健康生活TOP 口・歯に関する症状や病気 インプラントとは?その構造と実際の治療の手順や流れ

インプラントとは?その構造と実際の治療の手順や流れ

インプラントが開発された裏には、それまでの歯科治療に限界があったことも理由の一つです。

入れ歯を使用した治療では、少しずつ健康な歯も悪くなってしまうというのが現状だったのです。

また歯根が残っていないと差し歯はできません。そのため高齢者は最終的に総入れ歯となってしまい、食事の質が格段に低下してしまうことになったのです。

そこで登場したインプラントとはどのような技術なのでしょうか?

健康な歯を痛めない!インプラントは人工の歯根を作り出す治療

人間の歯がしっかりと固定されている理由は、歯根が顎骨(顎の骨)の一部である「歯槽骨(しそうこつ)」にしっかりと固定されているからです。しかし歯根が虫歯などで、弱くなると歯根ごと抜歯しなくてはならなくなるのです。

また歯槽膿漏などで歯槽骨が弱くなって歯根を支えられなくなることもあります。

昔であればこのような症状では、入れ歯が適用されており、場合によっては総入れ歯を選択していたかもしれません。しかし現在では人工歯根を顎骨に埋め込むインプラントが選択肢に入ってきます。

インプラントとは

チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、人工の歯を取り付ける技術のことです。

人工の歯は他の健康な歯に影響することなく、正常な機能を取り戻すことができるようになります。つまり、「噛む力」を取り戻すことができるのがインプラントです。

歯科で使用されているインプラントとは、人工歯の土台である人工歯根であり、これを顎骨に固定する手術をインプラント手術と言うのです。

歯科インプラントは3つの部品で出来ている

インプラントの構造

インプラントの構造は3つの部品でできています。

人工歯根(フィクスチャー) 顎骨に埋め込む土台である部品
アバットメント 人工歯根と歯を連結する部品
人工歯 義歯部分

実際にインプラント本体と呼ばれているのが人工歯根であり、最初にこれを顎骨に埋め込み定着してからアバットメントや人工歯を取り付ける手順が一般的です。

インプラントは金属アレルギーに配慮されていた

近年増加しているアレルギー症ですが、中でも金属アレルギーは発症すると症状も重く、様々な障害で悩まされている人も少なくありません。

人間の咬合力(噛む力)は私達が想像しているよりも強く、インプラントに使用される材料には高い強度が求められます。そのため使用されるのは金属であり、金属アレルギーの原因になることが考えられるのです。

そこで主に使用される金属が「チタン」です。チタンは金属の中でもアレルギーが出にくい物質であり、強度も申し分ありません。また人工関節などでも実績のある金属なので、安心して使用することができます。

しかし中にはチタンに対しても金属アレルギーを発症する人もいますので、アレルギー症状がある人は事前に検査を受けるようにしましょう。

金属アレルギーだけど大丈夫?など、インプラントの5つの疑問

インプラントは周りの歯に影響を与えません。噛む力も正常な歯となんら変わらなくなるのです。

今までの歯科治療には限界があった?入れ歯、差し歯のお話

「キーン」「ギュルギュル」あー聞いただけでも嫌になりますよね。どうして歯科で聞く音ってこんなにも不快な感情を呼び起こすのでしょうか?

