健康生活TOP メタボリックシンドローム 夏ストレスで筋肉分解!?コルチゾールの分泌はメタボの原因になる

夏ストレスで筋肉分解!?コルチゾールの分泌はメタボの原因になる

shutterstock_1893491422

暑い夏が過ぎて涼しくなってくるともう秋です。昔から秋は「読書の秋」「スポーツの秋」そして「食欲の秋」と言われており、秋を楽しみにしている人も少なくありません。

しかし、秋には困った問題もあります。それが「秋太り」と言われる現象。そう秋には体重の増加が見られメタボ体型に陥ることが多いのです。

秋になると体重が増えるのはなぜだろう?

メタボとはメタボリックシンドロームの略称であり、皮下脂肪や内臓脂肪による一定の基準を超過した状態で、生活習慣病の原因とも考えられています。実は秋には体重が増加して、メタボの仲間入りになってしまう人が結構いるようです。

体重が増加する原因として最も多いのが、カロリーの過剰摂取と考えられています。いわゆる「食べ過ぎ」なのですが、確かに秋は食べ物が美味しくつい食べ過ぎてしまいます。しかし、秋太りはこれが原因だけではなさそうです。

美味しいものが一杯の秋は食べ過ぎの食習慣が

先ほども紹介した通り、秋は「食欲の秋」です。秋は「収穫の秋」とも言われており、様々な農産物が収穫されます。野菜やフルーツなど美味しい物が一杯で、更に秋刀魚や鮭などの魚類も秋が一番美味しいですよね。

また、「新米」や「新そば」などの穀物も秋に収穫されることから、秋は食べ物が一番美味しい季節とされているのです。

美味しい物が一杯あるとついつい食べ過ぎてしまうのが人間の性かも知れません。特に日本人は「新物」を好む国民性があり、「新○○」などが大好きです。

新物が市場に出てくると「食べなきゃソン!」って感覚で、奪い合うように買い求めることも多いのです。まぁ確かに新物は美味しいですよね。

このように秋は市場に美味しい物が一杯出てきますが、食べ過ぎは体重を増加させる原因になります。美味しい新物を適度に楽しむのであれば良いのですが、毎日のように食べ過ぎていては太る原因です。

「食欲の秋」は気をつけないと食習慣を変えてしまうきっかけになってしまうのかも知れませんね。

夏の疲れで精神疲労が起きている

shutterstock_1521492502

秋には「スポーツの秋」のように活発な明るいイメージがありますが、中には「読書の秋」を代表とする感傷的なイメージもあります。

秋になるとなんとなくもの悲しく、センチメンタルな雰囲気になってしまうのですが、これは精神的に疲れているのが原因である可能性があります。

夏は暑く気を緩めると「夏バテ」や「熱中症」にかかってしまいます。また夏は様々なスケジュールが一杯で、気を緩めている場合ではなかったのです。

しかし、暑い夏が過ぎて、気候も涼しくスケジュールにも余裕が出てくる秋は、今までの張り詰めた気持ちが緩むことで気力が抜けてしまうことがあります。これは「秋のウツ」と呼ばれる現象で、張り詰めていたものが途切れることで発症します。

こうなると「何もしたくない」「家に篭っていたい」「食事も作りたくない」などの感情が生まれてしまい、外出もせずに家に引篭もってスナック類などのお菓子やお弁当で生活するようになってしまいます。

外出をしないことは運動不足に繋がり、食事もスナック類や弁当が主体になるために、太りやすい環境が生まれてしまいます。

「今年の秋は家で静かに本でも読んでいます。」なかなか素敵な言葉ではありますが、もしかしたら秋のウツ病なのかも知れませんね。

スポーツと食欲増進は紙一重

夏の昼間はスポーツをやりたくても暑さで思うようにできないことが多いようです。気温が35度もある状況では「熱中症」などの脱水症状を発症させるリスクがあります。

特に人気のスポーツである「ランニング」「サイクリング」などを炎天下で行うことは危険であり、秋を待ち遠しく思っていた人も多いのではないでしょうか?

