健康生活TOP 更年期障害 40代の不正出血と生理の見分け方!生理が終わらない原因は更年期?

40代の不正出血と生理の見分け方!生理が終わらない原因は更年期?

悩む女性

女性は40代に入ると、閉経の準備として女性ホルモンのバランスが変動し、生理周期が変わったり不正出血が起こりやすくなったりします。子宮の病気が起こりやすい世代でもあるため、出血があると心配になってしまいますね。

不正出血が起こるメカニズムを把握しておくと、安心して更年期を過ごすことができるかと思います。生理と不正出血の見極め方、不正出血の原因について説明いたします。

量が減ったり生理が早く来たり…40代の生理の特徴

それまでは規則正しく生理が来ていた人でも、40代に入ると生理周期が少しずつ不規則になっていきます。

閉経に向け、その数年前から女性ホルモンの分泌量が急に減少し始め、生理の起こり方が変わってくるのです。ユニ・チャームソフィによると閉経の平均年齢は50.5歳とされています。

卵巣に保存されていた一生分の原子卵胞(卵子のもと)を使い果たした時に生理が来なくなります。それまであった生理が1年以上来なくなったタイミングで閉経とみなされます。

40代に入ると生理周期が短くなり始め、閉経が近づくと生理の回数や経血量が少なくなっていくことが多いようです。しかし全ての人に同じ兆候が起こるわけではなく、40代の生理は人によって個人差があります。

40代の生理にありがちな症状

生理周期
  • 生理周期が2~5日くらい短くなる
  • 生理周期が月によってバラバラになる
  • 生理周期が長くなる
  • 生理が3ヶ月くらい来ない時もある
  • 生理が早く終わるようになった
経血量
  • 経血量が減った
  • 出血がダラダラ続いて生理がなかなか終わらない
  • 月によって経血量の差がある
出血のタイミング
  • 生理の前後に少量の出血がある
  • 生理が終わって数日後に少量の出血が始まる
  • 原因の分からない少量の出血が長く続いている
  • 茶色やピンク色のおりものが出るようになった

それまで規則正しく生理の来ていた女性にこのような変化がみられるようになると、年齢を感じて気持ちもブルーになってしまいます。

特に生理日以外に起きた出血は「これも生理?」「何か病気による出血なのでは?」と心配になってしまいます。

48歳~50代前半に閉経を迎える人が多いようですが、日本産科婦人科学会では43歳以上で起こる閉経を正常とみなしており、最近は早めに閉経する女性や30代で更年期障害の始まる人も増えているようです。

原因はホルモン?それとも病気?生理とは違う不正出血

生理日以外の出血は「不正出血」と呼ばれています。出血場所は子宮、膣、外陰部などで、その原因はさまざまです。とてもデリケートな部分でちょっとした刺激でも出血しやすく、女性の6割が経験しているといわれるほど、ありふれた現象です。

不正出血は「機能性出血」と「器質性出血」に分けられます。機能性出血は子宮や膣などに炎症は見つからずホルモンバランスの乱れが原因で起こる出血、器質性出血とは子宮や膣などの炎症で起こる出血です。

機能性出血
ホルモンのバランスの乱れ
器質性出血
子宮筋腫・子宮頸管ポリープ・子宮がん・子宮や膣のびらん など

全年齢の女性に起こりやすいのは機能性出血です。しかし女性ホルモンのバランスが急激に変化する更年期(40代半ば~50代半ば)は特に機能性出血が起こりやすい世代と言えます。

更年期の機能性出血は年齢に伴う自然な現象で、それ自体は重篤な病気を併発するものではないため、特に緊急治療の必要はありません。

40代に入ると子宮筋腫や子宮がんなどの病気も急に発症リスクが急に高くなり器質性出血の可能性も大いに考えられるようになるため、更年期の不正出血が起こったら念のために受診して機能性または器質性のどちらなのか、原因を確認する必要があります。

ホルモンの減少が出血を起こす…更年期の機能性出血

機能性出血は、子宮内膜が剥がれた時に起こる出血です。

正常な生理の場合、排卵期の約2週間後に卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が減少することで子宮内膜がはがれ落ち、経血と一緒に洗い流されていきます。

しかし卵巣ホルモンと黄体ホルモンの分泌が不安定になると、生理以外の時期に子宮内膜が剥がれて少量の不正出血が起こりやすくなってしまいます。

子宮内膜の維持に関与しているのは排卵です。正常な生理の起こっている女性では、1回の排卵に対して100個以上の原子卵胞が使われ、その中で成熟した1個の卵胞から排卵が起こります。使われなかった残りの原子卵胞は使い捨てされて消失します。

30代までは一度にたくさんの原子卵胞が用意されスムーズに排卵が行なわれていたのですが、40代に入ると卵巣機能の低下から一度に用意される原子卵胞の数が50個以下に減り、また卵胞も成熟しにくくなるので、排卵の起こらない月がみられるようになります。

