健康生活TOP 更年期障害

更年期障害の原因・なりやすいタイプ・症状を和らげる方法

更年期障害は、40代後半~50代前半の女性にみられる不調のこと。代表的な症状には、のぼせ、イライラ、冷えなどがあり、女性のほとんどが更年期に何らかの不調を経験するといわれています。中には寝込むほど具合の悪くなる人もいます。

また近年は男性の更年期障害、若い女性の更年期障害の存在も注目されるようになってきました。

このカテゴリでは、女性の更年期障害を中心に 更年期障害が起こるメカニズム、症状、対策法を説明していきます。

更年期に起こる特有の不調「更年期障害」とは

「更年期症状」 更年期にみられるさまざまな不調
「更年期障害」 日常生活に差し支えるレベルの更年期症状が起こるもの

一般には、更年期にさまざまな不調の起こることが更年期障害と呼ばれています。

「更年期」は、女性が「閉経」を迎える年齢の前後5年間をさします。

閉経は月経が完全に止まること。閉経の目安は「月経が起こらなくなってから約12か月後」とされ、日本人は平均して50歳頃に閉経を迎えています。

そのため、50歳を閉経として前後5年間にあたる45~50歳を更年期と呼ぶのが一般的になっています。

女性の生涯は、小児期・思春期・性成熟期・更年期・老人期に大きく分けることができます。その中で更年期は、成熟した女性が老人期に差し掛かる前の準備期間にあたります。

エストロゲンの分泌量が急激に減少する更年期

更年期の大きな特徴は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が急激に減少することです。

エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、もう一つの女性ホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と共にはたらきながら、排卵、生理、妊娠などの生殖機能を起こしています。

エストロゲンの分泌は思春期に初潮を迎えてから高まり始め、30歳頃にピークを迎えてから、加齢に伴って分泌量が減っていきます。

特に40代後半になると、卵巣の機能低下から急激に分泌量が減少していき、排卵や閉経が起こせなくなるほどエストロゲンの分泌量が少なくなると、閉経が訪れます。

急激な体の変化が更年期障害の原因に

卵巣から分泌されるエストロゲンが急激に少なくなった時、卵巣にエストロゲンを出すよう指令を送っている脳下垂体は「性腺刺激ホルモン」をたくさん分泌して卵巣を刺激し、エストロゲンの分泌を高めようとはたらきます。

しかし加齢によって卵巣機能が低下しているので、卵巣からエストロゲンをたくさん分泌させることはできません。このような混乱が脳の興奮をまねきます。

脳下垂体のすぐ近くには、自律神経の分泌をつかさどる視床下部があるため、脳下垂体が興奮すると視床下部も同時に機能が乱れ、自律神経のバランスが急に崩れてしまいます。

自律神経は心身のあらゆる機能をすこやかに保つ役割があるため、そのバランスが乱れるとさまざまな不調が一気に起こるようになります。

心理的な要因や社会文化的な環境因子も更年期症状の一因です。女性は40代に入ると仕事の責任が大きくなったり、子供の教育や親の介護といった家庭の問題も増えたりと、精神的な重圧が強くなりがちです。

ストレスは自律神経やホルモンバランスと直に関わっています。そのため、更年期に入ると体の変化にストレスが加わって不調が起こりやすくなってしまうのです。

感じ方や症状は人それぞれ・更年期障害の症状とは

更年期症状は、自律神経失調症状、精神症状 、体の不快感などが次々と起こるのが特徴です。その症状は多彩で、人それぞれ感じ方も異なります。更年期になんらかの更年期症状を自覚する女性は、全体の約6割にみられるのだそうです。

▼更年期症状の一例

自律神経失調症状 精神症状 その他の症状
のぼせ・発汗
冷え
動悸・頻脈
めまい・立ちくらみ
肩こり・腰痛・頭痛
吐き気
倦怠感
喉のつかえ
手足のしびれ
イライラしやすい
怒りやすい
不安
抑うつ
意欲の低下
集中力の低下
不眠
生理不順
不正出血
むくみ
肥満・痩せ
頻尿
目や口の乾燥感
性交痛
皮膚のかゆみや違和感

