健康生活TOP 肝機能 目の充血の原因は肝臓にあり?シナモンで肝機能を美味しく改善

目の充血の原因は肝臓にあり?シナモンで肝機能を美味しく改善

shutterstock_1261438222

東洋医学に、内臓器官の中で肝臓と目はつながっている、と言う考えがあります。肝機能の不調と目の不調は関係があるのです。

鏡で自分の目を見た時、充血が気になりませんか?充血は油ものや甘い物の摂り過ぎ、またはお酒の飲み過ぎ等で毛細血管が広がっている場合と、ストレスなどで血行が悪くなっている場合が考えられます。

また眩しく感じたり、目が疲れやすかったりする時も肝臓の疲労が考えられます。肝臓と目状態は連動しているのです。

肝臓は目に栄養を送る大切な臓器!肝臓の不調は目の不調

肝臓は「血の貯蔵庫」と呼ばれ、血液を浄化しそれに栄養を与える臓器です。

その肝臓が弱ると目に十分な栄養を送り込むことが出来なくなります。

そうなると様々な目の不調が現れます。目が充血した状態が長く続く場合は肝機能が弱っている可能性があります。

眼精疲労は目のケアではなくまず体のケアをしよう

充血や目の疲れなど眼精疲労には、目に良いと言われるアントシアニン、ルテイン等を含むブルーベリーやカシスを摂る事を考えがちです。

しかしこれら成分は、眼精疲労改善の為の栄養素としては枝葉の部分です。やはりまず体の状態を改善する事が必要なのです。

体のエネルギー源である炭水化物、脂肪、タンパク質は目にとっても大切なエネルギー源です。こら栄養素がしっかりとれてこそ、アントシアニン、ルテイン等が生きてくるのです。

血流改善が大切!シナモンが効果的

shutterstock_1192477752
肝機能を改善し、眼精疲労を解消するには血流の改善は欠かせません。肝臓が正常に活動する為にはたくさんの酸素が必要です。酸素を運ぶのは血液です。その血流の改善には漢方でいう桂皮、シナモンが効果です。

シナモンには血を補う効果、補血効果も有ります。血流を助ける他に胃腸の状態も改善し食欲増進にも役立ちます。これは体のケアの為にも重要です。

肝機能改善には豚レバーが効果的

shutterstock_2014823122
漢方の考え方に、人体の内臓器官を強くしたいときは、強くしたい動物の臓器を食べるという考えがあります。

肝機能を改善したい場合、動物の肝臓を食べる事が良いとされています。ある中医学の先生が言うには、長年の中医学の経験から豚のレバーが人と相性が良いようです。

豚レバーとシナモンを摂ろう!

肝機能改善の為に豚レバーは是非食べて頂きたいのですが、一緒にシナモンを摂取していただきたいと思います。

シナモンパオダーを、豚レバーの料理に振りかけて頂くだけでも十分効果が期待できます。豚レバーは肝臓の機能を高め、シナモンは血流促進の効果、補血効果が有ります。

シナモンは加熱によって有効成分が揮発してしまうため、食べる寸前にパウダーを料理にかけてください。

シナモンの注意点:適切な量を守って!妊婦さんは特に注意

shutterstock_2051683512
シナモンに含まれるクマリンという成分は過剰に摂取すると肝機能に悪影響を与える様です。妊婦さんも過剰な摂取は避けてください。

その為シナモンパウダーを使用して、料理やお菓子などに振りかける事をお勧めします。シナモンパウダーのビン一振りで0.1gが出ます。一日のシナモン摂取量は0.6gほどなので、一日6振りを目安にしてください。

現代の目は病んでいる

昨今はパソコン・タブレット・スマホ等が溢れています。避けて通る事は出来ない時代になっています。パソコンなどを使用する仕事に就いている方の9割は眼精疲労で悩んでいます。

パソコンが普及し始めた1995年から緑内障患者が増えている様です。

それだけに目のケア非常に重要になってきています。

目のケアと言うと、目薬やサプリメントのイメージが強いと思いますが、食生活にもっと目を向けて頂きたいと思います。

特に肝臓は目とのかかわりが深い臓器です。日ごろの生活習慣を見直す事は、単なるメタボ対策だけでは無く、目のケアにもなる事を忘れないでください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る