健康生活TOP 加齢黄斑変性 歪んで見えるときに疑われる目の病気「加齢黄斑変性」に効く食材

歪んで見えるときに疑われる目の病気「加齢黄斑変性」に効く食材

shutterstock_109902728

ある日突然、目の前のものが歪んで見えたり、視界の真ん中の部分が空白になっていたりする症状があれば、加齢黄斑変性という目の病気かもしれません。

加齢黄斑変性は短期間で失明にもつながる大変危険な病気なので、一刻も早く対処しなければいけません。加齢黄斑変性の予防法についてご紹介します。

見え方に違和感を覚えたらすぐに疑って!加齢黄斑変性の症状をチェックしてみよう

加齢黄斑変性はその名の通り、加齢に伴って網膜の中心にある黄斑という神経組織が変性する病気です。加齢黄斑変性は50歳以降の人に多く、ある日突然発症することが多いのも特徴です。

短期間で失明するにもつながる危険な病気なので、普段の見え方が少し変だと思ったらすぐに対処しなければ、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

加齢黄斑変性には次のような症状が多く現れますので、チェックしてみましょう。

  • 新聞や書籍の文字が歪んで見える。
  • まっすぐ立っているはずの柱や建物が曲がって見える。
  • 視界の中心部分が白くなって見えなかったり、暗くなったりして見える。
  • 今まで見えていた色が違う色に見える。
  • 今までよりものが小さくなったように見える。

こうした症状があれば、加齢黄斑変性の疑いがあります。

原因によっても異なりますが、加齢黄斑変性の多くは網膜や視神経に出血が起こって起こることが多いので、ある日突然症状が現れるのが特徴です。

目の中で何か起きているのか?

加齢黄斑変性が起こる原因の多くは、何らかの理由で網膜の中心にある黄斑という部分に出血が起きたり、水が溜まって溢れることによって起こります。

網膜や視神経は目のフィルムの役目をしていますから、フィルムに異常が起こればものが写らなくなるのと同じ理屈です。

黄斑は網膜の中心にあって視神経につながる重要な部分のため、黄斑の部分に異常が起こると映像が大きく歪んだり、網膜で受けた映像が脳へ伝わらなくなるので、視界の中に写らない部分ができたり、見える色や形が変形しているように見えるのです。

ある日突然症状が現れる!?

老眼や白内障のような加齢に伴って増加する目の病気の多くは、少なくても半年~数年という長い時間をかけて徐々に症状が悪化していくのですが、加齢黄斑変性の症状はある日突然起こることが多く、短期間で悪化してしまう病気です。

先ほども述べたように、加齢黄斑変性は網膜の中心にある黄斑の部分に出血や体液の浸潤が起こることが原因ですから、根本的な原因はともかく、症状としては突然現れるのが特徴です。ここの部分は老眼など他の病気と区別する上で大切なところです。

やってみよう!マス目シートでできる加齢黄斑変性の兆候チェック

SnapCrab_NoName_2015-7-21_10-49-42_No-00

加齢黄斑変性は短期間で大きな症状が起こりやすいので、比較的異変に気づきやすい病気ですが、中には黄班の部分に損傷が起こらず、その周辺の網膜の部分に異常が起こることも考えられます。

その場合には症状もあまり大きく感じないため、発見が遅れるケースもあります。少しでも文字が歪んで見えるたり、視界の一部が欠けて見えたりする場合は、その原因を突き止めて早めに対処することが症状を悪化させないために必要です。

そのためにも、加齢黄斑変性の兆候があるかどうかチェックをして見つけることが重要です。チェックの方法は次のようになります。

① 碁盤の目のように縦と横に1cmくらいの間隔で20本程度線を引きます。

② マス目がたくさんできたら、目から30cmくらい離して、マス目の真ん中のあたりを30秒間じっと見続けます。

③ まっすぐ引かれているはずの線が歪んで見えたり、中心の部分が暗く見えたりする場合は加齢黄斑変性の疑いがあります。

チェック方法は簡単なので、一度紙にマス目を書いたシートを作っておいて、時々チェックするように習慣づけることで、加齢黄斑変性の早期発見につながりますので、シートを作っておくことをお奨めします。

加齢黄斑変性だと気づいたら?とにかくできるだけ早く眼科へ!

shutterstock_100932793

もし加齢黄斑変性の症状に気づいた場合、できるだけ早く眼科を受診することが必要です。この病気は自分で治せるほど簡単な病気ではなく、ある日突然発症し短期間で悪化するケースが多いので、しばらく様子を見ている余裕はありません。

眼科では視界を精密に調べる検査やOCTという機械を使って網膜や黄斑に異常がないかを調べます。異常がある場合は造影剤など使って病気の進行度合いを調べる検査などを加えて行います。