次に挙げる11の症状は、更年期障害の中でも特に多くの女性にみられる症状です。

更年期障害の症状①顔のほてり・のぼせ

更年期の女性は、急に顔がカーッとのぼせたりほてったりすることがあります。これは「ホットフラッシュ」と呼ばれる代表的な更年期症状で、更年期障害を経験する女性の7~8割にみられます。

自律神経は血管の収縮・拡張をコントロールしているため、更年期に自律神経のバランスが乱れると上半身と下半身の血行がアンバランスになって上半身に血液が上がり、そのせいで顔がのぼせやすくなってしまいます。

▼関連記事
更年期障害と言えば「ほてり」!でも軽減する技はご存じですか?

更年期障害の症状②暑くないのに汗をかく

自律神経は体温調節に伴う発汗をコントロールしているため、自律神経のバランスが乱れて体温調節がスムーズにできなくなって、暑くないのに急に汗がたくさん出ることもあります。

更年期障害の症状③冷えやすい

自律神経のバランスが乱れると、部分的に血行が滞りやすくなり、手足や足腰が冷えやすくなります。また「下半身は冷えているのに上半身は暑くてのぼせる」といったアンバランスな症状が出やすいのも更年期障害の特徴です。

更年期障害の症状④動悸・息切れが起こりやすい

自律神経のひとつ「交感神経」には心拍数を上昇させる作用があり、ストレスを感じた時や運動した時にはたらいて心臓をドキドキさせています。

更年期は自律神経のバランスが乱れ、何もしていないのに急に交感神経が作用して動悸、それに伴う息切れを起こすこともあります。

動悸は、特に緊張した時、体が冷えた時に起こりやすくなります。更年期の女性が受診すると「微小血管狭心症」と診断されることも。これは、通常の狭心症と異なり動脈の詰まりがない予後の良好な病気です。

▼関連記事
更年期障害で心臓が早く打つ「微小血管狭心症」。症状改善のポイント

更年期障害の症状⑤不眠

更年期症状の冷えやのぼせが睡眠を妨げ、寝つきが悪くなったり睡眠が浅くなったりすることがあります。

更年期障害の症状⑥イライラしやすい、怒りやすい

イライラしやすいのも更年期の女性に多い症状です。

エストロゲンには情緒を安定させる作用があるため、更年期にエストロゲンが急激に減少すると情緒が不安定になって、イライラしやすくなったり怒りっぽくなったりします。

▼関連記事
更年期の女性が怒りっぽい理由とは?コントロールできない怒りの原因

更年期障害の症状⑦不安・抑うつ

エストロゲンが減少して情緒が不安定になりやすい上に心理的な要因や社会文化的な環境因子が加わると、不安や抑うつを感じやすくなってしまいます。

更年期障害の症状⑧めまい・立ちくらみ

自律神経のバランスが乱れて血管の拡張と収縮がスムーズに行われなくなり、脳への血行が一時的に滞ってめまいや立ちくらみが起こりやすくなります。

更年期障害の症状⑨倦怠感

自律神経のバランスが乱れて体の機能が低下し、すぐ疲れるようになります。また更年期症状による不眠のせいで寝ても前日の疲労感が取れず、倦怠感が起こることもあります。

更年期障害の症状⑩肩こり・腰痛・手足の痛みやしびれ

加齢によって末梢神経に生じた傷が修復できなくなったり、更年期に入って血行が滞りやすくなることが原因で、肩、腰の痛み、手足の痛みやしびれが起こりやすくなります。

更年期障害の症状⑪生理不順・不正出血

加齢とともに卵巣機能が低下し、生理を規則正しい周期で起こしている女性ホルモンの分泌量が少なくなっていきます。

そのため、更年期に入ると、徐々に生理周期が短くなる(または生理周期が長くなる)、経血量が少なくなっていく、といった現象がみられるようになります。

また排卵も起こりにくくなり、生理が来ていても排卵のない月が入り混じるようになります。それに伴い、女性ホルモンのバランスが乱れて生理以外のタイミングで少量の不正出血が起こりやすくなります。

▼関連記事
40代の不正出血と生理の見分け方!生理が終わらない原因は更年期?

