健康生活TOP メタボリックシンドローム 週末に毎日の食べ過ぎリセット!血液浄化の驚きのデトックス効果

週末に毎日の食べ過ぎリセット!血液浄化の驚きのデトックス効果

shutterstock_2620668262

健康の事は気になってはいるけど溢れるグルメ情報、あるいはお付き合いや接待等でつい飲み過ぎ、食べ過ぎの生活になっていませんか?

そんな生活を続けていると、体の中には多くの老廃物が溜まっていきます。その老廃物がなんとなく体がだるかったり、疲れが取れにくい等の原因になっています。

生活習慣病やガンが増えている背景には、毎日の食べ過ぎ、飲み過ぎが有る事は間違いありません。

週末に食べ過ぎをリセット!デトックス作用のある食事を2日だけ

1192

ガンや生活習慣病の予防の為に週末だけ食事を見直し、食べ過ぎをリセットしてみませんか?土日で血液を浄化する方法が有るのです。

普段の生活で外食が多い場合は、どうしても油もの、白米が中心になっていると思います。肉類も過剰に摂取していませんか?これら食事は体内では完全には消化されず、体内に毒素として蓄積されてしまいます。

その毒素を排出するのには、

  • 玄米(穀類)
  • 野菜

を中心とした食事が適しています。他にも

  • 海藻類
  • 発酵食品加

を積極的に食事に組み込みましょう。

そしてこの食生活は週末の2日のみでも十分にデトックス効果が望めるのです。ここでポイントとなるのは、少な目を心がける事です。

玄米は白米よりビタミン、ミネラル、そして食物繊維を多く含みます。また自然の有効成分をそのまま含んでおり非常に栄養バランスに優れています。

玄米、野菜の他に海藻類、発酵食品加えた食事を週末に2日間続ける事で、一週間の食べ過ぎを解消する事が可能なのです。

健康常識に囚われ過ぎないで!自分に合った食事の仕方が一番

健康の常識として

  • 好き嫌いをしない
  • バランスよく食べる
  • 1日30品目食べる
  • 朝食をしっかりとる
  • カロリーを摂りすぎない

しかし実際これらを守るのは非常に大変です。健康常識に囚われ過ぎると、非常に食生活が窮屈になります。朝、食欲が無いのに無理やり食べる事はあまりお勧めできません。

朝、食欲が無いのは前日の過ごし方なども有りますが、体が食べ物を欲していない状態なのです。ここに無理やり食べ物を押し込んでも良い結果にはなりません。

もっとシンプルに食事を考えましょう。週末2日間は玄米・野菜・海藻・発酵食品ですが、なるべく季節ごとの旬の食材を取りように心がけてください。

夏野菜は体を冷やす効果が、冬の野菜は体を温める効果が有ります。冬に夏野菜を食べる事は実は体に負担をかける事になります。

いまはスーパー等で季節を問わず野菜は売られていますが、普段の食事なるべくその季節の旬の野菜を選ぶよう心がけてください。

野菜や魚は栄養を全部もらっちゃいましょう!全体食のすすめ

shutterstock_2783430322

食事に注意する事がすべての病気・症状の予防の最善策である、という考え方が有ります。この予防法のルールには「野菜や魚を丸ごと食べる」という全体食のすすめが存在するのです。

例えば魚一匹はその部位ごとに栄養が違い、全体でバランスがとれています。野菜や魚等は丸ごと食べることでバランスの取れた栄養を得る事が出来るのです。

普段の食事はお刺身などで全く問題ないのですが、週末の食事の時は、副食として丸ごと食べられる小魚を選ぶとより効果的です。

胃にも優しい食事で血液浄化もできる!自分の体をつくるのは自分が食べたもの

玄米・野菜を中心とし少な目の食事は、消化に3時間程しかかかりません。胃腸に十分な休息時間を与えられます。

また、週末に食事を見直すことで、睡眠中に血液が浄化される効果があるのです。

寝ている間、脳細胞が覚醒時の60%まで小さくなると言う研究結果が有ります。この状態ですと細胞の間の毛細血管が広がり、血流が良くなります。浄化された血液が脳細胞の隅々まで行き渡ると、細胞への浄化作用は覚醒時の10倍になると言われています。

体は自分が食べたもので出来ています。それだけに食べ物で健康にも不健康にもなります。毎日の食生活はなかなか変えられない物。週末の2日間だけ、体の為に食事について見直してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る