健康生活TOP 骨粗しょう症 アイスには種類の違いがある!種類によっては骨粗しょう症予防も

アイスには種類の違いがある!種類によっては骨粗しょう症予防も

shutterstock_1995351262

夏でも冬でも、年中美味しいアイス。特にお風呂上りや冬にこたつに入りながらのアイスは格別ですよね。

そんなアイスですが、商品の説明を見ると「アイスクリーム」だったり「ラクトアイス」だったり・・・何が違うの?と疑問に思われたことはないでしょうか?

実はアイスには4つの種類があり、その種類によっては骨粗しょう症予防になるものもあるのです。

アイスを賢く選んで、美味しく病気の予防、ダイエットをしませんか?

アイスの種類と身近なアイス

アイスの種類の違いは、乳固形分と乳脂肪分の量によって4つに分けられています。そしてなにより、種類によって栄養価が異なるので、選び方次第で健康に繋がるかもしれないのです!

まずはその種類をみていきましょう。

アイスの種類 乳固形分と乳脂肪分の量
アイスクリーム 乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上
アイスミルク 乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上
ラクトアイス 乳固形分3.0%以上
氷菓(シャーベットなど) 乳固形分2.9%以下

といったように4つに分類されていますが、この記事ではこれらをまとめて「アイス」と記載します。少しややこしいかもしれませんが、悪しからず。

さて、上でアイスの種類を紹介しましたが、いまいちピンとこないと思います。アイスミルクとアイスクリームって何よ!って思いますよね。

そこでそれぞれの種類に属する市販のアイスをご紹介しましょう。

  • アイスクリーム・・・ハーゲンダッツなど
  • アイスミルク・・・雪見だいふくなど
  • ラクトアイス・・・バニラモナカ、スーパーカップなど
  • 氷菓(シャーベット)・・・ガリガリ君、サクレなど

いかがですか?あなたが普段好んで食べていたアイスはどの種類だったでしょうか。

アイスの選び方次第では骨粗しょう症の予防やダイエッターに優しくなる

アイスは体によくない!太る!と思われがちですが、アイスの選び方では病気の予防もできます。またダイエッターにも優しいものがありますから、アイスを食べたいな…と思ったらしっかり考えて選んでみましょう。

ここでアイスの種類ごとの100gに含まれる成分をみてください。

アイスの種類 kcal たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カルシウム(mg)
アイスクリーム 212 3.5 12 22.4 130
ラクトアイス 224 3.1 13.6 25.4 95
アイスミルク 167 3.4 6.4 23.9 110
氷菓 120 0.9 1 28.7 22

骨粗しょう症予防にはアイスクリーム

上記表のカルシウムの欄を見てもお分かりいただけるように、カルシウムの量ではアイスクリームが一番です。アイスクリームは一番乳固形分と乳脂肪分が多く含まれており、カルシウムが豊富に含まれているのです。

カルシウムは1日700mg摂らなければならないと言われています。アイスクリームの代表としてハーゲンダッツをあげさせてもらいますが、単体で販売されているものは110ml=110gですので、1個で約143mgのカルシウムが摂れることになります。

700mgというとだいたい300gの木綿豆腐を2丁、1尾2gの煮干しを16尾で得られる量です。これを毎日は意外に大変そうですよね。

そこで、ときどき甘い物が食べたいな~というときにアイスクリームを選べば、美味しくカルシウムを補うことができるのです。

骨粗しょう症予防をはじめとして、骨のためを考えるとアイスクリームを食べるのが良さそうですね。しかし、カロリーが高いので食べ過ぎには注意してください。

ダイエットにはシャーベット(氷菓)

アイスは糖分が多いしカロリーが高いから我慢している・・・という方も多いと思います。しかし、どうしてもアイスが食べたい!そんな日もありますよね。

そんな方にはシャーベットがオススメです。商品表示に「氷菓」と書かれているものは当てはまるものが多いです。ガリガリくんやサクレなどですね。

シャーベットにももちろん糖類が含まれていますが、アイスクリームやアイスミルクに比べるとカロリーは低いです。そして脂質量は断然に少ないのです。

しかしもちろん食べ過ぎはNGです。カロリーを摂りすぎてしまい良くありません。

特に寝る前に食べるのはよくありません。昼間に比べて夜は消費エネルギー量がかなり少ないため、太る原因となってしまいます。22時以降は絶対に我慢しましょう!

もし食べるとしたら、消費エネルギー量の高い昼間、15時ごろに食べましょう。運動を頑張った日やどうしても我慢できないときに限定することも必要かもしてませんね・・・

アイスに賞味期限がないのって本当?その理由とは

アイスには賞味期限がないというのを聞いたことはありませんか?

実はそれは間違っていなかったのです。アイスには賞味期限がありません。もし機会があれば、アイスのパッケージの裏を見てみてください。どこにも賞味期限は書いていないと思います。

アイスの賞味期限は食品衛生法により、以下のように決められています。

アイスクリーム類にあっては期限及びその保存の方法を省略することができる。

なんで!?冷凍するから劣化しないの?と少し驚きますよね。実はその通りで、アイスに賞味期限が無いのは、

  • 冷凍することにより製品の劣化が少なく、人の健康を損なうレベルの危害のリスクが低い。
  • 原材料の品質基準が乳等省令※によって管理されているので、安全で長期間でも劣化が少ない。

※乳等省令・・・乳及び乳製品の成分規格等に関する省令

といった理由からなのです。このことから食品衛生法ではアイスには賞味期限を表示しなくても良いというように定められました。

ただし、賞味期限の表示をなくすかわりに、保存方法についての記載が必ずなければならなくなりました。

市販のアイスのパッケージを見てみましょう。

  • ハーゲンダッツ(下部)

DSC_9755

  • 雪見だいふく(中央)

DSC_9753

  • スーパーカップ(中央)

DSC_9756

  • ガリガリ君(中央)

DSC_9754

このように、どのパッケージにも「要冷凍」「-18℃以下」といった記載があるのです!アイスクリーム協会は、賞味期限の表示にかわり、保存についての注意を以下のように定めています。

(保存上の注意)
第7条 規約第3条の規定により表示すべき保存上の注意については、8ポイント活字以上の大きさの文字で「ご家庭では-18℃以下で保存して下さい。」等の主旨の表示をする。

しかし、いくら賞味期限が設定されていないからと言って、安心しないでくださいね。ずーっと前のアイスを食べるときは、ちゃんと品質に変わりがないかチェックしてください。バニラアイスだと白かったものが黄色くなったりします。

風味を気にしないのであれば2年ほどたったものでも食べられますが、本当に美味しいものを食べたい!という方は1か月までを目安としてください。

日本乳業協会が家庭での保存方法を記していたので、できるだけこれに習って保存したいですね。

家庭での保存上の注意

  • 冷凍庫の温度を-18℃以下に保ちましょう。
  • 開封後はなるべく早く食べてください。
  • 残ったときは、表面を平らにし、ラップをかぶせ、空気に触れないようにしましょう。
  • においがつきやすいので、においの強いものといっしょにしないでください。
  • 一度溶けたものを、再冷凍すると風味が落ちます。

アイスのいろいろを見ていただきましたが、いかがですか?これからスーパーやコンビニでアイスを選ぶときはちょっと考えてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る