健康生活TOP 近視 子供の視力低下が始まったら…近視の原因を探り実践!視力回復法

子供の視力低下が始まったら…近視の原因を探り実践!視力回復法

shutterstock_181882766

近視の始まりは子供時代にくることが圧倒的に多いです。
そして、一度視力の低下が始まりそれを放置すれば、視力は悪化する一方です。

子供の近視の原因を把握することで、対策を立てることができます。

ここでは、子供の視力の低下の原因と、低下をできる限り遅らせる、近視を予防する、視力を回復させ得る方法などについてお伝えいたします。

そもそも近視になるのはなぜ?

近視は多くの場合、子供の頃から始まります。一般的には、勉強を熱心にやっているというイメージがあるかもしれませんね。長時間、特に夜間に勉強していると、どうしても目は疲れるので近視になりやすくなってしまいます。

一時期、マンガやテレビの見過ぎなどが近視の元凶のように言われた時代もありました。

しかし、現代社会ではテレビゲームやパソコン、そして”スマホ病”という言葉が誕生するくらいにスマートフォンが普及しており、それらに熱中することなどが近視の原因の多くを占めています。

また、近視は遺伝的な要素が少なくありません。しかし、やはり近視の最大の原因は子供の生活環境にあるのです。

視力の低下をもたらす疲れ目

あなたのお子さんは、液晶の画面を長時間にわたって凝視し続けていませんか?人の目は、一点を凝視すると瞬きをする回数が極端に減ってしまいます。

瞬きの回数が減少すると、ドライアイになることもありますし、そもそも目に潤いがなくなりますので、酸素や栄養の供給が減って疲れ目の原因になってしまいます。

液晶の画面を凝視する行為は、目を酷使することになりますので疲労が溜まります。そして疲れ目は、近視の原因になってしまいます。

3種類にわけられる近視

子供たちは小学校や中学校などで、毎年定期的に視力の検査を受けることになります。

検査の結果で視力の低下が見つかると、眼科で相談するかメガネの使用を指導されることになるでしょう。

近視は近眼と呼ばれることがありますが、先進国になるほど近眼率は高い傾向にあります。そして、先進国の中でも非常に近眼率の高い国が日本なのです。

その近視ですが、実は3つの種類にわけられます。

仮性近視から始まる近視

今の時代、子供を取り巻く生活環境には、目を酷使するものが多すぎるように思います。

具体的に言えば、何度も申し上げている通り、テレビゲームやパソコン、そしてスマートフォンという存在です。これらのものを子供たちがやり過ぎることで、疲れ目となって、一時的に視力が低下することがあります。

このような疲れ目からくる一時的な視力の低下を、仮性近視と言います。

真性近視の屈折性近視

仮性近視は疲れ目が原因で一時的に視力が低下した状態ですから、目に休養を与えることである程度の回復は可能です。

ところが、仮性近視の状態が進むと、低下した視力はさらに悪化し近視が常になってしまいます。

このように、仮性近視が進んだ状態を真性近視と言います。そして真性近視の一つに、屈折性近視というものがあります。

屈折性近視では、目にうつる画像について網膜よりも前の方で焦点が合ってしまいます。このような眼の状態は目を疲れさせることになりますので、近視が定着したり、さらなる視力の低下を招くことになるのです。

ちなみに近視と言われる人のほとんどは、この屈折性近視です。したがって、視力を矯正するためにはメガネやコンタクトを使うことになるわけです。

先天的要素の強い軸性近視

遺伝の影響を受けるとは言え、屈折性近視はやはり生活環境による後天的な要素の大きい近視です。

それに対して、真性近視の中で、遺伝的な要素が強い軸性近視と呼ばれる近視があります。

軸性近視の眼球はやや楕円になっています。この楕円型により、子供の成長とともに角膜から網膜までの距離が伸びてしまい、画像の焦点は網膜の前方になってしまいます。

このような軸性近視も、よほど強度でない限り、メガネやコンタクトで矯正することは可能です。

近視の進行にストップをかける!

shutterstock_82402279
もし子供の近視が始まってしまったら、まず何よりもその進行にストップをかける必要がありますよね。もちろん、仮性近視であれば治す努力も必要でしょう。

【近視の進行防止ですべきこと】

  • 勉強中などの姿勢を正す
  • 適切な明るさの中で生活をする
  • 生活習慣の見直しをする
  • 目と体に休養を与える

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

勉強中などの姿勢を正す

親御さんから勉強中のお子さんをご覧になった時、姿勢はどうですか?正しいと言われる姿勢で勉強をしていますか?