秋になって気候も涼しくなると今までのウップンを解消するべく、スポーツを再開するのですが、ここに秋太りの原因が隠されています。

涼しい環境で運動することは気持ちも良く、ストレスの発散にもなります。更にお腹もすいて食べ物も美味しく感じることでしょう。そして食べ過ぎに繋がってしまうのです。

特にスポーツを趣味にしている人にある特徴として「運動前にはあまり食べない」「運動後に食べる」と言う特徴があります。汗をかいたあとのビールは最高ですが、この食生活が秋太りの原因だったのです。

もちろん運動することはカロリーを消費して脂肪の燃焼を促進させます。しかし、私達が思っているよりも脂肪の燃焼は少なく、脂肪1kgを燃焼させるには100km以上のランニングが必要とされているのです。

そして「運動したから今日は大丈夫」「食べても筋肉になるから」などと言う過信も、大食いになってしまう原因になります。運動することは過食の免罪符ではないことを十分理解しましょう。

「スポーツの秋」なかなか良い言葉ですが、普段の食生活を維持した状態で運動することが重要と言うことですね。

ストレスが原因で生活が乱れてしまう

皆さんにも経験があると思いますが、あまり食べていないのに太ってしまうことってありますよね。食事もバランスよくとって適度な運動もしているのに太ってしまっては、気分も沈んでしまうのも仕方がないことです。

このような現象の原因として考えられるのが「ストレス」です。

ストレスは太る原因と考えられていますが、皆さんが「ストレスで太る要因」で思い当たることは以下のような内容ではないですか?

  • ストレスで大食いをしてしまう
  • ストレスで家に閉じこもって身体を動かさない
  • ストレスで基礎代謝が下がってしまう
  • その他

嫌なことがあって「やけ食い」「やけ酒」に走ることは良くありますが、これは太る原因になります。また、過度のストレスは精神だけでなく、自律神経の作用を乱して代謝を悪くする原因にもなってしまうのです。

代謝が下がることは一日の消費カロリーが少なくなることに繋がるため、太りやすい身体になってしまいます。つまり、同じものを食べていても太ってしまうのですね。

そしてストレスにより太る原因はまだあったのです。それが「コルチゾールの分泌による体重増加」なのです。

夏ストレスでコルチゾールの分泌が過剰になる

shutterstock_2830103362

近年の夏は温暖化の影響もあって、昔とは比較にならないくらいに気温が高くなっています。昔であれば30℃を超えるくらいの気温だったのが、35℃や37℃も珍しくはなくなりました。

このような過酷な環境下では普通に生活しているだけで様々なストレスを抱え込んでしまうことが想定されます。それが「夏ストレス」なのです。

夏ストレスの影響は秋になってからが本番

毎日のように暑い夏は「食欲低下」「睡眠不足」「冷房病」などを引き起こして、少しずつ私達の身体にダメージを与えます。

しかし、夏の気候は反面「活動しやすい」「気分が楽しい」などの良い面もあることから、その影響は表面に表れにくくなります。

しかし、気が付かない間に負担は蓄積しており、気候が涼しくなったことで一気に身体に表れてしまいます。

ここで夏が与えるストレスの主なものをまとめてみましょう。

  • 高温の気温が原因の体温調整による疲労
  • 過度の発汗による疲労
  • 脱水による疲労
  • 胃腸の不具合による疲労
  • 紫外線を浴びることによる疲労
  • 冷房が原因の寒暖差による疲労
  • 食事の偏りが原因の栄養不足による疲労
  • 夜更かしなどの睡眠不足による疲労
  • その他

これらは夏のストレス原因の一部ですが、このようなストレスが蓄積されるとあるホルモンが分泌されてしまいます。それが筋肉を溶かして脂肪にしてしまう「コルチゾール」なのです。

コルチゾールは急激なストレス要因で分泌されるのではなく、ストレスがある一定期間慢性的に蓄積された場合に分泌されやすいと言われています。すなわち夏の慢性的なストレスが秋にはコルチゾールの分泌増加で返ってくるのです。

コルチゾールは筋肉を脂肪に変えてしまう

コルチゾールは腎臓上部にある副腎皮質から分泌されるホルモンの一種です。コルチゾールはステロイドの一種であり、「タンパク質、糖質、炭水化物の代謝」や「炎症を鎮める」など人間にとって必須のホルモンです。