排卵が起こらないと女性ホルモンの卵巣ホルモンと黄体ホルモンのバランスが乱れ、排卵予定日の頃または生理前に少量の出血が起こりやすくなります。

また卵巣にストックされている原子卵胞の数は減っていく一方なので、年齢が上がるごとに排卵の確率が低くなり、閉経が近づくほどホルモンの分泌が乱れて生理が来なくなったり出血がだらだら続いたりすることが増えるようになってしまいます。

更年期の不規則な生理は、生理ではなく実は生理によく似た機能性出血だったということも少なくありません。

更年期のホルモンの不調がひと目で分かる!基礎体温のすすめ

40代の不規則な生理や不正出血はほとんどがホルモンの影響と考えられ、わずかな不正出血が起こる度に慌てて受診することもありません。

まずは基礎体温を測り、女性ホルモンの分泌に問題がないかチェックしてみることをおすすめします。

基礎体温とは朝の起床時に測定する安静時の体温です。女性の体温はホルモンの影響を受けて毎日微妙に変動しています。

その変動は微妙なので、小数点第1位まで表示される通常の体温計では計測できません。小数点第2位まで表示される婦人用の体温計が必要です。

女性ホルモンの分泌が安定し正常な生理周期が訪れている女性の体温は、生理開始から排卵日までの約2週間が低温期で、排卵日を境に約2週間の高温期が続きます。

低温期と高温期の差が0.3~0.5℃あり、どちらも約2週間続いていれば、ホルモンバランスが整っていると考えられます。その際、折れ線グラフで表すときれいな2層に分かれます。

正常な基礎体温のグラフと体温計の種類

40代に入り、女性ホルモンの分泌が不安定になってくると基礎体温は次のような特徴がみられるようになります。

高温期が短くなる

正常な基礎体温のグラフと高温期短期型のグラフ

黄体ホルモンの分泌量が不足して、高温期が短くなります。

生理周期が短くなり、生理前には少量の不正出血が起こりやすくなります。

高温期がなくなる(無排卵の可能性がある)

正常な基礎体温のグラフとむ排卵型のグラフ

黄体ホルモンの分泌量が不足して体温が十分に上がらなくなり、低温期だけになります。無排卵の可能性があります。

子宮内膜が少ないので生理が来ても子宮内膜が剥がれた時の経血量は少なくなります。

高温期と低温期のメリハリがない

正常な基礎体温のグラフと高温期低温型のグラフ

黄体ホルモン、卵胞ホルモンの分泌のバランスが悪く、排卵もスムーズに起こりません。折れ線グラフはきれいな2層を描かなくなります。

周期に関係なく子宮内膜が剥がれやすくなり、ダラダラと少量の不正出血が起こりやすくなります。

基礎体温を持参して受診を

40代で女性ホルモンのバランスが変化していくのは自然な生理現象ですが、不安定なホルモンバランスが原因で更年期障害を引き起こし、辛い思いをするのは良くありません。

生理の変化や不正出血、更年期障害と思われる心身の不調が気になる人は、基礎体温を3周期分測定したグラフを持参して婦人科を受診してください。

血液検査でホルモン濃度を測定し、値が低ければ卵巣機能が低下しているということになり、必要があれば女性ホルモン補充療法(HRT)を受けて不足しているホルモンを補うこともできます。

不正出血と月経過多があれば子宮筋腫の可能性も

30~40代から毎月の経血量が増え不正出血を伴う場合は、機能性出血ではなく「子宮筋腫」ができている可能性も考えられます。

子宮筋腫とは子宮に生じる良性の筋腫です。40代の女性の3~4人に1人は持っていると言われる婦人病の中でもポピュラーな病気。好発するのは30~40代です。

子宮における子宮筋腫ができる場所

子宮筋腫は、筋腫のできる部位によって「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「漿膜下筋腫」の3つに分類されています。

筋層内筋腫

以前に比べ、生理痛が強くなったり経血量が増えたりするのが特徴。子宮筋腫の約70%を占める、発症頻度の高い病気です。

子宮筋層(子宮の壁の中)にできる筋腫で、筋腫が小さい時に自覚症状はありませんが、筋腫が大きくなるにつれ子宮内膜が引っぱられるので、出血や生理痛が起こりやすくなります。