教科書やノートに目を近づけすぎていたり、背中を丸めて勉強をしていると、近視は進行してしまいます。目と見る対象物の距離、例えばスマートフォンなどを目に近づけ過ぎても疲れ目の原因になってしまいます。

まずは姿勢を正すことから始めましょう。

適切な明るさの中で生活をする

勉強をする時は、机のところだけ明るければよいというものではありません。勉強をする部屋全体を明るくすべきです。

薄暗い中でスマートフォンを操作するのは目をとても疲れさせることになりますので、しっかりと環境を整えてあげましょう。

時折、布団に潜ってスマートフォンを操作する子供がいますのでご注意くださいね。

また、照明に気をつけるのは勉強部屋だけではありません。リビングなども明るくしてあげましょう。

具体的には、部屋の明るさは300ルクス以上が良いと言われています。

生活習慣の見直しをする

寝不足や不規則な生活が目に良い影響があるわけありません!睡眠時間をしっかりと確保して、規則正しい生活を意識させてあげましょう。

また、栄養面での気配りも大切なことです。栄養バランスの悪い食生活は、目にも栄養が行き届かなくなってしまいます。栄養バランスの取れた食事内容にしてあげてください。

目と体に休養を与える

近視の進行にストップをかけるためには、目にだけ休養を与えていればよいというものではありません。そもそも身体的に疲れが溜まっていたら、目にも影響がありますからね。

目と体には休養を与えてあげましょう。

長時間の勉強などの作業は目に優しくありません。適度な間隔で目を休ませてあげるべきです。

近視に有効な点眼薬

shutterstock_199322588
近視に効果があると言われている点眼薬があります。ただ、このような点眼薬には医師の処方が必要となりますので、眼科に行って診察を受けなけらばなりません。

【近視の効果のある点眼薬】

  • 調節麻痺剤
  • 調節改善剤

調節麻痺剤の特徴と効果

物を見る時、ピントを合わせるために水晶体を調節する役割を担う毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれる筋肉があります。調節麻痺剤を点眼することで、この毛様体筋が弛緩した状態になります。

これは遠くにある物を見ている状態と同じです。

よく遠くのものを見ると目に良いと言われていますが、その状態を調節麻痺剤で再現してしまうのです。長時間の勉強で疲れた目には、かなり効果のある薬と言えます。

子供の近視治療の現場では、特に効果があると評価の高い点眼薬です

代表的な調節麻痺剤として”ミドリンM”があります。ちなみに調節麻痺剤は、就寝前に点眼することになります。

調節改善剤の特徴と効果

疲れ目が原因となって視力が低下してしまった時に有効な点眼薬です。

調節改善剤は、毛様体筋の働きを改善する効果を期待できます。調節改善剤は、多くの場合、調整麻痺剤と一緒に処方されます。

代表的な調節改善剤には、”ミオピン点眼液”があります。随時点眼するタイプの目薬です。

繰り返しになりますが、上記の点眼薬は医師の処方が必要となりますので、希望する方は眼科に行って診察してもらってくださいね。

近視に効果のあるサプリとは?