それほど難しい検査ではありませんし、大きな痛みを感じる検査でもありません。とにかく眼科を受診して症状を確認することが大切です。

どんな治療法があるの?40歳後半くらいからは定期検査を受けるべし

眼科を受診して加齢黄斑変性であることが分かったとき、どんな治療をするのか不安なこともあると思います。そこで、どんな治療法があるのか簡単に紹介します。

レーザーで血液の浸出を止める

 
点眼の麻酔薬を使った上で、レーザーを網膜に照射して、出血している部分を焼いて出血を止めるような手術です。麻酔をかけているので術中の痛みはありません。ほとんどが日帰りで行われる簡単な治療法です。

血管の増殖を押さえる薬で治療

網膜の内側にある硝視体に血管の増殖を押さえる薬を注射して、網膜に余分な血管が拡がらないようにする治療です。比較的程度が軽い場合に用いられることが多い治療法です。

治療に関しては症状の進行の程度が軽いほど治療も簡単に済みますから、やはり早期発見、早期治療が大切です。

40代後半から定期検査が大切

視力の低下や視界が欠ける症状に自分で気づいたときには、症状がかなり進行しています。視力や視野はたとえ低下していたり欠けたりしていても、脳の中で調整されて正常な状態として認識されてしまいます。

つまり脳が画像や画質を加工しているようなことです。ですから少々の視界の不良や視力の低下には自分で気づかないのです。

そこで重要なのが定期的な検査です。健康診断では体の不調を中心に検査をしますが、本来は目に関しても同等に診察を行うべきなのです。

加齢に伴って血圧や血液の状態に不調が出てくることと同じように、目も加齢黄斑変性のような症状が起こりやすくなります。そのためにも、少なくても40歳後半くらいの年齢からは定期的に検査を受けることが大切です。

加齢黄斑変性の予防には食事に効果的な栄養を組み込むこと!その栄養素と食品とは

加齢黄斑変性を予防するには、目の老化を防ぐ食べ物をたくさん摂ることが効果的です。目の老化を防ぐ働きをする食べ物をあげていきたいと思います。

カルテノイド

shutterstock_95829874

老化を予防する栄養素にカルテノイドがあります。カルテノイドというとニンジンやカボチャのような緑黄色野菜が思い浮かびますが、カルテノイドの種類はそれだけではありません。

これからあげるものは一見するとカルテノイドとは思えないかもしれませんが、どれも抗酸化作用があるカルテノイドを多く含むものです。料理の献立などに加えて上手に利用しましょう。

唐辛子

調味料としてはお馴染みですが、唐辛子に含まれるカプサイシンもカルテノイドの一つです。抗酸化作用がある上、代謝を高める働きも強いので老化防止に高い効果があります。

香辛料として料理などに幅広く使えるところも重宝します。

キャベツ

キャベツは緑黄色野菜ではありませんが、キャベツにはルテインというカルテノイドが多く含まれていて淡色野菜の中では最も老化防止に役立つ食べ物の一つです。キャベツもいろいろな料理に使えますね。

そば

そばにも目の老化を防止するルテインが多く含まれています。またルテインは目の毛細血管を保護したり再生したりする効果もあります。

うどんとそばなら、そばを食べるようにすると目のためには良いのです。

ミカン

ミカンやポンカンなどの柑橘類には、クリプトキサンチンというカルテノイドが含まれています。

クリプトキサンチンは、β-カロテンとよく似た分子構造をしているので緑黄色野菜が不足したときには柑橘類で代用しても良いでしょう。

昆布

昆布にはフコキサンチンというカロテノイドが含まれています。昆布は水溶性で水にも溶けやすいので、ダシを取るときには昆布を使うようにしましょう。

カルテノイドは冷凍しても成分が壊れにくいので、だし汁を一度にたくさん作って冷凍庫で保存するような工夫もできます。

このように緑黄色野菜以外でもカロテノイドが多く含まれる食材はたくさんあります。毎日、緑黄色野菜ばかりを食べるというわけにもいきませんから、こうしたものを上手に活用することで飽きることなく老化予防ができるのです。

亜鉛

shutterstock_2014823122

次に加齢黄斑変性の予防するミネラルとして、亜鉛をお奨めしたいと思います。数多いミネラルの中でも亜鉛には網膜の細胞を活性化させる働きや、目の酸化を防ぐ働きが強いのです。

亜鉛だけを摂れば良いわけではありませんが、亜鉛が不足すると目の機能が著しく衰えることは間違いありません。

亜鉛が多く含まれる食べ物は、

  • 牡蠣
  • 豚のレバー
  • 牛肉

などが代表的ですが、ビーフジャーキーやポップコーン、ココアにも多く含まれています。お酒のおつまみにビーフジャーキー、コーヒーをココアに替えるというような工夫をしてみましょう。

禁煙

shutterstock_172696208

最後に喫煙について。喫煙者が加齢黄斑変性になる確率は非喫煙者と比べて2.5倍高いといわれています。喫煙の習慣があると、せっかく摂ったカルテノイドやビタミン、ミネラルをタバコの有害成分を除去することに使われてしまいます。

加齢黄斑変性は加齢に伴う病気と諦めるのではなく、普段の心掛けしだいで予防することも早期発見することもできる病気です。自分でできる部分から少しずつでも予防に努めていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る