健康生活TOP 更年期障害 手足のしびれや皮膚のピリピリは更年期症状!でも危険な病気の場合も

手足のしびれや皮膚のピリピリは更年期症状!でも危険な病気の場合も

手が痛い女性

ピリピリ、またはジンジンして不快な手足のしびれは40~50代の女性に起こりやすい症状のひとつ。その手足のしびれは、更年期障害が原因で起こっている可能性があります。

どのような症状があれば更年期障害が原因と考えられるのでしょうか?また更年期障害以外で手足のしびれを伴う病気にはどのようなものがあるのでしょうか。更年期に起こりやすい手足のしびれの原因と特徴についてまとめました。

これも更年期障害?更年期に起こる手足のしびれの特徴は

閉経をはさんで40代半ばから50代半ばを更年期といいます。女性が成熟すると同時に心身には様々な不調が起こりやすい時期でもあります。この不調は「更年期障害」と呼ばれます。

更年期障害は、閉経の数年前からエストロゲンという女性ホルモンの分泌が低下し、自律神経のバランスが乱れるために起こります。

更年期の女性に起こりやすい症状の一つに手足のしびれがあります。通常、しびれは神経や血管のトラブルが原因と考えられ、治療の専門は整形外科や神経外科ということになるのですが、40代~50代の女性に手足のしびれが起これば、更年期障害も原因の1つに挙がってきます。

女性にこのような手足のしびれがあれば更年期障害が原因かもしれません。

  • 皮膚がピリピリする
  • 物を持つ時、感覚がなかったり力が入らなかったりする
  • 若い頃にはなかった症状だ
  • しびれに痛みや冷えを伴うことがある
  • 重い物を持ったり正座したりする時にすぐしびれるようになった

手足のしびれ以外に次にような更年期障害の症状を伴って気になる場合は、婦人科または更年期外来に相談することも検討してみてください。

更年期に起こりやすいその他の症状

  • 頭痛・肩こり・吐き気・めまい・食欲不振といった不定愁訴
  • イライラ・情緒不安定
  • 気分の落ち込み
  • 疲労感
  • 月経周期の変化
  • 冷え
  • のぼせ・ほてり・多汗
  • 動悸・息切れ
  • 不眠

更年期の女性に手足のしびれが起こりやすい理由は?

更年期になると、なぜ手足のしびれが起こりやすくなるのでしょうか。

加齢

40代以降になると男女とも、加齢が原因で手足のしびれが起こりやすくなります。これは加齢によって末梢神経に障害が起こりやすくなるためです。

末梢神経は傷がついても自分でその傷を修復することができます。若い頃は神経が傷ついてもすぐ修復することができていたのですが、加齢に伴って傷を修復する時間がかかるようになると、手足の指先に知覚の異常が起こりやすくなってくるのです。

さらに加齢によって筋肉や軟骨が衰えるに伴い神経が圧迫されやすくなって、しびれや痛みを感じることも増えてきます。

エストロゲンの減少

女性の体は30代をピークにエストロゲンの分泌が少しずつ低下し始め、閉経の数年前からは急激にエストロゲンの分泌量が減少します。

エストロゲンには、コラーゲンを作り皮膚をしなやかに保つ作用があります。そのため更年期にさしかかると、コラーゲンの減少によって皮膚の弾力性が失われ、ちょっとした刺激で手足の皮膚に知覚過敏が起こりやすくなってしまいます。

血行不良

さらにエストロゲンの減少によって血管の弾力性が失われたり、加齢によって自律神経の機能が低下したりすると、手足の先への血流が滞りやすくなり、冷えて痛みやしびれが起こりやすくなってしまいます。

更年期障害によるしびれの予防・改善法するには

手足のしびれを含む更年期障害の症状は、エストロゲンの分泌が安定する閉経後には自然とおさまるので、あまり深刻に悩まないことをおすすめします。

更年期障害の症状が出ている間は、ホルモンや自律神経のバランスを整えると、症状が軽快しやすくなります。

ビタミン剤で末梢神経を修復

手足のしびれを緩和させるには、まず末梢神経の機能を正常に戻してやることが必要です。末梢神経の修復には「メコバラミン」の摂取が有効です。

メコバラミンとはビタミンB12を製剤にしたもので、整形外科などで神経痛の緩和に用いられているほか、薬局に販売されている肩こり・腰痛用のビタミン剤に配合されていることも多い成分です。