更年期症状は自然におさまる

更年期症状は更年期だけにみられる特有の現象でいつまでも続くわけではありません。ホルモンの変調に体が次第に慣れてくると症状は自然におさまっていきす。症状の出る期間は3~10年くらいです。

更年期症状が比較的軽い場合、自覚症状が特にない場合はセルフケアによって体調を整えることで更年期をやり過ごすこともできます。

一方、中には不快な症状が次々と押し寄せて寝込むほど辛い思いをする人も出てきてしまいます。

時期が来たら自然におさまる症状とはいえ、生活の質が低下している状態を無理に我慢するのは本人にとっても周囲の人にとっても良いことではありません。

更年期症状が辛い場合は婦人科で診察を受け、更年期障害と診断された場合は治療で症状を改善することができます。実際には、受診する人の約2割程度が更年期障害と診断を受けています。

更年期障害ではなく別の病気ということも

40代の女性が具合が悪くなると、更年期障害のせいにしてしまう風潮もありますが、40代は色々な病気のリスクが上昇し始める年代なので、まず病気が原因になっていないか確認する必要もあります。

て気になる症状があれば受診しましょう。40代からは男女とも生活習慣病のリスクが高まります。また女性はがん(特に大腸がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん)や女性特有の病気(子宮筋腫、子宮内膜症)にも注意しましょう。

▼関連記事
その症状、本当に更年期?似た症状でも実は全然別の病気の可能性も
喉の異物感が続く!自律神経や更年期が原因になる咽喉頭異常感症とは
手足のしびれや皮膚のピリピリは更年期症状!でも危険な病気の場合も

更年期障害に陥りやすいタイプとは?更年期症状の原因

更年期症状を引き起こしているのは、ホルモンバランスの急激な変化、心理的な要因や社会文化的な環境因子です。

その人の体質やライフスタイルが関係してホルモンや自律神経のバランスが乱れると更年期症状が出やすくなってしまいます。具体的に、どのようなタイプの人が更年期障害になりやすいのでしょう。

更年期障害になりやすいタイプ:自律神経の失調が起こりやすい

更年期症状のほとんどは自律神経の失調によるものなので、体質的に自律神経のバランスが安定しにくい人は、多彩な更年期症状に悩まされやすくなります。

更年期障害になりやすいタイプ:ストレスを受けやすい性格

ストレスを受けやすい性格の人は、ストレスを感じるたびにホルモンや自律神経のバランスが乱れ更年期症状が起こりやすくなります。

ストレスを受けやすい性格の一例
  • 神経質
  • 完璧主義
  • 責任感が強い
  • 嫌と言えない性格

更年期障害になりやすいタイプ:悩みや問題を抱えている人

更年期は、仕事、家庭でさまざまな悩みや問題を抱えやすく、多忙で心身の負担が大きくなりやすい時期です。子供の独立、親の介護、夫の定年といった、女性を取り巻く環境の変化が強いストレスになって、更年期障害を引き起こすこともあります。

特に女性は男性より人間関係でストレスを感じやすいといわれます。近年は親戚、近所づきあいに加え、SNS(コミュニケーションが目的のオンラインサービス)の利用でストレスを作ってしまう女性も増えているようです。

▼関連記事
女性が知っておくべき更年期障害のタイプ別症状とその見分け方
女性が悩む更年期障害、性格で重度に影響が?気を楽に持つコツとは
実はストレスも原因?目の乾燥や乾燥肌を生み出す習慣とは 

更年期の女性だけじゃない?男性や若い女性の更年期障害

更年期障害は更年期の女性だけに起こる現象ではありません。40~50代の男性にも更年期障害が起こります。また、最近は30代の女性にも更年期症状の出る人が増えてきています。

