健康生活TOP 口・歯に関する症状や病気 親知らずは抜歯すべき?抜くべきケースと抜かなくていいケース

親知らずは抜歯すべき?抜くべきケースと抜かなくていいケース

親知らずはまっすぐ生えないことが多いため、必ず抜かなければならないというイメージがありますが、実は、親知らずの対処は生え方によってそれぞれ異なります。

親知らずを抜かなくても良いケースと抜いたほうが良いケースについてご紹介します。

親知らずは必ず抜くべきなのか?:抜かなくても良いケース

親知らずが上下ともあごに直立して生えていて噛み合わせも良い場合、普段の食事でもほかの歯と同じように噛むための歯として使えるため、抜歯の必要はありません。

親知らずは歯ブラシが届きにくい場所に生えていますが、手前の歯と同じように生えていて歯磨きも問題なくできる状態なら、歯周病になるリスクも少ないので、そのまま口内のケアを続けていきましょう。

また、親知らずがあごの骨のなかに完全に埋まっていて痛みがない場合も問題ありません。

親知らずの抜歯は、手術後に腫れや痛みなどの不快な症状が残ることが多く、リスクもあります。当たり前ですが、抜歯はまたくっつけることができない、いわば取り返しのつかない行為です。

正常に生えて機能している場合は、不要だからとすぐに抜いてしまうのではなく、抜歯のメリットとデメリットをしっかり考え、医師と十分に相談して決断しましょう。

親知らずは必ず抜くべきなのか?:抜いたほうが良いケース

親知らずは歯ブラシが届きにくい一番奥に生えているので、磨き残しも多くなり、虫歯や歯周病になりやすい歯でもあります。

器具が届きにくいので治療しにくく、治療してもまた虫歯になってしまう可能性もあります。あえて治療せず、抜歯をすすめる歯医者さんもいます。

親知らずが横やななめに埋まっていて、となりの歯に親知らずがあたり、歯を傷つけてしまっている場合、その傷から虫歯になってしまうケースもあります。

親知らずが痛いなと思っていたら、実はとなりの歯が虫歯だったなんて例も多くみられます。

また、横向きに生えた親知らずが手前の歯を強く押して、歯並びが悪くなってしまうことも。

さらに、上下の親知らずが噛み合っていないと、親知らずはどんどんのびていきます。

噛み合わない親知らずが、歯ぐきやほほの粘膜を噛んでしまうことで、痛みを引き起こすだけでなく、ひどくなれば顎関節症になることもあるので注意が必要です。

また、親知らずが中途半端に生えていて、上部分が少しだけ見えている場合、隙間に食べ物がつまりやすく、大変不潔な状態です。 

周囲の歯肉に炎症を起こしやすくなっているので、そのままほうっておくと腫れや痛みを繰り返す可能性があります。

抜歯前にレントゲンを撮ったとき、親知らずのまわりに袋状の影がうつることがありますこれは歯根嚢胞(しこんのうほう)とよばれるもので、歯の根の先にできる膿の袋を指します。

嚢胞は口臭やあごの神経の麻痺など、さまざまなトラブルを招く原因になります。早めの対処が必要です。

正常に生えている親知らずには、いざというときの使い道があります。例えば、どこかの歯を抜いてしまわなければならないとき、親知らずをその部分に移植できすることができます。

また、親知らずの手前の歯が抜けてしまったとき、その部分を補うためのブリッジや、入れ歯の土台に利用するなど、親知らずを残しておくべきメリットはさまざまあります。

親知らずを残す場合、その再利用についても歯医者さんに確認してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る