健康生活TOP メタボリックシンドローム 外食中心の一人暮らしでも健康維持!メニュー次第でメタボ対策

外食中心の一人暮らしでも健康維持!メニュー次第でメタボ対策

shutterstock_924085332

1人暮らしの皆さん、どうしても外食が多くなりますよね?栄養のバランスを考えると良くないと知りつつも、めんどくさくてつい・・・というのが現状だと思います。

実際外食やコンビニで食事を考えた時、炭水化物と揚げ物がかなり多いと思います。コンビニではおにぎりを始め、お弁当は揚げ物中心です。

外食となると、牛丼やカレー。かつ丼等最近は比較的リーズナブルな物も多く、食べる機会が多くなるのは無理もないと思います。

つい惰性で選んでいませんか?食生活を見直そう

ちょっと思い浮かべてください。例えば、あなたがお昼のお弁当を買いにコンビニへ行ったとします。

真っ先にお弁当のコーナーへ行き、いつも食べている「唐揚げ弁当」等を手にしていませんか?その時昨日食べたお弁当を思い出してください。

同じお弁当を選んでいませんか?少し立ち止まって考えてください。昨夜は何を食べたか、最近野菜はいつとったか・・・。

もし同じお弁当ばかりを食べているのなら、少しメニューを変える意識を持ってみましょう。先ほども述べましたが、お弁当は揚げ物が多いです。

最近のコンビニは野菜サラダのメニューが豊富です。いつものお弁当をやめて、おにぎりとサラダにするだけでも油分を抑える事が出来ます。

極端に意識すると窮屈になるので、行き過ぎは良くありませんが、食事のメニューを選ぶとき、昨日何を食べたか思い出し、なるべく違うものを食べる事を意識してください

外食でもコンビニ飯でも健康的に食事するには?

shutterstock_111804341
夕食の外食には、実は居酒屋がお勧めです。もちろん飲み過ぎはいけませんが、非常にメニューが豊富な事が魅力です。

その時の体調に合わせて、野菜が食べたいときは野菜中心のメニューを選べば良いのです。居酒屋ではバランスよく自分で選ぶ事ができます。

豊富なメニューが楽しめる居酒屋ですが、より健康的に食事する為には法則が有ります。まず大切な事の一つは「ゆっくり食べる」という事です。

当然ですがお酒もゆっくり飲みましょう。空腹に任せて飲んだり食べたりするとどうしても飲み過ぎ、食べ過ぎになります。

ゆっくり良く噛んで食べる事は、胃腸への負担も軽減し、肥満の防止にもなります。

2番目に、最初はエダマメやサラダなどカロリーが低く植物繊維を多く含むものから注文しましょう。これらをまず食べる事は、その後の食事の吸収を緩やかにしていきます。

そして3番目には漬物や納豆、キムチなど発酵食品を多く摂ってください。定食屋やレストランではなかなか取れない発酵食品ですが、居酒屋では容易に摂る事ができます。

発酵食品は胃腸の活動を助けます。腸が元気になると免疫力がアップします。また胃腸が活発になる事で便秘の解消にもなり、新陳代謝を向上させます。

夕食の時食欲が無い時は

お昼に食べ過ぎたり、昼食時間が遅くなり夜食欲が無い時は、無理に夕食は食べない、または極端に減らすと言う選択肢もあります。

こんな時にお勧めなのがコンビニの「おでん」、あるいは「豆腐」です。おでんは自分の体調に合わせて具を選ぶ事が出来ます。また豆腐は低カロリーで有りながら、満腹感も得られます。

外食やコンビニ食は、味が濃くカロリーも高く栄養が偏るというイメージが強いかと思います。しかし実際には非常に豊富なメニューがそろい選び方一つで十分に健康維持が可能です。

メタボ対策の食事注意点

  • ゆっくり食べる
  • 植物繊維をとる
  • 発酵食品をとる
  • お腹の減り具合に合わせた量を食べる

いかがでしたか?油ものが大好き!という方も、1週間のうち2回、など周期を決めて食べてほしいものです。

食事メニューを選ぶとき、少し考えてみてください。それが健康への第一歩です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る