しかし、必要以上に過剰な分泌は様々な弊害をもたらせてしまいます。

本来急激なストレスが人間にかかった場合、身体を守るために「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」を分泌します。これは自律神経がストレスに対して臨戦態勢を取らせるもので、一時的に肝臓のグリコーゲンを分解して糖質を作り血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇することは血液中の栄養分が増えることなので、これにより身体中の細胞にエネルギーを追加しているのです。簡単に説明しますと「ストレスと戦うためにたっぷり食べろ!」と言うことなのですね。

反対に慢性的なストレスがかかった場合には、「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」ではなく「コルチゾール」が分泌されてしまいます。先ほども説明しましたが、コルチゾールは人間にとって必須なホルモンです。

しかし、ストレス要因で慢性的に分泌された場合にはちょっと困った働きをしてしまいます。コルチゾールはストレスで脳が負けないように、栄養(糖質)を供給する働きがあります。

それが肝臓のグリコーゲンであれば問題ないのですが、コルチゾールは筋肉から代謝によって糖を作り出そうとするのです。

また、インスリンの働きを阻害して栄養(糖質)を脳以外の細胞に吸収し辛くさせて、血糖を上昇させてしまいます。この働きはエネルギーを大切な脳に集中させるためなのですが、実際には大部分の血糖が消費されずに余ってしまいます。

この余った血糖は脂肪となって内蔵脂肪や皮下脂肪として蓄積されてしまうのです。

つまり・・・

<コリチゾールの過剰分泌によってメタボになる仕組み>

  1. ストレスが慢性的にかかる
  2. コルチゾールが過剰に分泌される
  3. 脳に栄養を送るために筋肉を分解して糖質を作る
  4. インスリンの作用を抑制して脳以外の細胞に糖質を吸収させない
  5. 脳が吸収する糖質は一部なので血糖値が上昇する
  6. 余った血糖が血液中に溢れてしまう
  7. 余った血糖が脂肪細胞になって内臓脂肪や皮下脂肪となって蓄積される
  8. 身体全体の筋肉量が減り脂肪が増えてしまう
  9. メタボリックシンドロームが発症してしまう

コルチゾールの作用で注目するポイントは、せっかく増やした栄養(血糖)を脳以外の細胞が使用できないようにインスリンを阻害する作用です。

こうなると脳以外の細胞は栄養を吸収できなくなってしまいますので、脳以外の細胞はエネルギー不足になってしまいます。

「疲労」「倦怠感」が出るのはもちろんのこと、自律神経を乱して「免疫力の低下」を誘発し感染症を起こしやすい身体になってしまうのです。

慢性的なストレスにより筋肉を溶かして脂肪に変えてしまうのですから、気が付かない間にメタボになっても仕方がないことかも知れませんね。

コルチゾールの慢性的な分泌を抑えるには

コルチゾールの過剰分泌を抑えるためには慢性的なストレスを抑える必要があります。特に夏場は上記した通りに気候による外部ストレス要因が多く、気が付かない間にストレスを抱え込んでいる場合があります。

直接の紫外線をさけたり、急激な寒暖差に注意したりする対策が必要です。夏場のストレスは秋になってコルチゾールとなって表面化する可能性がありますので、睡眠などの休息を十分とってストレスを抱え込まないようにしましょう。

また、筋トレなど負荷の強い運動を行う場合も、慢性的なストレスの要因になります。筋トレを毎日欠かさずに行っている人も多いと思います。

日本のスポーツ界では毎日練習することを美徳としている風習がありますが、実際にはしっかりとした休息を取らないと、慢性的なストレスとなって筋肉が分解されていたのです。

辛い筋トレをしてもなかなか筋肉が付かないのは、コルチゾールが原因だったのですね。

しかし、中には負荷の強い筋トレが大好きで、それを行うことでストレスが解消できる人もいます。それでも筋肉レベルではストレスを感じている場合がありますので注意が必要だと思います。

コルチゾールの増加は脳のダメージにも繋がる

本来コルチゾールの過剰分泌はストレスに対して、脳の働きを活性化させる目的があります。そのために栄養を脳に集中させるのですが、コルチゾールが分泌され続けると脳に障害を与えることがあります。