更年期障害で手足のしびれが気になってきたら、薬局でメコバラミンが配合されているビタミン剤を試してみるのも良いでしょう。

手のしびれ、ほてり、、汗の嫌な症状に!女性ホルモンの調子を整えてくれる熟成発酵和漢のチカラ

白井田七甕商品イメージ

適度な運動をする

適度な運動が更年期障害の症状全般を緩和します。1日30分程度の軽い運動を継続して行なうと効果的です。

運動の効能

  • 血行促進
  • ストレス解消
  • 自律神経の安定
  • 筋力の向上

特に汗をかくぐらい体が温まる運動は、手足のすみずみまで血行が促進され、手足のしびれを解消する即効性も期待できます。

更年期の女性におすすめしたいのは、パートナーやお友達とも楽しく実践でき、ストレス解消効果もあるゆるやかな有酸素運動です。例えば

  • ウォーキング
  • 水中ウォーキング
  • ヨガ

などはいかがでしょう。プールやスタジオに通うのも張り合いが出ます。

ただし、手足のしびれや痛みが強い時は無理に運動しないでください。症状が悪化したりけがをしたりする可能性があります。

症状が気になる場合は受診し、お医者さんに許可された運動を実践するのが安心です。

マッサージをする

マッサージには血行を促進させることで、筋肉のコリをほぐしたり冷えていた手足を温めたりする効果があります。

痛みやしびれが緩和される場合もありますが、知覚の異常はマッサージをすることでかえて悪化するばあいがあるので、強く揉んだり長時間マッサージしたりするのは良くありません。

手足のしびれを感じた時には、手をグーパーグーパーと開閉運動させたり、足の指にギュッと力を入れては離したりといった簡単なストレッチをするのがおすすめです。

またマッサージをする場合は、しびれる部分を軽くつかんで離す、手のひらで上下にさするといったやさしい刺激がおすすめです。

入浴中または入浴後の体が温まっている時に行なうと、より効果的です。体の冷えが強い人は末端の血流が滞ることで手足のしびれが出やすいので、腕や脚を末端から心臓に向かってやさしくさすり、血液を心臓に戻してやると良いでしょう。

皮膚を保湿する

皮膚が乾燥すると知覚が過敏になりやすいので、皮膚が乾燥しないようしっかり保湿ケアを行ないます。

加齢と共に皮脂の分泌や皮膚の新陳代謝が低下し、自然と皮膚が乾燥しやすくなるので、更年期に入ったら若い頃のように洗浄力の強い石鹸で毎日洗うのはNGです。

刺激の少ない石鹸を使い、ナイロンタオルではなく手のひらでやさしくさすり洗いしてください。お風呂やシャワーは40℃くらいのぬるめのお湯がよいでしょう。熱いお湯は皮脂を流して乾燥を招きます。

入浴後や空気の乾燥している時は、保湿クリームやオイルを塗って皮膚を保護してください。

栄養バランスの良い食事をする

言うまでもないことですが、ホルモンや自律神経のバランスを整えるには、規則正しい食生活をすることが基本となります。更年期は特に、普段不足しがちなビタミン、ミネラルをしっかり摂取しましょう。

加齢によって起こりやすい手足のしびれには、ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・パントテン酸・ビタミンEの補給が有効です。これらの栄養素を多く含む食品を意識して食事に取り入れましょう。

