健康生活TOP 骨盤臓器脱 出産した女性の約半数が経験している子宮脱!詳しい予防法をご紹介

出産した女性の約半数が経験している子宮脱!詳しい予防法をご紹介

皆さんは子宮脱という病気を知っていますか?子宮脱とはその名のとおり、子宮が膣の外に飛び出している状態のことをいいます。骨盤には骨盤底筋群という小さな筋肉の集まりがあり、膀胱・子宮・直腸を支えています。

この骨盤底筋群が出産や加齢などによって弱まったりするとその中に収まっていた膀胱・子宮・直腸が下がり、進行すると骨盤臓器脱(子宮脱)になります。

この病気は軽いものも含めると出産経験のある女性の約半数は子宮脱を発症しています。

必ずしも治療が必要な病気ではありませんが、放っておくとどんどん進行する可能性があり、そうなると擦れたり炎症を起こしたりする可能性があります。

今回の記事は子宮脱とはどんなものなのか、また予防・改善が期待できる骨盤底筋体操や生活習慣を詳しく紹介しています。
ぜひこの機会に子宮脱の存在を知り、予防を心がけて下さると嬉しいです。

かなり進行しないと自覚症状のない子宮脱

子宮脱とは、骨盤の中におさまっている膀胱、子宮、直腸などが膣から出てきてしまう「骨盤臓器脱」の1つです。

骨盤の中には骨盤底筋群という小さな筋肉の集まりで支えられている膀胱・子宮・直腸があります。出産や加齢によって骨盤底筋群の筋力が弱ってしまうとその膀胱・子宮・直腸らが下がってきてしまいます。それにより尿や便が漏れ出ることもあります。

まだ比較的症状が軽めの子宮下垂と、それが進行した場合の子宮脱とがあります何らかの理由で子宮が本来ある位置から下がり、膣内に留まっている状態を子宮下垂といい、さらに下がり膣の外に子宮が出てしまっていることを子宮脱と言います。

軽い子宮下垂の段階だと自覚症状はありませんが、徐々に進行すると膣に異物感を感じたり引っ張られているような感覚が起こります。子宮脱になるとお腹に力を入れたときなどに膣から子宮が飛び出し自分でも違和感を感じるようになります。

さらに完全子宮脱になると、膣まで完全に体外に出てしまっている状態になります。そうなると子宮が下着に擦れて炎症で出血を起こしたりします。

また子宮脱によって尿道がずれたりねじれたりして頻尿や逆に尿の出が悪くなる排尿・排便障害、歩行困難までも引き起こし日常生活を営むのにも支障をきたすようになります。

子宮下垂、子宮脱の症状の軽いものすべて含めると、出産したことのある方の約50%に起こる病気です。特に更年期以降に起こることが多く、異変を感じても恥ずかしいという理由から病院で診てもらうことをしない傾向にあります。

命に関わるような病気ではありませんので必ず治療が必要なわけではありません。しかし強い不快感を感じる場合もありますし、放置しておくと症状は悪化するばかりですので恥ずかしがらず早急に婦人科で受診しましょう。

子宮脱になりやすい人の特徴がある

子宮脱や骨盤臓器脱などの原因としては、経膣分娩があげられます。分娩時、赤ちゃんの頭が長いこと産道に居続けると骨盤底筋は引き延ばされ大きなダメージを受けます。

筋肉は早めに回復するのですが、筋肉内にある神経に障害が起き骨盤底筋の収縮がうまく行えなくなります。また肥満や喘息、重いものを持ち上げる作業、慢性的な便秘などにより腹圧が上がり骨盤底筋に強い負荷がかかると子宮脱や骨盤臓器脱になりやすくなります。

その他、子宮脱になりやすい特徴をあげてみました。

  • 太っている
  • 便秘気味で、排便時は強くいきむ
  • 3人以上出産している
  • 35歳以上で出産した
  • 3500g以上の赤ちゃんを産んだ

子宮脱の予防に効果的な骨盤底筋体操を紹介!

