健康生活TOP 栄養 不眠症改善にはノンアルコールビール!女性もうれしい2つの成分

不眠症改善にはノンアルコールビール!女性もうれしい2つの成分

shutterstock_2771482672

不眠症の原因もいろいろありますが、眠りたいのに眠れないのはとても辛い事ですね。睡眠は体力を回復したり、目に見えない体のダメージを修復するという大切な意味がありますから、睡眠不足が続けば体調不良の原因となります。

不眠症の原因も実に様々ですが、ストレスは最も多い原因と言っていいでしょう。眠りたいのに眠れないという事が更にストレスとなり、ますます眠れなくなってしまうのです。

眠りたいのに眠れない時の間違った対処法

こういう時睡眠薬を飲めば眠る事ができますが、翌朝の目覚めると体がだるく感じるなど副作用が出やすいので、あまり良い方法ではありません。

”お酒を飲めば酔いが回り眠くなる”と寝酒に頼る人もいます。確かに酔いが回ると眠くなるので不眠症解消にも良い方法のように思えますが、アルコールはかえって不眠症を悪化させてしまいます。

というのもアルコールには利尿作用が有りますので、寝る前に飲むと夜中にトイレに行きたくなり目が覚めてしまいます。

また利尿作用は脱水状態を引き起こしやすいので、喉が渇き夜中に目が覚めてしまう事もあります。

寝酒もタイミングと量次第では、眠りを導くのに役立ちますが、眠るためにアルコールに頼るのはあまりいい方法ではありません。

アルコールも睡眠薬も耐性ができるので、長期間服用を続けると効果が薄くなってきますし、体にも負担がかかります。

不眠症が続くと日常生活にも支障が出やすいため、なんとか眠ろうとして睡眠薬をアルコールで飲む人がいますが、これはかなり危険な行為ですので絶対にやってはいけません。

眠れない時にはアルコールではなく、ノンアルコールビールを試してみましょう。

不眠症改善にノンアルコールビールがいい理由

Fotolia_54468889_Subscription_XXL

一切アルコールが入っていないのに飲んだ気になれるのがノンアルコールのいいところですが、実は今ノンアルコールビールが不眠症の救世主として注目されています。

ノンアルコールビールにはアルコールは含まれていませんが、ビールの風味を出すためにホップとGABAを使用しています。このホップとGABAこそが不眠症改善に役立つのです。

ホップの効果

ビールを飲んだ時に感じる苦味はホップの成分です。もちろん普通のビールにも使われていますが、ノンアルコールビールでもビールを飲んでいるように感じるのは、ホップの風味があるからです。

ホップはハーブの一種ですが、優れた鎮静作用があるので、リラックス効果を得たい時にハーブとして使う事もできます。

このホップが持っている鎮静作用が不眠症改善に役立つとされていますが、ホップには女性ホルモンとよく似た性質もあるので、女性特有の悩みやトラブル改善にも役立ちます。

  • 月経前症候群によるイライラ
  • 生理痛
  • 更年期障害の諸症状
  • むくみ
  • 皮膚トラブル

利尿作用によりむくみを改善、そして毒素の排出を促す効果から皮膚のトラブルを解消し透明感のある肌づくりを手助けしてくれるのです。

GABAの効果

GABAは普通のビールにも使われるアミノ酸の一種です。不眠症の原因もいろいろありますが、眠れない時は脳から分泌されるリラックス成分が減っている状態です。

GABAは脳を落ち着かせるα波を増やし、副交感神経優先的に導く作用があるので緊張状態から開放されやすくなります。

脳がリラックスできれば不眠症改善にも役立つ事から、GABAのサプリメントも不眠症改善に役立つと言われています。

ちなみにGABAは発芽玄米、味噌汁や漬物などにも多く含まれているので、食事を和食に変えるのも不眠症改善におすすめです。さらに血圧を下げる作用があるので、高血圧予防にも役立ちます。

ノンアルコールビールでも飲みすぎはNGです!

お酒を飲む人は深酒が不眠症の原因となってしまう事があります。アルコールには依存性もあるので、簡単にやめられないのも問題です。

でもノンアルコールビールならビールを飲んでいるのと同じような気分を味わえますし、アルコールは入っていないので、眠りの妨げになる事もありません。

ただし水分ですから飲みすぎてしまえば、不眠症改善に効果があっても夜中にトイレに行きたくなる可能性もあります。

またホップは不眠症改善にも役立ちますが、食欲を増進させる作用もあるので食べ過ぎにも注意が必要です。

睡眠薬やアルコールに頼るよりも、ノンアルコールビールにするだけで様々なメリットがある事から、寝酒の代わりにノンアルコールビールを飲む人も増えています。

アルコールは寝る直前に飲むと眠りの質を妨げますが、ノンアルコールビールなら量を考えておけば寝る直前に飲んでも眠りの邪魔をしません。

見方を変えれば副作用がない睡眠導入剤として考える事もできます。ただし効果については個人差もありますので、健康に影響が出るほどの深刻な不眠症の場合は、医師に相談しましょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る