栄養素 多く含まれる食品 作用
ビタミンC
  • 柑橘類
  • イチゴ
  • キウイフルーツ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • コラーゲンの生成を促進する
  • ストレスに抵抗する
ビタミンB12
  • 貝類
  • レバー
  • 青魚
  • 神経を修復する
ビタミンB6
  • マグロ
  • レバー
  • 鶏肉
  • 神経の修復に関与する
  • 筋肉を作る
葉酸
(ビタミンB9)
  • レバー
  • えだまめ
  • ほうれんそう
  • ビタミンB12のはたらきを助ける
パントテン酸
(ビタミンB5)
  • レバー
  • 卵黄
  • 納豆
  • 乳製品
  • ストレスに抵抗する
  • ホルモン分泌に関与する
  • 新陳代謝を促進する
ビタミンE
  • 植物油
  • ナッツ類
  • アボカド
  • カボチャ
  • 血行を促進する
  • 女性ホルモンのバランスを整える

すぐ受診を!手足のしびれが起こる更年期障害以外の病気

更年期に起こる手足のしびれは重篤な症状ではないので心配ありません。ただし、更年期障害ではなくほかの病気が原因ということもあるので注意が必要です。

手足がしびれた時に疑われる主な病気を取り上げました。症状に思い当たりのある方は早めに受診して検査を受けることをおすすめします。

手根管症候群

手の親指、人差し指、中指、薬指がしびれる場合は「手根管症候群」の可能性があります。

手根管症候群とは、手野平の付け根にある「手根管」というトンネルのような空間で神経が圧迫されるために起こります。

原因は女性ホルモンのバランスの乱れや手首の酷使などで、更年期の女性や妊娠・出産を経験している女性に起こりやすくなっています。

【特徴的な症状】

  • 片側の手にしびれが起こる
  • 人差し指、中指のしびれから始まり、親指や薬指までしびれが起こるようになる
  • 朝方に痛むことが多い
  • 指を曲げ伸ばしすると楽になる
  • 物がつまみにくい
  • 手首を叩くと痛みが指先に響く
【治療法】

整形外科を受診し、消炎剤やメコバラミンを処方してもらいます。同時に患部を安静にするために仕事や運動を軽減する必要があります。

投薬や安静といった保存的療法で症状が改善されない場合は、手根管の上にあるじん帯を少し切って神経の圧迫をなくす手術進むこともあります。

頚椎症

40代以上の人で、片側または両側の肩や腕にしびれや痛みが起こるようになった場合は「頚椎症」を引き起こしている場合があります。

頚椎症は、加齢によって頚椎(首の骨)が変形して神経を圧迫するようになり、首から腕にかけてしびれや痛みが生じるようになる病気です。進行するにつれて痛みやしびれが悪化したり、症状が下肢に及んだりすることもあります。

【特徴的な症状】

  • 首や肩がこる
  • 腕のしびれや手先のこわばりを伴う
  • 首を前や後ろに動かすと、肩や腕に痛みが放散する
  • 進行すると脊髄(背骨)の神経が圧迫され脚のしびれや歩行障害が起こるようになる
【治療法】

整形外科を受診し、消炎剤や筋弛緩薬を処方してもらいます。頚椎の安静が必要で、痛みが強い時には頚椎カラー装具で首を固定することもあります。また頚椎のけん引や温熱療法といった理学療法も用いられます。

しかし保存療法で症状が改善されない場合は、神経の圧迫を取り除くために手術をすることもあります。

椎間板ヘルニア

腰痛と片側の下肢に電気の走るようなしびれが起こる場合は「椎間板ヘルニア」を引き起こしている可能性も考えられます。

椎間板ヘルニアは、腰椎(背骨の腰の部分)にある椎間板が突出して腰椎の神経を圧迫するために起こる病気で、20~40代の人に好発します。

【特徴的な症状】

  • 強い腰痛に続いて片側の脚にしびれや痛みを伴うようになる
  • 電気の走るようなしびれが起こる
  • 腰に負担がかかると痛みが増す
  • 進行すると下肢の筋力や感覚が弱くなることがある
【治療法】

脊椎脊髄病を専門とする整形外科で治療を受けます。治療は安静と消炎剤や鎮痛剤による薬物療法が主流ですが、進行して下肢の麻痺が起こるようになった場合は椎間板を切除する手術が必要になります。

