健康生活TOP ロコモティブシンドローム ロコモ対策に必要な運動と上手な運動の取り入れ方をご紹介

ロコモ対策に必要な運動と上手な運動の取り入れ方をご紹介

shutterstock_162933494

今の日本が抱えている問題の一つに、高齢化社会というのがあります。

現在でも高齢者が増えているので、それに伴うざまざまな問題も増えて行く事は明らかでしょう。

そんな問題の中に、ロコモティブシンドロームというものがあります。2007年に日本整形外科学会が提唱したこのロコモティブシンドロームですが、どういったもので、どういった対処法があるのかはご存知でしょうか。

ご自身が、あるいは大切な家族がこのロコモティブシンドロームになったときのためにも、是非ここで知識をつけてくださいね。

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームは運動器症候群の事です。

ロコモティブ症候群、また名前が長くロコモと略して呼ばれる事も多いので、ここでもロコモとしてお話をします。

歳を取るとどうしても体の機能は低下してしまいます。これは筋力の低下や関節の炎症なども関係していますが、健康な人でも老化により多少の運動器障害はあると言われています。

若い頃からスポーツが好きで体を鍛え続けている人は、高齢者になってからもある程度は運動できますが、多くの場合年齢を重ねるにつれて運動する機会も減っていくのでどうしても衰えてしまいます。

ロコモが懸念されている理由は、ただの運動器障害だけではなく、寝たきりになってしまい介護が必要になる可能性を秘めているからです。

個人差もありますが、早い人では40代からその兆候が出始めるといいます。自分や家族がそうならないように注意し予防する事が大切です。

ロコモのリスクが高い人

今は若いから大丈夫!というのはロコモに関しては通用しないと言っても過言ではありません。もともと運動神経がいい人でも、運動せずにいれば筋力も運動機能も衰えていきます。

  • 何年もまったく運動をしていない
  • 若い頃から過激なダイエット習慣がある。

たった二つの事ですが、これに当てはまる人はロコモになるリスクが高いと言えます。

運動にもいろいろありますが、少しでも体を動かしていれば予防は可能です。

女性は閉経という問題もあって、骨が弱くなりやすく運動にも支障が出やすいので特に注意が必要です。

ロコモのセルフチェック

体の衰えというのは自分でも知らない間に進行しています。今までは出来て当たり前だった事が少しずつできなくなるのは仕方ないと考えてしまいがちですが、早く気づけばその分対策や予防も可能です。

自分でも簡単にできるロコモチェック法を紹介しますので、試してみて改善すべきところは今日からでも改善していきましょう。

  • 片足で立ったまま靴下を履けない
  • 階段の上り下りは手すりや壁に手をつかないと難しい
  • 何もない平らなところでよく躓く
  • 買い物や散歩に行くと15分以上歩けず休んでしまう
  • 重いものを持つのがとても辛いと感じる

これに当てはまる人は、ロコモになる可能性が高いと言えます。

ロコモ予防に必要な事

shutterstock_150773027
既に中高年を過ぎ高齢者世代に差し掛かっていても、今日から改善していけばロコモは防げます。

姿勢を意識してロコモ予防

運動が一番の予防策ですが、いきなりハードなトレーニングは無理なので出来る事から始めましょう。

年齢とともにどうしても筋力は衰えますので、身体は楽な方に傾くような傾向があります。それを判断しやすいのは姿勢です。

筋力が衰えている人は、背筋を伸ばしそのまま過ごすだけでも辛いと感じるはずです。しかし姿勢が悪いと腰にも負担がかかりますし、筋力はどんどん衰えます。

今日から気づいた時でいいので、正しい姿勢を身につけましょう。背中を丸くしている方が楽なのでつい習慣になってしまいますが、気づいた時に背筋を伸ばしおへそのあたりを意識します。

これだけでも腹筋と背筋を鍛えられますし、運動が苦手な人もこれならすぐに取り入れられますね。

食事でロコモ予防

食事から摂る栄養もロコモ予防に役立ちます。プロアスリート並の筋力は必要ありませんが、体を支え日常生活を送るだけの最低限の筋力は維持しておきたいものです。

筋肉を作るにはアミノ酸とタンパク質が欠かせません。これは普通に栄養バランスを考えた食事を食べていれば自然と摂取できています。

年齢とともに食事の内容や食べる量も変わってきますが、足りない分はサプリメントでも補えますので、食事とのバランスを考えながら調節すればいいのです。

ただし年齢とともに基礎代謝も低下しますので、食べ過ぎには注意してください。腹八分目を意識して、適度に体を動かす事が一番ですからそれを習慣にしましょう。

家族がご高齢な方は、できるだけ体を動かせるように一緒にストレッチや体操をしてあげてください。姿勢が悪くなっていたら、お互いが声を掛け合い姿勢を正す事もできます。

ちょっとした気遣いで家族や自分のロコモを予防できますので、ぜひ、今日から意識を変えてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る