今の時代、サプリメントというのは非常にラインナップが充実しています。多忙を極める現代人の中には、不足しがちな栄養素を補給するために日常的に活用されている方がたくさんいらっしゃいます。

そして親御さんの責任の下、子供たちの間でも服用しているケースは少なくありません。ただ、サプリメントは薬と違って、全ての人に効果があるわけではありません。服用はあくまでも自己責任ということになります。

眼精疲労に効くアントシアニン

近視に効果があるとされる栄養で、アントシアニンというものがあります。アントシアニンはブルーベリーなどに多く含まれているポリフェノールの一種です。

ところで、物が見えるのは、眼の網膜にあるロドプシンと呼ばれる光を、受容機器である色素が光を受け取って信号を脳に送っているからです。

このロドプシンは、光に当たるとビタミンAに分解されてしまいます。当然、ロドプシンは再合成されるわけですが、目を長時間酷使すると再合成が間に合わずに減少してしまいます。

アントシアニンには、ロドプシンの再生を促進する働きがあるのです。

また、網膜にある毛細血管の保護や強化に加えて、血液循環を改善する効果、さらには水晶体や角膜内におけるコラーゲンの安定化作用もあると言われています。

とうことでアントシアニンには、眼精疲労の回復や視力を改善する効果を期待できるのです!

必要なアントシアニンの摂取量は?

ところで、アントシアニンがたくさん含まれていると言われているブルーベリーなのですが、眼精疲労や視力を改善するためには、どのくらい食べたらよいのでしょうか?

具体的に言えば、生のブルーベリーが10粒ということになります。ただし、アントシアニンはビタミンと同様に水溶性ですので、一気にたくさん食べてもあまり意味がありません。

効果的に摂取するためには、1時間毎に10粒食べることです。

しかし、この方法はあまりにも現実的ではありませんよね。だからこそのサプリメントなのです!サプリメントであれば、服用方法は説明書きに記されていますので、その通りに服用すれば効果を期待できますね。

2つの近視回復トレーニング

shutterstock_124995665
巷には、色々なところで視力を回復させるためのトレーニングについての話題があります。専門の書籍もありますし、視力回復トレーニングセンターなるものも存在しています。

ただし、ここで一つ気をつけなればならないことがあります。

近視回復トレーニングというのは、軸性近視には効果がないということです。近視回復トレーニングで効果を期待できるのは、屈折性近視だけです。

軸性近視か屈折性近視の判断は、眼科で検査をしてもらわないとできるものではありません。近視回復トレーニングを始める前に、眼科に行って診断してもらう必要があります。

ここで、2種類の近視回復トレーニング方法をご紹介しましょう!

眼筋トレーニングのやり方

目の周辺には、眼球の向きを変えるための外眼筋と呼ばれる筋肉があります。眼筋トレーニングは、この筋肉を鍛えることで目の働きを活性化させてくれます。

跳躍性眼球運動

ある一点から視点を素早く別の一点へと、跳躍するようなイメージで移動させる眼球運動

追従性眼球運動

対象となる物から目から離さないで、ゆっくりと線などを追うようなイメージで追いかける運動

また、速読の練習も眼筋トレーニングの一種になると言われています。

毛様体筋トレーニングのやり方

毛様体筋トレーニングは、仮性近視や近視の初期段階に効果を期待できます。

近視の初期段階は多くの場合、毛様体筋の緊張によって引き起こされるからです。毛様体筋トレーニングで筋肉の緊張をほぐすことができれば、効果を見込めるという理屈です。

(1)手を「グッド」のかたちにして、親指を目の前にかざして3秒程度見つめてください。

(2)視点を奥の対象物に移動させます。壁などがあればわかりやすいかもしれませんね。

このような立体的に視点を動かす運動は、こっている毛様体筋をほぐしてくれます。

他にもある!色々な視力回方法

視力を回復させるトレーニングには、他にも実に様々なものが存在しています。昔からあるものから、今の時代を反映したものまで色々です。

その中から、下記のものをご紹介させていただきます。

  • ウインク視力回復法
  • マジカルアイ視力回復法
  • 視力回復アプリ

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

ウインク視力回復法のやり方

左右どちらの目から始めてもかまいません。

(1)片方の目の視界を手で遮ってください。
(2)残された目は、できるだけ遠くにある建物などを見ます。
(3)目標となる物を7分間見つめます。
(4)目を交代して7分間見つめます。

これを毎日実行するだけです。

片方の目の視界を遮ることで、見る方の目は物を見る行為に集中することになります。その結果、低下した状態にある物を見るという機能を強化することができるというものです。

成長期にある子どもは、少なくとも視力の低下に歯止めがかかる可能性が大きいので、是非教えてあげてください。

マジカルアイ視力回復法とは?