多発性ニューロパチー

両手両足にしびれが起こる場合では「多発性ニューロパチー(多発性神経炎)」が多くなっています。

多発性ニューロパチーとは、末梢神経に障害が起こる病気の総称で、糖尿病やリウマチ、ビタミンB群の欠乏、甲状腺機能低下症などが原因で起こります。

【特徴的な症状】

  • 両足の手袋や靴下を身に着ける部分に左右対称にしびれる
  • チクチクしたり焼けつくような痛みやしびれを感じる
  • 指先や足の裏に症状が出やすい
  • 進行すると歩行障害を伴うこともある
【治療法】

多発性ニューロパチーの原因によって専門科や治療法が異なります。原因となる病気の治療を優先すると同時に消炎剤や理学療法でしびれや痛みをやわらげる治療を行なっていきます。

閉塞性動脈硬化症

足にしびれや冷感があり、歩行中に足の痛みが強くなる場合は「閉塞性動脈硬化症」の可能性も考えられます。

閉塞性動脈硬化症は、何らかの病気が原因で足の動脈がふさがってしまい、その先の血行が滞ることで炎症を起こす病気です。動脈硬化、不整脈、血管の炎症などが原因で起こります。

中年以降から発症しやすくなり、特に高齢者の男性に好発しますが、女性にも高脂血症や糖尿病などが原因で発症する人が増えている病気です。

【特徴的な症状】

  • ふくらはぎの痛みやしびれから始まることが多い
  • 足のしびれに冷感を伴う
  • 歩くと痛みが強くなり、安静にすると痛みが消える
  • 進行すると筋肉の潰瘍や壊死が起こることもある
【治療法】

閉塞性動脈硬化症は血管の病気なので、血管外科や循環器を受診します。主な治療法は薬物療法と適度な運動です。血管を拡げる薬や血栓を予防する薬を服用すると同時に運動で足の血行を促進させます。

動脈が詰まっている場合は詰まりを解消する手術が必要です。動脈の詰まった部分を拡げたり人工血管に置き換えたりする手術を行ないます。

閉塞性動脈硬化症は動脈硬化の発症リスクが高い人に起こりやすく、脳や心臓の動脈硬化にも注意していく必要があります。

脳卒中

片側の手や足が急にしびれたり麻痺が起こったりする場合は、脳梗塞や脳出血が原因になっている可能性も考えられます。

脳梗塞で脳の血管が詰まったり脳内出血で脳の血管から出血が起こったりすると、その先にある脳細胞が壊死して、司っている体の機能に弊害が起こります。

脳卒中は短時間で死に至ることも多く、命が助かっても後遺症が残りやすい病気です。手足のしびれの中でも非常に危険なケースなので、症状に気付いたらすぐ受診してください。

【特徴的な症状】

  • 突然に体の片側にしびれや麻痺が起こる
  • 頭痛や吐き気を伴う(脳内出血)
  • ろれつがまわらなくなったり、物が二重に見えたりする
  • 前駆症状の場合は数分でおさまることもある

※意識障害や激しい頭痛を起こした時は至急病院へ搬送する必要があります。

【治療法】

脳の壊死が進むと深刻な機能障害が起こり、最悪の場合は死に至ります。一刻も早く救急外来へ搬送して血管の詰まりや出血を止める処置が必要です。

脳卒中のごく初期に治療をすれば大事に至らずに済みます。

急に体の片側のしびれが起こった場合は軽くても放置せず、早めに循環器科を受診することをおすすめします。

更年期障害と上手に付き合いましょう

自分の症状が大丈夫なのか心配な場合は、ひとりで悩むより医師に相談してみるのが一番です。更年期障害の症状が辛くて日常生活にさしつかえる場合も我慢せずに受診してみてください。ホルモン療法などで症状を軽減させることが可能です。

更年期の症状には個人差がありますが、中にはほとんど更年期障害に悩まされない人もおり、症状が出ている人でも長くて5年くらいでおさまるといわれています。

症状を気にし過ぎるとストレスが強くなって、かえって自律神経やホルモンのバランスを乱して症状が悪化しやすくなります。ここはなるべく前向きにとらえて更年期を軽快に乗り切りたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る