筋腫が大きくなると外からお腹を触ってもしこりが感じられたり、お腹が膨らんで見えたりするようになります。

粘膜下筋腫

不正出血が長く続いたり経血量が増えたりするのが特徴。筋腫が小さい時から症状が出やすい子宮筋腫です。

子宮の内側にできる筋腫で、子宮の中に向かって成長するので筋腫が大きくなってもしこりは目立ちません。

生理時には大量出血が起こりやすいため、貧血を伴うことも多くなります。

漿膜下筋腫

生理痛はひどくなく、便秘や頻尿を伴うのが特徴。筋腫が小さい時は自覚症状がありません。

子宮の表面にできて外側に向かって成長します。生理への影響は少ないですが、筋腫が大きくなると周辺の臓器を圧迫して不快な症状が出やすくなります。

また筋腫が複数できたり、これらの子宮筋腫が同時にできたりする場合もあります。症状の強さは筋腫の大きさや数によっても異なります。

子宮筋腫自体は緊急の治療を要する危険な病気ではありませんが、頻繁に出血を伴う場合は貧血を起こすので、40代で不正出血に月経過多や生理痛を伴う場合は早めに婦人科を受診してください。

早期発見で治りやすい!40代で増える子宮がんにも注意

子宮がんには、20~40代に好発する「子宮頸がん」と40~60代に好発する「子宮体がん(子宮内膜がん)」があります。

特に40代は子宮がんの発症リスクが高い世代で、生理以外の出血、臭いのする血の混じったおりものがあったら、機能性出血ではなく子宮のがんが発症していないか確認することがのぞましいです。

子宮頸がん

子宮頸がんは子宮頚部(子宮の入り口)に起こるがんです。初期には自覚症状がありませんが、性交後の出血や不正出血が起こりやすくなるのが特徴です。

原因には性交渉によって感染するヒトパピローマウイルスが関連していますが、感染した人が必ず子宮頸がんを発症するわけではありません。喫煙者や出産回数が多い人の発症リスクも高くなっています。

子宮頸がんは早期に発見すれば、開腹せずにレーザー治療などでがんを切除することで治すことができ、良好な予後を得ることが十分に可能です。

2年に1回の定期がん検診を受けていれば、無症状のうちに子宮頸がんを早期発見することができます。若い世代に多いがんなので、20代から定期的に子宮がん検診をうけることがのぞましいです。

子宮体がん

子宮体がんは、子宮の内側に起こるがんです。

  • 不正出血
  • 血の混ざったおりもの
  • 性交痛
  • 排尿痛

などが起こりやすくなります。

原因には女性ホルモンの影響や家系が関連し、肥満体型の人や出産経験の少ない人の発症リスクが高まっています。最も発症しやすいのは40代~閉経前後です。

子宮頸がんと同様に早期に発見して治療すれば良好な予後を得ることができます。

子宮がん検診は子宮頸がんの検査のみで子宮体がんの検査は含まれていないことがあるので、医療機関に問い合わせて子宮体がんの検査も定期的に受けることをおすすめします。

良性のイボから少量の出血が起こることも…子宮のポリープ

粘膜にできる柔らかいイボ状の突起を「ポリープ」と呼びます。子宮頸管または子宮内膜にポリープができると、不正出血が起こりやすくなります。

子宮のポリープは4人に1人にみられるありふれた病気です。原因ははっきり分かっていませんが、ホルモンの影響や分娩や流産などが関連していると考えられています。

年齢に関係なく発症する病気ですが、40代の女性は更年期による機能性出血と思い込んで見落としてしまう場合があります。良性の病気ですが、悪性腫瘍の可能性がないとは言い切れないので、放置せず早めに受診することがのぞましいです。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管にできるポリープです。痛みはありませんが、出血しやすいので性交や運動の後に不正出血や血の混じったおりものが出やすいのが特徴です。

内診の際に切除して短時間の処置で治療することができます。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜にできるポリープです。自覚症状の少ない病気ですが、経血量や不正出血が多くなることもあります。

治療では麻酔をしてからレーザーや子宮内膜を掻爬する器具でポリープを切除します。たいていは日帰りで済みます。

大量出血や腹痛のある場合はすぐ受診を!

不正出血がすぐに止まったり、出血量が少ない場合は緊急治療を要しませんが、症状が強く見られる場合はすぐに受診してください。子宮や卵巣に強い炎症を起こしている可能性があります。

  • 経血が大量で止まらない
  • 鮮血が大量に出る
  • 激しい腹痛を伴う
  • 吐き気・発熱を伴う
  • 貧血(顔面蒼白・血圧低下など)

骨盤内は出血量が多くなりやすい場所です。出血が止まらなくなると出血性ショックを起こす可能性があり危険なので、大量出血を起こしている場合はすぐ病院へ搬送してください。

規則正しい生活と定期検診で更年期を軽やかに過ごしましょう

生理のトラブルや不正出血があると悶々としてしまうことも多いのですが、ストレスとホルモンは連動しているので、さらに生理周期が不安定になったり更年期障害の症状が強くなったりしてよくありません。1人で悩まずに婦人科に相談してくださいね。

更年期の生理、機能性出血、器質性出血はよく似ているので、定期検診を受けたり基礎体温をつけたりして、出血の原因をきちんと把握しておくことも大切です。併せて規則正しい生活を心がけ、軽やかに更年期を過ごしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る