男性更年期障害とは

男性も女性と同じように40~50代に更年期を迎えます。男性の体には、女性の閉経のような大きな変化はありませんが、やはり加齢によって体のさまざまな機能が低下していき、男性特有の更年期症状が起こりやすくなるのです。これを男性更年期障害といいます。

男性更年期障害の主な原因は、女性と同様に加齢によるホルモン分泌の減少です。

男性の場合、20代をピークに男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が減少し始め、40代に入る頃からテストステロンの欠乏が起こやすくなります。

<画像挿入 : 11画像2>

テストステロンには性機能・骨格や筋肉、脳や感情のはたらき、体の健康などを正常に保つ役割があるため、分泌量が不足すると心身にさまざまな不調が起こるようになります。

主な症状は、性欲の低下、筋力の低下、イライラや抑うつなどの精神症状、倦怠感や体の痛み、不眠などです。

更年期症状のある患者さんの血中テストステロン濃度を検査すると、7割は基準値より低いことがわかっています。このようにテストステロンの欠乏が原因で不調の起こる男性更年期障害は「加齢性腺機能低下症(LOH)」と呼ばれます。

一方、ストレスや加齢による機能低下が原因で症状の起こる人もいます。その場合、血中テストステロン濃度は正常です。

もし男性が40~50代に差し掛かって、若い時になかった不調によって生活の質が下がっていると感じる場合には、泌尿器科を受診してホルモンバランスの検査を受けることをおすすめします。

LOHと診断された場合は、テストステロン不足を解消することで症状を和らげることが可能になります。治療には、テストステロン補充療法(塗り薬、内服薬、注射)が用いられます。

またホルモンが原因でない場合は、ストレスを軽減するため規則正しい生活や十分な睡眠を心がけ体調を整えることが、更年期症状の緩和につながります。

欧米ではすでに70年以上前から、男性の更年期に関する概念が提唱されていましたが、日本でLOHがようく医学的に定義されたのは2007年のことで、男性更年期障害はまだそれほど理解が持たれていません。

働き盛りの不調は「仕事が忙しいせいで疲れている」「年のせい」で片づけてしまいがちですが、男性にも更年期があるということを認識し、気になる症状がある時は泌尿器科に相談することをおすすめします。

▼関連記事
40代男性の不調やイライラは男性更年期障害!LOH症候群の治し方
「何科を受診すれば良い?」など、男性更年期障害に関する5つのQ&A
ツライ男性更年期障害を克服!効果的な漢方一覧!

女性の若年性更年期障害とは

近年は、若いのにもう更年期症状のような不調の出ている人が増えているとして「プレ更年期障害」という用語が注目されるようになっています。

プレ更年期障害、つまり「若年性更年期障害」とは、更年期を迎えていない20~30代の女性に起こる不定愁訴のことです。

若年性更年期障害は、ホルモンのバランスが乱れて自律神経失調症が起こっている場合と、卵巣機能の低下によって標準よりも早く閉経を迎えようとして更年期に入ってしまっている場合があります。

ほとんどは、ストレスや不規則な生活習慣が原因で起こる自律神経失調症で卵巣機能は正常なことが多く、自律神経やホルモンのバランスを整えれば症状を緩和させることができます。

しかしすでに更年期が始まっている場合は、卵巣機能の老化が進んでいて閉経を前に排卵が起こりにくくなっているので、子供が欲しいと思っている30代女性の不妊症につながってしまい、注意が必要です。

20~30代で更年期症状に似た不調が続く場合は、まず基礎体温を測って生理やホルモンバランスの分泌が安定しているかどうか確認し、婦人科に相談することをおすすめします。

▼関連記事
え?こんなに早く?若い女性でも症状が出る若年性更年期障害とは
若い年齢で急増中!若年性更年期障害の症状と主な原因
間違えないで!「プレ更年期障害」と「更年期障害」はここが違う