歯科が大好きと言う人を私は見たことがありませんが、皆さんもきっと私と同じ感情を持っていると思います。

歯科医が行なう治療は主に「虫歯治療」や「歯槽膿漏」の治療です。中でも一般的な虫歯治療において「差し歯」や「入れ歯」を作った人も多いと思います。

昔から一般的だった差し歯や入れ歯とは

虫歯の治療と言えば「入れ歯」や「差し歯」が一般的に行われていますが、インプラントとの違いはどこにあるのでしょうか?まずは差し歯と入れ歯について説明します。

【差し歯とは】

差し歯は治療する歯に「歯根」と呼ばれる歯の根っこが残っていることが条件になる治療法です。歯根に土台を金属やプラスチックで作り、そこに義歯をかぶせて固定させます。

差し歯はあくまで歯根が残っていないと作れないので、完全に抜歯したり、歯根がボロボロに弱ってしまったりしている状態では行うことはできません。

また歯茎に問題がある場合にでも、歯根が弱くなっている可能性が高いことから適用外になることがあります。

【入れ歯とは】

入れ歯とは「取り外しのできる義歯を使用して欠損した歯を補う治療」で、歯が全く無い人用の「総入れ歯」と、一部だけを補う「部分入れ歯」があります。

総入れ歯は口全体をマウスピースのようなもので覆う方法で、簡単なのですが食べ物の感触が伝わらなくなる難点があります。またサイズによって外れやすいことも珍しくありません。

部分入れ歯は左右にある健康な歯に金具を装着して義歯を装着するため、左右の歯に負担をかけることになります。そのために健康な歯がグラグラしたりして痛めてしまうこともあります。

差し歯も入れ歯も健康保険の適用であり、短期の治療で行えることもメリットです。

部分入れ歯が健康な歯をダメにする

差し歯と入れ歯を理解するとそこには歯科治療におけるある流れが見えて来るように思います。

  1. 虫歯(中程度)
  2. 抜歯するまでもなく歯根が残る
  3. 差し歯治療を行う
  4. 再度虫歯にかかる
  5. 歯根がボロボロになり抜歯する
  6. 左右の歯を足がかりに部分入れ歯
  7. 左右の歯が負担によりグラグラになる
  8. 総入れ歯を行う

差し歯で様子を見て、部分入れ歯を装着、さらに左右の歯が悪くなることで総入れ歯を選択します。特に注目したいのは、部分入れ歯が左右の健康な歯に与える悪影響です。

部分入れ歯を固定する金具は左右の健康な歯に装着されることが多いのですが、これはその負荷までが左右の歯にかかってくることを意味してします。

そうなると通常の2倍程度の負荷が健康な歯にかかってくるのですから、長期化することで健康な歯までがグラグラしたり、歯茎に痛みがでたりしてしまいます。そうして少しずつ健康な歯が少なくなってしまうのです。

部分入れ歯は使い方によって左右の健康な歯を痛めてしまう時限爆弾なのかもしれませんね。

一度入れ歯を作ると最終的に全ての歯が悪くなると言われてきました。その理由が正常な歯に与える負担だったのです。

インプラント治療はどのような手順で行うのか?

インプラント治療には一定の時間がかかると言われていますが、実際にはどのような手順で行われているのでしょうか?

【インプラント治療1.】適応検査が大切

インプラントで最も重要なのは事前検査と言われています。まずインプラントの術式を理解して、自分の求めている治療に合致するのかを考えて下さい。

医師の説明をよく聞いて、実際に使用されているインプラント本体を確認することも重要です。納得できたら検査を受けます。

インプラント治療で最も重要なのが顎骨の状態であり、骨密度が少ない「骨粗しょう症」が発症しているケースでは治療ができないことがあります。また極端に骨が小さかったり、薄かったりした場合も同様です。

また抜歯した直後で顎骨にダメージが残っているケースでは、治療を遅らせる判断もあり得るのです。

インプラント治療は顎骨に穴を開けて人工物を埋め込む治療で、ある意味人工関節と変わらない慎重さが必要だと思います。しっかりと説明を聞いて、検査を十分に行ってから決断するようにしましょう。