マジカルアイってご存じですか?新聞紙上や書籍のページ上に描かれた摩訶不思議な絵を見る際に、より目にして遠くを見るような感じで焦点をずらすことで動物や花、文字などが浮かび上がってくる3D画像のことです。

マジカルアイの3D画像を見た時に行なわれる目の動きは、毛様体筋を鍛えることができるのです。また、焦点を合わせようとする動きは、眼球周辺の筋肉の緊張をほぐす作用もあるそうです。

マジカルアイに関する画像集は、本屋さんでも楽天やアマゾンなどの通販サイトでも簡単に入手することができます。一度コツを掴めば、お子さんでも簡単にできるようになります。

ただし、やり過ぎは目が疲れて逆効果になりますのでご注意ください。

両刃の剣となる視力回復アプリ

視力回復アプリには、無料でも色々な種類のものがあります。

例えば、前述したようなマジカルアイの3Dを使ったものもあります。私もiPhoneにダウンロードして使っていますが、目が疲れた時には、非常に有効であると実感できます。

また、トレーニング方法も様々に用意されていますので、お子さんが使いやすいタイプのものをダウンロードしてあげてもよいでしょう。

トレーニングには記録できるタイプのものもあります。例えば、ゲーム感覚で視力回復のトレーニングをできる上、成果をチェックすることのできる優れものもあるのです。

このようなアプリが無料で用意されていますので、これを活用しない手はないでしょう。

ただし、一つ問題があります。それは、今や社会問題となりつつあるスマートフォンのやり過ぎの件です。

視力回復アプリから、それこそ”スマホ病”となり、一日中スマートフォンを操作するようになってしまっては、視力低下の原因になりかねません。

この辺りは、親御さんがしっかりと指導してあげてくださいね。

ということで、視力回復アプリは非常に効果のある方法なのですが、両刃の剣になりかねない危険な要素も含んでいると言ってよいでしょう。

ツボへの刺激で視力を改善する

最初にお断りしておきますが、ツボへの刺激で視力が一気に回復するものではありませんから、過度な期待はしないでくださいね。ツボマッサージは、ジワジワと効果が現れてくるものなのです。

そもそも近視の始まりは、目の酷使による眼精疲労であるとか、あるいは目の周辺の筋肉が緊張状態から、こることで引き起こされるものです。

そんな眼精疲労に対しては、ツボの刺激によって血行を促進し、疲労の回復や筋肉のこりをほぐす効果により、視力の低下防止や近視の改善が可能なのです。

ツボの具体的な場所はどこ?

視力を回復させるために、効果を期待できるツボには「攅竹(さんちく)」「合谷(ごうこく)」「風池(ふうち)」などをあげることができます。

  • 攅竹・・・眉毛の内側、鼻に近い方にあります
  • 合谷・・・親指と人差指の付け根にあります
  • 風池・・・首の後ろにある二つの窪んだ部分です

目に疲れを感じた時に、上記のツボを少し強めに押して刺激することで、疲れが開放されることを体感できるはずです。

また、目の周辺には疲れ目に効果のあるツボが集中して存在します。ご自身で、マッサージを兼ねて気持ちのよいところを見つけてみてください。

視力低下の原因を取り除くこと

shutterstock_172639073

視力の低下というのは、遺伝や軸性近視以外は後天的な要素が強いわけですから、原因を取り除くことで防ぐことができます。また、お子さんの視力低下も初期段階であれば、トレーニングなどで回復させることも可能です。

ただそうは言っても、子供も中学生くらいになると勉強時間も長くなってくることは仕方のないことですよね。そんな時は、トレーニングやツボマッサージ、あるいは点眼薬の力を借りて乗り切る努力をしてみてはいかがでしょうか?

全ての人に必ず効果があると言い切ることはできませんが、少なくとも視力の低下にブレーキをかけることはできるはずです。

子供の近視の原因をぜひ取り除いてあげてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る