大量のコルチゾールが分泌されると脳の「海馬」領域が萎縮してしまうことが解明されています。

海馬は記憶や感情をコントロールしており、萎縮してしまうと「記憶障害」や「感情がなくなる」などの症状が表れてきます。

もともと海馬はストレスに弱い部分と言われており、ストレスが原因のウツ病は海馬の萎縮が引き金となっているケースが多いようです。

慢性的なストレスは筋肉量を減らすだけではなく、脳機能にまで影響を与えるリスクがあったのです。

コルチゾール対策にオススメしたいポイント!

shutterstock_2152891092

コルチゾールの過剰分泌を抑えるためには十分な休息を取ることが重要ですが、その他にもいくつかのポイントがあります。

ストレスを感じている時にダイエットはしない

真夏など外気温が30℃以上もある季節は、普通に生活しているだけで様々なストレスが身体にかかってきます。また、長時間の仕事や勉強、人間関係でもストレスはかかってきますよね。

このように慢性的にストレスを感じている場合には、ダイエットをしてはいけません。ダイエットによる食事制限はストレスを増加させてコルチゾールの分泌を促進してしまいます。

タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルなどバランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

ビタミンCでコルチゾール対策を

shutterstock_1272756742

コルチゾールが体内で増加すると様々な悪影響が出てきますが、ビタミンCがその影響を抑制してくれることが解明されています。ビタミンCは副腎の疲労を改善して、コルチゾールの分泌を抑える働きがあります。

また抗酸化作用も強いので細胞の酸化(老化)を防いでくれる作用も期待できます。

体内にコルチゾールが増えてくると、体内にあるビタミンCが大量に消費されてしまいますので、食べ物やサプリメントで補給することが大切です。

「あー疲れたぁ」「ストレスだなぁ」と感じたら、フルーツやサプリメントでしっかりとビタミンCを補給して下さいね。

睡眠を十分にとってストレス解消

ストレス解消の基本はやはり睡眠です。質の良い睡眠は身体や脳を休めてストレスを解消してくれるでしょう。

疲れて仕事から帰って、深夜までテレビやゲームで過ごす人も多いと思いますが、それでは本当のストレス解消になっていません。脳は深夜まで覚醒状態にあるのです。

そうならないために「疲れたなぁ」って感じたら、最低でも7時間の睡眠を取るようにしましょう。

フィットネスは3日連続で行かない

shutterstock_1734865852

フィットネスクラブ(ジム)に入会している人も多いと思います。マシントレーニングやスタジオメニュー、またはプールなど楽しく身体を動かすことができます。

しかし、いくら楽しいからと言って毎日通うことは、気が付かない間に慢性的なストレスを抱え込んでしまう原因になります。

2日行ったら1日休むなど、連続の運動は避けるようにしましょう。また運動も1時間~2時間程度が最適であり、3時間~5時間など長時間の運動は避けるようにしましょう。

自宅でランニングを行う場合も同じで、2日走ったら1日はウォーキングにするなど調整して運動して下さい。

運動後にフルーツジュースを

運動後にはコルチゾールの分泌が促進されてしまうので、ビタミンCを含むフルーツジュースを飲むようにしましょう。フルーツジュースにはビタミン以外にも果糖が含まれており、血糖を上昇させる働きがあります。

血糖の上昇はインスリンを分泌させてコルチゾールを抑制する働きもあるのです。運動後のビタミンジュースを忘れないようにしましょう。

秋はコルチゾールに注意が必要

このように慢性的なストレスが要因で分泌されているコルチゾールは、筋肉を脂肪に変えてしまう恐ろしいホルモンです。夏の暑い時期に十分な休息を取らなかったり、食事をおろそかにしたりしていると秋になってメタボになってしまうかも知れません。

秋メタボは夏のストレスが原因ですが、対策は秋からでも十分間に合います。涼しくなったからと言って、遊びまわるのではく、十分に休息を取ってストレスを解消しましょう。

「ストレスで痩せちゃったよ~」アニメでは過剰なストレスは痩せる要因とされていますが、それはストレスで胃腸が悪くなった話です。実際には太る要因にもなることをお忘れなく。

ストレスフリーの生活で筋肉を分解させないようにしたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る