健康生活TOP 乗り物酔い 大人の乗り物酔いの原因は脳や耳の病気?めまいをチェックしよう

大人の乗り物酔いの原因は脳や耳の病気?めまいをチェックしよう

shutterstock_339716532

乗り物酔いをする人は、乗り物に乗る事が憂鬱で仕方ありませんし、乗る前から気分が悪くなった事を想像しただけでも吐きそうになってしまいます…。

可能な限り乗り物は避けたいところですが、どうしても乗る必要がある場合は我慢して乗るしかありませんよね。

事前に酔い止めを飲んでおけば少しは楽になるかと思いきや、ダメなものは何をやってもダメ!…なので目的地に着いた時には最悪の気分とコンディションに泣きたくなる事も多々あるでしょう。

そんな乗り物酔いですが、大人が重度の酔いを感じる場合はただの乗り物酔いではない可能性があります。

なんと脳や耳に潜む病気が原因かも…!?はたしてその実態とは。

子供の乗り物酔いは成長とともに治る

乗り物酔いをする原因の多くは三半規管が関係していると言われており、子供はまだ成長途中なので三半規管も弱く乗り物酔いをしやすいと考えられています。

揺れや速いスピードに目が追いつかなくなり目が回るのも乗り物酔いをする原因ですが、慣らす事で乗り物酔いを克服する事ができます。

子供の時に一度でも乗り物酔いをしてしまうと、例えばそれが車であった場合、車内の匂いや排気ガスの臭いを嗅いだだけでも、脳がその時の状況を覚えているので連鎖反応で酔ってしまうようになります。

一度植えつけられた嫌な記憶は、他の事と結びつけて考えてしまうので、ひどくなると車を見ただけでも吐いてしまう子もいます。

こういう時は車に乗った時にいい事があると関連付けると克服しやすくなります。このように子供の時に乗り物酔いの経験があっても、成長ともに慣れていく場合もあるので克服できます。

もしも子供の頃に乗り物酔いをした事がなかったのに、大人になってから突然乗り物酔いをするようになったら、他の病気である可能性を否定できません。

大人になってからの乗り物酔いは病気かも…!?

大人になってから突然乗り物酔いをした場合、いくつかの原因が考えられます。

  • 寝不足や体調不良で疲れがたまっている時
  • 極端な空腹か満腹の時
  • 体を締め付ける下着や洋服を着ている時
  • 移動中に文字を読んだりゲームをしたりする時
  • 進行方向と逆向きで座っている時
  • 同乗者にきつい体臭や口臭の人がいる場合
  • 車の芳香剤の匂いがきつい時
  • 耳や脳の病気の可能性

これは普段乗り物酔いをしない人でも、いくつか条件が重なると乗り物酔いをする事もあります。一番注意すべきなのは、耳や脳の病気の可能性です。

もしも普段からめまいがする人は、大人になってから突然乗り物酔いをする事もあるのでめまいの原因をはっきりさせておきましょう。

メニエール病や難聴などもめまいという症状が出ますが、脳の病気にもめまいという症状が出るものがいくつかあります。

自分では気づいていないものの、めまいがある状態で高速で移動する乗り物に乗ると、乗り物酔いをする事があります。

ただし耳や脳の病気が原因で乗り物酔いをする場合は、必ず他の症状も現れるので単なる乗り物酔いではないと判断しやすいかもしれません。異常が見られたらすぐに病院に行くことをおすすめします。

大人になってからの乗り物酔いの原因として、意外なものもあります。人は年齢とともに老化に向かうという現実があり、視力や体力、三半規管も徐々に衰えて行きます。

若い頃はなんともなかった車での移動も年を取ってから久しぶりに経験すると、体の機能が衰えているため、周囲の景色が変わるスピードに対応しきれなくなり酔ってしまうのです。

老化による機能の衰えも乗り物酔いの原因になる事があると覚えておいてください。

酔いを防止する!

乗り物酔いをするかもしれないと不安があるなら、前日から体調を整え、万全な状態にしておきましょう。

心配な場合は酔い止めを飲んだり、移動中は目をつぶるか、眠るようにしたりしておくと乗り物酔いを防げます。

また自分の好みの香りをまとったり、自家用車の場合は車の臭いをかえてみるのも効果的です。

お腹周りや首もとがきつい服装はNGです。ゆったり、リラックスできる服装にしましょう。

酔うことに神経質になりすぎて、緊張したままでは余計に酔ってしまいます。「自分は大丈夫」と無駄に前向きな気持ちでいることも効果的ですよ。

繰り返しになりますが、普段からめまいを感じる事が多い方はその原因をはっきりさせておきましょう。

乗り物酔いしてるだけ…と決めつけてしまわずに、病気の可能性をしっかり疑ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る