています。是非、実践してみてください。

ガムを噛んで、唾液の分泌をコントロールしましょう

簡単で、効果的な予防法としては、「ガムをかむこと」です。ガムを噛んで舌を動かすことで唾液が分泌されます。唾液が分泌されれば、細菌の増殖を抑制することができ、口臭を予防することができます。

歯磨きできないときは…

外出先などで、食後に歯磨きができないときは、口の中に食べかすが残らないように、水を飲んだりうがいをしたりするだけでも効果があります。食べかすが細菌によって分解されるときに、不快なにおいを発することが多いためです。

口臭予防は大人のマナー、エチケット

身だしなみ、がそう言われるように、口臭予防も「大人のマナー」「エチケット」ではないでしょうか。口の中を清潔にすることは、あなたの健康のためだけでなく、他人へ不快な思いをさせないためでもあり、結果的に良いことばかりです。

しかし、過度に気にし過ぎるのも良くありません。常識的な範囲で歯磨きをし、口の中を清潔に保てば、強い口臭の発生はありません。

口の中を清潔にし、口臭予防をすることで、健康で明るい毎日を過ごしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る