更年期障害の予防・改善をするには

更年期症状は、自分で予防したり症状を和らげることができます。まずは、体のメカニズムや起こりやすいトラブルについて正しく理解し、更年期にさしかかったら、自分で健康管理をしっかり行ってホルモンのバランスを整えましょう。

更年期障害を予防するには
  • 睡眠をしっかりとる
  • 規則正しい食生活を心がける
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない
  • 体を冷やさない
  • 女性の体調を整える栄養成分を意識して補給する
  • 漢方薬で体質を改善しホルモンバランスの安定をはかる
  • 普段から定期検診を受け健康管理を行なっておく

更年期障害の予防・改善に良い食品・避けたい食品

ホルモンや自律神経のバランスを保つため、栄養バランスの整った規則正しい食生活を心がけ、体の機能を若々しく健康に保ちましょう。

加齢に伴って体内ではホルモンやホルモンの分泌に関与する酵素の生成量が減少していくため、更年期には特にホルモンや酵素のはたらきをサポートするビタミンB群、ビタミンE、亜鉛、鉄などをしっかり摂取したいですね。

更年期には「大豆イソフラボン」を含む大豆も食べましょう。イソフラボンはエストロゲンに似た構造を持ち、女性ホルモンのはたらきをサポートすることでおなじみの成分。大豆や大豆製品(豆乳、豆腐、納豆、味噌など)に含まれています。

ただ人によってイソフラボンと体質の相性が異なり、必ずしもイソフラボンで女性ホルモンのバランスが良くなるとは限らないので、イソフラボンに過剰な期待を寄せて依存することはおすすめしません。

大豆の含まれるビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、鉄などの栄養素は、女性の体調をサポートする薬効を持つので、更年期には大豆を食べることをおすすめします。

また。サプリメントの利用によるイソフラボンの過剰摂取は副作用が示唆されていますが、食品から摂取する場合は副作用の心配がないので、大豆は安心して利用することができます。

▼関連記事
1日コップ1杯の豆乳の効果でイキイキ!更年期障害の症状は怖くない
更年期の辛い症状にホッとして良く効くシナモン豆乳が効果的!
つらい更年期を穏やかに過ごすために必要な栄養【豆とビタミン】
更年期にお勧めの食べ物はコレ!つらい症状を少しでも楽に乗り切ろう
水とムコ多糖類が更年期障害の対策に!乗り切るための食事に是非!

更年期障害の人は、自律神経を興奮させる刺激物はなるべく摂取しないようにしましょう。カフェイン、たばこ、お酒の飲み過ぎは良くありません。

例えば、カフェインは交感神経を刺激する作用があるので、人によってはカフェインを摂取すると更年期症状の動悸、発汗、ほてりが強くなることがあります。

▼関連記事
ほてりがあるのに手足は冷える、更年期のこんな症状どうすればいい?
更年期に起こりやすい動悸!簡単に予防する秘策について

健康食品・サプリメントは上手に選んで

通常の食事から摂取するのが難しい健康成分は、サプリメントから摂取するのもおすすめです。サプリメントはあくまでも食品なので、不調を劇的に回復させる力はありません。作用は穏やかで、安心して利用できるものがほとんどです。

ただし中には、人によっては体質に合わない食品、危険性がゼロとは言えない食品もあるので、サプリメントを利用する際はよく注意しましょう。

▼関連記事
更年期障害にはサプリメントが良い!?お勧めサプリメントと注意点
更年期のホルモンアンバランス緩和に必要なもの、答えはマカ
素人判断で摂るのは危険!更年期に強い効果のブラックコホシュ
更年期障害に効果的なローヤルゼリーはアレルギーに気を付けて!
更年期障害のイライラ解消サプリのはずが危険ハーブだった!?