【インプラント治療2.】2種類の手術法

インプラント治療には2種類の手術が一般的に行われています。「1回法」と「2回法」ですが、標準的な手術法として普及しているのは2回法になります。

2回法の手術手順は以下の通りです。

  1. 局所麻酔を行う
  2. 歯肉(歯茎)を切除する
  3. 顎骨から歯肉を剥離させて骨を露出させる
  4. ドリルで顎骨に穴を空ける
  5. 人工歯根(フィクスチャー)を埋め込む
  6. 人工歯根に蓋を被せる
  7. 歯肉を人工歯根に被せて縫合する
  8. <顎骨の状態に合わせて1.5ヶ月~3ヶ月程度休ませる>
  9. 人工歯根と顎骨の結合を確認する
  10. 歯肉を切開して人工歯根を露出させる
  11. アバットメントを人工歯根に装着させる
  12. アバットメントに人工歯を装着させる

2回法では人工歯根を顎骨に取り付ける時と、アバットメントを装着する時と2回に分けて手術を行う必要があります。これは人工歯根と顎骨の結合に時間がかかるためで、一度歯肉で完全に塞いだ方が衛生的にも良いと判断されているからです。

人工歯根と顎骨の結合は位置や人によって違いがあり、早い人で1ヶ月程度、遅い人で半年以上かかる場合もあります。

また2回目の手術でアバットメントを装着しても、直ぐに人口歯を取り付けずに歯肉の回復を待ってから、取り付ける治療法もあります。あくまで歯科医の判断で選択されています。

それでは次に一回法の手順を紹介しましょう。

  1. 局所麻酔を行う
  2. 歯肉(歯茎)を切除する
  3. 顎骨から歯肉を剥離させて骨を露出させる
  4. ドリルで顎骨に穴を空ける
  5. 人工歯根(フィクスチャー)を埋め込む
  6. 仮のアバットメントを人工歯根に装着させる
  7. <顎骨の状態に合わせて1.5ヶ月~3ヶ月程度休ませる>
  8. 正式なアバットメントを装着する
  9. アバットメントに人工歯を装着させる

1回法では1回の手術で仮のアバットメントまでを装着し、歯肉から露出させた状態で、顎骨との結合を待ちます。人工歯根が露出しているので、再度歯肉を切開する必要もなく、手術は1回で済むのです。

しかし、結合前に歯肉から露出している状態では、気になって舌で触ったり、細菌が侵入したりする可能性もあります。

また1回法の選択は「骨が丈夫」「口腔内の衛生状態が良好」「健康状態が良好」などの条件があります。しかし最近では患者にとって負担の少ない1回法を積極的に採用している歯科医も増加しており、これからの標準となるかもしれません。

インプラント手術の方法は歯科医によって違いがありますので、検査を受ける段階で医師とよく相談するようにしましょう。

【インプラント治療3.】即時荷重は慎重に

「ニコッ」と笑って歯が無かったら、せっかくの美人も台無しになってしまいますよね。できればインプラント治療も1回法で、その日の内に歯を装着して貰いたいものです。

人工歯根を装着した直後に人工歯(仮歯)までを取り付ける治療を「即時荷重」と呼びます。即時荷重であれば歯の無い期間を極力無くすことができるので、折角の美人を台無しにすることもありません。

しかし即時荷重を行った場合には、人工歯根の安定が阻害されるリスクがあることを理解して下さい。

例えば人工歯根が結合していないにも関わらず、義歯に大きな負荷をかけることは、顎骨とチタンの結合を阻害して隙間を作る原因にもなります。またそれが原因で細菌による感染症も起きる可能性が出てきます。

即時荷重は便利な治療法ですが、リスクがあることも十分に理解して歯科医と相談するようにしましょう。

実はインプラントは歯科用語ではないことを知っていますか?インプラントとは「人工的に体内に埋め込んだもの」の総称であって、「人工関節」「ペースメーカー」などもインプラントです。

さらに最近では美容整形で使用されている「シリコンバック」もインプラントに該当します。

その意味で「歯科用インプラント」が正式な名称なのですが、大きな注目を集めた結果インプラントと言えば歯科用となってしまったのです。この記事ではその習慣にならって歯科用インプラントをインプラントとして表記します。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る