子宮下垂や子宮脱の予防・改善に効果のある、骨盤底筋を鍛える体操をご紹介します。
この体操はケーゲル体操ともいい、膀胱や膣、直腸周囲の筋肉を強化する体操です。

この体操を継続して行った場合、子宮脱だけでなく尿失禁や便失禁の予防、軽減にも役立ちます。

  1. 仰向けになり、ゆっくり腹式呼吸を行いましょう。鼻から吸い、口からゆっくり吐きます。
  2. ある程度リラックスできたら次に膝を立て、肩幅程度に足を広げます。
  3. お腹の方に引っ張り上げる感じで肛門と膣に力を入れます。
  4. 力を入れた状態でゆっくり5秒数え、その後力を抜きます。

この運動を10回ほど繰り返します。

また慣れてきたら腰を持ち上げて行うのも効果的です。上記の方法と腰を浮かせて行う方法2つをセットにして行うこともおすすめです。

次は立った状態でできる運動を紹介します。

1 机に両手をつき、腕に全体重をかけます。
2 足は肩幅ほど開き、腹式呼吸を行いリラックスします。
3 肛門と膣を引っ張りあげるように力を入れます。お腹には力を入れないようにしましょう。
4 肛門と膣に力を入れた状態でゆっくり5秒数えます。その後力を抜きます。
この運動を10回ほど繰り返します。

最後は椅子に座って行える体操を紹介します。

1 椅子に浅く腰掛けます。
2 背筋を伸ばして足は少しだけ開きます。
3 お腹の方へ引っ張り上げるように肛門と膣に力を入れます。
4 その状態でゆっくり5秒数え、力を抜きます。
この運動を10回ほど繰り返します。

以上の簡単な体操で骨盤底筋が鍛えられ、子宮脱の予防・改善が期待できます。

その他 子宮脱予防法!

トイレでできるトレーニング
上記の骨盤底筋体操で、どの筋肉を鍛えているのがいまいち掴めない、という方はおしっこの途中で2、3回止めるトレーニングを行うといいでしょう。

そうするとだんだんコツが掴め、「この筋肉を鍛えているんだ」と感覚として理解しやすいと思います。おしっこを我慢するとき、このキュッとしめるときに使われる筋肉が骨盤底筋です。

しかしこのトレーニングはやりすぎると膀胱炎などを引き起こす可能性も出てくるため、骨盤底筋を鍛える感覚が理解できたあたりで上記の骨盤底筋体操に切り替えましょう。

便秘改善
また慢性的な便秘の方はその改善に努めましょう。筋力が低下している状態で排便の時にいきんでしまうと腹圧が上がり子宮やその他臓器が一緒に飛び出てしまう恐れがあるからです。

普段から食物繊維や適量の油をとり、いきまず排便できるようにしておくことが重要です。またもし便秘であっても、排便のときはできるだけいきまないように気を付けましょう。

女性ホルモンを増やす
実は女性ホルモンはその量と骨盤底筋が深く関係しています。女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると骨盤底筋も弱まってしまうからです。閉経後の女性に子宮脱が多いのもそれが原因です。

エストロゲンを増やすのには例えば食べ物なら大豆製品やごま、卵などをよく食べるようにし、適度な運動としっかり睡眠をとることも大切です。

その他、肥満改善、重い物を持たないなどの生活習慣の見直しも同時に行うとより効果的でしょう。

不快感を覚える前に早めの受診を!

子宮脱は子宮下垂の時点では自覚症状がないですし、だいぶ進行するまで気付かない方も多いかも知れません。しかし子宮脱は進行すると擦れや炎症を起こす、強い不快感を感じる病気です。

長い月日をかけて徐々に進行しますので、やはり気付いた時点での対処が大切になります。

また、まだ自覚症状がない場合でも、将来の子宮下垂や子宮脱を予防するという意味で骨盤底筋体操や生活習慣の見直しを早めから行うようにすると安心ですね。すでに症状がある場合は恥ずかしがらずに、早めの受診をおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る