血行を促進して不調を改善する

更年期障害の予防・改善をしたい人は、とにかく体を温めてどんどん血行を促進させましょう。入浴や適度な運動がお勧めです。

全身の血行を促進させると、ホットフラッシュや冷え、肩こりや腰痛などの体の痛みが改善されやすくなります。また、適度な運動には不眠や肥満を予防する効果、ストレスを解消する効果もあります。

▼関連記事

更年期障害も怖くない!女性の体は温めるだけでとても強くなる!
体が固い冷え性の人必見!冷え性をストレッチで改善する方法
更年期障害をヨガで克服!?効果絶大なポーズとは
女性の更年期障害の症状と上手く付き合う為にセルフ整体をしよう
頭の疲れからくるストレスや不眠は夕食後歩く事で回復させよう!
更年期に太るのはなぜ?試したい6つの対策で健康的にダイエット

心にゆとりを持とう

形のない物、薬ではない物にも体調を改善する力があります。 40~50代は多忙で、自分の時間がなかなか取れないかもしれませんが、ストレスのたまりやすい世代だからこそ、心にはゆとりを持って生活を楽しむように心がけたいです。

▼ 関連記事
紅葉狩りに出掛けよう!色づく木々が更年期障害の症状を改善する
気になって旅行も楽しめない!更年期による生理不順の対策方法
更年期は物忘れが多くなる?関係するホルモン減少の対策はコレ!

受診の目安は?副作用は?更年期障害の治療について

更年期障害は、症状が辛いと感じた時にすぐ婦人科を受診することがすすめられています。

婦人科の診察では、問診、血液検査、子宮、乳房、甲状腺などの検査を行ない、治療に進みます。

更年期障害の治療法

婦人科が行なう更年期障害の主な治療法には、ホルモン補充療法(HRT)、漢方薬、向精神薬や睡眠薬の処方があります。基本的にはどの治療も保険が適応されています。

ホルモン補充療法(HRT)
卵巣機能が低下して分泌量の減ったエストロゲンを体外からしばらく補充し続ける治療法で、内服薬、塗り薬、貼り薬があります。

エストロゲンの投与には子宮体がんの発症リスクを高める副作用があったため、副作用を予防するために一緒にプロゲステロンが投与され、子宮体がんの発症リスクはなくなっています。

HRTの副作用として、乳房の張り、不正出血などの症状が出ることもあります。また長期服用で乳がんの発症リスクが高まることも示唆されています。

漢方薬
漢方薬は、更年期に多い「お血」による冷えや肩こり、「気逆」によるのぼせ、「血虚」によるめまいなどの不定愁訴を軽減するのが得意です。ホルモン療法のような副作用の心配もなく、予防のために利用するのもおすすめです。

イライラを伴うタイプには加味逍遙散(かみしょうようさん)、のぼせるタイプには桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などが用いられます。薬局や病院で体質に合った漢方薬を処方してもらましょう。

▼関連記事
つらい更年期障害の症状を和らげる!漢方薬や食事などの対策とは

向精神薬・睡眠薬
精神症状が強い時は向精神薬、不眠がある時は睡眠薬が処方されることもあります。HRTの効果がない時の対症療法として用いられます。

エストロゲンには生活習慣病や骨粗しょう症などの病気を予防する作用があるため、更年期障害が強く出ている人はエストロゲン不足からさまざまな病気の発症リスクも高くなりやすいことが考えられます。

男性も女性も更年期障害は見過ごさず、前向きに治療していきたいですね。

▼関連記事
こんな人は要注意!更年期症状が重症化しやすい人の特徴とその予防法 
更年期障害の恐怖!更年期が原因で起こる病気と予防法について

誰もが通る更年期・楽しみながら乗り切りましょう

女性は40代に出産のリミットが来たり更年期症状がおとずれたりして体に老いを感じ、寂しい気持ちになることがあるかもしれません。

しかし見方を変えると、妊娠、出産、子育ての負担から解放される時期が来たのだと考えることもできます。

どうしても考え方が悲観的になってしまう方は、お母さんやお姉さんなど人生の先輩に更年期のやり過ごし方を相談してみるのも良いと思います。

更年期は誰もが通る道です。せっかくの人生ですから、更年期も楽しみながら乗り切っていきたいですね。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る